猫 ワクチン 種類。 室内飼いの猫にワクチン接種は必要?必要な理由とおすすめの時期

いつすればいい?子猫のワクチン接種の必要性&費用や回数も解説!|ねこのきもちWEB MAGAZINE

猫 ワクチン 種類

猫の「予防接種」は、飼い主さんの判断に委ねられます。 とはいえ、打った方が良い?いつ打つの?どんな種類があるの?など、たくさんの疑問があるはず。 そこで今回は、ワクチンの必要性や接種すべき時期、回数や防げる病気、そして副反応について解説します。 子猫にワクチンを打つ必要性は? 「子猫のへのワクチン接種」について、飼い主さんならば検討すべき場面がでてくるでしょう。 実は、ワクチンの接種は法律で定められているわけではなく、あくまでも任意とされています。 つまり、打つか打たないかは飼い主さん次第。 そういわれると「じゃあ別に打たなくてもいいんだ」と思う方もいるかもしれませんが、それはちょっと待ってください。 ワクチン接種の必要性 子猫はとても弱い存在。 母猫の母乳に含まれる抗体も2~4ヶ月ほどでなくなってしまいます。 さらに母乳で育っていない子猫は、そもそも母親から抗体を貰うことができません。 体力のない子猫が感染症を患うと、最悪の場合死に至ることもあります。 しかし、このようなリスクは、ワクチンの接種で軽減できます。 もしかかってしまった場合でも、重篤化を防ぐことにつながることもあります。 つまり、ワクチン接種は飼い主さんの「責任」ともいえるでしょう。 完全室内飼育でもワクチン接種は必要? 完全室内飼育で一歩も外に出したことがない!という猫でも、感染症を患うリスクはあります。 【考えられる感染経路】 ・飼い主さんが、屋外で猫などの動物を触った ・新しく猫を迎え入れた ・来客がどこかで猫を触ったうえでうちに来た(ウイルスを持ってきた) 完全室内飼育の猫は、確かに外で過ごす猫よりも感染症のリスクは低いといえます。 しかし、上記の感染経路を断つことは難しいため、リスクはゼロではありません。 万が一を考えたとき、ワクチン接種で抗体を付与しておいた方が安心ですよね。 ワクチン接種の時期は?回数は? ワクチンの接種は1回だけではありません。 子猫のときは年に2~3回、成猫になったら1~3年ごとに1回と、定期的に接種する必要があります。 接種方法は効果や安全性について議論がなされていますが、現在多くの病院では次のような方法をとっています。 子猫期 最初の接種は、母体からの免疫がなくなる生後2~3ヶ月頃。 次は、最初の接種の約1ヶ月後にもう1回。 3回目を受けるときはその約1ヶ月後。 そして最後の接種から6ヶ月~1年後に、追加の接種を行います。 この追加の接種は、初年度の接種をさらに強固なものにするという目的があり、「ブースター」と呼ばれます。 成猫期 成猫になったら、1~3年ごとに接種するのが望ましいと言われています。 単頭飼育でまったく家から出さない場合など、感染リスクが低い猫はかかりつけ獣医師と相談のうえ、3年に1回ペースを目安にし、多頭飼育や屋外に行く機会が多いなど、感染リスクが高い猫は1年に1回ペースがおすすめです。 ノンコアワクチンでは、ブースターの後も毎年の接種が推奨されます。 3種混合?猫エイズ?ワクチンの種類とおおよその値段 猫用のワクチンには、さまざまな種類があります。 下記の3種類のワクチンはすべての猫が接種すべきだとされている「コアワクチン」です。 【コアワクチン】 ・猫汎白血球減少症(猫のパルボウイルス感染症)のワクチン ・猫ウイルス性鼻気管炎のワクチン ・猫カリシウイルス感染症のワクチン では、ワクチンの特徴や値段についてみていきましょう。 1種ワクチン 1種類だけで打つことができるワクチンで、「猫エイズウイルス感染症のワクチン」「猫白血病ウイルス感染症のワクチン」の2種類のワクチンのみ、単体で打つことができます。 猫白血病ウイルスのワクチンは混合ワクチンでも接種できますが、猫エイズウイルスのワクチンは単独接種のみになっています。 なお、猫白血病ウイルスのワクチンは、すでに猫白血病になっていた場合は接種できないので注意しましょう。 【料金の目安】 各3,000円~5,000円程度 3種混合ワクチン ご紹介した「コアワクチン」の3種類が一度に接種できるのが、この3種混合ワクチンです。 最低でも、この3種混合ワクチンは接種しておくことをおすすめします。 【料金の目安】 3,000円~6,000円程度 4種混合ワクチン コアワクチンの3種混合に、猫白血病ウイルス感染症のワクチンを加えたものです。 【料金の目安】 5,000円~7,000円程度 5種混合ワクチン 4種混合ワクチンに、猫クラミジア感染症のワクチンを加えたものです。 【料金の目安】 5,000円~7,000円程度 7種混合ワクチン 5種混合ワクチンに、猫カリシウイルス感染症のワクチンを2種加えたものです。 【料金の目安】 6,000円~8,000円程度 ワクチン接種で防げる猫の病気とは ワクチンの名前になっている病気が、防げる病気だと考えてOKです。 猫エイズや猫白血病など、最悪死に至る病気も多いので、ワクチン接種で病気を予防することが本当に大切です。 可能な限り受けさせてあげてください。 ただし忘れてはいけないのは、「ワクチンを打ったからといって病気を100%予防できるわけではない」ということ。 ワクチン接種はあくまでも病気の感染リスクを下げること、そして感染した場合の重篤化を防ぐことを目的としています。 ワクチンを打ったからと安心しきるのは禁物ですよ。 ワクチン接種による副作用(副反応)も忘れずに 人がワクチン接種をする際にも、副作用(副反応)が生じることがありますよね。 猫も同じで、ワクチンの接種によって副作用が出る場合があります。 その中でも特に注意したい副作用が、「アナフィラキシーショック」です。 注射後10~30分以内に起こることがほとんどなので、しばらくは動物病院で待機しましょう。 また、接種後1~12時間の間に起こりやすい副作用として、下痢や嘔吐、注射した部分が赤くなるといった症状が挙げられます。 心配のない場合もありますが、念のためワクチンを打った病院にすぐ問い合わせてください。 もちろん「副反応が怖いからワクチンを打たない…」という飼い主さんもいるでしょうが、ワクチンを接種しないことによる感染症のリスクと、副反応が起こる確率を天秤にかけた上で、よく考えてみてください。 ワクチン接種の是非については、飼い主さんによって意見が分かれるでしょう。 しかし、愛猫を病気から守ることができるのは、飼い主さんしかいません。 しっかり考えて決めるようにしましょう。

次の

猫の混合ワクチンの種類と効果

猫 ワクチン 種類

混合ワクチン 混合ワクチンは、一度の注射で複数の感染症を予防できるワクチンです。 猫がどの病気のワクチンを接種しているのか、確認しておきましょう。 混合ワクチンで予防できる感染症 いずれも猫において重要な感染症ですが、 特に猫白血病が予防できるかどうかは重要ですので、きちんと把握しておきましょう。 猫ウイルス性鼻気管炎 猫ヘルペスウイルスによって鼻炎や結膜炎が現れます。 猫風邪とも呼ばれることがあり、子猫で発症しやすい疾患です。 一度感染すると潜伏感染によって、ストレスなどで容易に発症します。 ワクチン接種によって症状を軽くすることができます。 猫カリシウイルス感染症 猫カリシウイルスによる感染症です。 鼻炎や結膜炎といった猫ウイルス性鼻気管炎と類似した症状を呈しますが、重症化すると口内炎が現れます。 猫汎白血球減少症 猫ジステンパーとも呼ばれ、急性期には激しい消化器症状を引き起こします。 子猫は下痢や嘔吐による脱水によって死亡することも多いです。 慢性期にはリンパ組織や骨髄が侵され、貧血や敗血症が現れます。 猫クラミジア感染症 結膜炎が見られます。 人獣共通感染症であり、ヒトへの感染も報告されています。 猫白血病 他の猫の唾液やケンカの傷、母子感染によってから感染します。 症状は貧血、下痢、発熱、口内炎が現れます。 また、リンパ腫や再生不良性貧血のリスク因子となります。 混合ワクチンの種類 動物病院によって取り扱っている混合ワクチンの種類は異なります。 3種 4種 5種 猫ウイルス性鼻気管炎 〇 〇 〇 猫カリシウイルス感染症 〇 〇 〇 猫汎白血球減少症 〇 〇 〇 猫クラミジア — — 〇 猫白血病 — 〇 〇 混合ワクチンには、基本的に「コアウイルス」と呼ばれる 猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症の3つは含まれています。 混合ワクチン接種前に確かめたいこと 混合ワクチンの接種前に、 猫白血病に感染していないかを確認する必要があります。 猫白血病は一度感染すると治療法がないため、屋外に出る猫はワクチン接種の前には血液検査を行い、万が一検査結果が陽性であった場合は、猫白血病の入っていないワクチンを選択します。 また、 猫カリシウイルス感染症の強毒株に対応したワクチンかどうかも確かめましょう。 製薬会社によっては猫カリシウイルスの異なる3つの株に対応し、7種混合ワクチンとして販売していることもあります。 ワクチンプログラム 子猫では、移行抗体が減少し始める生後6〜8週で初回接種を行い、その後は約4週ごとに計2〜3回の接種を行います。 以降は1〜3年に1回のペースで接種を続けていきます。 その間はしっかりと抗体による感染症の防御がなされているかを確認するために定期的にワクチン抗体価を測定します。 抗体価測定によってワクチン接種の頻度をコントロールすることで、不要なワクチン接種を無くし、副作用のリスクを下げることができます。 移行抗体とは? 子猫は母猫から母乳を通じて移行抗体をもらいます。 生まれてから6〜8週までは移行抗体によって外の異物から身を守ることができますが、以降は徐々に消失していきます。 単味ワクチン 混合ワクチンとは別に、1種類のみの感染症を予防できるものもあります。 以下の疾患は特に健康上重要な病気ですので、覚えておいてください。 猫免疫不全ウイルス感染症 猫同士のケンカやグルーミングによって容易に感染します。 特に、屋外に生活環境がある猫では要注意で、国内の猫の10〜20%が抗体陽性というデータもあります。 この疾患は 混合ワクチンには入っていないので屋外に出る猫、あるいは脱走時の保険のために屋内飼育の猫でも接種が推奨されます。 症状 急性期の症状は、発熱や食欲不振、口内炎などの軽いものが現れます。 ところが徐々に免疫細胞がダメージを受けていき、発症期となると貧血や各種腫瘍の発現、腎炎、発作、眼症状などを呈し死亡することもあります。 注意点 猫免疫不全ウイルスの厄介な所は、ウイルスのサブタイプによってワクチンが効かなくなることです。 このサブタイプは地域ごとに流行している型が異なるので、 自分の住んでいる地域に応じたワクチンを選択する必要があります。 接種前には獣医師にしっかり確認することが重要となりまです。 また、猫白血病と同様、接種前に血液検査で感染陰性を確認しましょう。 猫白血病ウイルス感染症 混合ワクチンにも含まれていますが、飼っている猫を屋外でも生活させたい場合や、猫白血病ウイルス陽性の猫を保護した場合に単体で接種が可能です。 万が一の脱走や、屋外の猫との予期せぬ接触に備えて、混合ワクチンでまとめて予防している方も多くいます。 ワクチンの副作用 病気の予防のためのワクチン接種ですが、一定の割合で、元気消失、嘔吐、発作、チアノーゼ(舌が青くなる)、顔の腫れなどの副作用が発現します。 副作用が起きる可能性を考慮した上で、どのようなことに注意をすべきか解説していきます。 ワクチン接種前の注意点 副作用が起きることを極力減らすような体調管理と、万が一副作用が起きたときに対応できるような時間に接種することが重要です。 午前中にワクチン接種を行う。 接種後半日以上は様子を見ていられる日程を組む。 接種1週間前程の体調をしっかり確認しておく。 前回、どの種類のワクチンを接種しているのか確認しておく。 ワクチン接種後の注意点 どんなに注意しても副作用が起きることはあります。 元気消失、嘔吐、発作、チアノーゼ(舌が青くなる)、顔の腫れなど、副作用とみられる症状が現れたらすぐに動物病院を受診してください。 また、 猫はワクチン接種部位に腫瘍が発生することがあります。 そのためワクチンは後肢に接種することが多いのですが、数日後にワクチン接種部位にしこりが認められた場合もすぐに動物病院を受診してください。 接種後できれば30分は動物病院付近で様子を見る。 接種後半日以上は屋外に出すことを避ける。 ノミやマダニの予防薬は接種日の投薬を避ける。 まとめ ワクチンで予防できる感染症の中には、厄介で怖いものも含まれています。 猫の健康を守ることは飼い主の最低限の義務です。 様々な理由をつけてワクチン接種を受けさせないのは、その義務を怠ることになりはしないでしょうか。 大切な愛猫のが苦しい思いをしないためにも、予防できる病気は予防していきましょう。

次の

猫の混合ワクチン接種!どの種類が必要…

猫 ワクチン 種類

ウイルスが体内に入り、病気になってしまう感染症。 その予防には、定期的なワクチン接種が有効です。 でも「ずっと家の中で飼っているから、高価なワクチンを打たなくても大丈夫かな?」と考える飼い主さんもいるかもしれませんね。 実は、お家の中で飼っている猫にも感染症リスクはあるのです! 一度かかるとウイルスキャリアとなり、重症の場合は死の原因となることもある、恐ろしい感染症。 猫の感染症の種類や、かかった場合の治療費、そしてワクチンの費用についてご説明します。 猫の感染症 発症率はどれくらい? 猫の感染症は多くの場合、ウイルスを持った猫の唾液や血液、排泄物に触れることで伝染します。 ずっと室内で飼育している猫はウイルスに触れる機会は少ないのですが、ゼロではありません。 では実際のところ、感染症にかかる猫はどれくらいいるのでしょうか。 「もし感染したら怖いけれど、その確率がすごく低いのならワクチンを打たなくても大丈夫かな?」と考えている飼い主さんは、こちらのデータをご覧ください。 このように、猫の感染症は決して珍しい病気ではありません。 目に見えないウイルス。 いつの間にか接触しているかも? 窓から入ってくる「空気」によってウイルスに接触するケースもあります 感染症になる原因のほとんどはウイルスを持つ猫との接触ですが、室内飼育で他猫と接触しない場合でも、以下のような感染ルートが考えられます。 (1)空気感染 ウイルスを含んだ唾液や排泄物が乾燥し、それが風に乗って室内に入り込むことがあります。 特に近所に野良猫が多い環境の場合は、庭先やベランダなどにウイルスを持った猫がいることもありますので、感染リスクが高くなります。 (2)飼い主からの感染 人間の風邪が猫にうつることはありませんが、たとえば飼い主の靴や服がウイルスを含んだ唾液や排泄物に触れる、野良猫をなでる、などによってウイルスを室内に運び入れてしまうことがあります。 (3)母子感染 母猫がウイルス感染していた場合、母乳から感染することがあります。 子猫は、生まれて初めて飲む「初乳」から様々な免疫力をもらいますが、母猫が何らかのウイルスを持っている場合は注意が必要です。 ワクチンで予防できる感染症は6種類 ワクチンを接種すれば、感染症にかかるリスクは低くなります。 お部屋の中にいる猫のところにも、様々な形でウイルスはやってきます。 「外に出さないから大丈夫」と油断せず、ワクチンを接種してしっかりと予防しましょう! ワクチン接種によって予防できる猫の感染症は、以下の6種類です。 (1)猫ウイルス性鼻気管炎 猫ヘルペスウイルス1型が原因となる感染症で、「猫インフルエンザ」「猫コリーザ」と呼ばれることもあります。 くしゃみ、発熱、下痢、食欲不振など、いわゆる風邪のような症状が現れます。 重症の場合は、急激な衰弱や肺炎、脱水症状を起こして死亡するケースもあります。 また結膜炎を併発し、ひどい場合は失明する恐れもあります。 (2)猫カリシウイルス感染症 猫カリシウイルス感染症には複数の型(株)があり、一つの株に感染した後、他の株に感染することもあります。 症状もそれぞれ異なり、猫ウイルス性鼻気管炎と似た症状を起こすもの、口の中に潰瘍を作るもの、肺炎を起こすもの、腸で感染して特に症状が出ないものなどがあります。 猫ウイルス性鼻気管炎よりも重篤化することは少ないと言われていますが、近年はより毒性が強く致死率が高い「強毒全身性ネコカリシウイルス」の報告があり、注意が必要です。 (3)猫汎白血球減少症 「猫ジステンパー」「猫パルボ」とも呼ばれます。 感染力が非常に強い胃腸炎で、激しい嘔吐や下痢、高熱などの症状が出ます。 子猫の場合は重症化しやすく、血便が出て死に至ることも多くありますが、成猫の場合は軽症で済むこともあります。 (4)猫クラミジア感染症 猫クラミジアという細菌の一種によって引き起こされる感染症で、結膜炎、涙目、目やに、くしゃみなどの症状が出ます。 また病気が進行すると咳をするようになり、それが原因で肺炎となってしまうこともあります。 この病気は「人獣共通感染症」の一つで、ごくまれに猫から人への感染が報告されています。 (5)猫白血病ウイルス感染症 白血病の原因となるウイルスが体内に入り、発熱、食欲不振、貧血などの症状が出るほか、腎臓病などの原因となります。 生後すぐに感染した場合は死亡率がかなり高いのですが、1歳以上の場合は約90%が感染後数週間〜数ヶ月でウイルスが消えると言われています。 (6)猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ) 人間のHIVに似ていますが、猫同士でしか感染せず、感染力が弱いので空気感染することはありません。 発症すると免疫不全を起こし、下痢、口内炎、発熱などの症状が出ます。 しかし感染していても発症しない猫も多く、感染したからといって、すぐに死亡するわけではありません。 ワクチン3種混合〜5種混合。 何が違うの? ワクチン接種は、猫の健康状態が良い時に行いましょう 猫用のワクチンは、上記の病気(猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)は除く)を予防する複数のワクチンを組み合わせた「混合ワクチン」で、3種混合〜5種混合の種類があります。 猫の混合ワクチン 種類と予防できる感染症 ・室内飼育の場合は「3種混合」 猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症の3種は感染力が強く、いずれも空気感染をする恐れがあるため、室内飼育の場合でもワクチン接種が推奨されています。 ・外出する猫には「4種混合」「5種混合」 そのほか、3種混合ワクチンに猫白血病ウイルス感染症を加えた「4種混合」、さらに猫クラミジア感染症を加えた「5種混合」があります。 また猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)のワクチンは、混合ではなく単独で接種する必要があります。 ・ワクチン接種にかかる費用は? ワクチン接種の費用は動物病院によって異なりますが、3種混合で3,000円〜5,000円程度、5種混合で5,000〜7,500円程度が一般的です。 ワクチン接種は病気の治療ではなく、健康な状態で行う「予防行為」となるため、ほとんどの場合ペット保険の対象外となっています。 また接種は1回限りではなく、生後2〜3ヶ月の段階で第1回目を、その1ヶ月後に第2回目を行い、成猫になってからは年に1回の追加接種が推奨されています。 母猫や兄弟猫の健康状態、他猫との接触状況、生育環境などによって必要なワクチンが異なりますので、獣医さんに相談した上で接種時期や種類を決めてくださいね。 気になるワクチンの「副反応」 ワクチン接種後は、しばらく安静にして様子を見守りましょう ワクチン接種後の「副反応」が心配で受けるのをためらっている、という飼い主さんもいるかもしれません。 ワクチンは一時的に軽い感染状態にして免疫力をつけるため、猫によっては体調が悪くなったり、場合によってはアナフィラキシーショックを起こすこともあり得ます。 日本獣医師会の調査によると、2008年4月から2012年7月までに行われた10,620接種のうち、全体の1. 25%にあたる133接種で何らかの副反応があったということです。 lin. pdfより) ワクチン接種後は、しばらく様子を見守りましょう。 何らかの副反応が出た場合は、獣医さんに相談してください。 午前中にワクチン接種を受けておけば、もし診察・治療が必要になった場合でもすぐに対応できるので、安心です。 ワクチン接種していないと、ペット保険の補償対象外?! 感染症が原因で治療が必要になったら、高額な費用がかかります ワクチンは高価なものですが、感染して治療が必要になったとしたら、その何倍も費用がかかってしまいます。 もしかしたら、「ワクチン接種はしていないけど、もし感染して治療が必要になってもペット保険に入っているから安心」と思われるかもしれません。 しかし、そのような場合は、保険金が支払われないことがほとんどなのです。 そのため、もし治療が必要になったら、治療費は全額自己負担です。 もちろん、ワクチン接種をしたにも関わらず治療が必要になった場合は補償の対象となります。 ワクチン代を惜しんだためにより高額な治療費が必要になってしまった、ということのないように、予防できる病気はしっかりと対策を取ることが重要ですね。 すべての病気がワクチンで予防できるわけではありません。 また、ワクチンを接種しても感染症にかかることはあります。 また、接種の費用や手間は、飼い主さんの負担となります。 それでもやはり、ワクチン接種は感染症予防に大きな効力を発揮することは確かです。 大切な猫の健康を守るために、感染症の危険性やワクチン接種の必要性について、改めて考えてみませんか。 「うちの子は大丈夫」と思っていても、トラブルに遭う可能性は0ではありません。 人間よりも数倍早く歳をとるペットのために、飼い主が知っておきたいペット保険の基本をご紹介します。 今回は、年齢を重ねた老猫に焦点を当て、適切なケアの方法などをご紹介します。 猫がどんな症状で吐いていると注意すべきかをおさえましょう。

次の