テツ and トモ 年収。 あまがさきキューズモールイベントの舞台裏に潜入!~テツandトモ・AMEMIYA編~

テツandトモ1ヶ月24カ所営業の荒稼ぎ!年収1億2千万円で笑点のオファーも無理?!

テツ and トモ 年収

あまがさきキューズモールイベントの舞台裏に潜入!~テツandトモ・AMEMIYA編~ ということで我々がやってきたのはあまがさきキューズモール! あまがさきキューズモールでは、日々の生活にかかすことのできない、衣食住すべての専門店があったり、アーティストのリリースイベントや、お笑い芸人のライブなど多岐にわたるイベントが行われています。 今回は4月30日という平成最後の日に行われた 『笑いで締める平成最終日!ありがとう平成!お笑いライブ』に潜入してきました。 着々と準備が整う こちらはオープン前の会場の様子。 スタッフさん達が会場の設営に勤しんでいました。 こういった方々のおかげでイベントが開催できているんですね。 当日のお天気は雨予報でしたが本番前には降りやみ、つつがなく執り行えそうな雰囲気です。 キューズモール内部に潜入!テツandトモさんとの事前打ち合わせに挑む 今回は潜入取材ということで、あまがさきキューズモールから許可を頂き内部に入ることができました。 この後、出演者の 『テツandトモ』さんと事前打ち合わせをさせて頂けるということで、昔からテレビなどで拝見している私にとっては緊張を隠しきれません。 ということで、事前打ち合わせがスタート。 非常に丁寧に接してくれるお二方で、私の心配をよそに和やかな雰囲気の中、打合せが進められました。 また、 テツandトモさんと言えば赤と青のジャージ姿が印象的ですので、こういった私服のオフショットというのは珍しいですよね。 会場を盛り上げるために、尼崎生まれ尼崎育ちである私に尼崎市の色々な情報を、真剣な表情で聞いて下さいました。 全国各地の営業で会場を盛り上げているテツandトモさんは、こういったことでも事前の準備に抜かりがありません。 プロ意識の高さを感じます。 こちらはAMEMIYAさん、テツandトモさん、お二組のステージ前の様子。 なんとなく緊張感があります。 大勢の観客の中ライブスタート!まずはAMEMIYAさんが盛り上げます。 大勢のお客様が訪れた中、ライブがスタート!まずはAMEMIYAさんから出番です! お客さんを煽って会場を盛り上げます。 個人的には「冷やし!(AMEMIYAさん)」「\中華/!(みんな)」のコールがツボでした。 もはやロックスターです。 会場は大いに盛り上がりを見せ、AMEMIYAさんのステージは終了。 他にも別の歌ネタ芸人をディスったり(愛のある)と、舞台でしか見れないようなネタもありました。 続いてテツandトモさんスタート!観客参加型のライブで会場はヒートアップ AMEMIYAさんの後は、テツandトモさんのステージがスタート。 最初からエンジン全開で会場を盛り上げます。 こういった上手な煽り方は、百戦錬磨のテツandトモさんならではですね。 ステージにお子様を上げて一緒に踊ったりもしていました。 みんな笑顔で本当に楽しそうでしたよ~! テツさんのコミカルな動きは、時代関係なくお子様は楽しいでしょうね! さらにはトモさんの歌唱力ときたら半端ない!これにテツさんの動きが合わさるとなったら最強じゃないですか。 観客席に飛び込んでいき走り回るシーンも。 こういった会場と一緒になって楽しめるのもテツandトモさんが人気の秘訣かもしれませんね。 会場は大いに盛り上がった中、1部・2部共にライブは終了。 ライブ終了後はお二組のサインが当たる抽選会も実施されていました。 AMEMIYAさん、テツandトモさんインタビュー 今回『あまたび』はお二組に少しのお時間をいただき、独占インタビューに成功しました。 でも尼崎には何度も来させて頂いていますよ」 「僕も昔『HEY! HEY! HEY! 』のロケや、園田競馬場のステージなどで尼崎には来させて頂いたことはあるんですが、あまがさきキューズモールさんは初めてです」 「では、その時にどこか 尼崎市内のお店に行ったりはされましたか?」 「そうですね、さっき言った『HEY! HEY! HEY! 尼崎のお客様の反応っていうのはいかがでしたか?」 「ノリもいいですし、皆さん温かかったですよ」 「でもテツトモさんと一緒にステージに立てるっていうのは本当にありがたいですね。 テツトモさんがそういう風なことを取り入れてやっているってことも知っていますから」 「やっぱりあるあるネタですから、その地域の人に親近感を感じてもらうっていうのは大切ですよね。 営業って本当に楽しいし、好きなんですよ」 (営業は楽しい!と語るトモさんのステージの様子) 「ところで 尼崎のイメージっていかがですか?」 「やっぱり ダウンタウンさんっていうイメージが強いですね」 「こういった機会では呼ばれますが、正直スケジュール的に隅々まで見に行ったりということはできないんです。 でも テレビで見たり聞いたりしているイメージよりも、すごい綺麗でオシャレな都会的な街っていうイメージですね!」 「昔に比べたら変わっているんですよね。 現役で今もやられているんですけど、 舞台の上を駆け回って汗をかいてって芸風は影響されている部分もありますし、憧れています」 「AMEMIYAさんは?」 「 ダウンタウンさんです」 「笑」 「それなんか俺たちが悪いイメージつきそうじゃん!(笑)」 「いやぁそれ以外出てこないっすね~」 「ではこのあたりでお時間ということで。 本日は貴重なお話をありがとうございました!」 「ありがとうございました!」 (インタビュー中の様子) 編集後記 今回、初めてイベントの舞台裏に潜入させて頂いてわかったことは、 AMEMIYAさんやテツandトモさんのプロ意識の高さです。 毎日、全国各地を飛び回るスケジュールの中、会場に来てくれているお客様を喜ばせる為に、事前に地域のことを調べてネタに反映させることは純粋にすごいなと感じました。 (AMEMIYAだけにアメちゃんを配る様子) さらに、 ファンサービスの質も高くイベントが終了した後も、一人一人のお客様に真摯に対応していました。 ( イベント終了後のファンサービスの様子) ライブ中には、お子様もステージの上に呼ばれて一緒に踊ったりできるのも、お子様連れのご家族には良い思い出になりますよね。 なにより、こういった イベントが観覧無料で行われているというのも、非常に嬉しいことです。 今後の記事作成に活かしていきたいと思いますので、当記事についてよろしければご感想をお聞かせ下さい。 読み込んでいます….

次の

テツandトモの今現在!むしろ現在が全盛期!今も年収数億!

テツ and トモ 年収

テツandトモ 営業ギャラが1本50万円!月に10本500万円?! テツandトモの営業ギャラ 驚きの一本50万円!月に10本500万円ってホント?! 赤・青のジャージを着た二人組、テツandトモ。 一世を風靡したのは過去のことで、現在、テツandトモのテレビでの露出はほとんどありません。 そんなテツandトモを支えているのが地方営業。 一度テレビで当たれば、「あの人誰?」とはなりませんから、地方営業はいたって順調なようです。 驚くことに、テレビで売れて露出していた頃より、今のほうが収入は高いといいます。 テツandトモレベルの地方営業のギャラは、平均して一本50万円ほど。 単純計算すると、月に10本で500万円!テツandトモは、多い月には24本の営業をこなしたこともあるといいますから、その場合、テツandトモの営業ギャラは1200万円。 赤と青のジャージを着た二人組のテツandトモをご記憶の方も多いことでしょう。 ちなみに赤いジャージを着て、面長なインパクトの有る顔立ちをしているのがテツで、青いジャージでギターを奏でているのがトモ。 1999年から2003年まで「爆笑オンエアバトル」で23戦20勝という高記録を出して卒業した実力者でもあります。 同じく2003年に放映されていたアニメ「こちら葛飾区亀有前派出所」とタイアップしたエンディングテーマ「なんでだろう~こち亀バージョン~」がヒットして、この年の新語・流行語大賞を受賞しました。 その後、芸人活動だけではなく哲智という歌手名で「おいら。 」という曲をリリースもしています。 テツandトモ 立川談志絶賛のワケ!安定のネタと顔芸! テツandトモ、立川談志が絶賛!? M-1グランプリでスポットを浴びるようになった芸人は多いですが、開催初回の2001年は悲惨な幕開けでした。 優勝した中川家以外は、公開処刑そのもの。 トップバッターは中川家で200点と無難な点数でした。 しかし、続くDoDokoDon、おぎやはぎなど、今なら一流芸人とも呼べる芸人たちが次から次へと漫才を披露するも、あまりにも酷い点数。 そ して、いよいよテツandトモの登場です。 その当時、すでに人気もあり、テツandトモに向けて一般のお客さんからの声援はありましたが、審査員の表情は厳しいもの。 その中で、立川談志がテツandトモに放った一言が「お前らここに出てくるヤツじゃないよ」でした。 一見これは批難の言葉のようですが、「芸が完成されているので、ここ(コンテスト)に出てくるべきではない」という立川談志なりの絶賛の言葉だったのです。 テツandトモ、安定のネタと顔芸! テツandトモといえば、「何でだろう~」でお馴染みのリズムネタしかないように思っている方も多いかもしれません。 しかし、実は違うんです!そんなテツandトモの芸が、最近再び注目されています。 まず、バラエティ番組「めちゃめちゃイケてる」に出演した際に、流された伝説との呼び名も高い「笑わず嫌い王」のテツandトモの映像。 人気番組「笑点」の音楽に合わせて変顔を披露していく顔芸なのですが、これがまた大きな反響を呼んだのです。 笑点だけではなく、「踊る大捜査線」の顔芸もあるようで、こちらも大人気。 まさしく安定のネタと顔芸ですね! テツandトモ 再ブレイクの先にあるもの テツandトモがテレビから消えて、ブームは去ったと思っていましたが、全くの逆で、堂々の再ブレイクでした。 主な舞台は、テレビではなく、リアルな反応の帰ってくる地方営業。 確かにテツandトモが来るってなったら嬉しいですよね。 立川談志に完成しているネタとも言われたテツandトモは、常に新しいことを追いかけ、ネタにし、さらに進化しています。 その安定した実力と新鮮さがあるからこそ、途切れずに仕事が舞い込んでくるのでしょう。 また、テツandトモはNHK番組「スタジオパーク」にも出演するなど、その活躍は地方営業だけにとどまらず、オールマイティにこなしているようにも見えます。 2012年に「行列の出来る法律相談所」の番組内で「なんでだろう~」の中国バージョンを披露したときには、中国人プロデューサーから「僕はあなたたちのファンなんです」と大絶賛を受けたテツandトモならば、日本だけではなく海外でも十分にやっていけるのかもしれません。 2014年には再び音楽活動も開始していて、2曲を発売しています。 そんなテツandトモ、年収は全盛期よりも上なのでは!?という噂もあるほど絶好調。 これからも進化を続けるテツandトモの活躍が楽しみですね。 近くのイベントに来ているときはぜひ見に行こうと思います。

次の

テツandトモの今現在!むしろ現在が全盛期!今も年収数億!

テツ and トモ 年収

この には、 が 全くありません。 の提供に、ご協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくはに基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 本名、 中本 哲也(なかもと てつや、 1970-05-09 (50歳) - )• (旧)出身、演劇学科卒業。 主にボケ担当。 赤いジャージを着て踊る。 愛称は テッちゃん。 大学進学の際、地元のであるに合格していたが、演劇の道を志し、に進学した。 20代は舞台役者として活動。 、日本大学藝術学部在学生を中心に結成した「劇団BQMAP」の旗揚げに参加。 旗揚げ公演はスタッフとしての参加だったが、徐々に看板役者としてメイン格の役を演じるようになり、後に声優となる、とも共演していた。 トモとのコンビ結成でお笑いの道に進むため、の公演を最後に脱退。 デビュー当時は出身高校ののジャージを着ていた。 2004年5月9日に婚姻届出、翌年2月に長男が誕生した。 2014年現在は3児(2男1女)の父である。 のファンである。 面長の顔から、「自己紹介の歌」では「の」「」「」「」と歌われている。 落語家のはテツにと顔が似ている事から親交があり、『』の演芸コーナーで何度かコラボしている。 営業では椅子やギターなど、様々なものを顎の上に乗せてバランスを取る芸を披露している。 M-1グランプリ2002の決勝に出た際に、ダウンタウンの松本人志に「赤いジャージの子は友達としては100点」と絶賛された。 母親はので「あんたの動きは気持ち悪い」と言われた。 のに出演してから、にてナインティナインのとコラボダンスをするのが恒例となっている。 トモ [ ] トモ• 本名、 石澤 智幸(いしざわ ともゆき、1970年(50歳) - )• 出身、卒園、卒業、卒業、 卒業、演劇学科卒業。 血液型B型。 主にツッコミ担当。 青いジャージを着て、本来はテツの持ち物であるギターを弾いている。 ネタの作曲も行っている。 デビュー当初は、出身高校ののジャージを着ていたため、地元では英雄扱いだった。 元アナウンサーのはからまでの同級生で、、、のは、の先輩。 のは高校の先輩。 結成前のごろ、『』内の素人パフォーマンスコーナー「岸谷五朗の日比谷公開堂」に、「チョビひげ次郎(トモ)」「モンキー・チャム」という2人組のグループ「モンチョビ2」としてしばしば登場していた。 また、には『』の大会に出場し、チャンピオンになる。 特技は。 詩吟の経験のせいか、演歌歌手のように小節(こぶし)の入った歌い方をする。 声量と歌唱力の評価は高い。 後述のの他にも、やなどのレパートリーがある)。 が苦手。 もともと俳優志望だったテツと、演歌歌手志望だったトモが結婚式の余興でデュオを組んで「」の替え歌を歌唱したところ、それをスカウトされる。 まじめに歌手をやるつもりで上京したのだが、なぜかお笑いを無理矢理やらされることになり、現在の形になった。 で、広島に向かうために乗った飛行機において、離陸した直後に叫びながら横の席のテツの手を握り締めたほどである。 2009年11月頃から、視力低下のためプライベートでは黒縁眼鏡を着用している。 近年はテレビ出演時やネタ中にも、青縁の眼鏡を着用する事がある。 概要 [ ] この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2015年1月) ・の揃いのを着て、トモがを弾き、テツがおかしな踊りを踊り、「なんでだろ〜」と連呼しながら日常の何気ない疑問について繰り広げるで有名になった。 「なんでだろ〜」はのタイアップ効果により同年のとなり、にも選ばれた。 漫談の中でトモがなどのを披露する事もある(似ていない事をネタにしている)。 2人は日本大学芸術学部で出会った。 因みに2人は同い年で、誕生日が1日違いである。 2003年1月から『』とタイアップした「」でブレイクし、翌月発売のCD「」がヒットした。 からまで『』()に出演し、23戦20勝という高記録を出した。 一時期から離れ、という事務所に所属をしていた事がある(後にニチエンに復帰)。 で、との合同により「なんでだろうスペシャル合体ヴァージョン」で出場した。 には 哲智の名で「おいら。 」をリリース。 としてではなくアーティストとして歌うため、のにので歌唱する。 テツは元々俳優の他に歌手志望、トモはのど自慢チャンピオンの経験という過去を持つこともあり、お笑い芸人の中では特に歌唱力が高い。 第2回(度)に決勝進出。 決勝では漫才の既成概念を破壊した「弾き語りパフォーマンス」を行い、鞄などの大道具も使用した。 は「 これは難しいですね。 赤いジャージの子は友達としては100点なんですけど、これをととるか、っていうところですよね。 あとこれを4、50分やられたらものすごく面白くなると思う。 時間的なものもありますかね」と評し、は「 お前らはここに出てくる奴じゃないよ。 もういいよ。 俺褒めてんだぜ。 分かってるよな?」との芸そのものを否定しているようにも受け取れる発言をしてしまったため、司会のにフォローされた。 結果は6位。 談志はその後、2008年に行われたテツandトモ結成10年記念ライブに参加した。 ノリノリでなんでだろうの踊りを披露している。 とは過去に合同ライブを開くほど親交があり、テツトモが彼らの公演に足を運ぶ姿も多々目撃されている。 また、のビデオ『news-NEWS』(公演の舞台裏を収録したもの)にも出演している。 同じくコンビ名に「アンド」を入れていると間違われる事があり、本人達もその事をネタにしている。 制作の『』には、当初山形市出身のトモのみが出演。 その後テツも加わり、現在は毎回コンビとして出演、県内で高い人気を集めている。 そのため、2008年8月の山形最終日にゲストとして呼ばれ、山車に上がった。 7月の『』に一発屋芸人として出演したが、ほかの一発屋芸人とは違って複数の番組で全く同じネタを常に求められていたテレビ出演を辛かったと語り、持ちネタや貯金が少しずつ増えていく今が一番充実していると締めくくっている。 には、、、らと共にの「青汁三昧」のCMに出演。 なお、29分のではインタビュー取材を受けている。 代表曲 [ ] なんでだろう〜こち亀バージョン 作詞はテツandトモ、作曲は石澤智幸、編曲は。 メジャーデビュー曲であり、アニメ『』のエンディングテーマに一時期使用。 オリコン最高位10位。 20万枚以上を売り上げた。 なんでだろう音頭 作詞・作曲は石澤智幸、編曲は高見優。 持ち芸の「なんでだろう」を音頭バージョンにした曲。 大田区でプロポーズ 作詞・作曲は、編曲は高橋諭一。 主な持ち芸 [ ]• なお、現在出演しているNHK山形の「今夜はなまらナイト」では山形弁で「なすてだべ〜」に変わる。 でその模様も収録した動画が公開されている。 ありふれた日常の出来事が元となっていることから、の変形とも言える。 嘉門達夫がアンサーソングとして疑問に答えるという曲を発表した。 かならずいるんだよね 1番と2番があり、1番は「自動販売機のボタンを同時に2つ押す奴」などと現実に起こる出来事をトモが歌いテツがジェスチャーを行うというもの。 2番は1番で歌った内容をパロディー化して「自動販売機のボタンを同時に全部押す奴」などと絶対にありえない出来事を歌い、ジェスチャーをやろうとする・あるいはジェスチャーを行ってからツッコミを入れるというものになっている。 時間の都合などによって2番は省略される場合もある。 必要ないもの 「壊れかけのラジオ」「二千円札」などの必要ないものを歌う。 メロディーはの「」。 せつないね 「別れの挨拶をしてバスに乗ったのになかなかバスが出発しない時」「僕(トモ)も結構動いているのにテレビを見たら映ってなかった時」など、ありがちな切ない出来事を歌う。 ちょっとだけ恥ずかしいことがある 「後姿で知り合いだと思って声を掛けたら知らない人だった時」など、少し恥ずかしくなるような出来事を歌う。 そんなわけないだろう• ついついやりたくなっちゃう 「インターネットで自分の名前を検索」などやってしまいがちな出来事を歌う。 全部ウソなのよ 「先生が『怒らないから本当のことを言いなさい』と言う時」「『俺テスト勉強全然してない』と言う奴」など、嘘っぱちなことを歌う。 当て振り(顔芸)シリーズ• のテーマ、のテーマ、」の主題歌、「」の主題歌(「愛をとりもどせ」)、、のテーマ• どどんまい のによる公募で選ばれたネタで、落ち込んだ相手を励ますときに用いる。 わたしたち怒っているんです• 何が出来るかな? 「何が出来るかな? 」と歌いながらテツがをする。 ショートソング(替え歌) ある著名な歌の替え歌でちょっとしたボケをはさむ。 ネタとネタとの間に多く、特にモノマネ芸が多い。 受賞歴 [ ]• 2001年 平成12年度 国立演芸場 花形演芸大賞 銀賞• 2002年 平成13年度 国立演芸場 花形演芸大賞 金賞 出演番組 [ ]• 伊予路てくてく()• シリーズ() トモが山形県出身ということで、テツも引きずり込まれた。 (、おはようソング「これを知ってるといばれるの唄 時事経済用語編」をトモが歌う)• (、2016年1月-2020年3月まで)月曜レギュラー 過去・単発出演 [ ]• バカヤロー! 1999 ニッポン人の怒り爆裂ストレス解消3連発()ストーリー内において、路上コントをするコンビとして登場。 「なんでだろう〜」のネタを披露している。 ()戦績20勝3敗 最高501KB ゴールドバトラー認定• 番組放送2回目となる1999年4月4日放送回で初オンエア。 以降も順調にオンエアを重ね、2003年7月11日放送回で20勝を達成。 20回目のオンエアを果たすのは彼らが初となる。 また、15回目のオンエアから20回目のオンエアまで彼らが最多勝利数を塗り替え続けている。 その後、紅白歌合戦に出場後の2004年2月20日放送回に出場し、その期待からオンエアは間違いないと思われたが、結果は345KBでオフエアだった。 通常回ではこの回が最後の挑戦回となってしまい、番組を卒業する事となった。 番組初期はネタの最後に顔芸を披露していたが、2000年7月30日放送回で初のオフエアを経験した事で顔芸を封印し、2001年3月11日放送の第3回チャンピオン大会のセミファイナルで久々に披露した。 この回を最後に番組で顔芸を行わなくなった。 下記の様に第1回から第5回まで5大会連続でチャンピオン大会に出場。 第5回まで皆勤でチャンピオン大会に出場しているのは彼らのみである。 第1回チャンピオン大会 決勝2位• 第2回チャンピオン大会 本選8位• 第3回チャンピオン大会 セミファイナル8位敗退• 第4回チャンピオン大会 セミファイナル7位敗退• 第5回チャンピオン大会 ファイナル7位• ()「笑う! 通販」• (フジテレビ)「なんでだろう? 」のコーナー等• (NHK総合、2003年4月-2005年3月に司会出演、2005年5月1日にはゲストとしても出演)• (NHK総合、2003年)二人組の芸人「テツアンドトモ」として特別出演• (旅チャンネル)• 旅ちゃんガイド(旅チャンネル) 23ゲスト• (フジテレビ、1998年4月 - 9月)• (フジテレビ、1998年 - 1999年)• (フジテレビ、1999年)• DJ Tomoaki's Radio Show! (2009年3月5日、下北FM)• (、2008年10月20日・2009年8月17日)• (日本テレビ)• ちょっと変だぞ 日本の自然 〜気がつけば様変わり 大激変SP〜(NHK総合、2009年8月19日)• (TBSテレビ、2009年9月10日)FINALステージ敗退• (、2011年7月 - 2011年12月(6回))• (、2011年4月 - 2012年3月)• ()「旬モノはどれだ 」旬を過ぎた芸人部屋• (NHK総合、2012年8月)落武者役• (朝日放送、2013年3月)• (NHK Eテレ、2015年1月6日、声の出演)• (テレビ東京、2015年1月30日)• (中部6局、2014年4月 - 2015年3月)• (千葉テレビ、2017年8月31日)• (NHK Eテレ、2017年9月4日、2018年1月8日)• (NHK BSプレミアム)あるある名人会• みんなの県民SONG!~大分うた旅情編~(2018年、)• (テレビ東京) テレビドラマ [ ]• ()本人役• ()梅吉・繁三役• CM [ ]• 「」(2003年)• 青汁三昧(2010年)• (2012年)• お宝中古市場(2013年)• (2014年、PRCM)• 「異国の地でナンタコス編 野崎智子と共演 」(2018年) PV出演 [ ]• 発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考 1st 2003年2月5日 PCCA-80015 オリコン最高10位 2nd 2003年11月19日 大田区でプロポーズ PCCA-70057• なんでだろう 〜マンボ・バージョン〜 [4:05]• なんでだろう 〜クラシック・バージョン〜 [4:08]• なんでだろう 〜盆踊りバージョン〜 [2:23]• なんでだろう 〜方言バージョン〜 [2:01]• のカバー [5:03]• なんでだろう音頭 オリジナル・カラオケ• マンボ大漁節 オリジナル・カラオケ• なんでだろう〜クラシック・インストゥルメンタル・バージョン〜 [2:44] オリコン最高35位 2nd 2008年10月29日 旅〜僕たちの風景 PCCA-01913• なんでだろう(20周年記念厳選バージョン)• 大好きがいっぱい• 大好きがいっぱい<TVバージョン>• とろろおくらめかぶなっとう• おんなじ空の下• 泥の中の蛍• ほろ酔いブルース• 桜前線• マンボ大漁節• 色んななんでだろうpart1(Live at シアターD )• なんでだろう(20周年記念厳選バージョン)<オリジナル・カラオケ>• 大好きがいっぱい<オリジナル・カラオケ>• 大好きがいっぱい<TVバージョン(オリジナル・カラオケ)>• とろろおくらめかぶなっとう<オリジナル・カラオケ>• おんなじ空の下<オリジナル・カラオケ>• 泥の中の蛍<オリジナル・カラオケ>• ほろ酔いブルース<オリジナル・カラオケ>• 桜前線<オリジナル・カラオケ>• マンボ大漁節<オリジナル・カラオケ>• 3 VPVF-68427 VPBF-12260 2005年10月19日 輝け! 週刊少年アニメ王・増刊号 PCCG-00692 2006年08月25日 地上波で出来ないTVシリーズ お笑いでポン! キングボンビジョンの巻 -Original Sound Track- PCCR-90056 ミュージックビデオ [ ] 監督 曲名 「なんでだろう音頭」「大田区でプロポーズ」 「ほろ酔いブルース」 イベント [ ] 2009年7月、がデジタルテレビジョン放送普及推進・アナログテレビジョン放送終了啓発を目的とした「日本全国地デジで元気! 以後、らとともに全国各地で行われている同イベントに参加し、地デジPRを行っている。 また、2010年2月14日に放送された『』(系)で演芸コーナーに主演した際、「日本全国地デジで元気! 」のをつけたジャージで登場し、も演芸コーナーに出演した。 脚注 [ ] []• トモ テツandトモ 公式ブログ 2018年1月27日. 2019年2月20日閲覧。 www. e-aidem. com. 2019年8月30日閲覧。 2003年11月21日放送回でが21勝目を達成。 これにより最多勝利数の塗り替えは彼らに受け継がれる事となった。 第3回までは彼らの他に、、の3組が皆勤でチャンピオン大会に出場していたが、第4回チャンピオン大会ではアンジャッシュとアンタッチャブルは2001年度の成績は2勝1敗と振るわず、号泣は年間4勝を達成したが、合計KBが足らず、その後に高得点を狙ったが、連敗してしまいチャンピオン大会に出場出来なかった。 参考文献 [ ]• 山田ルイ53世『一発屋芸人の不本意な日常』朝日新聞出版、2019年。 テツandトモ公式プロフィール 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の