俺ガイル 誰と付き合う。 俺ガイル小説版7巻の感想と考察。比企谷が葉山を否定できなくなった理由は?|「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(俺ガイル)」解説・感想・考察サイト

アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」(俺ガイル2期)の動画を無料で見る!あらすじチェック!|TAKABLOG

俺ガイル 誰と付き合う

【俺ガイル】八幡は三角関係 八幡に想いを寄せているのは二大ヒロイン「雪ノ下雪乃」と「由比ヶ浜結衣」です。 三人は「奉仕部」という部活で生徒たちの小さな相談を受けそれを三人で解決する活動をしていきます。 その活動をすることで顧問の独断と偏見により勝敗を決めます。 その勝者が他の二人に対してなんでもお願いができるという内容です。 その活動をしていくうちに三人の距離が縮まっていき、それぞれが恋をしていることに気が付きます。 基本的にボッチ生活をしてきた主人公「八幡」。 きつい性格で人を遠ざけてきた「雪乃」。 グループに混ざってはいるが言いたいことが言えないでいた「由比ヶ浜」。 三人には心から一緒にいられる「友達」が始めてできたのです。 【俺ガイル】八幡は雪ノ下雪乃を選んだ 由比ヶ浜の猛烈なアピールがありながらも最終的には八幡は雪乃を選びました。 由比ヶ浜と雪乃のどちらが好きかという点においてはあまり変わらないのではないかと思います。 三人でいられる未来を考えると雪乃と付き合って由比ヶ浜に近くにいてもらうという図が一番考えられます。 つまり、八幡は一番欲張った選択をしたのかもしれません。 ですが三人の願いを叶えることができる選択としてはそれがベストであると判断したのではないでしょうか。 付き合うとして「由比ヶ浜結衣」さんを選んだ最大の理由は、「他人の行動に対して常に気にかけるところ」があるからです。 これは、1期後半くらいから顕著にみられており、他の雪ノ下さんや一色いろはさんとかよりも「感情的に複雑な思いを比企谷にあてている」ところが最高です。 ほかの皆さんは共感してくださるかわかりませんが、2期になってから急にドロッとした話になって重いなぁって思います。 あと、加えるとすれば、声がかわいいことと、顔がタイプだということです。 3期がもう少ししたら始まるということなので最終章として展開が楽しみです。 因みに、戸塚彩加くんと比企谷との絡みは3期でも続けてほしいです。 匿名 何というか、しっぽりとしているから。 由比ヶ浜派の方々の意見で多かったのは、やはり「明るい性格が好き」という意見でしたね! 楽しそうな雰囲気や、気を使ってくれるところが魅力的ですね、由比ヶ浜は。 【俺ガイル】私は雪乃と付き合う派! 個人的な意見としては雪ノ下雪乃派です。 ツンデレほど人の魅力が感じられることはないと思っています。 人をけなせるということはそれだけ知識があり、自分の考えを主張でき、物事を見比べる基準を持っているということだと思います。 その反面、人に褒められたり慣れていない恋愛のことなどで困ったときの恥ずかしそうな表情を垣間見た時にはテンションが上がります。 その点雪ノ下雪乃は完璧な理想像です。 問題があるとすれば御家柄です。 雪ノ下家は親戚の挨拶周りというイベントがあります。 貴族のような習わしをこなせるようにならないといけません。 それは雪乃に協力してもらって慣れていくしかないですね。 陽乃と親族になるという障害もありました。 この人の口癖といえば「つまんないな」と心の底から言ってくることです。 これを毎回解消しなければならないメンタルを鍛えなければなりませんね。 【俺ガイル】雪乃も由比ヶ浜も選ばない派の意見もありました! 「俺ガイル」では、基本的に雪乃か由比ヶ浜かの選択となることが多いですが、2人を選ばない興味深い意見も頂きました! 面白かったので、こちらに載せさせて頂きます。 匿名 いろはす1択です。 とにかくあざとい。 あざとすぎて一般男子なら即オチすること間違いなし。 仮に自分に対してではなく、葉山に向けられた可愛らしさや、あざとさであっても仕草一つ一つが可愛らしいので不覚にも誤解してしまう。 また本音を語らずに可愛らしくはぐらかしたり、思わせぶりな話し方をしたりするので、自分のことが好きなのかとワクワクしてしまう。 特に10. 5巻で一色と昼飯をかけて卓球をし、自分が勝利したのにもかかわらず、一色がずるい発言をして昼飯のおごりを回避したことをいさめた後の行動は、男性の理性を飛ばすこと間違いなしだろう。 「こんなことするの、先輩にだけですよ。 」と耳元で囁くなんて行為は大事件になるのではないか。 笑 おそらく小悪魔という属性で一色の右に出る者はいないであろう。 まとめ 1人の雪乃派としては、八幡が雪乃と結ばれて大変喜ばしいことです。 ですが、由比ヶ浜エンド、いろはエンド、先生エンドなどのスピンオフ作品として別のエンド作品も描いていただけるとさらにうれしく思います。

次の

【SS】三浦優美子「じゃあさ、あーしと付き合う?」 八幡「は?」【俺ガイル】

俺ガイル 誰と付き合う

Sponsord Link 俺ガイルで八幡は最終的に誰と付き合う? では、早速この議題ですね。 主人公の八幡が最終的に誰と付き合うのか?というもの。 この作品の特徴として、主人公は自称落ちこぼれ(?)を演じていますが、実はもの凄く有能で、知識レベルでは文学系に偏っているものの、知力は作品中最強なのではないかと思わせるほどです。 とくに人間関係の観察眼と行動心理の読み取りは、この作品の一番知力があるとされる雪ノ下雪乃を上回っており、学校の成績では雪乃に大きく幅を空けられていますが、おそらく頭の良さは八幡が上なのではないでしょうか? その知力俺TUEEEEE主人公である八幡ですが、最終的にはいったい誰と付き合うことになるのか・・・ 彼女候補のノミネートはこちら 雪ノ下雪乃 ご存じのヒロイン第一候補。 イケメン葉山とも幼馴染という完璧超人ですが、人間関係の構築に難がある上に、個性的な姉の影響下にあって親とも上手くいっていないご様子。 11巻で八幡に気がある的な発言で終了していますが・・・ 続いて 由比ヶ浜 結衣 もう一人のヒロインとも言うべきキャラですが、雪乃と正反対のキャラで、学力は進学校に入れたのが奇跡のレベルですが、人間関係の構築能力は作中最強!主人公八幡に一番最初に近づいた人物でもありますね。 11巻において、雪乃と八幡をかけて勝負するという感じで終了しており、事実上この雪乃、結衣の一騎打ちになりそう。 さらに 一色いろは このいろはすとまで言われている下級生の生徒会長も、なんだかんだで八幡に気がありそうな感じ・・・ 葉山に気があると公言しながらも何かに八幡に協力を要請し、時折見せる感情に八幡への気持ちが見え隠れしてこれぞ渡航先生のマジックを言うべきキャラです。 次点で 川崎 沙希 このキャラはツンデレの化身で、かなり好きなキャラですが、八幡に『川なんとかさん』と名前を覚えられていないという致命的なスタート位置にいるのでほとんど目はなさそう。 時折八幡に気があるような仕草が気になりますが・・・八幡は気付かずに終わるでしょうね。 以上4名が八幡の候補となりますが、実質は雪乃と結衣の一騎打ちで終わりそうです。 これまでの伏線的に、残っているのは雪乃の家庭の問題が一番大きい所ですので、この家庭問題を解決するために八幡が奔走することになると、自然と雪乃との距離も縮まりそうなんですが、はたして12巻ではどういった展開になるんでしょうか? 関連記事 気になる発売日についても予想していますので、こちらに記事もぜひどうぞ^^ Sponsord Link 葉山との勝負は? 俺ガイルの主人公八幡とは対極にいる存在葉山隼人。 人の悪性しか信用できない八幡に対して、人の善性しか信じないという本当に正反対の二人ですね。 しかも悪人面の八幡に対して、葉山はイケメンでサッカー部のキャプテン。 スペックでは完璧に葉山が上ですが、 雪乃との関係に関しては八幡が圧倒的にリードしています。 主人公は八幡なので、葉山に勝つのは良いんですが、俺ガイルは妙にリアリティを突っ込んでくることでも定評(?)があります。 雪乃の家は結構大きな会社を経営しており、葉山の父は雪乃の父の会社の顧問弁護士であり、母親は医者。 家柄は圧倒的に八幡より葉山に分があるですよね。 雪乃の恋愛に父親が絡んでくるんであれば、その辺りで揉める可能性も大いにあり、八幡は今まで自分がヒールを演じることで問題を解決してきた面もあります。 この家柄問題で八幡がヒールを演じると雪乃との関係も大いに難しいものなってしまう可能性もあり、そうなると一気に八幡と結衣が・・・ まぁ八幡達はまだ高校生ですし、結婚まで描かれる可能性はかなり薄いですが、雪乃の家の問題は描かれているのでなんともいえませんね。 雪乃、結衣と八幡との恋がどうなるかも注目ですが、八幡と反対にいる葉山との勝負(?)にも個人的に注目していきたいと思います。 関連記事 以上「俺ガイルで八幡は最終的に誰と付き合う?葉山との勝負は?」の記事でした。 最後まで読んでいただいてありがとうございました。

次の

TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完」公式ホームページ|TBSテレビ

俺ガイル 誰と付き合う

今回は、俺ガイルのヒロイン、 雪ノ下雪乃のかわいさについてご紹介します! 頭脳明晰で他人を寄せ付けない孤高の奉仕部部長。 ……ですが、 八幡に負けないくらいのコミュ障っぷり。 最初は辛辣でしたが、 徐々に八幡にデレていく様子や、どう距離を詰めていいのか分からない不器用さ、そしてふとしたときに見せる弱さがすごくかわいいです。 さて、そんな 雪ノ下雪乃のかわいいところについて、八幡との恋愛・関係の変化とともにまとめていきます。 3期では、一度仲直りしたはずの 雪ノ下と八幡たちが、また疎遠になってしまう……!? キーワードとなる、 「雪ノ下の依頼」、「共依存」、「お願い」といったワードについても解説していきます。 そして、 八幡と雪ノ下は最終的に付き合うのか?最終回の結末もご紹介します。 3期のネタバレ注意です。 【俺ガイル】雪ノ下雪乃がかわいい!どんな女の子? 誕生日:1月3日 血液型:B型 座右の銘:「目には目を、歯には歯を」 趣味:読書(一般文芸、英米文学、古典、猫の写真集)、乗馬、映画鑑賞 特技: 炊事洗濯掃除家事全般、合気道 CV(声優):早見沙織 雪ノ下雪乃のかわいいところ:辛辣な「氷の女王」。 でも不器用にデレる 雪ノ下は、成績優秀、運動神経抜群な奉仕部の部長。 とにかく人気の出そうな要素が揃っていますが、逆に嫉妬の対象になったせいで ぼっち生活が長いです。 「友達いるの?」という質問に、 「どこからどこまでが友達か定義してもらっていいかしら」と返すくらいには圧倒的ぼっち気質。 不当な嫌がらせを受けることが多かったため、 他者に対してとにかく辛辣。 特に奉仕部に入ってきた八幡に対しては、いじりやすさもあってか 罵倒のボキャブラリーが豊富。 彼のことは初対面では 「ぬぼーっとした人」呼ばわり。 「比企谷くん」を 「ヒキガエルくん」、 「比企谷菌」とわざと呼び間違えたり、動物園で彼を見かけたときに 「珍しい動物がいるのね」と弄り倒します。 ただ、奉仕部として一緒に活動していくうちに、彼の優しさに惹かれていって、 控えめに距離感が近づいていきます。 電車で揺れたとき、目をそらしながら彼に捕まったり。 「……よかったら」と手作りクッキーを渡したり。 おっかなびっくり、距離を詰めてくる感じが、 人間関係に不慣れな感じが出ててめっちゃかわいいです。 始めは近すぎる距離感にビビっていたものの、 段々と満更でもない表情を見せるように。 そんな感じで、普段は強気。 だけど仲良くなっていくと、 ちょっとずつ懐いてくれるのがすごくかわいいです。 雪ノ下雪乃のかわいいところ:猫やパンさんなど、かわいいもの好き また、クールに振る舞っていますが、実のところ 超かわいいもの好き。 猫を見かける度に 「にゃー、にゃー」と声をかけたり……。 ディスティニーランドのキャラクター、 「パンさん」の大ファン。 知識量が完全にオタクで、 ディスティニーランドの年パス持ちというガチ勢っぷり。 一見すると、 クールで孤高の氷の女王。 ……でも実際は、環境が彼女をそう変えてしまっただけで、 むしろ普通の女の子です。 そんな一面を、奉仕部にだけ見せてくれるのがすごく嬉しい。 ……さて、 そんな雪ノ下ですが、八幡へ向ける感情は一体何なのか? 恋愛的な意味での好意を持っているのか?という、 彼らの関係について、ストーリーを追いながらご紹介していきます。 【俺ガイル】雪ノ下雪乃のかわいいシーン!八幡との恋愛や関係の変化を名言とともに解説! さて、それでは 雪ノ下雪乃と八幡の恋愛・関係について。 俺ガイルはかなり人間関係の変化が激しいので、順を追って説明していきますね。 雪ノ下雪乃と八幡の恋愛・関係:最初は辛辣。 でも徐々にデレ始める……! 出会ったのは、平塚先生が八幡を奉仕部に入れた時。 友達になろうと試みる八幡を 完全に拒否。 「あなたを更生してあげるわ」とひたすらに上から目線で接します。 転機となったのはのボランティアキャンプから。 いじめられている小学生・鶴見留美を助けた八幡。 最低な方法だったけれど、 雪ノ下は鶴見と、かつていじめられていた自分を重ねて、救われたのです。 の文化祭では、雪ノ下が相模に仕事を押し付けられていたところを、八幡が皮肉る。 爆笑したあと「却下」と切り捨てますが、会議が終わった後。 「また明日」と控えめに手を振ります。 八幡に助けられて嬉しかったからか、 少しずつ態度が軟化していきます。 通話してるときも、 皮肉を言い合って少し微笑んだり、「友達」と呼べる関係に近づいていきます。 ……が、しかし。 2期に入ると、 その関係にヒビが入ります。 雪ノ下雪乃と八幡の恋愛・関係:「あなたのやり方、嫌いだわ」 の修学旅行でも、序盤はすごく良い関係でした。 礼節もわきまえないそんな輩のお願いをこちらが聞く必要なんてないでしょう。 早々にお引取りいただいて結構よ」 と、 八幡をないがしろにするような態度に、めちゃくちゃキレた様子で言い放つほど。 雪ノ下にとって、かなり八幡の評価が高くなってるのがわかります。 旅行中も、夜に一緒に出歩いたり。 八幡はわざと告白してフラれるという、自分を犠牲にする形で、海老名さんの依頼を遂行。 それを見ていた雪ノ下は、 「うまく言葉にできなくてもどかしのだけれど、あなたのそのやり方、とても嫌い」と軽蔑した目で彼を切り捨てます。 自分を犠牲にするような手助け。 そして、 好意が芽生えていたからこそ、告白したことも無自覚に嫌います。 それからしばらく、奉仕部は上辺の関係に成り下がり、 雪ノ下と八幡の会話はほとんどなくなってしまいます。 雪ノ下雪乃と八幡の恋愛・関係:仲直り 一度は崩壊しかかった奉仕部ですが、で復活。 八幡が涙ながらに、 「本物がほしい」と、本心を伝えたことによって。 八幡が単独で動いて、行き詰まっていたクリスマスイベントに、雪ノ下も協力。 久しぶりの会話に緊張して、何度も咳払いしながら話しかけたり…… いろはの買い物袋を自然に取る八幡を見て、 複雑な顔したり。 偽りなく、本心を少しずつさらけ出せるような関係に戻っていきます。 八幡が困っていた依頼を終えると、由比ヶ浜と一緒に、 彼へのクリスマスプレゼントを渡します。 あくまで 「一人だけ紙コップも不経済でしょ」という無理がありすぎる理由で渡します。 しかもパンさんデザインという、雪ノ下の趣味全開のものを。 ツンデレすぎる。 のマラソン大会でも、怪我をした八幡の手当をして、いい雰囲気になったり。 いよいよ、 デレデレな感じに。 そんな感じで、 八幡への恋愛感情がかなり高まってきた中、3期を迎えます。 以下、3期のネタバレ注意です。 【俺ガイル】雪ノ下雪乃がかわいい!最終巻で八幡とは付き合う?デレるのか?(3期の結末・その後のネタバレ注意) それでは、いよいよ 雪ノ下と八幡の恋愛の結末について。 3期の内容となる~で決着がつきます。 雪ノ下雪乃と八幡の恋愛・関係(3期のネタバレ):「依頼」と「共依存」 家のことで思い悩む雪ノ下が、奉仕部に依頼したことは、 「父の家業を継ぐと、親に伝えるのを見届けて欲しい」というものでした。 自分の力でやれるんだ、というのを証明したい。 これまでずっと、八幡に頼りきりだった。 それが彼女は嫌だったのです。 困ったら頼ってしまう、お兄ちゃんみたいな存在。 それが八幡でした。 雪ノ下は頼るし、八幡は頼られるのが嬉しい。 ……そんな歪な関係を、陽乃に 「共依存」と切り捨てられてしまいます。 だから、 対等になれるように頑張る。 ……それが、雪ノ下の本当の望みでした。 でも、それは上手くいきません。 自分の力で、プロム(卒業パーティー)を企画しようとしても、 八幡が手を貸そうとしてくる。 だから彼女は、 「由比ヶ浜さんのお願いを叶えてあげて」と、八幡に願う。 …… 彼を遠ざけるために。 それによって、一度は疎遠になる二人。 ……しかし。 雪ノ下雪乃と八幡の恋愛・関係(3期の結末やその後のネタバレ):ひねくれた告白をされて、パートナーへ。 デレデレに の中盤、八幡は「雪ノ下と関わりがなくなるのが納得いかない」と、彼女を引き止める。 逃げようとする雪ノ下の袖を掴んで、八幡は言います。 「お前は望んでないかもしれないけど……俺は関わり続けたいと、思ってる。 義務じゃなくて、意志の問題だ。 ……だから、お前の人生歪める権利を俺にくれ」 「諸々全部やるから、お前の人生に関わらせてくれ」 ……その言葉を、告白を、雪ノ下は素直に飲み込めない。 「あなたの人生を、私にください」と。 二人は、一生かけて共にいる 「パートナー」という関係になります。 もうそれからは、 イチャイチャイチャイチャとラブコメします。 14巻分のデレが一斉に襲いかかってくる。 気合を入れたおめかしをしてデートしたり、腕をからめてツーショット自撮りしたり。 でも お互い照れまくりで、距離感がぎこちなくなっちゃうあたりとか、本当にこの2人らしいイチャイチャ。 比企谷くん」って言い逃げしたり。 この距離の詰め方の下手さと、その上で頑張ってデレる姿がね、本当にたまらない。 ぜひを読んでみてください。 最高の雪ノ下エンドです。 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (俺ガイル)の原作を楽しむなら やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (俺ガイル)の原作を読むなら、ebookjapanというサイトがおすすめ。 告白を素直に受け入れられない面倒くささや、重たすぎる返事。 そして、そして 下手くそながらデレたりいちゃつこうとしたりする姿、全部ひっくるめて可愛すぎ。 めっちゃニヤつけます。 ちなみに、ヤフープレミアム会員かソフトバンクスマホユーザーなら、買った本の値段に応じて、たくさんポイントが返ってきます。 -盲言録-が、 無料アプリので配信中! プロム編まで読めるので、いち早く3期の内容をイラスト付きで見たい!って方は、こちらがおすすめです。 漫画なので、 みんなの細かい仕草や表情なども見れるので、原作派もぜひ読んでみてください。 最初は辛辣な罵倒ばかりでしたが、 何度も八幡に助けられ、惹かれていきます。 おずおずと距離を縮めようとする姿がかわいい。 それからはもう、 ドロ甘のデレデレ。 恥ずかしがりながらも、デートしたり告白しなおしたり。 恋愛に不慣れすぎる雪ノ下が、頑張っていちゃつこうとする姿がたまらない。 ぜひまで読んで、このデレを味わってみてください! 原作を読むならこちら。

次の