仁王2 薙刀鎌 最強武器。 【仁王2】おすすめ最強武器ランキング! 1位になったのは大人気のあの武器│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

【仁王2】ステ振りのコツとおすすめビルド

仁王2 薙刀鎌 最強武器

武器について 武器の基本について 仁王2で扱える武器は、 刀・二刀・槍・斧・鎖鎌・大太刀・旋棍・手斧・薙刀鎌です。 手斧と薙刀鎌が、仁王2で新しく追加されました。 武器を使い続けることで、装備している武器の『 愛用度』が増えて、攻撃力がアップしていきます。 アイテム『研石』で簡単に愛用度をアップさせることも可能。 そして敵を攻撃してると、装備している武器のスキルポイントを得ることがある。 スキルポイントを得たら、メニュー項目の『 スキル習得』から各スキルを解放できます。 仁王2のスキル画面はスフィア版形式になってしまったので、お世辞にも見やすいとは思えない…。 鍛冶屋について 武器強化は拠点の鍛冶屋で行います。 基本的にはミッション中に敵からドロップした装備を使用した方がいいが、『 鍛造』で自分で作ることも可能。 鍛冶屋では『 魂合わせ』で武器のレベルを上げたり、 『 焼き直し』をして武器に付与されている特殊効果を変更したりして強化していきます。 いらないなら『 分解』して素材に変えてしまうか、売って金にするといい。 基本能力のステータスによる攻撃への反映について 基本能力値の 体・心・勇・剛・武・技・忍・呪のステータスは、 『 攻撃力への反映』に影響して、攻撃力にボーナス補正がつきます。 ステータスは社の『能力開発』からレベルアップできる。 装備画面を見ると値がどのくらいなのか確認できる。 『S』ほどボーナス補正が高い。 体:槍に反映される• 心:刀・弓に反映される• 勇:旋棍に反映される• 剛:斧・大筒に反映される• 武:大太刀に反映される• 技:二刀・手斧・銃に反映される• 忍:鎖鎌に反映される• 呪:薙刀鎌に反映される 能力開発のステータス割り振りにおいて、「あ、失敗した・・・」と感じることはよくあると思う。 そんなときはアイテム『 六道輪廻の書』を使用すれば、 アムリタを初期化して最初からステータスを割り振ることが可能です。 装備の重量について 装備の重量が重くなりすぎるとスタミナの消耗が激しくなるので、 防具に関しては防御力が高い装備品は避けたほうがいい。 駄目なやつほどヘビー級にしたがる。 メニュー『状態』から装備の重さを確認できます。 装備重量が70%以下、70%以上にするかは人それぞれだが、筆者は ギリギリ70%未満を保つようにしてます。 バトルに慣れてくると、軽装のほうが良いと思えてくるようになります。 仁王2の武器考察 武器は2種類装備できる。 ミッション中に武器切り替え可能です。 武器は仁王1の頃から存在したものは、モーションを含めてあまり変化が感じられなかった。 ただし、強さ的なパラメーターの設定は調整された印象があります。 初心者にオススメの武器といえば、 槍とか 薙刀鎌が使いやすい。 刀・斧・旋棍なんかは強いけれども、リーチが短く、敵の攻撃をきちんと回避して 反撃できるようになるまで上達しないと危険なので、初心者にはあまりおすすめしない。 サブウェポンとして装備しておいて、敵に合わせて使い分けるといい。 刀 刀は全体的にオーソドックスな武器。 リーチは短いが、使いこなすと妖怪に強い。 無駄な大振りモーションが少な目なので、すぐに回避行動へ移行できるのもポイント。 気合削りが弱く、武技で対処できるが人間相手にはやや苦戦する印象だが、 居合い・乱迅剣・残月などガードからゴリ押しもなかなかいい。 二刀 リーチは刀と同様。 刀を2本装備している。 仁王1の頃に火力が強かった、水形剣や十文字が弱くなった印象。 ただし、状態異常を武器に付与させて、水形剣で乱れ切りして状態異常にしたりと、 そういった戦い方もできる。 要は使い方次第かな。 中段構えなら風神の気合削りもなかなかいい。 でも刀と比較すると、二刀はマルチプレイ向けの武器に感じる。 赤色のゴエモンは暴れん坊将軍w — ゲーム攻略マン🎮龍が如く7 gameman13 槍 槍は武技がどうのこうのというより、リーチが長く、無駄なモーションも少な目で使いやすい。 瞬間的な火力には期待できない武器だが、安全圏内から槍の先っぽでチクチク突ける点は強い。 妖怪・人間・複数の敵に相手において、総合的に考えても使いやすい。 火力の低さは五月雨突きで補えるが、若干技の出が遅いのが気になる程度かな。 斧 斧は攻撃力の高い武器が特徴。 全体的にモッサリとした動作なので、素早い敵に対しては不利だが、 ガードの上からゴリ押しして気合削りもできる。 1対1なら強い印象だが、敵が複数いる状況だと微妙。 別の武器に切り替えて弱点をカバーするといい。 鎖鎌 鎖鎌は上段構えの速い攻撃、強い攻撃の分銅など使いやすいところもあるが、 仁王1と比較すると火力が弱体したような…。 強くもなければ、弱くもない印象。 ただ、強い攻撃の分銅飛ばしはリーチがないので、相変わらず安全圏内からピシピシと ダメージを当てつつ様子見できる。 全体的にクセのある武器だがバフが使える。 大太刀 大太刀はリーチが長くて、威力も高い武器。 動作がモッサリしているので、忍者のような敵に素早く懐に入り込まれると弱い。 攻撃範囲は広いので、敵が範囲内へ入って来るところを先手で斬る戦い方。 旋棍 旋棍はリーチが短く、素早い手数と気合削りが優秀。 なるべく軽装が好ましい。 気合削りが多いので人間相手にはかなり強かったりするが、妖怪相手だとリーチの短さと火力的にやや微妙に感じる。 きちんと回避ができて、距離感が分かると扱える武器。 手斧 手斧は二刀に似ている印象もあるが、多くの武器投げ武技が存在する。 接近攻撃もしたいけど、「危なさそうだから武器投げ!」といった使い分けできる点がいい。 ただ、どちらかというと中距離向けの戦い方で似たくさい技ばっか。 オンラインマルチプレイで、近距離攻撃が自身の無い人向けの気がする。 薙刀鎌 薙刀鎌は、上段・中段・下段の構えにより、武器の形が変形するので、 敵に合わせた戦い方ができるのが特徴です。 上段は単発気味だが威力が高く、中段は槍のようにリーチが長くて隙も少な目、 下段はリーチは短いが細かく切り刻める。 全体的な火力はまずまずな方。 仁王2の攻略記事• 最近運営してるゲーム攻略サイト スクエア・エニックスが開発・発売の。 原作のFF7をフルリメイクした作品で、バトルシステムがアクションとコマンドを融合。 今作は分作のため、ミッドガル脱出までの物語までですが、それでもブルーレイディスク2枚組のボリューム!FF7の完全版みたいなタイトルかな。 セガの龍が如くスタジオが開発の。 新しく主人公が春日一番になり、バトルシステムもライブコマンドRPGバトルを導入。 舞台も神室町よりも約3~4倍広い横浜・伊勢佐木異人町を追加。 コマンドバトルになったことで、キャラクターの成長要素やジョブシステムが存在しており、これまでの龍が如くシリーズとは一味違った遊びプレイできます。 ノーティー・ドッグのサバイバルアクションの。 前作から5年後のアメリカを舞台にしており、ジョエルとエリーはワイオミング州ジャクソンで平和な生活をしていた。 しかし、とある事件により、エリーが復讐をするためにシアトルへ旅立つ物語。 無慈悲で暴力の連鎖の先にあるものとは!? コジマプロダクションの。 オープンワールドのアクションゲーム。 分断された北米大陸を再び繋いで、アメリカ再建のために運び屋のサムが立上がる。 オンライン要素では非同期で他のプレイヤーとアイテムや施設を共有することができます。 一風変わった小島秀夫監督の新しいストランドゲーム。

次の

【仁王2】薙刀鎌武器一覧

仁王2 薙刀鎌 最強武器

もくじ• 薙刀鎌の特徴 薙刀鎌は リーチが長く、癖が少ないので、誰にでも扱いやすい武器です。 初心者から上級者まで使用率が高く、最強武器候補として評価されています。 上段は高威力でリーチがあるため、雑魚敵相手には無双することができます。 中段は振りが速いので、強敵相手にも隙を見せず戦って行けます。 そして、 薙刀鎌は「呪」を上げることで攻撃力が伸びるため、陰陽術との相性が最高です! 陰陽術は武器に属性を付与したり、遠距離属性攻撃をしたり、非常に強力な「遅延符」や「結界符」等など。 陰陽術の恩恵を最も受けられるため、最強候補になっていると言えるでしょう。 使う武器を迷ったら、まずは薙刀鎌から使ってみて下さい。 おすすめのステ振り 薙刀鎌は「呪」で攻撃力が上がるため、「呪」を中心に伸ばしていくのがおすすめ。 呪は陰陽術にも対応しているため、同時に陰陽術の効果や術容量を伸ばせます。 また、 薙刀鎌は「軽装」を使っていくため、10程度まで「勇・技」を上げるだけで構いません。 防御力が不安になりそうですが、陰陽術で強力なサポートも出来るので気になりませんね。 振り方としては、 「体10、心10、勇10、技10」は固定で、後は呪に特化した振り方をすると強くなります。 Lv50以降になったら、少し体も上げておくと安心ですね。 中盤ではソハヤ衆鎧シリーズがおすすめ 中盤で入手できる 「ソハヤ衆鎧シリーズ」は、揃え効果がかなり強力な中装防具です。 基本的に軽装な薙刀鎌ですが、中盤ではソハヤ衆鎧シリーズがおすすめですね。 「体9、武9」で特殊効果が発動するので、武に少し振れば性能が発揮できますよ。 しかも、集めるのが超簡単なので、以下の方法を参考に周回して見て下さい。 どんな武技・スキルを習得すべき? 薙刀鎌は基本的に 上段と中段の切り替えで戦うので、下段の武技はそこまで必要じゃないです。 上段は「涅槃裁、衆生裁」、中段は「応報、印堂鋒」が早期習得ができて使いやすいのでおすすめ。 常時発動スキルでは、 「葉陰、不動心、武器術の練磨」辺りを優先的に習得しましょう。 奥義スキルでは、 「転変燎原」がかなり強力です。 まとめ 陰陽術の恩恵の大きさに加え、武器自体も扱いやすく強いのが薙刀鎌の良さですね! 自分はしばらく槍で戦っていましたが、限界を感じて薙刀鎌にした途端に難易度が下がりました 笑 攻略に困っている人ほどに、薙刀鎌はおすすめの武器なので、陰陽術と共に使ってみて下さい。

次の

【仁王2】秘伝書入手方法まとめ!武器ごとの特殊スキル開放のために!【3/25更新:17個入手】

仁王2 薙刀鎌 最強武器

ステータスを平均的に上げたり複数の武器を使用すると器用貧乏になりやすい。 1つの武器に特化させてステータスを育成していくのがおすすめだ。 アイテムでステータス振り直しが可能 強化したステータスは振り直すことができ、その際には 六道輪廻の書というアイテムが必要となる。 六道輪廻の書はステージクリア時の報酬で入手したり鍛冶屋などで購入できるぞ。 スキルポイントは武技・陰陽術・忍術を習得する際に必要となるポイントで、スキルポイントは修練所でいつでも振り直すことが可能だ。 序盤おすすめのステ振り 防具の必要ステータスを上げる 防具の特殊能力を発動させるためには、防具の必要ステータスを満たす必要がある。 特殊能力発動のため、防具ごとの必要ステータスは優先的に強化しておこう。 「体」はHP・「心は」は気力を高め、レベル10までのステータス上昇率がとても大きくなっている。 武器種に関わらずまずは「体」と「心」は10まで上げておこう。 上記2つが終えたら武器に合わせて強化 防具のステータスを高める・体と心を10まで強化。 この2つの準備が出来たら武器種ごとのステータスを上げていこう。 様々なステータスを強化できるが、 基本的に「攻撃力へ反映する」ステータスを優先的に特化していくのがおすすめだ。 中盤おすすめのステ振り 攻撃力へ反映が高いステータスを99にする バランス良くステ振りを行うより、特化してステータスを強化したほうが効率よく火力を高められる。 攻撃力への反映が高いステータスを集中的に強化しよう。 可能であれば99まで強化してしまうのがおすすめだ。 防具のステータスを確保する 防具の必要ステータスのチェックも忘れずに行っておこう。 必要ステータスは防具の種類によって違うぞ。 必要ステータスの確保はストーリーを通じて最優先で行っておこう。 勇と剛を強化しておこう 中盤では「勇」と「剛」のステータス強化も行っていこう。 「勇」は気力の回復、「剛」は装備の重量に影響しているぞ。 「勇」は上昇率の良い10、「剛」は敏捷B以上になるようにステ振りを行うのがおすすめだ。 終盤おすすめのステ振り 武器に合わせて強化しよう 終盤になって武器に合わせたステ振りは変わらない。 体と心を強化しよう 武器の「攻撃力への反映」のステータス育成を終えたら、体力と気力を優先的に強化しよう。 「体」を育成してHPを高めることにより、高難易度ミッションなどを効率よくクリアしやすくなるぞ。 戦闘に必要な気力は「心」でしか強化できないため、気力不足の人は他のスキルより「心」を育成していくのがおすすめだ。 関連スレッド.

次の