だっ け 方言。 え!『草引き』って方言だったの?

えっ!これ方言だったの!?

だっ け 方言

だっけん。 とは…。 新潟県十日町市、中魚沼郡津南町、といった魚沼地域周辺で使われる方言です。 「だから」「それなら」「そうだったなら」という言葉に近いのでしょうが、 「だっけん」を頻発する地元の人間からすると「それとは、ちょっとニュアンスが違うけどな…」という話し言葉になります。 TVやラジオから流れる標準語の影響なのか、方言はだいぶマイナーな存在になってきてると思いますが、「だっけん」妻有周辺ではよく使われています。 「だっけん、やってみるしかねえべ!」ということになり、 芸術祭の来場者向けに妻有のお店やサービスを紹介する 「だっけん。 」という冊子を作りました。 以下は実行委員長からのご挨拶…。 来て 見て 食って 買って 楽しんで! 2018年の夏は、越後妻有アートトリエ ンナーレの開催年です。 ここ魚沼の地で暮らし、地元の農産物や 食べ物と向き合う業種として、飲食店や 旅館があります。 一部ではありますが、そういったお店の 何軒かと農家、医療関係者、温泉体育施 設等がリンクすることで、観光で訪れる 市内外のお客さまに新しい「おもてなし」 の方法を提案してみることを考えました。 この妻有と呼ばれる魚沼地域の特長とい えば、やはり「山の恵み、川の恵み、水の 恵み」です。 この地ならではの食材を味わってもらい、 身体で楽しんでいただくことが最高のお もてなしの一つであると考え、夏用のメ ニューやプログラムを検討しました。 今の私たちに出来る最高のサービスをこ の広報冊子に、見出しのように紹介して あります。 詳細な内容についてはスマホやパソコン から「」の各お店の紹介ホー ムページにアクセスいただくことで最新情報をご覧いただけます。 また、私たちの思う「おもてなし」とは、 決して格安料金や、無料サービスが優先 されるものばかりではなく、お客様が満 足し関わった人が生活していくことので きる対価が考慮されるべきとも考えます。 食材にはできるだけ無農薬や減農薬のも のを選択したいと考えてますし、そうす ることで安全な農産物を提供してくれる 農家を応援していきたいと思っています。 2018年、夏の思い出は生涯に一度。 妻有ならではの記憶に残る体験をしてい ただき「秋から冬。 冬から春」という、よ り魅力的な季節のこの地を再び訪れても らえるよう私たちも、より多くの仲間を増 やし頑張ります。 DAKKENぷろじぇくと実行委員会 実行委員長:前島幸雄 事務局:十日町市稲荷町3丁目南21 TEL :0257579262.

次の

えっ!これ方言だったの!?

だっ け 方言

だっけん。 とは…。 新潟県十日町市、中魚沼郡津南町、といった魚沼地域周辺で使われる方言です。 「だから」「それなら」「そうだったなら」という言葉に近いのでしょうが、 「だっけん」を頻発する地元の人間からすると「それとは、ちょっとニュアンスが違うけどな…」という話し言葉になります。 TVやラジオから流れる標準語の影響なのか、方言はだいぶマイナーな存在になってきてると思いますが、「だっけん」妻有周辺ではよく使われています。 「だっけん、やってみるしかねえべ!」ということになり、 芸術祭の来場者向けに妻有のお店やサービスを紹介する 「だっけん。 」という冊子を作りました。 以下は実行委員長からのご挨拶…。 来て 見て 食って 買って 楽しんで! 2018年の夏は、越後妻有アートトリエ ンナーレの開催年です。 ここ魚沼の地で暮らし、地元の農産物や 食べ物と向き合う業種として、飲食店や 旅館があります。 一部ではありますが、そういったお店の 何軒かと農家、医療関係者、温泉体育施 設等がリンクすることで、観光で訪れる 市内外のお客さまに新しい「おもてなし」 の方法を提案してみることを考えました。 この妻有と呼ばれる魚沼地域の特長とい えば、やはり「山の恵み、川の恵み、水の 恵み」です。 この地ならではの食材を味わってもらい、 身体で楽しんでいただくことが最高のお もてなしの一つであると考え、夏用のメ ニューやプログラムを検討しました。 今の私たちに出来る最高のサービスをこ の広報冊子に、見出しのように紹介して あります。 詳細な内容についてはスマホやパソコン から「」の各お店の紹介ホー ムページにアクセスいただくことで最新情報をご覧いただけます。 また、私たちの思う「おもてなし」とは、 決して格安料金や、無料サービスが優先 されるものばかりではなく、お客様が満 足し関わった人が生活していくことので きる対価が考慮されるべきとも考えます。 食材にはできるだけ無農薬や減農薬のも のを選択したいと考えてますし、そうす ることで安全な農産物を提供してくれる 農家を応援していきたいと思っています。 2018年、夏の思い出は生涯に一度。 妻有ならではの記憶に残る体験をしてい ただき「秋から冬。 冬から春」という、よ り魅力的な季節のこの地を再び訪れても らえるよう私たちも、より多くの仲間を増 やし頑張ります。 DAKKENぷろじぇくと実行委員会 実行委員長:前島幸雄 事務局:十日町市稲荷町3丁目南21 TEL :0257579262.

次の

えっ、これって標準語じゃないの!? 【地域別】実は方言だった言葉集│#タウンワークマガジン

だっ け 方言

関西出身です。 『なおす』……物をしまう、という意味。 それをなおしておいて。 と言ったら、どこか故障してるの?と聞かれて初めて標準語でないことに気付きました。 『ほる』……捨てる ほっといて、と言ったら通じませんでした…。 けして穴を掘るとかほっとくとかではありません…。 四国からは 布団を着る……かぶる これは方言ですよね?着るって使った事ないので。 まく……こぼす お茶をまかした、水をまけた。 夫の出身地ですが、この言葉をよく使うんですが、違和感が。 標準語だといいはってますが、方言だと思います。 他にもあった気がしますが今思い付くのはこれくらいです。 ユーザーID: 3451225163• 仲間はずれ?! 行きし、帰りしとも言います。 関東で仕事をした時、職場で「じゃあ、行きしなに寄って行くね」などと何気なく言ったら、周りの人達がきょとーん。 「行きしなって何?」 関東以外の出身の人もいたけど、誰一人理解しない。 「え、言わない?行きしな、帰りしな。 」 「言わない、知らない。 」 知らない言葉でも類推で大体意味がわかったりするものですが、推測ですらわからないと。 そんなに通じない言葉なのかと驚きました。 その後、関西に戻って家庭で「行きしな」「帰りしな」と言う度、「あ、これよそでは通じないんだよね。 」と思い出して笑ってます。 ユーザーID: 9194487285• 話題ランキング• しんどい 子どもの頃、東京で全国の子どもが集うような機会に参加した際、疲れた顔をしている子に「しんどそうな顔をしているけどだいじょうぶ?」と声を掛けたところ、一瞬にして周りの空気が凍り付きました。 初対面同士、次第に仲良くなり始め、しかも疲れた子を気遣って掛けた言葉、場が凍り付くような原因は思い当たらない。 しかしそれまで親しく話していた周りの子達が全員冷たい視線を送るので困惑して「ひょっとして言葉が通じない?」と思い、「あ、しんどいってわからない?言わない?」と言うと、「言わない。 」 「わからない?」と聞くと皆「わからない」 が、ただ一人、「私、お祖母ちゃんが関西にいるから知ってる、わかる。 『ヒドイ』って意味でしょ?」と自信満々に得意げに元気よく明るく断言。 もうビックリ。 「え、違うよ。 じゃ、私が『ヒドイ顔してるね』と言ったと思ったの?」 全員、頷く。 そりゃ場が凍り付くわけだ。 慌てて意味を説明しましたが、皆なじみの無い言葉だったようで説明しても半信半疑で不信な様子。 ほんと、ビックリしました。 トラウマになるぐらいに。 だけど、最近、テレビとか見てたら関東や他の地域の人でもけっこう「しんどい」って言ってますよね。 あれだけ通じなかったのに。 時代が変わって「しんどい」も全国的に普及したのでしょうか。 東の人達は、50年ぐらい前には言ってなかったのでは?どうでしょう? ユーザーID: 9194487285• 「おっこちる」「〜しちゃう」「ひち」 夫は九州、私は関東で育ちましたが、 初めて夫の実家を訪問する際、簡単な方言指南(?)を受けました。 「元に戻す、しまう(片付ける)ことを【なおす】と言う」と。 大学(関東)のときに「イスをなおして」と言ったら 「壊れているの??」と皆きょとんとしていたそうです。 大阪も、なおすを使うようなので、西日本では通じるみたいですね。 東日本では「修理する」という意味にとらえることが多いです。 たしかに夫の実家へ行くと「なおす」は頻繁に使われてます。 今も関東住まいですが、テレビで芸人さんがもとに戻すという意味で 「なおす」を使っている事に気づいたときはニヤリとします(笑) ユーザーID: 4412646588• 私ではありませんが 福岡に旅行に行った時、コンビニでミントタブレットを買いました。 お金を払い、店員さんがおつりを出す間にそれをカバンにしまったのですが、おつりを出した時にミントがレジ台からなくなっていたのであれ?と思ったのでしょう、店員さんに「あれ、もうなおしました?」と聞かれました。 「え?何をですか?」と言ってから、方言で、なおす=しまうっていうの聞いたことある!と思って「あ、なおしました…」と言いました。 ちなみに私は神奈川出身なのですが、子供の頃は私も周りの友達も「べ?べ?」と言いまくってました…。 中学生になって、他の地域の友達と交流するようになるとなんとなく言わなくなったのですが、中居くんがテレビで「べ?」と言っているのをみて、あれって方言だったのかなと思いました。 今でも地元の幼馴染とならべーべー言ってます。 ユーザーID: 9883053789• ときんときん(愛知西部) 引越しの多かった私は「これって方言だったの!?」と驚く方ではなく、「これって方言だったの!?」と驚かれる立場のことが多いのですが。 そんな私が「これって方言だったの!?」と驚いたのは、洗濯機で洗濯をすることを「洗濯機を回す」と言うこと。 「これって方言だったの!?」と驚かれた言葉をあげてみます。 (〜して)みえる 「(〜して)いらっしゃる」という意味です。 「お見えになる」って標準語があるので、余計に方言だと気づかないようです。 えらい 「偉い」ではなく、だるい、体がつらい、って意味です。 風邪でグロッキーになっている時に、東海出身の友人に「えらい?」と聞かれて「何が??」となりました。 じゃま 面倒くさい、煩わしいという意味です。 標準語にない言葉だったら「どういう意味ですか?」ってなるけど、文字は同じで意味が違う標準語があると混乱しますよね。 ユーザーID: 6523737962• 両替する 関西では瞼が腫れる「ものもらい」のことを 「めばちこ」と言いますが、全国区では通じないようですね。 打ち身などの「青あざ」のことを「青たん」といいます。 東京の方が質問されていましたが、 洗濯機は「回す」ですね。 休日の朝など、一番早く起き出した家族に向かって 布団の中から「洗濯機回しといて〜!」と声かけたりします。 あと、転勤で愛知県に住んでいたことがあるのですが、 愛知県の方が全国区と思い込んでいることで そうでないことを告げると驚かれたことがいくつか ありました。 敬語で「〇〇していらっしゃる」が愛知県では「〇〇してみえる」 となります。 「赤い、青い、白い、黄色い」は全国共通ですが、 愛知県ではそれに加え「緑い、ピンクい」というのもあって、 幼稚園の先生が、子供たちに普通にそう言っていたのが 驚きでした。 あと、髪の毛をゴムで束ねることを 関西では「髪をくくる」ですが愛知県では「髪をしばる」 でしたね。 あれ?標準語ではなんていうんでしたっけ? ユーザーID: 6018874590• 最近一本締めと称して、「よー、チョン」と一拍で終わるやり方をする人がいますが、 これは、チョン締めと言って縁起が良くない締め方です。 これを関東一本締めとかいう人もいますが、間違いです。 一本締めとはまさに三本締めの三分の一で、「チャチャチャン、チャチャチャン、チャチャチャン、チャン」です。 これを三回するのが三本締めです。 面白いのはお祭りで神輿の担ぎはじめと担ぎおわりに手締めしますが、神田祭では一本締め、富岡八幡宮では三本締めです。 浅草三社祭でも三本だったかと思います。 手締めの方法は日本各地で様々ですが、東京では一本締めと三本締めが一般的です。 こう言う私は東京の家系でもうすぐ後期高齢者ですが、昔からチョン締めなどは見た事がありません。 最近のいいかげんな風潮にウンザリです。 ユーザーID: 8125465717• もーもー 関西の特に大阪含め周辺(京都で言えば西の端あたりは) この「もーもー」を使います。 最近の若い人は知らないかもしれませんけどね。 幼児のお尻を拭く時に使うことです。 幼児向けの言葉ですね。 「はい、もーもーして」と言ってお尻を(牛のように) 突き出させることです。 四つ足動物を例えているんですけど、 牛じゃなく豚や犬(その場合トントンとかワンワン)でも 良さそうなものですけど「もーもー」になっています。 その他に「おいど」。 京都が中心かな。 お尻の意味です。 「まむし丼」と言えば「鰻丼」のこと。 これは情報番組などで知っていますよね。 ユーザーID: 0117047593• いづい.

次の