雲 の 向こう は いつも 青空。 雲の向こうはいつも青空Vol.1

『雲の向こうはいつも青空』第4号!

雲 の 向こう は いつも 青空

10連休が明ける。 子どもが学校に行きたがらない。 そのことで 心がザワついている人も多いと思う。 今でこそ僕も、こんなふうに 不登校のことをギフトだったと言えるけど、 5年前、三学期が始まる時は 何としても息子を学校に行かそうとした。 説きに説いた。 だから、ザワつく気持ちもわかる。 でもささやかながら、5年前に 息子の不登校を経験した人間として ひとつ、あなたに伝えたいのは、 そこに正解も近道も特効薬はない、 ということだ。 状況も、個性も、価値観も、みんな違う。 だから誰にでも効くアドバイスなんてない。 もっと言うと、悩み、迷う中で、 自分で答えを見つけていくしかない。 なぜなら、、、 人は誰かに素晴らしいアドバイスを もらったからといって、 変わることは無いと思う。 人は自分が見つけた自分の中の答えでしか 本当の意味で変われない。 そしてそれは、 子どもも親も一緒だと思う。 自分たちが5年前に欲しかったもの この春、不登校をテーマにした インタビュー事例集を夫婦で自費出版した。 学校に行かないと、将来どうなるのか? 学校に行かなくて、本当に大丈夫なのか? もちろん正解はない。 でもいろんな例を見聞きし、 知ることができれば、 不登校の不安を和らげるのに 役立つのではないか? もっと言うと、 息子の不登校に悩んだ5年前、 自分たちが欲しかったものを作りたい。 それを届けることで、 勇気付けられる人が きっといるはずだから。 そんな思いから作った。 そして、、、 そこに勇気を持って「創刊号」と印刷した。 なぜなら、一回きりでやめるのではなく、 この先も地道にこの事例集の活動を 続けていくつもりだから…。 今日、 『雲の向こうはいつも青空Vol. 2』の 発行に向けて、キックオフする。 キックオフにあたって昨夜、 もう何十回目になるかわからないけど 「創刊号」を隅から隅まで全部読み返した。 この冊子には明確なメッセージも 具体的なアドバイスもない。 清々しいくらい、ない。 笑 ただ、気づきのヒントや安心材料は たっぷり詰まってると思う。 それぞれの「雲」と「青空」。 登場いただく方々へのインタビューを通して 創刊号同様、Vol. 2号でもそれらを丁寧に 描いていけたら、と思っている。 お楽しみに。 記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。 更新の励みになります。 バナーのクリックお願いします!.

次の

大丈夫! 雲の向こうは、いつも青空。 365日を「日々是好日」にする禅のこころ

雲 の 向こう は いつも 青空

Sponsored Link 半年に一度発行している 不登校インタビュー事例集 『雲の向こうはいつも青空』。 スケジュール上では第4号は 今年9月の発行予定だ。 が!!! コロナの影響でインタビューが叶わない。 正直、こうなったらもう、気が進まないけど Zoomで取材するしかないかも…。 そこまで覚悟していたのだけど、、、 緊急事態宣言が解除された地域も増えた。 なんとか9月発行に向けてインタビューを 始められそうな見通しにもなってきた。 インタビューをお願いする7名の方も ほぼ決まった。 昨日はZoomでキックオフmtgもした。 作り手として一番ワクワクするのは、 なんと言ってもこの段階だ。 一応、リサーチして、諸々、 勘案した上で7名の方にはお声掛けを させてもらってはいるのだけれど、 実際にどんなお話が聞けるのか。 細かい部分までは今の段階ではわからない。 でも、確信があるのだけど、 今回もいいものになる予感しかない。 そう、いいものになる予感しかない。 もう早く始めたくてしょうがない。 その先に待つ、文字起こしや編集作業は 地味で辛く、苦しい過程ではあるんだけど、 読んでくださった方々からの嬉しい感想が、 いつもそれを吹き飛ばしてくれる。 さあ、またやりますよ! 今回も乞うご期待。 良い1日を。 記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。 更新の励みになります。 バナーのクリックお願いします!.

次の

大丈夫! 雲の向こうは、いつも青空。 365日を「日々是好日」にする禅のこころ

雲 の 向こう は いつも 青空

学校に行かないと、将来どうなるの? 学校へ行かずにいると、将来どうなるの? 学校に行かなくてほんとうに大丈夫なの? もちろん、そこに正解はありません。 世の中の多くのものごとと同じように。 でも、いろんな例を見聞きし、 知ることができれば、 悩みの渦中にいる人の不安を和らげるのに きっと役立つのではないか。 そんな思いから、このインタビュー事例集を制作しています。 その名も『雲の向こうはいつも青空』。 不登校・ひきこもりを経験した人、その保護者、子どもたちに寄り添う人、そして自分の学びを実践した人。 そんな7人へのインタビュー集です。 1と同様、丁寧に綴られていました。 最初に思ったことは、 不登校になったきっかけも十人十色だし、生き方も十人十色であること。 誰一人似たような人生を送った人はいなくて、オンリーワンの人生を生きているということ。 どの事例でも心に残る言葉がある。 読む人によって心に響く部分が違うのではないか。 読んだ後、ほっとしてゆったりした気持ちになりました。 自分だけではないのだと勇気付けられました (おのっち。 そんな感じの冊子でした。 それぞれの方の 生きてきた過程が丁寧に綴られているのが印象的でした。 もちろん、取材にかけた時間が長ければ良い、というわけではありません。 一人ひとり、時間をかけて取材する中で出てきた、その人にしか言えない言葉。 振り返ってみての、それぞれの想い。 今になってみて改めて言える、それぞれの経験。 それらをできる限り丁寧に、話し手の経験の奥にある本当の気持ちに寄り添うように、まとめました。 悩みの渦中にあるとき、私たちが本当に知りたかったこと 申し遅れました。 びーんずネットと申します。 私たち夫婦は神奈川県川崎市で、お子さんの不登校に悩んでいる親御さんを対象とした様々な活動(セミナーや講座、カウンセリング)をしています。 私たち自身も2013年の秋、息子の不登校を経験した親です。 息子の不登校という予期せぬ事態を目の前にして、迷い、悩みました。 そして今、振り返ってみて思うのは、悩みの渦中にあるときに私たちが知りたかったことは、誰かの お説ごもっともなアドバイスではありませんでした。 安全地帯から 無責任に同情してもらうことでもありませんでした。 悩みの中にいたときに読みたかったもの、あの頃自分たちが本当に欲しかったものを作りたい。 きっとそこにヒントや安心を見出して、勇気付けられる人がいるはずだから…。 その想いからこの事例集を作っています。 ここには、明確なメッセージも具体的なアドバイスもありません。 ここにあるのは、この事例集に登場してくださった7人の、リアルで等身大な言葉と、想いです。 悩みの渦中にいる人も、そうでない人にも、きっと沢山の気づきにつながる素晴らしい言葉に出会えるはずです。 ページを繰って、ぜひあなた自身でそれを確かめてみてください。 『雲の向こうはいつも青空Vol. 2』内容紹介 誰かのために生きればいい 丸山健二 川崎中部建設労働組合 事務局長 生きる意味を見出せず、何度も「死にたい」と思っていた中学時代。 ひきこもっていた日々に転機をもたらした阪神淡路大震災でのボランティアの体験。 十七歳でのむぎO. 現在は建設労働組合の事務局長として多忙な日々を送る丸山さんに、かつてのご自身を振り返って今、思うことをうかがいました。 12 自分の理想としてはひなちゃんだった 柳川郁 一般財団法人青少年問題研究会 事務局 大学の卒業論文のテーマに選んだのは「不登校」。 子どもの不登校を経験した親たちのインタビューを通じて、かつて不登校だった自分自身にも向き合うことになった柳川さん。 〝不登校いう過去を筆者はずっと引きずっている。 不登校であった事実は一生あらゆる場面に影響していくのかもしれない。 この意味でも、現在でも不登校は解決していないということができる〟と卒論に綴ってから四年。 あらためて自分の不登校を振り返って、今思うことをうかがいました。 21 それはなぜだか、いまだにわからない 山下めぐみ かわさきFM「ぐるっ人川崎」パーソナリティー 本業のファイナンシャルプランナーの仕事とともに、ラジオ番組『ぐるっ人川崎』でパーソナリティーを務める山下さん。 「人と人をつないで面白いことをしていくのが好き」と多忙な日々を過ごす山下さんは、まだ不登校が「登校拒否」と言われた四十数年前、突然学校に行くことができなくなりました。 ご自身の不登校のこと、そして親として高校生の息子さんの挫折に共に向き合った経験についてもお聞きしました。 私の人生じゃない……P. 30 別に何も失ってないことに気づいた 生駒知里 FUTURE DESIGN 代表 子どもたちが日中、気軽に立ち寄れる「街のとまり木」を全国に広げてゆく活動とともに、地域の人たちの協力を得ながら、「子どもが主体のまちの学び場づくり」に取り組んでいる生駒知里さん。 「社会の責任として、大人の責任として、不登校になっても豊かに育っていける社会をつくろうよ、と思います」と語る生駒さんに、お子さんの不登校の経験から気づいたこと、活動を通じて伝えたいご自身のお考えについてお聞きしました。 38 大人が楽しんでる姿を見せるだけでいい 義廣千秋 喫茶ラムピリカ 店主 江ノ島駅から徒歩五分。 こだわりの豆を使ったコーヒーや、オーガニックの食材を使ったパンケーキ、日替わりのランチが楽しめる古民家カフェ「喫茶ラムピリカ」。 営業日が不定期の理由を「自分の機嫌がいいときだけ開きたいから。 ストレスを感じながらはやらない」と語る店主・義廣千秋さんは、このお店を始める前は、小学校の先生でした。 喫茶店をはじめたきっかけや、不登校の時期もあった二人の娘さんとの関わりの中で、千秋さんご自身が大切にしていることについてうかがいました。 49 不登校だから先がないとか一切ない 島田徳隆 特定非営利活動法人アンガージュマン・よこすか 理事長 神奈川県横須賀市で、不登校・ひきこもりの子どもたちのためのフリースペースと学習支援に携わっているアンガージュマン・よこすかの島田徳隆さん。 「地域の商店街の方々に見守られながら、子どもたちが安心して過ごせる居場所であり続けたい」と話す島田さんの、今にいたる道のりには、予期せぬ偶然の出来事やたくさんの出会いがありました。 ユーモアいっぱいに語ってくださる島田さんに、これまでのご自身のこと、関わってきたお子さんたちについてお聞きしました。 56 もっと自分を出していい 置田裕佑 クライミングジム・スタッフ 小学校卒業後、授業も、テストも、先生さえもいない学校「サドベリースクール」に進学。 十八歳で卒業するまでの六年間を「子ども扱いされることなく対等に尊重されたことで、「自分をどんどん出していくことができた」と語る置田裕佑さん。 自由がある反面、そのぶん責任もある。 ある意味でとても厳しい環境だからこそ得られたこと、そこで学んできたこと。 卒業して二年が過ぎた今、振り返って思うことをうかがいました。 68 びーんずネット紹介 金子あかね (企画・インタビュー) びーんずネット代表。 2018年春より、親子関係をよくするためのコミュニケーション講座やセミナー、カウンセリングを提供する「びーんずネット」の活動を始めました。 小学3年生のときに不登校になり、デモクラティックスクールを経てこの春からホームスクーラーになった14歳の息子と夫の三人家族です。 親業インストラクター、産業カウンセラー、編集者(季刊誌『青少年問題』)。 金子純一 (撮影・デザイン・編集) びーんずネット事務局担当として制作、運営などマーケティング全般を担当。 息子の不登校を経験する前は、中学の「お受験」を考えるようないわゆる一般的な教育観を持つ父親でした。 ご購入特典 <特典1> 送料無料 とにかく一人でも多くの方にお読みいただきたい! その思いから、送料については無料とさせていただきます。 <特典2> 『不登校日記|僕らの場合』プレゼント びーんずネットの金子純一が息子の不登校に悩む間、自分の両親に送り続けたメールをまとめた 『不登校日記|僕らの場合』。 計18通のメールは、当時の状況と心境を率直に綴った生々しい記録になっています。 WEBで公開した内容を読みやすいA5版サイズの冊子にまとめ、書き下ろしの前書きと後書きを加えた「非売品」です。 前出の柳川郁さんがびーんずネットの金子あかねに卒論で取材した際のインタビューを追加しました。 附録「不登校について語るときに私が語ること」付きです。 附録「不登校について語るときに私が語ること」収録。 ご了承ください。 90日間満足保証 気に入らなければ全額返金 しかも冊子を返品する必要もありません もし内容が気に入らなければ、購入から 90日以内であれば無条件で返金します。 メール1通いただければすみやかに対応します。 しかも 冊子を返品する必要もありません。 手元に置いていただいても、処分していただいても構いません。 私たちがこの保証をつける理由は2つあります。 ひとつには通常の本や雑誌と違い、店頭で実際に中身を確認することができないから、です。 届いてみたら「思っていたものと違う」という場合もあるかと思います。 もうひとつは内容に自信があるからです。 ご満足いただけないものにお代をいただくのは、もとより私たちの本意ではありません。 読んでみてしっくりこない、イマイチだった、あるいは読みきれそうにない…… 理由はなんでも構いません。 その場合には遠慮なく、90日以内にお知らせください。 冊子を送り返す手間も費用もかかりません。 全額、無条件で返金いたします。 その保護者。 子どもたちに寄り添う人。 そして自分の学びを実践した人。 そんな七人七色の「雲と青空」を、丹念に取材してまとめました。 雲を抜けた先には、いつも青空が広がっている。 ぜひ、ページを繰って、あなた自身でそれを確かめてみてください。 『雲の向こうはいつも青空 Vol. 90日以内であれば全額返金いたします。 7人から読者のみなさんへのメッセージ 取材させていただいた7人の方たちに尋ねました。 どんな人に読んでもらいたいですか? その人へのメッセージをください 柳川郁 (一般財団法人青少年問題研究会 事務局) 当時の先生たちに読んでほしいですね。 父も含めて。 なんか学校の先生ってずっと学校にいるじゃないですか。 だからこそわかり合えなかったし、わかってもらおうとも思わなかった。 「先生は学校が好きなのね」って思ってたから。 本当のことは言わずにある意味、嘘を言って。 先生たちに「実はこういうふうに思ってたりするよ」って感じですかね。 生駒知里 (FUTURE DESIGN 代表) 自分が気づいてないところで必ず自分を見てくれる人がいるし、味方でい続けてくれる人っていうのは必ずいると思うので。 それを信じて自分のやりたいことに進んでいってほしいなって思います。 義廣千秋 (喫茶ラムピリカ 店主) 「大人として」とか、「親として」とか、「社会人として」とか。 そういう自分の役割を楽しめてない人。 役割に縛られて苦しくなってる人に届いたらいいな、と思いますね。 そういう人の肩の荷がちょっとでも降りたらいいなあと。 山下めぐみ ( かわさきFM「ぐるっ人川崎」パーソナリティー) 読んでもらったからといって解決するわけではないと思うんですけど、「自分だけじゃない」って思ってほしい。 島田徳隆 (特定非営利活動法人アンガージュマン・よこすか 理事長 ) 悩んでいるときに人に相談するのって、それだけでエネルギーが必要だと思うので、一番は休むことじゃないかなと思います。 充分に休んで少し相談をしようとか、外の空気を吸ってみようとかっていうエネルギーができたときは、そうしてみるといい。 それまではあんまりがんばらなくてもいいと思います。 周りの人たちはそれを応援してあげるというか、寄り添っていくことが一番重要かと思います。 丸山健二 (川崎中部建設労働組合 事務局長) 今辛い状況にいる人に読んでもらいたいって気持ちもあるし、あとはなんでもない人に読んでもらって、「あ、そういう考え方もあるんだな」みたいになってくれればいいかなと思いますね。 あとは、うちの子どもがそのうち読んでくれたら(笑)。 置田裕佑 (クライミングジム・スタッフ) 僕の話が多少でも助けになったらいいかなって思います。 もはや冊子ではない。 人そのもの。 使い古された「希望」や「勇気」などの言葉が、普通の人の体験として語られることによって、新鮮な響きをもって心に迫ってきました。 装丁も美しいですね。 やっぱり再登校をどこかで願っていた自分にも気付けました。 今の我が子そのままを心から受け入れようと思えました。 子どもや私に、かけられる言葉は真逆だった。 「人は一人一人違う。 たくさんの出来事があるけど、 社会には人が人を支える温かさもちゃんとある。 だから、ありのままでいい」 そんな事が感じ取れる内容だったので。 その選択には意味があり、その時の出会いも大きな力になるのですね。 また、その相談に乗っている方など。 様々な立場の方の体験談が紹介されていて、自分の雲の向こうにあるものを見つけるまでの道のりも、時間も一通りではない、とよくわかったこと。 個人的な体験談から、読者が自由にヒントを得て、異なる状況の自分について考えるきっかけになるような読まれ方になるといいなと思います。 そして輝いている今があることに明るさと希望を感じました。 たくさんの方に読んでほしいです。 動画でもご紹介いただきました ユーチューバーのおはるさんにご紹介いただきました! ご自身も不登校を経験されたおはるさん。 不登校についての明るい情報をどこよりもオープンに発信していく、そんなチャンネルを運営されています。 ということで、今回、びーんずネットの事例集をお読みいただいた感想をとってもわかりやすく動画でご紹介いただきました。 滋賀県草津市で不登校の子の居場所の運営や講演・研修など、子どもの自尊心を育む活動をされているNPO法人D. Live代表の田中洋輔さん。 『雲の向こうはいつも青空』を動画で紹介してくださいました。 インタビュー事例集の紹介ではあるのですが、同時に田中さんの不登校についての見方や考えもたっぷり聞ける、とっても内容の濃い動画です。 ぜひご覧になってみてください。 『雲の向こうはいつも青空 Vol. 9 0日以内であれば全額返金いたします。 1)送料無料、2)冊子「不登校日記」(非売品)の2つの特典をお付けしていますが、 特典については今後、予告なく中止する可能性もあります。 この機会にお申込みください。 | Copyright C 2019 びーんずネット All Rights Reserved.

次の