アサヒ 株主優待。 【高配当!ビール会社の勝ち組企業!】アサヒGHの決算内容、配当、株主優待、財務状況から投資先に相応しいか徹底検証!

アサヒグループHD[2502]の株主優待は激ウマの株主限定プレミアムビール

アサヒ 株主優待

その後、競合他社もこぞってドライビールを発売、「ドライ戦争」という言葉は流行語にもなりました。 同社が一から作り上げた新しいビールの味は、それから30年以上経った現在も人々に愛されています。 同社グループはビールだけでなく、カルピスや十六茶、MINTIAなどおなじみの清涼飲料やお菓子を販売しています。 その後、競合他社もこぞってドライビールを発売、「ドライ戦争」という言葉は流行語にもなりました。 同社が一から作り上げた新しいビールの味は、それから30年以上経った現在も人々に愛されています。 同社グループはビールだけでなく、カルピスや十六茶、MINTIAなどおなじみの清涼飲料やお菓子を販売しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

アサヒ衛陶(株)【5341】:株主優待

アサヒ 株主優待

こんばんわ。 はやひでです。 キリンホールディングス(2503)(以下、キリンHD)とアサヒグループホールディングス(2502)(以下、アサヒGHD)から、株主優待で選択したビールが届きました。 キリンHDの100株優待 キリンは一番搾りが3種類です。 アサヒGHDの100株優待 アサヒは株主限定プレミアムビールです。 本年の株主様限定プレミアムビールは、徹底的に「麦のうまみ」にこだわり抜きました。 世界有数の大麦産地として知られるオーストラリアの基準で最高等級にランクされ、粒の大きな大麦の麦芽のみを贅沢に使用した、麦芽100%の生ビールです。 ホップ由来の苦みも抑えることで、麦本来のうまみを余すところなくご堪能いただけるプレミアムビールを、株主の皆様だけにお届けします。 【非売品】 こちらは去年初めてブログで記事にしたものです。 去年は黒ビールでした。 サッポロホールディングス(2501)(以下、サッポロHD)も保有していますが、こちらはまだ来ていません。 ビール会社の優待はビールがもらえて嬉しいですが、それほど割がいいわけではないですね。 この3社について比較してみます。 ビールがもらえるビール会社の株主優待 【スポンサーリンク】 ビール会社は揃って12月優待です。 ビール以外の飲料などの優待も選べますが私はビールが欲しい! ということで、以下はビールのみ抜粋しております。 キリンHD 一番搾り、一番搾りプレミアム、一番搾り黒生• 100株以上 4本• 1,000株以上 12本 アサヒGHD 株主様限定プレミアムビール• 100株以上 4本• 500株以上 8本• 1,000株以上 12本 サッポロHD 黒ラベルとヱビスビール• 100株以上 4本• 500株以上 8本• 1,000株以上 12本 長期保有(3年以上)• 100株以上 6本• 500株以上 12本• 1,000株以上 18本 株価や配当などの比較について 各社の株価と配当は、以下の通りです。 39倍 1. 93倍 1. 09倍 自己資本比率 39. 表は以下サイトのツールで作成しました。 ビール会社3社を比較してみて ビール4本をもらうのに一番費用が安いのはサッポロHDです。 さらにサッポロは200株で8本になるので、他のに比べて断然有利。 さらに長期優待まで。 しかしサッポロHDが心配なのは、一番売上規模が小さいこと。 さらに規模の小ささ以上に利益も少ないので、株価も一番割安になっています。 昨年は純利益がプラスとはいえ、包括利益ではマイナスになっています・・。 自己資本比率も低く、財務的にもちょっと心配なところ。 かといって他の会社もよくはないですが。 個人的にはアサヒの株主優待ビールが気に入っています。 毎年ちょっと違うものが来ますし楽しみです。 ただビール4本もらうのに50万近い投資をするかというと・・。 なかなか厳しいものがありますね。 khyhd.

次の

【速報:株主優待変更情報】アサヒHD[2018/02/01 15:30]

アサヒ 株主優待

QUICKレーティング QUICKレーティングは、証券会社や調査機関のアナリストなどが付与した投資判断の平均値です。 「買い」や「売り」といった投資判断をマイナス2からプラス2までの数値に変換し、平均を集計しています。 プラスが大きいほど、アナリストなどが強気にみているということを意味します。 五つ星はプラス2、星ゼロはマイナス2を意味しています。 五つ星の下にある矢印は、直近1カ月以内に星の増減があったがどうかを示しています。 アナリストは業績成長を予想しているからといって、必ずしも「買い」の投資判断(レーティング)をつけるわけではありません。 業績の成長が見込めたとしても、すでに株価がその成長を織り込み、割高な水準まで上昇していれば「売り」をつけるでしょう。 一方、業績が低迷していても、その低迷を織り込んで割安と思える水準まで株価が下がれば、逆に「買い」の判断を掲げることもあります。 調査担当のアナリストがいない場合は算出対象ではありません。 算出には直近6カ月以内のデータを採用しています。 QUICKコンセンサス QUICKコンセンサスは、証券会社や調査機関のアナリストなどによる上場企業の業績予想の平均値(コンセンサス)です。 QUICKが独自に算出しています。 QUICKレーティングは、証券会社や調査機関のアナリストなどが付与した投資判断の平均値です。 「買い」や「売り」といった投資判断をマイナス2からプラス2までの数値に変換し、平均を集計しています。 プラスが大きいほど、アナリストなどが強気にみているということを意味します。 調査担当のアナリストがいない場合は、コンセンサスは算出対象ではありません。 企業が業績予想を修正した際、新たなアナリスト予想が収録されるまでは、参考値として業績予想修正前の値が表示されます。 日本経済新聞の記者や会社側の予想値ではありません。 なお、コンセンサス予想の算出には直近6カ月以内のデータを採用しています。 QUICKコンセンサスと会社側の会計基準は必ずしも一致しない場合があります。 また、決算期変更などのケースを含めて更新タイミングがずれる可能性があります。 上記の期間内に、専用サイトより申込みできる。 案内状は、 当社定時株主総会後に送付する「決議ご通知」に同封する 予定。

次の