ゴルフ スイング コック。 間違いが多すぎる!本当のコックの方向はこれ

ドライバーのゴルフスイングとコック

ゴルフ スイング コック

ゴルフのノーコックとは? コックとは、手首を親指側に折ることを言います。 折ることで腕を鞭のように使えるので、ヘッドスピードをアップすることができ、飛距離が出ます。 金槌で釘を叩くことをイメージしてみてください。 スナップを利かすと軽い力で叩けると思います。 ゴルフのノーコックとは、スナップを利かさずに釘を叩く動作と同じで、リストを固定してスイングすることです。 ノーコックの長所 方向性が良くなる リストを使わないということは、ゴルフの基本である「腕の三角形を崩さずにテークバック」をするので、フェース面が変わらず方向性が安定します。 またクラブの軌道もオンプレーンに沿うので、芯に当たりやすくインパクトの打点も一定になります。 特にアプローチでは威力を発揮します。 100ヤード以内はノーコックで打つと寄る確率が上がります。 寄せワンのチャンスも増えてスコアの崩れることもなくなるでしょう。 タイミングが取りやすい クラブと腕が一体になるので、ゴルフスイングの始動で悩まされることがありません。 またクラブを降ろす場合も、タメることをあまり気にする必要がないので、スムーズにインパクトまで持っていけます。 ゴルフの振りがシンプルになるので、再現性の高いショットが打てるようになりミスが減ってきます。 手打ちがなくなる ゴルフでどうしてもリストを使うと、手だけで上げてしまう可能性が出てきます。 ノーコックだとグリップ、手首、腕、肩が同調するので、クラブがいつも胸の前にあり、曲がる要素がなくなります。 身体を回転させる速さで距離を打ち分けることができるので、安定したショットが打てます! ゴルフではグリップの握り方ひとつで、ボールの飛びや方向性が変わってきます。 アマチュアゴルファー必見です!ぜひ、チェックしてみてください。 短所 飛距離が出ない ゴルフでは、手首のスナップを使うことでヘッドスピードを上げ飛距離を出します。 しかし、スナップがないとシャフトをしならせることができないのでヘッドを走らせることができず、飛びません。 スエーをしてしまう リストターンをさせる代わりに、身体を回転させないとボールは飛んでいきません。 飛ばそうと回転しているつもりが、ただ横に移動している場合もあります。 この動きがゴルフでは、スエーを誘発してしまいインパクトが不安定になり、スライスやフックのミスが増えてしまいます。 ノーコックの打ち方及び練習 打ち方はとてもシンプルです。 構えた状態のままの右手首の角度を変えずに、トップまで上げてインパクトを迎えてフォローまで一気に振り抜きます。 腕が少し窮屈に感じますが、身体の回転を使って打っていきます。 上手く打つには3つのゴルフ練習方法があります。 ・スリーコーター(肩から肩までの振り幅) ・振り子のように振る ・スリップハンドで握る この3つを意識して練習することで、打てるようになります。 スリーコーター(肩から肩までの振り幅) ゴルフで、トップを高く上げようとするとヘッドが垂れてくるので、手首が曲がってきます。 肩の高さを上限としましょう。 そうすることで無駄な力が入らないので、スムーズな切り返しができるようになり、ドライバーやアイアンショットが安定してきます。 振り子のように振る リストを使わずにタイミングを取るには、両腕を振り子のように振ることでタイミングが取りやすくなります。 小さい振り幅から徐々に大きくしてリズムを取っていきます。 リズムを取りながら距離感も一緒に養っていくと方向性がさらにアップしていきます。 特にゴルフ初心者は、ノーコックで練習を始めると芯に当たりやすくなるので、楽しくなってきます。 ぜひ試してみてください。 スリップハンド グリップを握るとき、右手と左手の間を拳半個分くらい開けます。 そうすることで感覚をつかめます。 これはアプローチだけではなく、アイアンやドライバーでも有効ですので、手首を使いすぎているゴルファーは、練習のときに試してみてください。 アプローチの打点が安定するレッスン動画です。 参考にどうぞ! ノーコックのプロゴルファー ゴルフトーナメントでフェアウェイキープ率の高い選手は、あまり手首を使わずにスイングをしています。 笠りつ子 出典: 笠りつ子プロと言えば「ノーコック」という代名詞が付くほどです。 ドライバーでもリストを使わず振っています。 フェアウェイキープ率はいつも上位です。 本当に曲がりません。 コースセッティングが難しくなればなるほどトップに顔を出してきます。 宮里藍 元世界ランク1位まで上り詰めた宮里藍プロ。 トップまでは曲げずに、インパクトに向けて徐々に角度をつけ打っていきます。 曲がらないショットで世界と戦ってきました。 いつもボールが大きく曲がるアマチュアゴルファーは彼女の振りを参考にしてみてください。 宮里藍のスイング動画です。 イメージができると曲がらず遠くに飛ばせますよ! 井戸木鴻樹 正確無比のドライバーショットを放ちます。 手首を固定するテークバックが特徴で、フェアウェイキープ率には定評があります。 2013年「全米シニアプロゴルフ選手権」を逆転で優勝し、日本の男子選手で初となる海外メジャー制覇を成し遂げています。 ゴルフはノーコックがいいの!? 出典: ゴルフのスイングには正解はありません。 プロでもいろいろなフォームをしています。 最近では韓国のチェ・ホソンプロが話題です。 独特ですよね。 アマチュアには参考になりませんが、日本ツアーのトーナメントで2位に入っています。 しかし、ゴルフを上達させるには基本を習得しなければいけません。 飛距離をアップするにはリストターンが欠かせません。 方向性を上げるにはノーコックが欠かせません。 どちらも必要になります。 特にテークバックでクラブを上げるときは、あまりリストを使わない方がいいでしょう。 腕の三角形を崩さずに上げることがナイスショットにつながります。 飛ばすとき、寄せるときで使い分けることで、プレーの幅も広がりスコアもどんどん伸びていきます。 ぜひ、両方とも練習していただき、ゴルフのレベルアップにつなげてください。 右手首の角度、ベストの形の見つけ方です。 自分に合う、力の入る角度を見つけてナイスショットをしてみてください!.

次の

ゴルフスイング中に手首のコックをほどかないで維持するコツと練習方法!

ゴルフ スイング コック

ゴルフのノーコックとは? コックとは、手首を親指側に折ることを言います。 折ることで腕を鞭のように使えるので、ヘッドスピードをアップすることができ、飛距離が出ます。 金槌で釘を叩くことをイメージしてみてください。 スナップを利かすと軽い力で叩けると思います。 ゴルフのノーコックとは、スナップを利かさずに釘を叩く動作と同じで、リストを固定してスイングすることです。 ノーコックの長所 方向性が良くなる リストを使わないということは、ゴルフの基本である「腕の三角形を崩さずにテークバック」をするので、フェース面が変わらず方向性が安定します。 またクラブの軌道もオンプレーンに沿うので、芯に当たりやすくインパクトの打点も一定になります。 特にアプローチでは威力を発揮します。 100ヤード以内はノーコックで打つと寄る確率が上がります。 寄せワンのチャンスも増えてスコアの崩れることもなくなるでしょう。 タイミングが取りやすい クラブと腕が一体になるので、ゴルフスイングの始動で悩まされることがありません。 またクラブを降ろす場合も、タメることをあまり気にする必要がないので、スムーズにインパクトまで持っていけます。 ゴルフの振りがシンプルになるので、再現性の高いショットが打てるようになりミスが減ってきます。 手打ちがなくなる ゴルフでどうしてもリストを使うと、手だけで上げてしまう可能性が出てきます。 ノーコックだとグリップ、手首、腕、肩が同調するので、クラブがいつも胸の前にあり、曲がる要素がなくなります。 身体を回転させる速さで距離を打ち分けることができるので、安定したショットが打てます! ゴルフではグリップの握り方ひとつで、ボールの飛びや方向性が変わってきます。 アマチュアゴルファー必見です!ぜひ、チェックしてみてください。 短所 飛距離が出ない ゴルフでは、手首のスナップを使うことでヘッドスピードを上げ飛距離を出します。 しかし、スナップがないとシャフトをしならせることができないのでヘッドを走らせることができず、飛びません。 スエーをしてしまう リストターンをさせる代わりに、身体を回転させないとボールは飛んでいきません。 飛ばそうと回転しているつもりが、ただ横に移動している場合もあります。 この動きがゴルフでは、スエーを誘発してしまいインパクトが不安定になり、スライスやフックのミスが増えてしまいます。 ノーコックの打ち方及び練習 打ち方はとてもシンプルです。 構えた状態のままの右手首の角度を変えずに、トップまで上げてインパクトを迎えてフォローまで一気に振り抜きます。 腕が少し窮屈に感じますが、身体の回転を使って打っていきます。 上手く打つには3つのゴルフ練習方法があります。 ・スリーコーター(肩から肩までの振り幅) ・振り子のように振る ・スリップハンドで握る この3つを意識して練習することで、打てるようになります。 スリーコーター(肩から肩までの振り幅) ゴルフで、トップを高く上げようとするとヘッドが垂れてくるので、手首が曲がってきます。 肩の高さを上限としましょう。 そうすることで無駄な力が入らないので、スムーズな切り返しができるようになり、ドライバーやアイアンショットが安定してきます。 振り子のように振る リストを使わずにタイミングを取るには、両腕を振り子のように振ることでタイミングが取りやすくなります。 小さい振り幅から徐々に大きくしてリズムを取っていきます。 リズムを取りながら距離感も一緒に養っていくと方向性がさらにアップしていきます。 特にゴルフ初心者は、ノーコックで練習を始めると芯に当たりやすくなるので、楽しくなってきます。 ぜひ試してみてください。 スリップハンド グリップを握るとき、右手と左手の間を拳半個分くらい開けます。 そうすることで感覚をつかめます。 これはアプローチだけではなく、アイアンやドライバーでも有効ですので、手首を使いすぎているゴルファーは、練習のときに試してみてください。 アプローチの打点が安定するレッスン動画です。 参考にどうぞ! ノーコックのプロゴルファー ゴルフトーナメントでフェアウェイキープ率の高い選手は、あまり手首を使わずにスイングをしています。 笠りつ子 出典: 笠りつ子プロと言えば「ノーコック」という代名詞が付くほどです。 ドライバーでもリストを使わず振っています。 フェアウェイキープ率はいつも上位です。 本当に曲がりません。 コースセッティングが難しくなればなるほどトップに顔を出してきます。 宮里藍 元世界ランク1位まで上り詰めた宮里藍プロ。 トップまでは曲げずに、インパクトに向けて徐々に角度をつけ打っていきます。 曲がらないショットで世界と戦ってきました。 いつもボールが大きく曲がるアマチュアゴルファーは彼女の振りを参考にしてみてください。 宮里藍のスイング動画です。 イメージができると曲がらず遠くに飛ばせますよ! 井戸木鴻樹 正確無比のドライバーショットを放ちます。 手首を固定するテークバックが特徴で、フェアウェイキープ率には定評があります。 2013年「全米シニアプロゴルフ選手権」を逆転で優勝し、日本の男子選手で初となる海外メジャー制覇を成し遂げています。 ゴルフはノーコックがいいの!? 出典: ゴルフのスイングには正解はありません。 プロでもいろいろなフォームをしています。 最近では韓国のチェ・ホソンプロが話題です。 独特ですよね。 アマチュアには参考になりませんが、日本ツアーのトーナメントで2位に入っています。 しかし、ゴルフを上達させるには基本を習得しなければいけません。 飛距離をアップするにはリストターンが欠かせません。 方向性を上げるにはノーコックが欠かせません。 どちらも必要になります。 特にテークバックでクラブを上げるときは、あまりリストを使わない方がいいでしょう。 腕の三角形を崩さずに上げることがナイスショットにつながります。 飛ばすとき、寄せるときで使い分けることで、プレーの幅も広がりスコアもどんどん伸びていきます。 ぜひ、両方とも練習していただき、ゴルフのレベルアップにつなげてください。 右手首の角度、ベストの形の見つけ方です。 自分に合う、力の入る角度を見つけてナイスショットをしてみてください!.

次の

正しいコックの作り方!ゴルフはこれで簡単に球がつかる!

ゴルフ スイング コック

手首のタメ(コック)はインパクトまで維持することが必要ですが、右肘が伸びても我慢することです。 スイングスピードが遅ければタメを維持することは難しいですが、右手は手首で打つイメージが必要です。 インパクトの直前まで手首のタメをリリースしないのが正解? インパクトで右手首のタメを リリースしないのが正解です。 インパクトの直前まで手首のタメを維持する方法はヘッドを下ろすイメージでは無理があります。 ダウンスイングで左手はグリップエンドをボールに向けて下ろしますが、右手は右足の前で肘を伸ばします。 肘が伸びても手首は戻ることはありません。 右肘が伸びたときはテイクバック時に戻ったときで、シャフトは目標を向いているはずです 正しく右手のタメを維持する方法は以下のようにしましょう。 ダウンスイングは左手をボールに向けて下ろす• ダウンスイングで右手は右足の前で肘を伸ばす(コックしたまま)• 肘が伸びるとリストターンが始まる• タメはインパクト直前でリリースに入る リストターンとインパクトはほぼ同時になりますが、手首のタメがリリースするのはインパクト後になれば最高です。 インパクトは右肘が伸びると自然にリストターンできますが、タメはどの位置でリストターンするかで変わってきます 参照 「」 ダウンスイングで手首のタメが利いていないときのデメリット ダウンスイングのタメはインパクトの直前まで維持するのが理想です。 タメをインパクトまで我慢できないデメリットは以下のようになるでしょう。 ヘッドは力なくインパクトゾーンに入る• タメがなくなった時点で肩は回っている• ヘッドは遠心力だけでボールに当たる このように力のないヘッドは、手首のタメが早くリリースするとヘッドスピードは上がりません。 スイングはトップのタメとインパクトのタメが特に重要で、それを可能にするためにゴルファーの皆さん努力しているのです。 参照 「」 手首のタメをほどけないようにする方法 ダウンスイングで右肘を下げると右肩が下がりますが、右肩が下がるとタメも早くほどけるでしょう。 ダウンスイングはグリップを下ろす動作が必要で、右手はタメを維持したまま手首を下げる動作が特に必要です。 肘を下げるとヘッドが早く下り手首のタメは維持できません。 タメを維持してヘッドスピードを上げる方法は以下のようにしましょう。 左腰でダウンスイングをする(上半身はトップを維持する)• 左手はボールに向けて下ろす(ヘッドに遠心力をつける)• 右手は右足の前でコックしたまま肘を伸ばす(リストターンの始まり) このダウンスイングは右手のタメが伸びることはありません。 右肘を伸ばしても手首はコックしたままになりますが、それはヘッドの重みが作用しているからです。 手首のタメは肘を下げるとヘッドが予想以上に下がるのでタメが維持できないのです。 ダウンスイングはグリップを速く下ろしヘッドを遅らせるほうが良いでしょう。 遅れたヘッドはインパクトで時間差がなくなり飛距離が出るのです。 参照 「」 手首のタメを維持するスイングイメージや意識とは? 手首のタメを意識したダウンスイングが必要になります。 ダウンスイングでタメを持続する方法は以下のようにしましょう。 下半身でダウンスイングをする• ダウンスイングはグリップを下げる(ヘッドを遅らせる)• 左手を引き下ろす目標はボール• 右手はダウンスイングで 右足の前に下ろす(リストターンの位置)• インパクトからフォローにかけて体を回転させる このスイング方法はダウンスイングで肩を回すのではなく下半身でするのが理想です。 参照 「」 「」 体が大きく回るときはテイクバック位置からフォローにかけて使います。 したがってダウンスイングは下半身で行うのが理想で飛距離を出すにはこれしかないでしょう。 <スポンサード リンク> ゴルフ上達に有益な教材 延べ15万人をティーチングしてきたカリスマコーチの古賀公治さんのDVDで、飛距離とスコアアップを目指す人に最適です。 現役のプロもおすすめするDVDで一番おすすめする教材です。 バックスイングのコツ、ヘッドを遅らせて飛距離を伸ばすコツで飛距離を30ヤード伸ばす教材です。 同時に方向性も良くなる方法もわかるのでスイング全体のバランスが良くなります。 飛距離と方向性に悩んでいるゴルファーに向いている教材です。 作者はドラコンチャンプの安楽拓也さんです。 年齢を重ねても飛距離を追求したいゴルファーは見て欲しいと思います。

次の