年収 550 万。 年収600万円×独身でいくら貯金できる?「実家暮らし」「一人暮らし」別に調査!|タイズマガジン|関西メーカー専門の転職・求人サイト「タイズ」

さらば独身ライフ!年収500万円で結婚したら生活がこう変わる!

年収 550 万

女性も働いているので相手に高い年収を求めなくなった サンマリエのアンケートでは、2017年のアンケートで同率1位だった「結婚相手に求める年収・500万円、600万円」から「400万円」がトップになり話題となりました。 女性の社会進出が進み、女性も男性と同じように働く人が増えたことから以前のように「三高」(さんこう)を相手に求めなくなっています。 ちなみに「三高」とは「高学歴・高収入・高身長」のことです。 相手の年収が高くなくても、自分も働いているから問題ないという意識に変化していることがアンケートの結果から分かります。• 男性は「結婚相手の年収は気にしない」派が多い アンケートで、女性が具体的な年収を条件として挙げていることに比べ、男性は「こだわらない」と答えた人が約4割を占めました。 もちろん自分の稼ぎだけで生活するのは大変だと考えた上で、「ある程度の収入はあってほしい」と考える男性がほとんどです。 ただし女性の方が年収が高く、子供ができたことをきっかけに、男性が家事や育児をする「主夫」になるというパターンもあり、柔軟な考え方をする男性が増えてきています。 共働きをすれば生活は可能 男性の年収400万円は、月収にすると月25万円で夫婦2人が生活をする分にはそこまで大変ではありませんが、子供ができると生活は苦しくなります。 将来のことを考えると、男性だけの収入に頼るのは危険です。 反対に 結婚しても夫婦で共働きを続ければ、貯金もでき、将来に備えることができます。 「結婚後も働こう」という考えを持ち、男性の収入にこだわらない女性も少なくありません。• 30代:460〜520万円 仕事に慣れて中堅となる30代男性は、平均年収489万円です。 30代後半となると役職などにつく人もいますので、年収はさらに上がります。 女性は30代は結婚や出産などで休職することも多いため、年収の幅は狭くなっています。 30歳~34歳 35歳~39歳 男性 461万円 517万円 女性 315万円 313万円 (出典:) 40代:570〜630万円 40代男性の平均年収は600万円です。 男性は同じ会社に勤めている場合、実績を積めば順当に給与が上がっていきます。 女性は結婚や出産で休職、退職して再就職することが多いので、年収はそれほど伸びません。 40歳~44歳 45歳~49歳 男性 569万円 630万円 女性 308万円 310万円 (出典:) 続いては、結婚した後に必要となってくるお金についてご紹介します。• 子供が3歳になるまでにかかるお金は400万円 妊娠から出産、そして子供が3歳になるまで必要なお金は400万円です。 出産にかかる費用は、妊娠から出産までの検診、出産準備に必要な備品の購入、また入院費などで60万円近くかかります。 健康保険から「出産育児一時金」として42万円が支払われるので、実際に自分が支払うのは15万円前後ですが、これはあくまでも順調に出産ができた場合です。 早期に入院が必要となった場合には、入院の費用に加え、外食費などもかかります。 また出産後、赤ちゃんの服やおむつ、ミルク代などに加え、1歳まではお宮参りや初節句などがあり、出費がかさみます。 未就学児の場合、1年にかかる費用は約104万円ですが、保育所や幼稚園に入ると費用が上乗せされ増えます。 (参考:) 子供が小学校から大学まで行く場合にかかる費用は2,000万円以上 子供が小学校から大学まで公立に通った場合、また私立に通った場合には、それぞれ費用に差が出てきます。 によると、幼稚園から高校までにかかる学費は以下の通りです。 (学費他、給食費や学校活動費も含む) 幼稚園 小学校 中学校 高校(全日制) 公立 233万円 322万円 478万円 450万円 私立 482万円 1528万円 1326万円 1040万円 一番お金がかかるのは、公立、私立共に中学校です。 さらに大学に進学する場合、国立、私立文系、私立理系で学費は変わってきます。 大学入学から4年間の学費を合わせると、公立大学では500万円、私立文系大学では700万円、私立理系大学だと880万円必要となります。 幼稚園から大学まで、「学費だけをみると1,000万円必要である」と教育ローンなどを取り扱う銀行では提示していますが、実際にはその他の費用も必要になります。 トータルで考えると、幼稚園から大学まで公立に通ったとしても、学費として必要なお金は2,000万円以上です。 ただし今後留学の必修化など、学校によって学費が変わる可能性もあります。 マイホームを購入する場合かかる費用は3,000〜4,000万円 マイホームを購入にかかる費用は、3,000万円から4,000万円です。 マイホームを建てる場合、まず建てるための土地が必要となります。 もし夫婦どちらかの実家の敷地内にマイホームを建てるのであれば、建物だけ建てればいいので、2,500万円から3,000万円の資金があると良いでしょう。 ただし土地を新たに購入し、マイホームを建てる場合、土地にもよりますが土地代と建物代を合わせて5,000万円近くかかってしまうこともあります。 4.理想は共働き?結婚する相手の選び方 結婚する場合には、結婚した後の生活も考え、どれぐらいの年収が相手にあれば生活ができるのか考える必要があります。 結婚相手を選ぶ場合に、考えておきたい選び方について詳しく見ていきましょう。 結婚資金などを考えると、最低でも200万円、できれば300万円以上あると結婚後も安心です。 貯金額を考えると、20代での結婚はかなり厳しいのが現状です。 また、年収が高くても、それだけ使ってしまう人と結婚すると、子供ができた時に学費の備えがないまま生活していかなければならなくなります。 結婚式の費用や新居の費用などを、貯金でまかなえるかどうかも確認しておきましょう。 もちろん、あなた自身も貯金がきちんとできるようにしておく必要があります。 貯金がきちんとできる人であれば、年収が200万円であっても子供を育て、マイホームを建てることも不可能ではありません。 あなたも働けば、相手の年収が低くても十分にカバーすることは可能です。 年収ばかりを相手に求めていては、結婚したいと考えている相手も少なくなってしまいます。 子供は何人欲しいのか、またマイホームが欲しいか、将来的に両親と同居する可能性はあるのかなど、ライフスタイルによって必要となるお金は変わってきます。 ただし「お金がなくてもなんとかなる」と夢や理想ばかりを口にしている相手だと、経済的に破綻する可能性もありますので、注意が必要です。 お金のこと、生活スタイルなど、自分と考えや価値観が同じであれば問題ありませんが、全く違う場合は問題です。 年収がいくら高くても、一緒に暮らして行きたいと思える相手でなければ意味がありません。 目先のお金にとらわれず、相手との未来の生活が思い浮かべられるかどうか、しっかりと見極めましょう。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。 業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No. 1」にも選ばれています。 自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。 まとめ 女性が結婚相手の男性に求める平均年収は400万円です。 夫婦2人での生活であれば、年収400万円でも問題はありませんが、将来子供ができてからのこと、また将来の生活を考えると、男性だけの年収では不安ですよね。 それでも女性も仕事をし、男性とほぼ変わらない収入を得られるようになっている現代では、共働きが一般的になっており、十分に子育てが可能となっています。 結婚を考える際には、男性の年収も大切ですが、自分も働くこと、また働いている間にできる貯金などを考えて一緒に力を合わせて生活していきたいと考えられる相手を探すことが大切です。

次の

手取り550万は高給取りと言えますか?

年収 550 万

なお家の住み替えの方は、まず今の家を高く売るのを優先してください。 家を高く売るなら「」がオススメです。 「8倍基準」だと年収500万だと4,000万円借りられる 適正な年収倍率は5~6倍 冒頭の結論で、4,000万円の住宅ローンを借りる適正年収は666万円~800万円と述べました。 これは年収の5~6倍が適正として算出した数字です。 ただし、銀行の審査基準としては年収の8倍までを基準として有しており、実際には 年収500万円あれば4,000万円まで借りることは可能です。 適正な住宅ローンの年収倍率は年収の5~6倍ですが、銀行は8倍程度まで融資をしてくれます。 無理なく返せる金額と、銀行が貸してくれる金額は異なるということがポイントです。 「8倍基準」が存在する理由 では、なぜ銀行は適正な年収倍率を超えてでも貸してくれるのかというと、それには理由がります。 銀行は、住宅ローンのうち、長期固定金利のローンに関しては、住宅金融支援機構へ債権を売却できる仕組みを持っています。 住宅金融支援機構とは、旧住宅金融公庫のこと。 住宅金融支援機構では、民間の銀行が貸し出した住宅ローンを証券化し、それを銀行から買い取るという仕事をしています。 銀行は住宅金融支援機構から回収業務だけを請け負います。 銀行は固定金利の住宅ローンを貸したらすぐに、住宅金融支援機構へ債権を売却します。 銀行は債権を売却した時点で利益が確定し、債務者 お金を借りる人 が返済できなくなっても損失を受けることはありません。 つまり、 固定金利の住宅ローンについては、銀行としてはいくら貸出を行っても痛くもかゆくもないのです。 最近は固定金利と変動金利を半々で組み合わせる人が多い 住宅ローンを借りる人でも、全額変動金利で借りる人は少ないです。 固定と変動を半々にする等、組み合わせて住宅ローンを組む方が殆ど。 最近は超低金利であるため、全額固定金利で借りる方も少なくありません。 そのため銀行としては、住宅ローンを貸すリスクは非常に少なく、適正返済額を超えて貸しても構わないのです。 銀行が貸し出しをし過ぎて、返済できなくなった場合、その リスクを負うのは住宅支援機構が証券化した証券を購入した投資家になります。 銀行自体は、住宅ローンの貸し出しリスクはほとんど取っていません。 そのため、銀行は適正借入額を上回る年収の8倍まで貸してくれるのです。 以上、ここまで8倍基準だと500万を見てきました。 では次に年収500万円の人が年収の8倍である4,000万円を借りたらどうなるのかについて見ていきます。 実際に「8倍」で借りるとどうなる? 決して贅沢な買い物ではない 2018年の首都圏における新築マンションの平均価格は約5,000万円です。 首都圏の平均価格であるため、5,000万円のマンションは決して贅沢な買い物ではありません。 近年は若年世帯よりも高齢者世帯の方が資産を有している傾向にあることから、住宅を購入する際、親から子供への住宅取得資金を支援するケースが増えてきました。 親からの支援は、片側の親から500万円ずつ支援するようなケースが多いです。 夫婦各両親から500万円づつの支援があれば、自己資金は1,000万円となるため、4000万円の住宅ローンを組めば、なんとか「平均」のマンションを購入することができます。 5,000万円は平均的な価格であるため、贅沢な家を購入している訳ではありません。 あくまで平均的な物件を購入するだけでも、親からは1,000万円を調達し、銀行からは4,000万円を借入しないと、購入できないのです。 そのため、現実的に普通の物件を購入するのでも、住宅ローンを4,000万円は借りたいところです。 そこで、4,000万円を借りると毎月の返済額はどうなるかを見てみます。 4,000万円を借りた場合の金利 2020年7月時点では、 35年の住宅ローンの中で、最安値帯の金利は1. 1%前後です。 4,000万円を1. 090%で35年の住宅ローン 元利均等返済、ボーナス返済無し で組むと、毎月の返済額は114,599円になります。 年間返済額は1,375,188円です。 ここで、年間返済額を年収で割った数字を返済比率と言います。 適正な返済比率は20%程度です。 以下に、4,000万円の借入をした場合、年収倍率を5. 0倍から8. 0倍までスライドさせた場合の返済比率の数値を以下に示します。 倍率 年収 年間返済額 返済比率 5. 適正な返済比率は高くても25%です。 年収5,714,286円 年収倍率7倍 の人であれば、苦しいですが、一応、返済比率が25%を下回っています。 一方で、 年収5,000,000円だと、返済比率は25%を超えてしまいます。 これは危険水域です。 ちなみに銀行は返済比率が30%でも貸してくれます。 実際、年収5,000,000円の人が、毎月114,599円の住宅ローンを返済していくのは、かなりキツイと思われます。 年収の8倍で住宅ローンを借りてしまうと、返済比率の面からしても、高いと言わざるを得ません。 返済比率の観点からしても、4000万円を借りる場合は、返済比率が6. 0倍の666万円程度の年収が必要となります。 以上、ここまで8倍で借りるとどうなるかについて見てきました。 では次に、適正年数に満たない場合はどのようにすべきでしょうか。 そこで次に適正年収に満たない場合の対応方法について見ていきます。 適正年収に満たない場合の対応方法 平均年収では平均価格の物件は買えない 厚生労働省が発表した「賃金構造基本統計調査」によると、2018年における都道府県別の平均年収は、1位が東京都で622万2900円になっています。 2位が愛知県の554万6200円です。 全国トップの東京都の平均年収ですら、住宅ローン4,000万円の適正年収である666万円を下回っています。 つまり、 平均的な年収では、平均価格の物件は購入できないということになります。 ましてや、20代後半や30代前半の若い夫婦では、平均年収に届いていない人が殆どのため、4,000万円の借入はもっとできないということになります。 一方で、 65歳定年を考えると、35年ローンを組む場合、30歳で住宅ローンを組むことがベストになります。 では、30歳の若い夫婦が贅沢をせず、あくまでも平均的な価格の物件を購入するにはどのようにしたら良いでしょうか。 夫婦で合算して住宅ローンを組む この場合は、夫婦で収入を合算して住宅ローンを組むしかありません。 例えば、東京都の30歳男性の平均年収は528万3827円です。 また30歳女性の平均年収は432万8235円です。 合算すると世帯収入は961万2062円になります。 世帯収入が961万2062円であれば、4,000万円は十分余裕を見て借りることができます。 夫の単独収入では住宅ローンが組めない場合は、夫婦合算の世帯収入で住宅ローンを組むことになります。 世帯収入を前提として住宅ローンを組む方法 世帯収入を前提として住宅ローンを組む方法としては、次の2つの方法があります。 妻を連帯保証人として夫が単独で住宅ローンを組む方法 連帯保証の方法• 夫と妻が共有で物件を購入する方法 共有の方法 連帯保証の方法では、夫が単独所有者になるため、住宅ローンを返済する債務者は夫だけになります。 仮に、後で妻が子育てに専念するために会社を辞めたとしても、債務者は夫だけのため、特に問題はありません。 連帯保証の方法は、妻が退職しやすい住宅ローンの組み方と言えます。 一方で、共有の方法は、夫婦がそれぞれ住宅ローン控除を受けることができます。 また不動産を売却したときも、3,000万円の特別控除を夫婦それぞれが受けることができます。 共有の場合、各種の税制優遇措置がW適用できるというメリットがあります。 妻が退職する可能性の低いキャリアウーマンであれば、共有はメリットのある住宅ローンの組み方と言えます。 以上、ここまで適正年収に満たない場合の対応方法について見てきました。 ただし、連帯保証や共有の方法にも注意点があります。 そこで次に世帯年収を前提とした場合の注意点について見ていきます。 世帯年収を前提とした場合の2つの注意点 注意点1. 意外と早い離婚の現実 世帯年収を前提とした連帯保証や共有の方法でも落とし穴があります。 それは 離婚をした場合です。 住宅ローンを組む際は、あまり離婚のことまで考えたくないですが、実は離婚の現実は割と早く訪れます。 国内では結婚後5年未満で離婚をする人は、全体の32. 1%いると言われています。 しかも30~34歳の女性が最多です。 5年未満の離婚となると、住宅ローンがほとんど返済されていない状況です。 連帯保証や共有を解消するには、不動産の売却が基本になります。 運良くマンションが値上がりして住宅ローン残債以上で売却できれば問題ありません。 ただ、売却額が住宅ローンを下回っている場合 オーバーローンの状態 だと、売却後の残債を自己資金で返済しなければなりません。 注意点2. 住宅ローンを払えなくなると問題になる オーバーローンだと、売却に踏み切れない人も多いため、離婚後も連帯保証や共有状態を引きずったまま不動産を所有し続けることになります。 連帯保証人は、離婚後に夫が自己破産してしまうと連帯保証人に返済義務が回ってきます。 また共有では共有者の同意がないとずっと売却できない状態になります。 いずれにしても、 離婚後、元パートナーが住宅ローンを払えなくなった場合は、自分も巻き込まれる可能性があります。 連帯保証人や共有は離婚の際に問題となることを知っておきましょう。 尚、離婚と不動産については下記に詳しく記載していますので、ぜひご参照ください。 2020年7月現在のオススメ住宅ローン 2020年7月現在のオススメの住宅ローンを紹介します。 銀行の規模なども加味しながらの筆者の主観でのオススメ順となっています。 ) 一般的には、固定金利と変動金利を組み合わせて借りるのが一般的です。 【固定金利で比較】住宅ローンの比較・ランキング 固定金利の中でも一番借り入れが多い10年固定でのオススメ順です。 今後、金利は上がると予想されるため、固定金利がむしろ有利。 1位: 35年固定 保証型 :0. 92%• 2位: 35年固定:1. 3位: 35年固定:1. 47% どうしても迷うなら!住宅ローン一括審査もあり 住宅ローンをあれもこれも調べても結局わからない・・・ 当たり前です。 住宅ローンは、あなたの環境(家族構成、年収、将来性)により適正が異なります。 新規で借りようとしている人も、見直しを考えている人も実際にいくつかの銀行に仮審査をして金利、保障内容を比べるのが一番。 でも、いちいち銀行を1社1社探して申し込んでいたら大変です。 そんなとき、役に立つのが住宅本舗の住宅ローン一括審査! あなたの条件に合う銀行を自動でマッチングして、最大6社に一気に仮審査ができます!しかも無料 失敗しない注文住宅選びは、多くのカタログを見て学ぶ 注文住宅は設計次第で1,000万円で建てることもできれば、1億円で建てることもできます。 素人のあなたがあれやこれや考えても、想像が出来ないでしょう。 また、住宅メーカーにより外観の違いや得意・不得意もありますので、まずは多くの住宅メーカーからカタログを取り寄せるのがベストです。 1つ1つハウスメーカーに自分の予算やイメージを伝えるのは大変面倒。 ただし、家は何度も買えるものではなく、人生で一発勝負なので、それぐらい時間を掛けるべき・・・ そこで便利なサービスが「 」です。 自分の予算や理想のイメージをネット上で入力すると、条件に合うハウスメーカーから一気にカタログ請求できます。 利用も無料でできますので、ぜひ注文住宅を考えている人は利用することをオススメします。

次の

年収550万円サラリーマンの手取り額と生活レベルを解説

年収 550 万

年収550万円という45歳の会社員男性。 妻は専業主婦で、子供2人は小学生。 マイホーム資金をつくろうと、マネー誌の「推し銘柄」を購入したが、あっという間に70万円を失った。 現在の貯蓄額はわずか60万円。 しかも毎月の家計は赤字という。 損を取り戻すにはどうすればいいのか。 FPの横山光昭氏がアドバイスする。 増やすためにやっていたのに、これから資産額を戻せるか、とにかく心配で。 どうすればいいでしょうか」 会社員のNさん(45)は4年前、会社の同僚や上司から「老後のために投資をやったほうがいい」と促されて始めたそうです。 「個別株や投資信託のアクティブファンド推し」というマネー情報誌の記事を鵜呑みにして投資を始めたのですが、よくわからないうちに評価額がどんどん下がって含み損を抱えてしまったため、不安になってすべて売ってしまいました。 結果、70万円ほど損をしてしまったのです。 家族は専業主婦の妻(42)、長男(小学5年生)、次男(小学3年生)の3人。 これから教育費もかかるし、自分たちの老後資金も必要で、可能ならばマイホームの頭金も作りたい。 少しでも損したお金を取り戻したい、と奥さんに内緒で相談にきました。 妻は給料の一部をもらってやりくりする以外、家庭内のお金についてはよく把握していません。 資産や投資について「よくわからないから、お金を増やしてくれるようにやってくれるならいいよ」と言っており、すべて夫任せ。 今回の件もあまり危機感がないようです。 家計簿を見ると、収入に対して支出は投資に充てるための積立金を含めて使い切りの状態(毎月数千円の赤字)。 現在持っている預貯金は60万円。 手取り月収のほかに、夏・冬にボーナスが各約50万円(手取り)出ているのですが、毎月の投資用の積み立ての補填や、買い物、家族旅行などでほとんど残らないといいます。

次の