ウォーリーを探さないで2。 無料ゲーム ウォーリーを探さないで

ウォーリーをさがせ!

ウォーリーを探さないで2

「ウォーリーをさがせ!」 びっくりフラッシュも存在する、言わずと知れた有名絵本。 幼少の頃、父親に連れられて行ったくるまやさんのキッズコーナーに置かれていたので 軽くぺらっと目にしたことはあるが、自宅にはないため詳しい情報はあまり知らない。 でもまあ概要は知ってるよ? 脱獄囚「ウォーリー」を 再逮捕するために 群衆のなかから探す 絵本でしょ? …え? 違う????? そう。 私は生まれてこのかた、ずっと「 ウォーリーは脱獄囚」というのが公式の設定だと思っていた。 その勘違いが解けたのはつい先日のこと。 家族との何気ない会話の中で「 ウォーリーって囚人だもんね〜」と言ったら 母親に『え?』という反応をされたのでウィキペディアで調べたところ 囚人なんて一言も書かれていなかった。 ・・・・ ウォーリーをさがせ!を初めて知った幼少の頃の私は「 なぜウォーリーは探されているんだ?」と疑問を抱いたのだが、調べるほどのことでもなく放置していた。 そんなある日、「囚人服は太いしましま模様。 脱獄しても目立って見つけやすいようになっている」という知識を得て、 ピンときたのだ。 「あ、 ウォーリーは囚人なのか!」 「だからしましまの服で人混みへ逃げていて、警察(読者)に探されているんだ」 と。 つまり「しましまの目立つ服」「探す」という要素で、幼少の頃の私が勝手に「脱獄囚」だと勘違いし、そのまま2020年になってしまったということだ。 が、当たり前だがインターネッツをしていない幼少期の頃の私はそんな都市伝説は知らない。 よって「昔都市伝説か何かをネット見てその記憶が残ってたんだろ笑」というオカルトスレにありがちなクソレスは受け付けないぞ) 脱獄囚を探すのではないのなら、どういうモチベーションで全世界の子供たちはウォーリーを探しているの? なんでウォーリーは逃げてるの?彼女は?年収は?調べてみました! 登場人物 ウォーリー Wally 本作の主人公。 赤と白の縞模様の服・長靴下・帽子、ジーパンを身に着て、眼鏡をかけて杖を突いている。 茶髪で、細長い体型。 しろひげの命令で、あらゆる異世界に行っては命令を遂行している。 常に笑顔で、明るく聡明。 「あらゆる異世界に行っては命令を遂行している」!?!? 初耳だぞ (しろひげって誰) まず、 「命令」を遂行って何? 目的が一切明かされていないこの説明文。 すごいぼんやりしてない?伏せないといけないかんじの内容? ハッピーになれる粉を運ぶの? というより「異世界にいける」ってことは、 人智をこえた能力を持っているってことか? もしかして、しろひげっていう人が「神」で、ウォーリーが「神の使い魔」として 神が下した「命令」を遂行してる? なんだかもう 『常に笑顔で、明るく聡明』というのも意味深に見えてきた。 人智を超えた天上界で暮らす聡明な生命体ゆえにこの世の真実を悟っており、 どんなに醜い不届きものに対しても 明るく、いつも笑顔。 「科学的には証明できない力」を行使できる「魔法使い」… 露骨な 「神」の暗喩だとしか… ここでさきほど書いた、ウォーリープロフィールWikipedia引用の下に書いた注意書きをふりかえり。 アニメ化にともない 設定の改変が行われる… 喫煙飲酒シーンとの兼ね合いで伸姉が成人設定にされたように… 浮かび上がってくるワード コ ン プ ラ イ ア ン ス … それじゃあやはり、 しろひげ=神からの 「命令」の内容は… …結局調べれば調べるほどウォーリーの謎は深まってしまった。 ウォーリーは笑顔の好青年なのか、脱獄囚なのか、それとも…? とはいえ、やはり純粋に考えたら 「しましまの服の男を探す」というのはあからさまな脱獄囚逮捕ゲームでは??? 私は納得してないぞ!! ウォーリーは囚人や!!!!! みんなもずっとウォーリーは囚人だと思ってたよね??? は?.

次の

【怖いフラッシュ】ウォーリーを探さないでって覚えてる?【叫び声】

ウォーリーを探さないで2

ウォーリー氏。 写真は1999年開催時のもの 『 ウォーリーをさがせ! 』は、年に一回秘密裏に行われる 壮大な()である。 元年から行われており2000回以上もの開催回数を誇る。 その名のとおり、ウォーリー氏(英名:Wally、北米名:Waldo)が隠れているわけだが、極めて巧妙に隠れるため見つけにくい。 一般人に広く知られている 絵本のアレは、このかくれんぼのための教習本であり、本大会と比べ極めて難易度が低く設定されている。 本番では本物の生身のウォーリー氏を探すため、難易度が飛躍的に上昇する。 また、西暦元年から行われていることから、 ウォーリー氏はの生まれ変わりではないかと推測する者もいる。 イエスとの関連性は「発祥」の節を参照。 一方での捜査によれば、が原稿の締め切りに間に合わず編集者から逃げているということが有力だとされている。 2000年以上もの長きにわたって開催され、歴史的事件にも影響を及ぼした(後述)側面がたびたび注目されており、20世紀後半にはこの大会をモチーフにしたテレビアニメやビデオゲームが制作された。 また、21世紀に入ってからもハリウッドでされることが予定されており(制作権をめぐって、映画会社らによる流血騒ぎも起きたほどである)、前述の絵本ともあわせ、を展開する動きが積極的に見られる。 大会概要 [ ] 参加者 [ ]• ウォーリー氏• 各国の軍隊やなど。 その他参加登録を行い認められた者。 大会の流れ [ ] 基本的にまるまる1年間が開催期間である。 毎年1月1日から12月30日までの約12ヶ月間、彼は隠れ続ける。 主な流れを以下に記す。 1月1日:隠れ始め ウォーリー氏が隠れるための準備期間。 4日目までは探すことが許されていない。 この期間に彼を尾行すれば彼に殺される。 衛星で追跡しても、地上から撃墜される。 1月4日:探し始め 捜索の開始。 各国の諜報機関や軍隊が、一般人には気づかれないようにこっそりと探す。 一般人に気づかれれば、ウォーリー氏にも勘付かれ逃走されるからだ。 4月1日:中間発表 この中間発表ではウソの情報が飛び交う。 しかし、稀に真実が飛び出す。 なおのことタチの悪い伝統である。 本来「」とはこの中間発表のことを指していた。 7月4日:隠れ場所の変更日 この日に、その年2回目の隠れを行う。 11月30日の第2回中間発表は例年、デモの様相を呈している• 11月30日:中間発表 残り1ヶ月での中間発表で大会を盛り上げるわけだが、どちらかといえば様々な姦計が飛び交い、死者が続出する(Black Day)である。 12月下旬:大捜索 この時期はのが、のプロであるを探し回っているわけだが、これは なり振りかまわず慌ててウォーリー氏を探し回っているのを隠すためである。 12月30日:大会終了 大概はこの日まで見つけることができない。 こうして毎年負け続けている事情があるため、この 壮大なは秘密裏に行われているようだ。 12月31日:終了式 ウォーリー氏が逃げ切った場合、 から金一封が授与される。 ルール [ ] 殺してはいけません!• ウォーリー氏は生きたまま連れ帰ること。 死体は不可(むしろ彼を殺せるものなら殺してみなさい)。 探索の際、軍関係および協力者による殺戮は認められていないが、逆に ウォーリー氏による殺戮は許される。 であるウォーリー氏に司法や法律などは意味を成さないからである。 軍事衛星の利用は不可(外宇宙に隠れている場合(後述)は例外)。 使用した場合はウォーリー氏個人の衛星「ウォーリー002XX87564」通称「ラーマヤナではインドラの矢とも呼ばれているがね」によりピンポイントで殺られる(我々も一体何で殺られているのかは解らないため、詳細は不明。 見る限りではレーザーのような高エネルギー砲のような物で復元不可能な程に溶かされている)。 各国の軍隊や諜報部員などが探すわけだが、一般人の参加は、厳しい審査を通った者にしか認められていない。 無関係な一般人を用いて、ウォーリー氏を油断させたりして捕らえようとするとウォーリー氏はすぐに逃げてしまう。 彼の卓越した眼力は、大会参加者とそうでない者とを一瞬で見分けることができるのである。 ウォーリー氏の逃走手段 [ ]• 基本的にそので逃げるのだが、全速力で走るとの壁を突き破りを超える。 しかも、そのスピードでドリフトキング(略称:ドリチン)の並みの旋回力を持つため、常人が生身で捕まえるのは難しい。 よって、ルールにもあるとおり、彼が隠れきる前に捕まえようなどとしても無駄であり、隠れさせてからが勝負である。 彼の逃げる範囲は地球上だけではなく、 地下世界や太陽系の他の惑星、時には外宇宙にまで及ぶ。 やと呼ばれるを飛ばしているのは彼を発見するためである。 ウォーリー氏について [ ] ウォーリー氏の素性 [ ] 赤と白の縞の服を着ており、どこへ行っても追跡され生け捕りされようとしていることから、「ウォーリー氏は囚人ではないか? 」との噂が立ったが、これはまったくのでたらめである。 ウォーリー氏の性格 [ ] 極めて用心深いが、お茶目な面もある。 あの赤と白の独特のガラを甚く気に入っており、夏には同じガラの水着を着用する。 靴やらメガネやらナイフやら やら、よく持ち物を落とす。 ウォーリー氏によるの使用……ん? ウォーリー氏の装備 [ ] によるを装備しているため発見は困難を極める。 曰く、「隠れる事に関してのみ言えば私の数倍上をいく潜友であり、彼直伝の様々な擬態テクニックは私の生きる糧となった」との事。 さらに、チタンセラミック複合材のフレームに様々な機能を持つレンズを持った眼鏡を身に着けている。 レーダーなどと言われているが詳しい事は不明。 発祥 [ ] 「ウォーリーをさがせ! 」は、その前身である「 キリストをさがせ! 」から生まれたという説が有力である。 「キリストをさがせ! 」の第1回大会は、紀元30年頃行われたと推定されている。 この大会でキリストは好成績を残し、ユダヤ人やパリサイ派からあの手この手で逃げたものの、最後の最後には追い詰められたため、 一度死んでから再臨するという超絶技巧を駆使して彼らから逃れた。 この逃亡方法はその危険度もさるところながら、「十字架にかけられて死んだところで捕まったとみなすべきだ」、「神の子供にしかできない反則技だ」等の批判が絶えなかったため、現在の「ウォーリーをさがせ! 」では反則技の一つとして公式に認定されている。 その後イエスは、数々の人の探索にもかかわらず、近くも逃げおおせている。 第一、彼の所在地はなので捕まえようがない。 と呼ばれる人々は、未だにイエスを探し続けている。 しかし近年ではなど、イエスより簡単に発見できそうなものの探索に乗り換える人が後をたたないため、キリスト探求者は減少の一途をたどっている。 なお、初代キリストが未だに捕まっていないため、「キリストをさがせ! 」の第2回大会は行われていない。 探し方 [ ] この偽者を本物と勘違いする者が後を絶たないが、この偽者でさえも10年近く発見されなかった 各国の対応 [ ] 本場であるため、国の威信をかけている。 ウォーリー氏を発見するために、やを組織した。 中でもコードネームで知られる男はウォーリー氏発見のプロとして有名。 世界各国を飛び回って様々な諜報活動に従事しているようだが、やはりそれもウォーリー氏探索をカモフラージュするためである。 こちらも国の威信をかけているようだが、やることが派手なので失敗が多い。 ただし、やなどの宇宙探査機による遠隔地の探査においては右に出るものはいない。 なお、大会においてはあの奇抜なを発明したことで発見に大きく貢献したため、(ある意味)高く評価された。 一度捕獲に成功したこともあり、かつては先進国とされた。 現在ものが、表向きには逮捕という任務を受けながら、実は国家の威信をかけてウォーリー氏追跡に奔走している。 アメリカ軍との競争を何度も経験しただけあって彼はタフにはなったが、ウォーリー氏を捕まえたことは「公式には」1度もない。 また近年、漫画家のの邸宅建設に対して「景観を損い、静かな住環境が破壊される」として近隣住民による建設反対訴訟が提起された(最終的に楳図側が勝訴し当初の計画通り完成)。 しかし、真の裁判理由は、計画段階で邸宅の外観を赤白の横縞の塗装にすることが公表されたため、同様の服装であるウォーリー氏の発見に支障が出ることを懸念した日本政府、特にの指示により、同邸宅から遥かに離れた住民を名乗る工作員が原告として裁判に及んだものである。 この裁判騒動により、日本政府は同邸宅近隣の対ウォーリー氏監視体制を整える時間稼ぎができたのは公然の秘密である。 さらに、「はやぶさ」なる探査機がウォーリー氏追跡の役目を持って飛び立ったが、結局発見できず、手に入ったのは宇宙のゴミくずのみであった。 () 主に(ソ連崩壊後はFSB)とが追跡している。 KGBは第1総局から第13局とその他の部局等からなっていたが、幻の第15局が担当していた。 GRUでは複数の特殊部隊を擁しており、個人としてはリヒャルト・ゾルゲが有名。 また、ウォーリー氏が最も恐れている国家とされているが、上皇のはあまり乗り気でない。 「」と言っているが誰も聞いていない。 もちろん1度も捕まえられていない。 そしてそのことはウォーリー氏の怒りを買ったといわれており、色々と…しているのではないかと言われている。 1999年のデフォルトもウォーリー氏の仕業だとかそうでないとか・・・。 を読めば、が乗ったに轢かれているかもしれない。 コツ [ ]• 他国同士でいがみ合ったり、に明け暮れていないで協力すること。 彼は外宇宙にまで隠れることがあるが、もしそれが分かった場合、現在のの技術では探査ができないので 大人しく他の惑星の(ブルマ・デビルーク人・ケロン人ほか)の指示を仰ぐこと。 もし、探索範囲が絞れたら(教習本「ウォーリーをさがせ! 」見開き2ページ分の範囲に相当)、人ごみにまぎれていることが多いので、狭い範囲を囲うように視野を狭めてエリアごとに制圧していくこと。 には赤外線スコープが通用しないので、X線スコープを自作すること。 してはいけないこと [ ] ウォーリー氏による報復の爪痕。 通称「Waldo Disaster」 以下の行為を行ったチームは、いずれも財団やウォーリー氏自身から報復攻撃を受けて、壊滅ないし大損害を被っている。 いそうな場所に戦闘ヘリから機関砲による掃射を行うこと。 世界のアイドルであるウォーリー氏を機関砲で撃ってはいけない。 過去にチームがこれを実行したところ、措置とからハブられる措置を受けた。 ちなみにでは、アメリカ軍がジャングルに隠れたウォーリー氏を探そうとしてを使ったが、くらいしか抜けなかったため、特に処罰されていない。 予定区域の住人を買収して自チームに引き入れること。 このかくれんぼでは参加人数は制限されていないが、2005年にで開催された際に、ウォーリー氏以外の該当地域の住民全員が選手団として登録された。 しかし登録選手の数が同国の国民より多くなってしまい、パキスタン北部で暴れたウォーリー氏によりが頻発して、多数の犠牲者を生んだ(公式には地震被災者ということになっている)ほか、モンガナ共和国そのものも財団によってされてしまった。 現在、モンガナ共和国は地図の上は勿論、世界史上からも抹殺されている。 文化史跡に追いこむこと。 ルール違反というわけではないが、ウォーリー氏が隠れるため本能的に史跡周辺にトラップを設置するため、文化史跡の調査・修復に問題が発生する場合がある。 過去には、が生活していた文化史跡に逃げ込まれたことから史跡周辺部が完全封鎖されてしまい、逃げ場を失ったクメール・ルージュの構成員が大量に餓死するという痛ましい事件も発生している。 なお、後に財団が裏から手を回したため、クメール・ルージュが周辺民族を虐殺したことにされてしまった。 アンコールワット周辺に残る大量の遺骨の大半は、実はクメール・ルージュ構成員自身の遺体である。 「ウォーリー見つけたぜ! 」と虚偽の報告をすること。 もちろんそんな事をする人はいないと思うが、友達同士で「6面できたぜ」と自慢するように「ウォーリー見つけたぜ! 」とあなたが言ったとしよう。 そういう時に限ってウォーリー氏はあなたのそばにいるのである。 プライドが高いウォーリー氏はあなたの言動に激昂して、次元をゆがめてあなたを別の世界に転送するであろう。 ウォーリーを一人で真夜中に探さないこと、もし探したとするならばウォーリーにより、隠れるための囮にされたりする。 もしくは別の世界に飛ばされて奴隷にされて、別の世界のウォーリーの宗教の食料になったり、奴隷を探せ!の探される人となる• 何があっても検索するな! 命の保障はしないぞ! ……ん? ミレニアムイベントでを付けて、さらに一杯引っ掛けて余裕のウォーリー氏……だがこの後……• 1183年大会ではウォーリー氏が敗北している。 平氏と源氏が争っていたとき、ウォーリー氏は余裕をかまして戦いを見ていた。 その時突如としてが起こり、ウォーリー氏の服装が目立ってしまった。 そうこうしている間に源氏と平氏の両軍から見つかってしまった(ちなみに、この戦いで源氏は日食に驚いて敗北したといわれているが、本当はウォーリー氏を発見して浮かれているところを平氏に攻撃されて負けたのである)。 1492年大会でもウォーリー氏が敗北している。 これは、彼がアメリカ大陸(正確にはサンサルバドル島なる小島で、彼の別荘があった。 )に隠れている時、なる大会参加者に、 一人にいそしんでいる所を発見されたためである。 こういった所が、お茶目サンたる所以である( ちなみに、歴史上の「コロンブスのアメリカ大陸発見」はこの大会の存在を秘匿するための偽情報である)。 1703年大会においてもウォーリー氏は敗北した。 当時、日本はだったため、他国に与える情報を抑えようとした。 』において、屋敷の台所に潜んでいたウォーリー氏を発見した。 このことは後にとして知られ、氏をに見立てた『』という架空の演劇作品も生まれた。 また、発見したチーム「AKR47」は、後世において赤穂浪士四十七士と呼ばれているという。 噂の大会でもウォーリー氏は敗北した。 は21世紀でもないのに騒がれていたが、ウォーリー氏も例外ではなかった。 何よりウォーリー氏を熱くさせたのはである。 氏はいつもは黒ぶち眼鏡だが、2000(ミレニアム)眼鏡の形状の素晴らしさに惚れ込み、写真の様に身につけていた。 もちろん度は入っていないので酔っ払っているところをあっさり発見され、捕まってしまった。 やはり彼はお茶目サンの様である。 勝利編 [ ] ゲルマン民族の大移動の中をマッハで駆け抜けるウォーリー氏• 376年に起こったゲルマン民族の大移動であるが、正確な理由はあまり知られていない。 これは376年大会でローマ帝国内に隠れたウォーリー氏をゲルマン民族のゴート族が大捜索したためである。 本当はゴート族は大会に参加などする気が無かったが、に無理矢理脅されて大会参加者として自分たちを登録し、大捜索を敢行した。 ウォーリー氏を発見することこそできなかったが、おかげで歴史が大きく動いた。 毎年独立記念日(7月4日)に2回目の隠れを行うため、 独立記念日で浮かれているは大体ここで彼を見失い、失敗する。 この失敗は100年以上、合衆国建国以来続いている。 (1274年・1281年)において 彼が発見された可能性が浮上している。 後に、ある日本兵が「よく見ると、あのの中心には赤白の縞模様の男がいた気がする」と述べた。 このことから、ウォーリー氏は当時、日本で高速移動を行っていたものと考えられている。 残念ながら、捕獲には至らなかったようである。 1916年大会では余裕で勝利した。 皆がに熱中していた上、彼は遠くに隠れていたため発見されなかった。 実は、怪僧が死に際に神託として彼の居場所を言い当てているが、 無視された上に川に死体をさらすこととなり、悔やまれる結果となった。 2011年大会は、ウォーリー氏の圧勝だった。 アメリカはビンラディン容疑者を捜索するため大会を降りた。 日本もという有効的なシステムを駆使したが、ので大会どころではなくなった。 韓国と北朝鮮は途中でケンカをしてしまったので大会を降りた。 さらにチリが爆発したのでオーストラリアとニュージーランドまでもが大会を降りた。 エジプトは国の中で争いが勃発したので大会を断念。 かなりの戦力不足でウォーリー氏を発見しようとしたのだ。 勝てるわけがない。 関連項目 [ ] 英数字 (・) あ行 か行 | - さ行 () た行 な行 | は行 ま行 や行 ら行 わ・を・ん 関連項目.

次の

無料ゲーム ウォーリーを探さないで

ウォーリーを探さないで2

そんなわけで、今回はゲームの中だけでも「密」を楽しもうということで、人やキャラクターがわちゃわちゃと入り乱れる、名付けて「密集系ゲーム」をご紹介していこうと思います。 ステージが自作できる、かわいい手描きのモノ探しゲーム「」• メーカー名:Crazy Monkey Studios• 発売日:2020年3月12日• 価格:899円(2020年5月17日現在) 「ウォーリーをさがせ!」という絵本をご存じでしょうか。 小さな人物が大量に描かれたページの中から、赤白ボーダーシャツと丸ブチ眼鏡が特徴的なウォーリーというキャラクターを探すゲーム絵本で、日本では80年代後半から90年代前半に大流行しました。 筆者は、まさに幼少期にブーム直撃だった世代なので、来る日も来る日も飽きることなくウォーリーを探し続けていたことを覚えています。 大人になった今でも、ふっとあの頃のウォーリー探しの楽しさを思い出すことがあるのですが、そんな筆者のような人にもってこいのゲームが、この「Hidden Through Time」です。 (C) 2020 Crazy Monkey Studios 本作は、カラフルでやわらかいタッチの手描きイラストで描かれたモノ探しゲームです。 ゲームの進行はステージクリア型となっており、各ステージに用意されたターゲットを探し、一定数のノルマをクリアすることで次のステージがアンロックされていく仕組みになっています。 すべてのターゲットを探さないと、次に進めないというわけではないので、そのあたりは親切設計だなと感じました。 マップのテーマは石器時代、エジプト、中世、ウエスタンが用意されています。 そう言えば「ウォーリーをさがせ」シリーズでも、ウォーリーが石器時代やエジプトを舞台に旅をしていました。 「サスペンスドラマといえば断崖絶壁!」みたいな感覚で「モノ探しゲームといえば石器時代!」が、もしかしたら定番なのかもしれません。 そうなんです。 本作は、テントや家などの建物をクリックすることで、内部を調べることが可能なんです。 この感覚は、単なるモノ探しゲームというよりも、かくれんぼゲームと表現したほうがしっくりくるかも知れません。 難易度は、こういったゲームのお約束として、進めば進むほど上昇していきます。 探さなければならないターゲットの数は増え、マップは1画面に収まらないほど広くなるため、マウスによる画面スクロールと、マウスホイールでの画面の拡大・縮小を駆使することが必須となります。 こうなってくると、もはや画面のわちゃわちゃ感は、「密」にもほどがあるというレベル。 見ている分には楽しいですが、探すのはなかなか大変です。 とは言え、本作には時間制限やミスによるペナルティはなく、さらにターゲットごとにヒントテキストも用意されているので、じっくりのんびり、時間をかけながら楽しむのが正しい遊び方と言えそうです。 ちなみに余談ですが、このヒントテキスト、クスッとできるパロディネタがあったりとなかなか面白いので、ぜひすべて読んでみていただきたいです。 (C) 2019 ZHANG FAN, SHEN JIAWEI 本作は、シンプルなモノトーンのグラフィックが特徴的な、11種類の「混雑したシチュエーション」を体験するゲームです。 シミュレーターというタイトルではあるものの、内容としては、ちょっと頭を使うパズルアクションといったところ。 操作するキャラクターは、人気インディーゲーム「ヒューマン フォール フラット」を彷彿させる、物理演算が使われたふにゃふにゃの人間です。 結構クセがあるので、操作に慣れるまでにはひと苦労! 用意されているシチュエーションは、 「大混雑しているエレベーターになんとかして乗り込む」 「大混雑している地下鉄になんとかして乗り込む」 「大混雑している地下鉄からなんとかして降りる」 「大混雑している通りをなんとかして抜ける」 といった、ラッシュ時の新宿駅や土日の原宿・竹下通りなんかで実際に体験できそう(というか体験したことあります)なものから、「羊の大群をかき分けて牧場から脱出する」「羊を盗もうと次々にやってくる泥棒の大群をなぎ倒す」といったシュールなシチュエーションまでさまざま。 というわけで、筆者が特に注目したステージをピックアップしてご紹介していきましょう。 最後にご紹介するステージはこちら。 サメが棲む海に浮かぶ孤島で突如開催される、「おしくらまんじゅうデスマッチ」ステージ。 これまでのシチュエーションと比べると群衆の規模は小さめですが、しかし押し合いにかける本気度はマックス。 なぜなら、負けは即ち死を意味するから! 基本的に島の中央をキープすることを意識しつつ、島の端で落ちそうなヤツがいたら攻めに転じて積極的に押しにいくことも重要となってきます。 しかし、定期的に現れる巨大なクジラには要注意! 海から跳ね上がってクジラが島を飛び越えていくときに、その衝撃で大きく動かされてしまいます。 単純なようで意外と駆け引きがアツいステージとなっており、これはもしもオンラインでフレンドとプレイできるようになったら楽しそうだなと感じました。 人混みのイライラ感と、それを突破・攻略したときに感じる爽快感をギュッと凝縮し、ミニゲームに落とし込んだ印象の「群衆シミュレーター」。 シュールで笑える要素も多いため、YouTubeやTwitchなどで実況を配信してみても盛り上がりそうです。 仲間を集めて大きくなれ! キュートな動物たちの暴動アクション「」• メーカー名:Anarteam• 発売日:2016年7月12日• 価格:1,480円(2020年5月17日現在) 今大人気の「あつまれ どうぶつの森」ですが、その魅力のひとつは、やはりタイトルにもある「どうぶつ」の擬人化の妙にあると筆者は感じています。 動物をかわいくキャッチーに擬人化したキャラクターは世界中に数え切れないほど存在しますが、日本における動物擬人化の最古参といえば、国宝でもある鳥獣戯画。 筆で描かれたウサギやカエルの絵を教科書などで見た記憶がある方も多いと思いますが、なんと今から800年以上昔に作られた作品ということで、動物擬人化文化の深さをありありと感じてしまいます。 というわけで、本作「Anarcute」は、擬人化された動物たちが大活躍するゲームです。 本作は、見下ろし型の3Dアクションゲームです。 動物の集団を操作して「敵から旗を奪う」「建設物を壊す」など、ステージごとに設定された目標を達成すればクリアとなりますが、そのためには仲間を集めて戦力を増やす必要があります。 仲間はステージ中で立ち尽くして眠っていたり、捕まって檻にとらわれていたりしますが、近づいて救出することで集団に加入させることが可能。 助ければ助けるほど集団のサイズがどんどん大きくなっていきます。 この感覚は、Switchでリマスター版も出た名作「塊魂」に近い気持ちよさ! 筆者的には、大好きなゲームであるPSPの名作「バイトヘル2000」の中の「デモ行進」や、PS3の「The Last Guy」を思い出し、懐かしくなりました。 (C) 2016 Anarteam 仲間を集めて自分の集団がどんどん大きくなっていく様子は見た目にもインパクトがあり、遊んでいてテンションが上がっていくポイントですが、同時に本作最大の攻略の肝にもなっています。 集団の人数は、そのままプレイヤーの体力となっており、洗脳警察とポカポカ殴り合いをする内に自軍の動物たちが全員倒れてしまうと敗北となってしまいます。 また、集団は、パトカーや自販機などステージ中のオブジェをひとりにつきひとつ持ち上げることができ、遠距離から投げて攻撃することが可能。 さらに、人数が一定に達すると、衝撃波を出したりビルを倒したりといった特殊アクションもできるようになります。 つまり、人数=体力であると同時に、人数=攻撃力でもあるわけです。 まさに「数は力」といったところ。 しっかり「密」を控えつつ、おうち時間でゲームを楽しもう! というわけで、わちゃわちゃ感が魅力の3作をご紹介しました。 先日、筆者のもとにもいわゆるアベノマスクが届き、改めて、今は「密」を避けなければならない状況なんだと強い実感を得ました。 「密」を控えなくても安心できる日が一刻も早く来ることを祈りながら、今はおうち時間でゲームを楽しんでいきましょう! 筆者:百壁ネロ ゲーム買いすぎちゃう系フリーライター。 現在積みゲー300本以上。 小説家でもあります。 著作は「ごあけん アンレイテッド・エディション」(講談社)、「母の嘘(「悪意怪談」所収)」(竹書房)。 Twitter:• Twitch:• about. me: 画像一覧•

次の