富士通 リース 株式 会社。 会社概要

HDD転売、富士通リース社長が神奈川県知事に謝罪:朝日新聞デジタル

富士通 リース 株式 会社

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 神奈川県庁で使われていたハードディスク(HDD)が、個人情報を含む膨大なデータの消去が不十分な状態で転売された問題で、HDDのリース元の富士通リースの小西秀智社長が18日、県庁を訪れ、黒岩祐治知事に謝罪した。 面会後、黒岩知事は「(同社側からは)『よくわからない』の繰り返しだった」と述べ、不快感を示した。 小西社長と黒岩知事の面会は午前9時半から約20分間、冒頭を除いて非公開で行われた。 冒頭、小西社長は「個人情報や情報セキュリティーに関して対応が不十分だったと痛感し、反省している」と謝罪した。 面会後は報道各社の取材には応じず、庁舎内で一度足を止め、「県民の皆さまに心よりおわびします。 再発防止策づくりをしています」と述べて頭を下げた。 今回の問題を受け、データの消去作業を担ったブロードリンクの榊彰一社長、黒岩知事は会見したが、富士通リースは会見を開いていない。 黒岩知事は面会後、同社の報告について「(消去作業は)ブロードリンク社がやっていることで、監督責任は感じるが、どうなっているかよくわからないという感じだった」と報道各社に説明した。 転売された18個を除く378個のデータ消去の報告書の提出が、約束した12日から遅れている理由についても明確な説明がなかったという。 報告書の提出の遅れなどを受け….

次の

JA三井リース

富士通 リース 株式 会社

コード 銘柄名称 株価 前日比 関連度 8591 1,379. 0 15:00 -21. 0 -1. 0 15:00 -3. 0 -2. 0 15:00 -20. 0 -1. また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

富士通リース株式会社

富士通 リース 株式 会社

, LTD. )は、に本社を置く、日本の会社。 ファイナンスで製品の販売拡大を目的とし、1978年に設立された。 2008年よりの連結子会社である。 概要 1978年、金融面から富士通製品の販売推進をサポートする目的で設立した、「情報機器リース株式会社」が前身企業。 東京リース株式会社のであったが、2008年に連結子会社化。 その後、東京リースがセンチュリー・リーシング・システムと合併し、東京センチュリーリース(現:東京センチュリー)の連結子会社となった。 1978年3月 - 「情報機器リース株式会社」設立• 1984年7月 - 「富士通リース株式会社」へ社名を変更• 2002年3月 - 本社地区の「」認証を取得• 2008年7月 - 東京リース株式会社(現在の東京センチュリー)の連結子会社に移行• 2008年10月 - 全社で「」認証を取得 不祥事• 2019年春にが富士通リース横浜支店から借りていた共有のが交換時期を迎えたため、サーバーから取り外した上で。 富士通リースは処理会社のにデータを復元不可能な状態にするように依頼(丸投げ)をしたが、一部のハードディスクを同社のデータ消去作業担当者が勝手に持ち出し、18個をに出品。 このうち、9個を落札した第三者が安全性を確かめるためにハードディスクを復元ソフトで確認したところ、が作成した大量のファイルが保存されていたことが判明。 の納税記録や県職員の業務記録など、大量のが外部に流出した。 この事が同年12月6日にのスクープ記事によって明らかとなり 、富士通リースは同日公式ホームページにて謝罪した。

次の