コロナ禍読み方は。 コロナ禍の読み方がわからないので意味とかも一緒に調べてみた話【うず?なべ?】

コロナ禍の意味と読み方、似ている漢字の使い方│タメマガ

コロナ禍読み方は

よろこばしくない事柄。 不幸をひきおこす原因。 と出てきました。 「コロナ禍」というのはどうやら漢字の意味そのままのようで、【 コロナによるわざわい】という解釈でよさそうです。 訓読みの「禍々しい禍(まがまがしいわざわい)」がまさにその通りという感じですね。 (当たり前っちゃ当たり前なんですけど。 笑) 「新型コロナ禍」 「コロナウイルス禍」 「新型コロナウイルス感染症禍」 など似たり寄ったりなワードを見かけますが、いずれも新型コロナウイルス(COVID-19)のことですので意味としては一緒ですよね。 ちなみに 「禍」と「災い」、どちらも「わざわい」と読みますが、この2つには差があるのでしょうか? どうやら、 【渦(うず・か)】 渦(うず):勢いよく流れる水(液体)の表面にできる、螺旋 らせん 状に巻き込んだ流れ。 また、それに形が似たもの。 渦(か):水がうずをまいて流れる。 また、うずをまいている形。 うずまき。 渦を使った単語には、「渦中」や「戦渦」といった単語があります。 世界中がコロナウイルスによる混乱に巻き込まれている現状は、「コロナ渦」と表現しても意味的におかしくはありませんよね。 「コロナ禍」の方がよく見かける辺り最初は誤用だったのかな?とも思いますが、認められて使われている部分もあるように思います。 読み方としてはこちらも「ころなか」になるんでしょうかね? ちなみに「 コロナ鍋(なべ)」という言葉もちらほら。 こちらも検索してみましたが、どうやら誤用かな?という印象でした。 笑 コロナウイルスに関しては聞き慣れない単語も多いので戸惑ってしまいますね。 コロナ禍とは? 今回「コロナ禍」という単語を調べてみてすっきりしました! 「ころなうず」だと思っていたでの中々あれなのですが、1つ賢くなりましたね。 笑 とにもかくにも世界中に広まる「コロナ禍」、早く終息することを願うばかりです。

次の

コロナ禍とは|読み方や意味、使い方・「災」との違い・コロナ禍の影響を受けた業界、働き方の変化を解説

コロナ禍読み方は

「禍」の読み方と意味 「禍」は「か」「まが」「わざわい」と読みます。 「禍」の意味は、 「わざわい・不幸せ・災難・災厄」 です。 「禍」の漢字の成り立ち 禍の漢字の成り立ちを見ていきましょう。 「禍」の部首はしめすへん。 しめすへんはもともと「示す」という文字で、祭壇をあらわしています。 「禍」漢字の右側の意味はくぼんだ穴。 くぼんだ穴と祭壇が組み合わされた漢字で、 「神のタタリを受けて、落とし穴にハマる」ことを表しています。 このことから、「禍」は「わざわい・不幸・災難・災厄」の意味を持った漢字となっています. ちなみに、鍋(なべ)は金属とくぼんだ穴という文字を組み合わせた漢字。 渦(うず)は水を表す「氵(さんずい)」と「くぼんだ穴」という意味を持つ文字が組み合わされています。 「禍」を使った言葉・ことわざ 続いて、「禍」を使った言葉・ことわざを紹介していきます。 「コロナ禍」の意味は、 「新型コロナウイルスによる災難」ということになります。 最後に 今回はニュースの見出しに使われている「コロナ禍」の「禍」の読み方や意味、「禍」を使った言葉やことわざを紹介しました。 「コロナ禍」と書いて「ころなか」と読むのが妥当だと思います。 「禍」は 「わざわい・不幸せ・災難・災厄」 という意味を持った漢字です。 ちなみに、「禍い(わざわい)転じて福をなす」ということわざの「わざわい」は今までずっと「災い」だと思っていました。 今回調べて初めて知りました。 「まがまがしい」も「禍」が使われることも初めて知りました。 といういことで、今回は「コロナ禍」の「禍」ってなんて読むの?禍の読み方・意味・「禍」を使ったことわざについて紹介しました。 あわせて読みたい記事 参考:「例解学習漢字辞典 第八版 オールカラー版 発行:小学館」「広辞苑 第四版 発行:岩波書店」 スポンサーリンク.

次の

「コロナ禍」ってなんと読む?「コロナうず」のわけがないし…。最近のニュースにも関連する言葉です!

コロナ禍読み方は

新型コロナウイルスはまだまだ終息が見えず、先日(2020年4月7日)、約1か月をめどとして1都1府5県に緊急事態宣言も出されました。 この有事の国難とも言える状況を「コロナ禍」という言葉で表されたりします。 ところで、この言葉の読み方がわかりますか? 正解はタイトルにも書いている通り「コロナか」と読みます。 コロナという字はカタカナなので誰でも読めるでしょうが、「禍」という漢字が読みにくいですよね。 今回は、「コロナ禍(か)」という字の意味についてご紹介したいと思います。 (スポンサーリンク) もくじ• コロナ禍とは?読み方は「コロナか」 「コロナ禍」の読み方は「コロナか」であることがわかりましたが、では一体どういう意味なのでしょうか。 「禍」と書いて「わざわい」とも読む 「禍」という漢字は、「か」という読み方の他にも「わざわい」という読み方もあります。 「わざわい」と聞くと「災い」という漢字を真っ先に思い浮かべるかもしれませんが、「災」という字を用いる場合は、台風や地震や洪水や火山の噴火などの自然災害や天災を指し、防ぎようのない災いのことを言います。 一方、「禍」という字を用いる場合は、火事や洪水などの災害を指し、工夫や予防をしていれば防げる人為的な災難のことを言います。 つまり、両者の大きな違いは、• 防ぎようがあったのかなかったのか• 天災なのか人災なのか ということになります。 コロナ禍とは?意味は「コロナウイルスという防げたはずの人災」 前述した「禍」という字の意味を素直にそのまま受け取って「コロナ禍」に当てはめた場合、コロナ禍とは「コロナウイルスという防げたはずの人為的災害(わざわい)」ということになります。 もちろん、言葉や漢字の意味は色々なものを併せ持っていったり、一言で言い表せない含みを持っていたりするので、そのまま当てはめて解釈することが必ずしも適切とは言い切れない場合もあります。 コロナウイルスが事前又は適切な時期に対策や予防措置を講じていれば防げたのか否か、及び人為的な災害と言えるのか否か、ということについては個人の見解では限界がありますので言及は避けますが、そういう意味も込めて「コロナ禍」と言われているのは間違いがないところでしょう。 ウイルスそのものだけでなく、ウイルスが蔓延したことによる二次被害、三次被害もありますので、もちろんそれらも含めての「コロナ禍」だと言えます。 例えば、• 買い占めや品切れ続出• 外出自粛• 経済活動の自粛• 解雇や失業• 収入の減少• 臨時休校• 休校に伴う授業の遅れ• 東京オリンピックの延期• 差別やヘイト などになります。 こうして見てみると、確かに「予防対策できた」「人為的災害」と言えるものも含まれているように思います。 「禍」を「渦」と書くこともある?「鍋」は間違い! 中には「コロナ禍」を「コロナ渦」と書いてある記事や情報発信も見受けられました。 「禍」と「渦」の違いです。 「しめすへん」か「さんずい」の違いで意味が違ってきます。 「渦」の場合も「か」とも読みますが、訓読みでは「うず」と読みます。 つまり、「コロナ渦」と表現している記事は「コロナウイルスの渦中にいる」と言いたいのかもしれませんが、そうなると新語や造語になってきますし、最初に誰かが間違えて発信した字が一部の人に浸透してしまった結果なのかもしれませんね。 デマも広がるスピードが恐ろしく速く、そして突き動かされる人も多かったのはコロナショックのトイレットペーパー買い占めで記憶に新しいところです。 「コロナ渦」の場合は、「まぁそういう造語もありかな?」とも思えますが、中には「コロナ鍋」と書いている人もいて、「さすがにそれは読み間違い&書き間違いでしょう」と思うわけです。 確かに「かねへん」の「鍋」も「か」という読み方をしますが、訓読みでは「なべ」です。 「コロナウイルスのお鍋」という意味は、もう日本語としても文章としても成立しませんし、明らかな間違いだと断言できます。 いや、私が知らないだけで、「コロナ鍋」に深い意味があるのかもしれませんが、その場合は後学のために教えて頂けたら幸いです。 最後に 今回は、「コロナ禍」の読み方と意味についてご紹介しました。 まとめると、• 読み方は「コロナか」• 意味は「コロナウイルスという防げたはずの人為的災害(わざわい)」• 「コロナ渦」という表現もあるが、正しいのかは不明• 「コロナ鍋」は明らかに間違い ということになります。 「コロナ禍」が気になっている人のご参考になれば幸いです。

次の