メクラ チビ ゴミムシ。 愛媛県レッドデータブック

悪口にしか聞こえない!?「メクラチビゴミムシ」という昆虫が存在する!どうしてこんな名前が付いたのか?

メクラ チビ ゴミムシ

もう少し真面目な書き方をしよう。 私は、過去ウン十年間その筋の専門家すら発見できていない幻の虫を探す際には、「いるかな」ではなく、いるものをただ見てくるつもりで探すようにしている。 探す側が、探される側の存在をわずかでも疑ってしまうと、必然的にその探索努力もいい加減になってしまい、結果として発見できないという末路をたどりやすい。 探す標的は必ずいると、信じて探すことはとても大事である。 大分県のとある山に、コゾノメクラチビゴミムシという虫が生息する。 メクラチビゴミムシという珍妙だが由緒正しい名前の虫は、洞穴や地中の砂れき間に生息する盲目かつ米粒サイズな甲虫類の総称で、日本国内だけで400種弱も生息している。 そんなメクラチビゴミムシの一種たるこの虫は、1960年代まで同地に存在した小さな石灰岩洞窟に見られたのだが、この山はまもなく石灰岩採掘の鉱山として開発された。 それに伴い、洞窟は跡形もなく破壊されてしまい、コゾノメクラチビゴミムシは姿を消した。 環境省の刊行する絶滅危惧種の動植物リスト、通称「レッドリスト」においては、数少ない絶滅種に指定された昆虫の一つとされている。 甲虫類の専門家たちは、洞穴跡地の周囲に本種が生息できそうな環境はないとし、また跡地周囲には近縁の別種が生息することから、未来永劫コゾノメクラチビゴミムシが再発見されることはないと結論づけている。 ちなみにメクラチビゴミムシの仲間は、原則として同じ場所に2種以上が共存しないとされている。 私は、それを大いに疑っている。 実際に私はその洞穴があった大分県の鉱山に行ったことがある。 鉱山自体は完全に開発され尽くしており、虫が住んでいそうな気配はまるでない。 だが、少し鉱山から逸れると、湿潤な森が広がっており、豊富な水を蓄えた地下の隙間が思いのほか多い。 こういった隙間には、洞穴に生息しているような小昆虫がひっそり隠れて生きている可能性がある。 どんなに偉い専門家でも、特殊な透視ゴーグルで地下のすべてを見て確かめたわけではないのだから、あの虫が絶対にどこにもいないなどとは断定できないはずだ。 矢口高雄の漫画『釣りキチ三平』(講談社、1973~83年)で、絶滅魚クニマスを探す話がある。 その中で「いることの証明は簡単だが、いないことの証明は不可能だ」という趣旨のせりふが出てくる。 クニマスは秋田県田沢湖にのみ生息する固有種で、1940年に絶滅したとされていた。 漫画の中では最終的にクニマスが発見されるのだが、現実世界でも2010年、予想を外れた山梨県西湖に生き残っているのが京都大学研究チームによって確認され、話題になったのは記憶に新しい。 魚程度にそこそこ大きな生物でさえ、滅びたとされたものが今になって見つかるのだ。 たかだか4ミリメートル程度、しかも深い地下にいる小虫がこの世から消えたなど、誰が証明できよう。 私は余暇を見つけては、大分の山へと分け入り、必ずどこかにいるコゾノメクラチビゴミムシを探し続けている。 昆虫採集は、やっぱり夢がなければ始まらない。 結論として、昆虫採集に必要な極意、それは「夢」だ。

次の

愛媛県レッドデータブック

メクラ チビ ゴミムシ

来年3月に昆虫学会と応用動物昆虫学会の合同大会が大阪でひらかれる。 今回の「発表要綱」を読むと、「差別用語を含む昆虫和名などの使用は避けてください」という記述があり、少し驚いた。 おそらくこれは、日本の昆虫のなかで「差別用語」とされる言葉を残す「メクラチビゴミムシ」や「メクラゲンゴロウ」に対するものであろう。 他の昆虫では、メクラカメムシやメクラアブというものがいたが、前者はカスミカメムシに、後者はキンメアブにそれぞれ改称された。 どちらも複眼をもち、差別用語である以前に、実態と異なるというのが改称の理由である(それでもわざわざ変える必要性を感じないが)。 しかし、メクラチビゴミムシやメクラゲンゴロウは実際に複眼を欠き、和名は実態をよく表している。 私は改名に反対である。 魚類学会では早々に差別用語を含む和名の改称を行ったが、明らかな行き過ぎである。 たとえばイザリウオという魚がいるが、これはカエルアンコウに改名された。 「躄る」という差別用語を含むというからである。 しかしこの時代、「躄る」の意味を知っている人が国民の何割いるだろうか。 ほとんど誰も知らないだろう。 それでも差別用語になるのだろうか。 同様に「めくら」も、「躄る」ほどではないが、ほとんど死語になりつつある。 いまどき、めくらという言葉を使って視覚障害者を嘲るような人はいるだろうか。 逆に差別用語とはされず、生物和名に広く使われている「ちび」のほうが、よほど今でも一般的に使われる嘲笑する言葉であろう。 そもそも、差別は言葉そのものに宿るものではない。 使う人の心の中にあるものであって、どんな言葉を使おうが、差別になるときにはなる。 「めくら」を「めなし」に変えたところで、視覚障害者を差別する人が使ったら、使い方次第でたちまち「めなし」も差別用語に変化する。 ゴミムシが怒りだしたならともかく、あくまで生物に対して使われている言葉に対して、「差別用語撤廃!」などと神経質になるのは何ともバカげた話しではないだろうか。 ちなみに英名ではいまだに「blind」のつくものが普通に使われており(もちろん日本語の「めくら」とは完全に同義ではないが)、「sight-impaired」などと言い代えられてはいない。 おそらく生物和名から差別用語をなくそうとしている人たちは、ごく稀に現れる不快だと文句をいう人に対する対抗策として、事前に改名をしようというつもりなのだろう。 臭いものにはフタというわけである。 もしそうだとしたら、気にしすぎというほかない。 手前みそだが、拙著『昆虫はすごい』には、あえて伝統的に「メクラ」のつく和名を3つも登場させたが、13万部も売れて、誰からの文句もない。 「世間はそれほど気にしていない」ということがよくわかった。 ーーー 蛇足だが、メクラチビゴミムシやメクラゲンゴロウがこれまで改名されなかったのは、この仲間の研究を牽引してきた上野俊一先生の信念によるところも大きい。 われわれの世代以前の日本の甲虫屋で、上野先生の薫陶を受けなかった人はほとんどいないので、われわれの世代でこれらの和名が改称されることはおそらくないだろう。 dantyutei.

次の

激マニアック土壌昆虫採集 at 高尾山

メクラ チビ ゴミムシ

人権論者や、言葉狩り族が、「ヒィ〜〜」と火病った(ファビよった)虫の名前。 散々、イチャモンを付けられたが、昆虫学会は頑として受付なかった。 で、いまも学名として存続している。 で、1969年に対馬半島で発見された新種のゴミムシが、 朝鮮半島の洞窟性ゴミムシと近縁であったため、チョウセンメクラチビゴミムシの分類。 チョウセンメクラチビゴミムシは、差別用語の塊だぁ とわめいていも、 体系的に分類され、登録され、長年に渡り使われているものを、いぢり倒すことは不可能だ。 いちぶのことばをおきか得ても、膨大な体系に、影響を及ぼすのだがら。 チョウセンメクラチビゴミムシの仲間。 オオメクラチビゴミムシ キウチメクラチビゴミムシ ヨシダメクラチビゴミムシ マイヤーメクラチビゴミムシ イラズメクラチビゴミムシ 人権論者から提唱されたという代替名称例(出典不明) --------------------------- 「主にコリアに分布する視覚的にチャレンジされた標準的サイズより小さな(ただしこの虫の責任ではない)社会的に重要視されないという不当な扱いを受けている塵芥を処理する虫」 --------------------------- 馬鹿げた言い換えは数々あれど、 当時者たちも、言い換えに憤慨しているのも幾つもある。 例えば、「八百屋」「魚屋」「床屋」、 ぜんぶ不適切な差別用語なのだそうだ。 で、これにさん付けをすると、例外規定が働くらしい(爆笑。 差別用語、放送禁止用語で、ぐぐれば、抱腹絶倒のものが大量にみつかる。 安易な言葉の言い換えは、言語文化の否定であり、 姑息な手法だ。 マスメディアのみが情報流通を支配していた時代なら、馬鹿げた言語統制もも可能であったが、ネットの時代に、それは成り立たない。 さらに、言葉狩りの急先鋒であった、解放同盟の没落もあり、時代は変わったのだ。 にも関わらず、言葉狩りを続けるのは、馬鹿げたことである。 無意味に狩られた、言葉たちの復活を目指すべき時がやってきている。 ---リンク元記事:2016年06月25日 08:01 毎日新聞 医学会「奇形」の言い換え検討 医療現場で使われてきた「奇形」という医学用語について、日本医学会(高久史麿会長)が言い換えの検討を始めることが分かった。 日本小児科学会の用語委員会が患者・家族の尊厳を傷つける恐れがある言葉として同学会に見直しを提案した。 言い換え候補には「形態異常(異状)」が挙がっている。 日本医学会は今年度内の決定を目指すという。 日本小児科学会の用語委員会委員長を務める森内浩幸・長崎大教授によると、「奇形」という用語は、基礎医学分野でヒトの初期発生段階での形態異常を起こす病気を指す。 小児科や形成外科の医療現場では病名として使われ、患者や家族が「心情を傷つける表現だ」と見直しを求めていた。 「先天性心奇形」を「先天性心疾患」とする言い換えが実現した症例もある。 一方、言い換えの候補となっている「形態異常」は、「奇形」だけではなく「変形」「変成」「欠損」など他の概念も含む表現として医学界で使われており、「正確性に欠ける」との批判もある。 そもそも「言い換えただけでは差別は解消しない」という意見も出ている。 今後、日本小児科学会が関係学会とともに日本医学会へ変更を求め、今年12月に開く日本医学会の用語管理委員会での議論を経て、日本医学会として今年度内の決定を目指す。 森内教授は「患者の心情に配慮して表現を変えた『認知症』や『統合失調症』のように、医学的な正確性も担保できる表現に改めたい」と話す。 mixiユーザー 2016年06月25日 12:06 僕は、競馬新聞を見ている時に、ちんばのおっさんにサラブレッドの「跛行」ってどういう意味かと訊ねられて、手で脚の動作をして教えたことがあります。 言葉狩りをやると、使えない単語が増えて不便極まりない。 mixiユーザー 2016年06月25日 13:30 しかしまぁ、酷いネーミングw 差別用語は、言葉じゃなく、その使い方なんですけどね。 言葉だけ変えても意味はありませんよね。 ただし、疲労、衰弱、老化、調教、指導法によるものは跛行に含めない。 負重時に認められる跛行を支柱肢跛行、挙上時に認められる跛行を懸垂肢跛行、負重時および挙上時いずれにも認められる跛行を混合跛行と呼ぶ。 発見、分類の経緯がわかり、その特徴を表現しています。 今でもそうですが、まして当時は、この虫の事を知っている人間など、専門分野の研究者のわずか人だけでした。 それを、偶然知った大馬鹿者が、大騒ぎをして、世に知れる事になったのです。 差別とは、実は、差別と指摘するものの「心のなか」にあることが多いのです。 mixiユーザー 2016年06月25日 14:59 はじめまして、面白い日記ですので拡散します。 mixiユーザー 2016年06月25日 15:43 はじめまして。 この日記は面白かったです!• mixiユーザー 2016年06月25日 17:38 チョウセンメクラチビゴミムシ 朝鮮日報がありますから、朝鮮はどう見ても差別語ではない。 メクラ・チビ 差別語になりそうなのはここですね。 まあ、頭がいたいです; ゴミムシ こんなもの、昔から使われている言葉で、じゃあフンコロガシはどうするのかと思います。 食事中の方は検索しないように。 mixiユーザー 2016年06月25日 19:03 こんにちは。 たまにマイミクさんのところでお見かけします。 チェック入れさせて頂きました。 アホくさな展開でした。 糞虫(ふんちゅう、英: dung beetle)を覆すことは出来ません(笑。 教養ある人権論者の方々は、スカラベと呼べというかもしれません。 mixiユーザー 2016年06月25日 22:37 通りすがりに失礼します。 人権論者から提唱されたという代替名称例の 視覚的にチャレンジされたってなに? 社会的に重要視されないという不当な扱いを受けている・・・どこの言い換え? 面白くしようとしてないか?w 記事には「形態異常」が有力ってなってるけど 「奇形」がダメで「形態異常」はオッケーだと思ってる人いるのかな?「異常」って 言われるのは酷くないか? よく、好みの顔をどストライクとかいうじゃないですか? それで不美人を野球用語で外角高めとかボークとか敬遠みたいに やんわりとした表現ないですかねー?• mixiユーザー 2016年06月26日 00:21 はじめまして。 「視覚的にチャレンジ〜」の様な言い回しは、「政治的に正しいおとぎ話」と言う1995年の本で何度か使われていた言い回しで、そこからの転用か、同じような意図(言葉狩りへの揶揄)を持って誰かが考えた物のような気がします。 トゲアリトゲナシトゲトゲなんかもそうですが、こういう体系的なネーミングって、合ってるんだけども矛盾が生じてたりして面白いですよね。 mixiユーザー 2016年06月26日 09:30 あははは。 面白すぎる〜 名前つけた学者の顔を拝見したいわ。 mixiユーザー 2016年06月26日 10:33 差別用語の塊・・・だけどね、虫だからね。 人権論者の出る幕ではないよね。 よく、太っている人が「豚」と悪口を言われますよね?「豚」は言い換えしないのかね?w 朝鮮クレーム・・・チョウセンって名前のついた動植物って他にもありますよね 領土問題にも使われているみたいですね。 言語イメージは、人により多種多様。 千差万別。 すべての人にしっくり来るものなど無いに等しいです。 だから、共通イメージがかなり形成されている、「奇形」を変更する必然性はありません。 医学用語では、「異常」は、頻繁につかわれることばで、 「標準のレンジから離れたものは『〇〇異常』」と表現するのが常です。 第一、異常というのは、「常ならざるもの」でございますからね(笑。 で、あなたの示しているような言い換えは、「共通認識」とはかなり離れたところにあります。 かなりの「方言」ですよ。 やんわりとした表現は、ただのごま瑕疵にすぎない事を知りましょう。 mixiユーザー 2016年06月26日 13:31 野球用語表現はネタでございます。 使ったことありません。 不快にさせてしまったようで申し訳ありません。 やんわりとした表現はごまかしにすぎない事はよく分かっています。 痴呆を認知症と言い換えたところで症状は変わりませんからね。 でも、例えば医療機関でガンを告知されるとき、患者さんの精神的負担が 軽くなるように配慮した方法を取る場合もありますよね。 (ガン=助からないという先入観があるのかもしれない) 異常という言葉も、便利に使われている反面、悪い先入観がある気がします。 (異常者というと常軌を逸した行動をとる人をイメージしますよね?) だから「奇形」を言い換える必要あるならば、もっと配慮した言葉にしてほしい。 人と違うことを、個性と表現する教育機関もあるようですが 子供は素直なので直球で質問してしまいます。 悪意があるわけではない と思います。 配慮ができないだけ。 大人になっても配慮ができない人たくさんいますよね。 mixiユーザー 2016年06月26日 21:55 写真ありがとうございます。 皆様よいお顔なさっていますねぇ。 2020年• 07月• 08月• 09月• 10月• 11月• 12月 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年• 2007年• 2006年• 01月• 02月• 03月• 04月• 05月• 06月• 07月• 08月• 09月•

次の