お 荷物 の お 届け に 上がり まし た が 不在 の ため 持ち帰り まし た sms。 【迷惑メール】「お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが…」流行りのショートメールが私のところにも来たので

【迷惑SMS】お客様にお荷物のお届けにあがりましたが、不在のため持ち帰りました

お 荷物 の お 届け に 上がり まし た が 不在 の ため 持ち帰り まし た sms

宅配業者の不在通知を騙って、巧みに偽のゆうちょダイレクトに誘導する偽メールやSMS(ショートメールサービス)が送られてきています。 偽メールやSMSは『お荷物のお届けにあがりましたが不在のため持ち帰りました。 ご確認ください。 』とのメッセージと共にリンクを記載しています。 このメールに騙され、本文中に記載されているリンクをクリックすると、偽のゆうちょダイレクトに誘導され、不正に送金されてしまう詐欺です。 お荷物不在通知メールやSMSから、ゆうちょダイレクトに誘導することは絶対にありません。 このような偽サイトに、お客さまのパスワード等の情報は絶対に入力しないでください。 詐欺やSMSメールに埋め込まれたリンクは絶対クリックしない! 【要注意】2. 万一、偽サイトに誘導されても、お客さま番号・パスワード等は絶対入力しない! 【要注意】3. カテゴリ:• 2012年の日記• 10月• 2013年の日記• 2014年の日記• 2015年の日記• 2016年の日記• 2017年の日記• 2018年の日記• 2019年の日記• 2020年の日記• 10月• 11月• 12月.

次の

宅配業者の不在通知を騙って偽メールやSMS危ないね、、、 りき丸さんの日記

お 荷物 の お 届け に 上がり まし た が 不在 の ため 持ち帰り まし た sms

関連記事• 実際に届いたSMS 2020年3月31日に届いたSMSです。 「お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。 これは詐欺メールです これは詐欺SMSです。 指示されたURLにアクセスすると SMS本文に付されたmteae. comというサイトにアクセスしてみました。 ちなみに、本来の佐川急便の公式サイトはsagawa-exp. jpというアドレスです。 佐川急便の公式サイトのようなサイトにつながりました。 なお、アクセスしたはずのサイトはmteae. comでしたが、weses. xyzというURLに飛ばされました。 いずれも佐川急便の公式サイトではありません。 また、スマホでアクセスするとアプリのダウンロードのポップアップ画面が立ち上がりました。 サイトをスクロールすると、「設定マニュアル」という説明が続いています。 アプリのインストール方法の説明です。 指示に従うことで何が起きるのか 今回の詐欺SMSはアプリのインストールを促すものでした。 アプリをインストールしてしまうことで、スマホを「 乗っ取られる」危険性があります。 アプリには様々な「権限」が与えられており、インストールすることでそのアプリを通じて例えば電話帳の情報を吸い取られたり、あるいは貴方が受け取ったのと同じSMSが貴方のスマホから大量に送信されるなどの被害が発生します。 SMSの送信料金が掛かってしまったり、SMSを受信した人から「問い合わせ」の電話が掛かってくるなどの直接的な被害が発生する恐れがあります。 既にインストールしてしまった場合は 既に指定されたアプリをインストールしてしまった場合は、今すぐスマホを「機内モード」に切り替えてください。 これ以上勝手にSMSが送信されてしまったり、情報が流出したり、スマホを操られてしまうのを防ぐためです。 その上で、インストールしてしまったアプリのアンインストールを行ってください。 また、こうした乗っ取り系のアプリは影響の範囲を想定することが難しいため、端末を初期化することが推奨されています。 また、スマホでログインしているSNSの乗っ取り被害も発生する可能性があるため、スマホでログインしているSNSのパスワードも全て変更してください。 更に、ドコモやauなどの決済機能を悪用した被害の報告もあるため、そうしたところで不正な請求が来ていないかも今後注意深く確認しましょう。 佐川急便も注意喚起をしています こうした詐欺SMSは2018年頃から数多く被害が発生しており、佐川急便や国の機関である情報処理推進機構も注意喚起を行っています。 私自信も2020年3月末に受信しているわけですが、被害が長期間にわたり継続しており引き続き警戒が必要です。 被害に遭わないための対策は? SMSを使った詐欺事例は、佐川急便の他にも三井住友銀行など様々な大手企業を騙ったものがあります。 いずれもサイトへのアクセスを誘導する内容となっており、 サイトにアクセスしないことが最良の対策と言えます。 また、今回のケースではアプリをインストールさせようとしていましたが、公式アプリストア以外からアプリをインストールしないことも重要です。 iPhoneは公式アプリストア以外からはアプリをインストール出来ないようになっていますが、Androidは設定を解除することでインストールすることが出来てしまいます。 今回の詐欺サイトではその「解除方法」を紹介していた点も巧妙と言えます。 設定画面 古い世代のAndroidの場合は、「設定>セキュリティ>提供元不明のアプリ」を開いて設定状況を確認してください。 提供元不明アプリをインストールしない設定(許可しない)になっていれば、今回のような詐欺アプリをインストールすることが出来ません。 見知らぬ番号からSMSで届いたURLを開かない• アプリは公式アプリストアからのみ入手する 関連記事•

次の

【迷惑SMS】お客様にお荷物のお届けにあがりましたが、不在のため持ち帰りました

お 荷物 の お 届け に 上がり まし た が 不在 の ため 持ち帰り まし た sms

宅配業者をかたったショートメッセージサービス(SMS)が、大量に出回っている。 添付されたURLは業者を装ったウェブサイトにつながり、個人情報を抜き取られるといった被害も。 クリスマスやお歳暮で贈り物の宅配も多いこの時期、注意が必要だ。 「お客様宛(あて)にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。 下記よりご確認ください」。 10月末、記者のスマートフォンにSMSが届いた。 「sagawa」の文字を含むURLが添付され、運送大手の佐川急便からかと思ったが、着信が深夜だったことなどから「怪しい」と感じ、アクセスはしなかった。 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)や埼玉県警によると、佐川急便を装ったSMSは7月以降に増加。 URLをタップすると、基本ソフトがアンドロイドのスマホでは同社の偽サイトが開くと同時に、不正なアプリがスマホに送り込まれる。 インストールしてしまうとスマホ内の情報を抜き取られ、スマホ決済で物を買われたり、自身のスマホから同じSMSが他のスマホに送られたりするという。 iPhoneだと、アップルのIDやパスワードなどを入力させるフィッシングサイトに誘導される。 これらの情報でスマホ決済を悪用され、埼玉県内では約9千円分の金券を購入された被害も出ているという。 IPAには今月17日までに計676件の相談が寄せられた。 「不在通知を装う手口を知ることが一番重要」と担当者。 アプリを導入してしまった人には、機内モードに切り替えて通信を遮断し、SMSを送れない状態でアプリをアンインストールすることなどを推奨している。 埼玉県警サイバー犯罪対策課によると、県警には同様の被害の相談が計264件(10日現在)寄せられた。 7、8月は計85件の被害を確認。 9月は減ったが、10月71件、11月82件とまた増えてきた。 佐川急便は7月からホームページで注意喚起している。 同社は不在配達や再配達の通知をメールで受け取れるサービスをしているが「SMSでは行っていない」と呼び掛けている。 12月中旬からはヤマト運輸を装ったSMSも確認されている。 同社も登録会員はメールやLINE(ライン)で不在配達の連絡を受け取れるが、SMSでの通知はしていないという。 (高絢実).

次の