アナログ 戻し 費用。 【光回線】アナログ戻しが必要となる条件とは?

アナログ戻しでネットが使えなくなる原因と誰にでもわかりやすい解決方法

アナログ 戻し 費用

アナログ戻しとは? 加入電話からひかり電話へ「 ナンバーポータビリティした電話番号」を、加入電話に復帰させること。 ひかり電話化した電話番号を変更せず継続して利用するためには、 基本的に必要な手続きとなります。 仮にアナログ戻しをせず光回線を乗り換える場合、固定電話の番号を新規で取得しなければなりません。 つまり使い慣れた電話番号を手放すこととなり、 大きな利便性の低下を招くこととなります。 アナログ戻しが必要な条件 これらに全て該当する場合は、 アナログ戻しが必要です。 NTTで取得した加入電話の電話番号を、ひかり電話にナンバーポータビリティしている• 現在NTT系のコラボ光を利用しており、乗り換え先もNTT系のコラボ光を検討している• 現在ひかり電話で利用している電話番号を変更したくない• 乗り換えに伴って住所の変更がない、もしくは引っ越し先が同じ収容局のエリアである 順番に解説していくと、1番目の条件については「 NTTで発行した電話番号か否か」が焦点です。 仮にNTT以外が発行した電話番号をひかり電話で利用している場合、原則として番号移行ができません。 2番目の条件については「 NTT系からNTT系への乗り換えか否か」が焦点です。 仮に「NTT系からau系」「NTT系から電力系」へ乗り換える場合は、アナログ戻しが不要です。 ちなみに「NTTのフレッツ光」から「NTT系のコラボ光」に乗り換えることを「 転用」といいます。 転用はあくまでも契約の変更だけですから、 フレッツ光からアナログ戻し不要で番号移行が可能です。 仮に電話番号が不要になったり新規の電話番号を発行したい場合には、乗り換えが簡単に行えます。 4番目の条件については「 同じ電話番号を維持できるか否か」が焦点です。 上記3つの条件に適合していても、電話番号を管理する収容局が変わると番号移行が行えません。 アナログ戻しの方法 どちらもフリーダイヤルで、受付時間は 「午前9時~午後5時」です。 NTT東日本:0120-116-000 NTT西日本:0800-2000116 まずNTTに連絡し、現在のひかり電話から加入電話に番号移行する手続きを行ないます。 するとおよそ数週間以内にはアナログ戻しの手続きが完了し、 ひかり電話が解約となります。 アナログ戻しが完了したら、乗り換え先の光回線事業者に固定電話番号とともに申し込みをします。 順調に話が進めば 光回線の開通と同時にひかり電話も利用可能になるため、電話の通話を確認します。 無事以前の固定電話番号で通話ができていることを確認したら、乗り換え元の光を解約します。 ただし状況によっては光回線が宅内に2本存在したり、 乗り換え元の光を事前解約する必要があります。 まとめ• 光回線を乗り換える場合は、アナログ戻しが必要となることがある• 電話番号を維持する必要がない場合は、アナログ戻しの必要もない• アナログ戻しが必要なのは、NTT系の光回線間で乗り換える時だけ• NTTで発行した電話番号でなければアナログ戻しができず、番号の維持もできない• 様々な条件を満たしていても、乗り換えに伴って収容局が変われば番号を維持できない• アナログ戻しには切り替え費用と、乗り換え先の光が開通するまでの月額料金が必要となる.

次の

光回線と電話乗り換えで必要?アナログ戻しを徹底解説!

アナログ 戻し 費用

ちょうど、光コラボレーションというインターネットサービスが開始して、もう3年経ちます。 そして最近は、携帯電話とセット割ができる光回線のCMもよく放送されているので、契約を更新せずに乗り換えようかな~、と検討する方も多いのではないでしょうか。 スマホキャリアの光回線だけでも ドコモ光・ソフトバンク光・auひかりがありますし、他にも最近では、先に挙げたプロバイダ各社は格安スマホやSIMのサービスも始めたので、なかなか迷いもあるところですよね。 しかし、使い勝手も問題なく、安くなるのであれば、ぜひ乗り換えたい! そう思っている方も多いでしょう。 そこで、多くの皆さんが「月額料金」「ネット回線の速度」などと共に気になる事、それは「自宅の電話番号」ではないでしょうか。 昔からずっと自宅で使ってきた固定電話番号。 学校の緊急連絡網に登録している方もおられるでしょう。 最近は、自宅に固定電話を持たない方も多いようですが、自宅電話番号って、引越でもしない限り、出来れば引き継ぎたい、というのが、本音ではないでしょうか。 光回線の固定電話「デジタル電話」に切り替えた電話番号を、乗り換え先でも引き継ぎたい場合、方法としては「デジタル電話をアナログに戻す」という作業が必要になります。 これが、業界の方が良く言う 「アナログ戻し」というものです。 費用としては1万円ほどかかるようです。 しかも、人によっては2,000円くらいで済む場合もあるとのことなので、どんな基準でそんなことになっているのか、気になる方も多いハズ。 アナログ電話とデジタル電話 噂によると「2025年を目途にアナログ回線の固定電話を廃止する」なんて話があります。 最近は公衆電話もどんどん街の中から撤去されていますよね。 公衆電話BOXに人がいるなぁ、と思ってみてみると、公衆電話BOXの中で携帯電話で話しているビジネスマン。 「なるほど!賢い使い方!」と、感心してしまいました。 笑 街中の雑音をブロックして、しかも話の内容も公衆電話BOXで守られますもんね。 敢えて言うならば、糸電話みたいな感じでしょうか。 アナログ電話に対し、電話のデジタル回線となると、 光ファイバーケーブルを使った電話のことを指します。 光回線が主流になる前は、電話回線を使ってインターネットに接続する方法をとっていました。 それが、ISDNやADSLという方法ですが、これらも厳密にいうと「アナログ電話」にあたるんです。 アナログ戻しの費用は状況による! アナログ電話とデジタル電話の違いが分かったところで、本題へ移りましょう。 まず、アナログ電話に戻すことが出来るのは、デジタル電話を利用する以前に NTTのアナログ電話を利用していたことが前提です。 要は NTT東日本・西日本で発行してもらった電話番号を光電話に切り替えてた方が、アナログ電話に戻せるんです。 工事に手間や材料費が必要な場合は、アナログ戻しにかかる費用は高くついてしまうんです。 NTT的には、実際に状況を確認しなければ、いくらかかるのか、正確な費用もわからないようで、場合によっては工事ができないケースもあるようです。 詳しくは、NTTに問い合わせてみましょう。 なかなか繋がらない電話番号ですが、根気よくかけてみて下さいね。 NTT総合ダイヤル(0120-116-116)受付時間10:00~17:00 電話番号が継続できる場合とできない場合 NTT発番のアナログ電話に戻せば電話番号が継続できる、ということでした。 ということはつまり、 光回線を引いたときに新しく電話番号を発行した場合は、乗り換えたいと思っても、電話番号は継続できないんです。 ただし、NTTで電話番号を新たに発行する場合、3万円を超える初期費用で電話番号を発行することになりますし、電話の基本料金や、通話料金も、光電話の方が断然安い。 新たに電話番号を発行してもらうにしても、2,000円程度で発行して貰えます。 最近は、携帯電話でやり取りする方が多い世の中ですので、わざわざNTTで高いお金をかけて発番してもらうのもちょっと考えモノですね。 亡くなった祖母の電話番号 昨年の話ですが、祖母が亡くなりました。 ひとり暮らしをしていたのですが、母はNTTへ電話して「電話の契約の終了をお願いします」と伝えたようですが「電話番号は残しておきますか?」と言われたそうです。 契約を終了するので、電話番号が消滅するものだと思っていましたが、「また使いたい時に同じ番号で契約を再開できます」なんて言われたようです。 馴染みのある、祖母の電話番号。 携帯電話もない時代でしたから、何度も掛けた、馴染みのある電話番号です。 だからこそ、記憶にも残っています。 母は迷わず、電話番号を残す決断をしました。 (西日本は永年残るようですが、東日本は10年間のようです) 私たち夫婦が実家の近くへ帰った時には、その番号を引き継ぐことが出来るんです。 なんて、余談ではありますが、お金では計り知れない、アナログ電話の良さも、ありますよね。 アナログ戻しの具体的な方法 さて、大体の内容が分かったところで、実際の段取りを確認していきましょう。 なお、工事は平日しか行っていないようです。 そして、この段階ではやはり実際にいくらかかるのかは分かりません。 工事料金は、後日電話料金と一緒に請求されます。 さぁ、ネットの乗り換えをしましょう! 電話のアナログ戻しも終わったし、いよいよ最終段階。 インターネットの乗り換え作業です。 ドコモユーザーの皆さんが最初に検討する乗り換え先は、ドコモ光ではないでしょうか。 しかし、実は安くもなければ、キャッシュバックも1万円分のポイント。 auひかりの方が3万円まで、とのことで少なく感じがちですが、ほとんどのインターネット回線の解約金は1万円程度。 これにプロバイダの解約金が入ったとしても、大体15,000円程度なので、充分な額と思います。 他社解約違約金の補助がないビッグローブ光ですが、工事費実質無料である上に、キャッシュバックも高額。 月額料金も安いので、番外編でオススメしました。 キャッシュバックが高額なので、解約違約金分を賄うにも十分な金額になります。 馴染みのある電話番号はなるだけ残しておきたいですよね。

次の

光電話のアナログ戻しとは?費用・料金から手順、工事内容まで全て解説!

アナログ 戻し 費用

NTT加入電話 『固定電話を使いたい』と急に思う人もいるかもしれません。 家庭を持って家族と過ごすうちに、今までスマホや携帯で済ませていた電話を家の固定電話に変えたい、と思ったりする人も多いかと思います。 また、それだけでなく光回線から光回線に乗り換える場合も、一旦アナログの固定電話に戻す必要があったりします。 電話番号の話 固定電話の電話番号は大きくわけて2つあります。 NTT加入電話…01~09などの市外局番から始まる電話番号• IP電話…050などで始まる電話番号(050はau) 基本は1のNTT加入権を獲得して使えるようになる普通の電話番号が主流です。 しかし、家で使う電話番号としては「どんな場所でも050で始まる電話番号」があります。 例えばauが提供していて、これは引っ越しても引っ越し先で同じ電話番号が使えるため便利です。 市外局番を必要とする電話番号は場所が変わると引き継ぎしにくいですね。 アナログ戻しとは さて、この固定電話の電話番号ですが、ここからはNTT加入権に関わる話をします。 インターネットの回線である「光回線」にはほとんど電話サービスをつけることができます。 これが先ほどの、光回線によるデジタル電話(=IP電話)というものです。 月額料金がだいたい500円と安くなっているところが利点です。 また、 電話をつけることで光回線のキャンペーンなどを適用することもできます。 こうした光回線の電話サービスを始めるには、もちろん電話番号がなくてはならないのですが、これには2つの方法があります。 元々持っていたNTT加入権による電話番号を引き継ぎ• 050電話など新しくIP電話を始める もともと固定電話を使っていたけれど、光回線の電話サービスに移行する場合、その番号を引き継ぎすることができます。 しかし、1をもう少し詳しく言うと• つまり、先ほどもお伝えしたように現在はアナログ戻しは基本的に必要ないのです。 要するに、これらの話は全て同じ電話番号を引き続き利用したい場合の話で、 『別に番号変わっても良いよ~』という人は、アナログ戻しは必要ありません。 アナログ戻しの方法 では、アナログ戻しとはいったいどんな作業なのでしょうか? アナログ戻しと呼ばれる作業は単純ですが、2つに分けることができます。 ただし、前段階としての条件もあるのでそれも注意しておきます。 前段階:条件 ここでは、「アナログ戻しはこういう人でないとできない」ということを明らかにします。 先ほども話しましたが、• ですから、• そもそもNTT加入電話を使ったことがなければ戻せない• NTT加入電話から光回線にしてから10年経つと戻せない(かつ継続のためには5年毎に更新が必要)• 別の地域に引っ越している場合は戻せない このような条件が加わります。 まず、NTT加入電話というのはNTT加入権というものを買って番号をもらって使えるようになるものです。 市外局番から始まる電話番号を使うには権利が必要なのです。 そしてこの番号を継続利用(番号ポータビリティ)して光回線で使う場合、これを「利用休止」する必要があります。 光回線が勝手にやってくれることもあるので、すでに光回線の電話サービスに切り替えている人はこの利用休止をしていています。 ただし、この 「利用休止」は申請がない限りは2,000円で「10年」続きます。 それ以上は申請がない限り破棄され、権利も失ってしまいます。 ちなみにNTT西日本の場合、利用休止時の継続期間は無期限となります。 手続き 利用休止 一時中断 解約 お申し込み内容 お電話を再度ご利用になる場合は電話番号は変更となりますが、最大で10年間お電話の権利をお預かりすることができます。 お電話を再度ご利用になる場合も同じ番号をご利用いただくことができます。 今後お電話をご利用いただくご予定がない場合はこちらをお申込ください。 同じ電話番号をご利用いただけます。 気になるのは、「再ご利用時の同番号利用」に「電話番号が変わります」と書かれているところです。 光回線電話サービスからアナログ電話に戻すとき、すでに、NTT加入電話は「利用休止」状態になっているのでした。 そのため利用再開する必要があります。 NTTに電話して、「アナログ電話に戻したい」、「電話の利用休止から、利用を再開したい」といった感じで伝えれば対応してくれます。 ただし、ここで問題は「工事費がかかる」という点です。 要は大体2,000円ぐらいか10,000円ぐらいかの二択ですが、 場合によっては10,000円かかってしまうことがあります。 電話番号は使っていても、長年使っていなかった回線が古くなったりするので要注意です。 そして、ここまでの作業で「アナログ電話に戻したいだけ」の人は終了です。 『え!また利用休止…?』という感じですが、同じ電話番号を使うためには努力しなければなりません。 利用休止は基本的に光回線のほうが勝手にやってくれることが多いです。 通常の利用休止と異なるので細かい手順があるのでしょう。 別の光回線に乗り換えて、電話サービスもつけてもらうことで勝手にやってくれるというわけです。 悩みの工事費…どうする? さて、ここまででアナログ戻しの全容を紹介し終わりました。 しかし、問題はまだ残っています。 それは工事費です。 光回線を乗り換える人の乗り換えたい理由は『乗り換えた方が安くなるから』というのが主なものです。 それなのに、電話の乗り換えでお金を取られてしまっては、光回線自体が安くても仕方がありません。 最大10,000円程度のこの工事費をどのように回避できるでしょうか? おすすめはソフトバンク光:乗り換えサポートあり! おすすめはソフトバンク光の「あんしん乗り換えキャンペーン」です。 他社インターネット回線からソフトバンク光に乗り換えると、この「あんしん乗り換えキャンペーン」を適用することができます。 キャッシュバック金額は合計で最大10万円となります。 ただし、他社モバイルブロードバンド端末代金に対するキャッシュバック金額は42,000円を上限とさせていただきます。 このあんしん乗り換えキャンペーンは、「auひかりの違約金」や「auスマホの違約金」などを還元してくれると思われがちですが、電話の工事費も還元してくれるのです。 10,000円の電話工事費もこれでタダにできます…!! 新規申し込みキャッシュバックでさらにお得に ソフトバンク正規代理店、 株式会社NEXTの場合、申し込み特典として高額キャッシュバックキャンペーンを実施しているので、アナログ戻し費用のみならず、乗り換えで発生した諸費用などをまかなうことも可能です。

次の