娼年 ネタバレ。 映画『娼年』のあらすじと結末、キャストについて紹介します【監督と原作紹介もあり】

映画「娼年 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

娼年 ネタバレ

大学生・森中領、通称:リョウは、一流の大学、光和(こうわ)大に通っています。 見た目もよくもてるリョウは、女性に不自由したことがありませんでした。 しかしそのためにリョウは、「女なんて、つまらない」と思っています。 それが相手にも伝わるのでしょう。 すぐにベッドインした女性は、リョウの元からすぐ去ります。 リョウはバーテンダーのアルバイトをしています。 リョウの親友は2人います。 1人はホストをする田島進也、通称:シンヤでした。 もう1人は同じ大学のゼミの同級生、白崎恵、通称:メグミです。 メグミはリョウにいつも大学の講義のノートを貸しており、その代わりにリョウは、メグミがバーで飲む代金はタダにしていました。 ある日、シンヤが御堂静香という、ターゲットにしようとしている女性を連れてきます。 静香は富裕層の女性で、40代半ばごろの女性です。 静香はリョウを見て、もてるだろうと褒めますが、リョウは「女なんてつまらない」と発言します。 シンヤはリョウの店へ連れてくると、バーテンダーのリョウとカクテルの腕前を競いました。 静香は両方のカクテルを飲み、「今すぐ飲むならシンヤ、ゆっくり味わうならリョウ」と判断を下します。 シンヤが静香をホストクラブに連れていきますが、静香はコースターの下に自分の名刺を置いており、「仕事が終わる頃、店の前で待っています」と書いていました。 店が終わると、本当に静香が店の前で会っていました。 静香はリョウを自分の赤い車に乗せると、自分のマンション(兼、事務所)へ連れて行きます。 セックスについて聞かれたリョウは、「手順の決まった退屈な運動」と言いました。 すると静香は咲良(さくら)という少女を差し出すと、見せてみろとリョウに告げます。 リョウは、相手が静香ではないことに戸惑いました。 静香が車で迎えに現れたので、てっきり相手は静香なのだと思っていたのです。 咲良は生まれつき耳が聞こえない、聴覚障害者でした。 「始めろ」と言われ、リョウは咲良と身体を重ねます。 行為が終わった後、静香は5千円札を机に出すと「これくらいかな」と言いました。 リョウは真意を測りかねます。 そこへ咲良が5千円札を追加して、シャワーを浴びにいきました。 「ぎりぎり合格」と静香が言います。 そこで初めてリョウは、一連の行動が静香がリョウに課した「情熱試験」であったことを、教えられました。 女性相手に男を売る、会員制のクラブの経営者であることを、静香は明かします。 会員からは、1時間に最低1万円の代金を徴収するそうです。 女性相手に身体を売らないかと、リョウは静香に娼夫にスカウトされました。 ひと晩考えたリョウは、静香の経営する『クラブ・パッション』に入ると決めます。 静香は早速リョウに合うスーツを、見立てました。 撮影もします。 金髪の若者、平戸東(あずま)、通称:アズマが事務所に顔を出しました。 アズマはリョウを見て、「きっと、すごい売れっ子になると思うよ」と言います。 静香がなぜ自分に低評価をつけたのか、気になるリョウは、娼夫のクラブのことは隠して、シンヤとメグミにセックスの話を振ります。 どんなセックスがいいかという話題を3人でした後、リョウは性病の検査が陰性だと知りました。 静香から連絡が入り、リョウに初仕事が回ってきます。 〔渋谷〕 初めての相手は、ヒロミという年上の女性でした。 ヒロミはリョウを喫茶店に誘い、お茶を飲みながら話をします。 「年上の女性についてどう思うか」と聞かれたリョウは、「年上の女性が好きだけれども、罪の意識を抱えていて、自分でも不思議な感じだ」と答えました。 その答えを得ると、ヒロミは「じゃあ、またね」と言い、立ち去ります。 ヒロミとお茶の後に、まだ展開があると思っていたリョウは、あっけに取られました。 自分は不合格だったのかと思いつつ、静香に言われていたとおり、業務完了の電話を入れます。 すると静香に「成功だ」と言われました。 同時に、翌日また同じ時間にヒロミと会うよう指示されます。 翌日会ったヒロミは、リョウに「別れ際『またね』って言ったじゃない」と答えました。 ヒロミは「好きなものを我慢する、その時間が楽しい」と言います。 リョウとすぐに関係を持たず、初日すぐに別れたのは、「我慢する時間が楽しい」からでした。 その日、ヒロミはリョウと関係を持ちたがります。

次の

映画『娼年(しょうねん)』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

娼年 ネタバレ

Contents• 『娼年』とは ふぁー!娼年!舞台化!とーり!ぴったりな気がする…。 観に行きたいけど、人と行って大丈夫なものなのか… 逆に一人で行くのもどうなのか…と思っちゃうけど。 なんにしろ原作が素敵だから、興味ある。 — たらこ唇 otatatata 石田衣良による日本の恋愛小説で第126回直木賞の候補作にも選ばれるなど話題になりました。 また、困難とされていた映画化が2018年に実現され。 すごいものを見てしまった。。 これは日本映画の最大事件になる。 想像を遥かに超えてきた などと大反響且つ大絶賛される作品へと仕上がりました。 映画は2018年ですが、2016年の舞台ではどのような内容だったのでしょうか。 部隊でも松坂桃李さんが主演でリョウを演じています。 色々なバランスが凄い。 1幕2幕ちゃんと楽しめた。 1幕2幕の大事さを改めて感じる。 すごかたす、観劇出来て良かった。 まずは、東京芸術劇場プレイハウスで開幕されたんですね。 それでは内容とネタバレを紹介していきます。 主人公・リョウ(森中領)と母との会話 公演が始まると、松坂桃李が演じるリョウが10歳の時に突然亡くなってしまう母との会話からスタートします。 舞台ステージ中央にあるクイーンサイズのベッドで最後の会話をしているシーンです。 それはリョウにとって深い傷となっている回想で、感情を表さないリョウはこの思い出を心の奥底にしまっている記憶でもありました。 その為、友人たちはリョウの深い傷の事を一切知りません。 リョウがコールボーイになる 女には全く興味を示さず、セックスにも楽しみを感じないリョウでしたが、ある時ボーイズクラブ、パッションを経営している咲良とのセックスによって、深く閉ざされた心の闇が少しだけ解放されるような感覚になりました。 そして、咲良が経営するボーイズクラブでリョウは仕事をする事になり、コールボーイ(娼夫)の仕事が幕を開けます。 このコールボーイを利用するお客さんには、クラブの常連客や、才色兼備なキャリアウーマン、セックスレスの主婦など、様々な悩みを抱えた女性たちが利用する。 難アリ女性の欲望に応えるリョウ リョウは、様々な悩みの女性たちの欲望に圧倒される事もなく、しっかりと1人1人に真摯になって向き合いました。 舞台上にあるクイーンサイズのベッドは見えずらくも無く、リョウを演じる松坂桃李と女優たちの肉体が混じるシーンがリアルに演出されています。 それはキスの音から喘ぎ声、そして吐息ですら客席から感じ取れるようなものでした。 観客も戸惑うほどのリアルなセックスシーン 舞台では、娼夫の仕事を全うするリョウの姿。 とても簡単な挨拶を交わすと、直ぐに男女がキスをし、お互いに洋服を脱ぎ激しい愛撫をするという、現実さがならの演出に、観客の中にも戸惑った方は多いでしょう。 それぐらい役者たちの体当たりの演技はリアルで飲み込まれるような迫真の演技だったわけです。 リョウの心境の変化 娼夫としての仕事をし、女性たちの心の声を聞いてきたリョウは、友人たちに娼夫をしている事に対し疑問を投げかけられたり、罵倒される瞬間もありました。 しかし、知らない女性と言葉だけではなく、身体を通じて生で触れ合うことで、多くの女性と心が繋がる経験は、深い闇へと閉ざされていたリョウの心を開くと友に、成長させてくれた経験にもなるんです。 この物語は、リョウが20歳の時に経験するひと夏の成長記録であり、普通ではあり得ないような設定でありながら、リョウが確実に成長出来たという物語でした。 戦隊シリーズ出演から常に俳優として活躍してきましたが、今回演じた娼年でのリアルなセックスシーンと演技力は。 俳優としての松坂桃李の格を一気に上げるほど迫真の演技を魅せました。 主な出演作品• 侍戦隊シンケンジャー(2009年2月15日 — 2010年2月7日):主演・志葉丈瑠(シンケンレッド)役• 視覚探偵 日暮旅人(日本テレビ):主演・日暮旅人役• 金曜ロードSHOW! 特別ドラマ企画(2015年11月20日): 主演・日暮旅人役• 視覚探偵 日暮旅人(2017年1月22日 — 3月19日)• ゆとりですがなにか(日本テレビ):山路一豊役• ゆとりですがなにか(2016年4月17日 — 6月19日)• ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編(2017年7月2日・9日)• その舞台では、カーテン越しとはいえ豊満なバストと披露し、それだけでもチケット代の元が取れたという声も少なくありませんでした。 主な出演作品• クローズEXPLODE(2014年): 鏑木風子役• 25 NIJYU-GO(2014):橘恭子役• 花宵道中(2014年):霧島役• 深夜食堂(2015年):川島たまこ役• そして、ラブシーンもこなす女優へとなったんですね。 主な出演作品• ポンチョに夜明けの風はらませて(2017年10月28日): 愛役• リベンジgirl(2017年12月23日):百瀬凜子役• 星めぐりの町(2018年1月27日):土門まき役• 生きる街(2018年3月3日):野田香苗役• ゼニガタ(2018年5月26日):早乙女珠役• デイアンドナイト(2019年1月26日公開予定) ヒロミ役・村岡希美 リーザロッテです。 一生忘れられない体験をしました。 花子の行方のわからない3日間はいくら花子に尋ねても秘密なんだそうです。 リーザロッテと花子の秘密の3日間と「百年の秘密」は全て終了いたしました。 今後は村岡希美と花子との物語が地道につづきます。 舞台では、リョウの最初の客として来店します。 この最初の客という事で、過激さはまだありませんでしたが、劇団所属という事もあり、ナチュラルにそつなくこなす演技力でした。 主な出演作品• ドント・トラスト・オーバー30:サキ役• ハルディン:ホテルヒヅメ役• 男性の好きなスポーツ:リョウコクマガイの妻役• カラフルメリィでオハヨ〜いつもの軽い致命傷の朝〜:看護婦・上石・伯母役• 犬は鎖につなぐべからず:今里二見役• 実はミサキには上半身にアザだらけで、そのコンプレックスから逃げてきたが、これを機にコンプレックスを解消したいという難しい演技をこなしています。 そんな安藤聖は元おはガールとして活動していた経歴と持ち、2018年にお笑い芸人のハイキンウォーキング・松田と結婚をしているんですね。 主な出演作品• 月曜ゴールデン・世田谷駐在刑事(2014年) — 第2作:益岡由美役• 広島発! 地域ドラマ・戦艦大和のカレイライス(2014年): 宇根未來役• アイアングランマ(2015年):小学校教師役• ハロー張りネズミ(2017年):川田美保役• 宮本から君へ(2018年): 広瀬役• 草津温泉 熱乃湯7代目MCとして、本日デビューしました! なんと、NACK5時代に番組を聞いていた方がいらして、『あさみんで~す』と言った途端、手をふって下さいました!ありがとうございす。 それからテレビやラジオ、CMと多方面に渡り活躍されている女優です。 主な出演作品• 男と女と浮ついた遺伝• 狼少女伝説TOH!! タイツ馬鹿• 東京メッツ公演• 今でも劇中歌を聴くと涙が流れます。 私にとって転機になった作品です。 ですが、この作品を優しく美しいものと感じたのは、リョウくんを桃李くんが演じたからだと思いました。 リョウくんを演じられるのは桃李くんしかいない。 そのことが少しでも沢山の方々に伝わりますように。 つまり陰毛はかなりのところまで 剃ってるのは間違いない。 舞台を見れなかった方でも映画なら更に見易いので、とってもオススメです。 そんなU-NEXTにはこのような特徴があります。 動画見放題作品:80,000本以上• レンタル作品:50,000本以上 これは他のNetflix(ネットフリックス)やHuluなど動画配信サービスの中でも群を抜いている数なんですね! そしてその動画数もさることながら、それに加えて雑誌が70誌以上読み放題であったり、と他社にないサービス内容や便利な特典が盛りだくさんです。 もちろん、 映画『娼年』もU-NEXTで視聴する事が可能で、その他ラブシーン満載の映画や、過激な濡れ場があるドラマ・映画なども視聴する事が出来てしまいます。 また、料金は以下の通りです。 さらに、始めて利用する方は、31日間の無料期間と無料であるにも関わらず有料コンテンツに使用できる600円分のポイントも付いてきます。 ですので、 映画『娼年』も無料で視聴する事が可能なんですね。 まだまだメリットが盛りだくさんなので、次にご紹介していきます。 動画見放題作品:80,000本以上• 動画レンタル作品:50,000本以上 これ以外にも様々なメリットがU-NEXTに入会する事で受けられます。 書籍・漫画・ラノベ:33万冊以上• 雑誌の読み放題:70誌以上• 大人向けの見放題作品:4,500本以上• 大人向けのレンタル作品:8,000本以上 これらも全て含まれているのがU-NEXTなんですね。 更にまだまだありますので、違う視点でご紹介します。 U-NEXTの動画は高画質 U-NEXTの画質は『 フルHD1080p』とフル高画質で視聴する事が出来ますが、これはブルーレイディスクの最大値と同じ数値になります。 ですのでどれだけ液晶テレビが大きくても全く問題なく高画質で視聴する事が出来るんですね。 更に、ネット回線の速度に合った画質を自動調整する機能もあるので、動画がカクカクになったり、止まってしまう心配もございません。 U-NEXTのダウンロード機能が便利 U-NEXTにある動画は、スマホからアプリを使って簡単にダウンロードする事が可能です。 つまりダウンロードさえしてしまえば、パケット通信を気にせずに移動先や好きな場所で好きな時間にいつでも動画を楽しむ事が出来てしまうんですね! これでWi-Fiなどが無い場所でも気にすることなくストレスフリーで楽しむ事が出来てしまいます。 U-NEXTはマルチデバイスに対応 U-NEXTの動画やコンテンツは 様々なデバイスで利用する事が可能で、対応デバイスは以下の通りです。 PS4などのゲーム機• テレビ• パソコン• スマートフォン• タブレット• Amazon FireTV Stick• Chromecast 対応のテレビなどであれば、リモコンボタンからいつでも簡単に動画を再生する事が出来てしまいます。 U-NEXTは最大4人で同時に視聴できる U-NEXTのアカウントを持っていると、それを家族で共有する事も可能で、家族がそれぞれ4人まで同時にU-NEXTを楽しむ事が出来ます。 つまり、誰かが契約していると全員でU-NEXTにある全てのコンテンツを追加料金なしで楽しむ事が可能です。 このサービスは便利でお得なサービスですし、他の動画配信サービスには少ないんですよ! U-NEXT利用者の口コミ・評判 UNEXTってすごいんやなぁ! その間U-NEXTでダウンロードしておいた映画やアニメを見ておりました!手前味噌ではございますが、ダウンロード機能便利だなぁー、と改めて。 久しぶりにアニメ三昧。 — たかべこ takabeko U-NEXTの豊富なコンテンツの中から自分が視聴したいジャンルを主にみている方も多いですよね。 わざわざ地上波で放送されるのを待たなくても済みますし、動画配信サービスなら店舗にレンタルしにいく必要もないので、好きな時間に好きなだけ視聴できるのって本当に便利なんです。 こちらで詳しく解説していきます。 ステップ1 お客様登録情報の入力 先ずは、画像にある赤枠の中の入力フォームを入れて下さい。 名前:カタカナで入力• 生年月日• メールアドレス• パスワード:英数字が両方含まれたもの こちらは先ほどの続きで同じ画面の下部になります。 電話番号:ハイフン無しで入力• ステップ2 31日間無料トライアルを選択 次に、画像の矢印にあるように、無料トライアルにチェックが付いているか確認し、付いていなければ選択してください。 同じ画面の下部に、クレジットカードの入力フォームがあります。 クレジットカードの番号• 有効期限の入力• セキュリティーコード U-NEXTはクレジットカード決済になりますので、お持ちのクレジットカードをみながら、こちらの情報を入力してください。 クレジットカードの入力を終えたら、最後に入力情報の確認をして、自分の情報が間違っていないか照らし合わせ、合っていれば『 送信』を選択。 以上でU-NEXTの登録が完了されます。 ステップ3 ログイン方法 ログインは登録したメールか、公式サイトからログインが可能です。 画像にあるように、U-NEXTのトップページ左上に『 ログイン』があるので、そちらを選択してください。 この舞台は内容が過激でありながら、実際に舞台上で松坂桃李と女優達のセックスシーンも、リアルに演出されているとあって、チケットが5万円以上~のプレミアが付くほどの注目作品となりました。 そして、舞台から2年弱の時を経て、2018年4月に映画が上映され、その映画の内容も性的な描写が多く、イケメン俳優の松坂桃李や女優達の体当たり演技が話題になったんですね。 また、現在は公開されていないので、映画『娼年』は動画配信サービスで無料視聴する方法がオススメです。 見る人にとって、それぞれ違う視点で感じ方も違うので、是非みてみてくださいね!.

次の

映画「娼年」感想ネタバレあり解説 終始気まずいと思うほど過激な描写でした。

娼年 ネタバレ

行きずりの女の子と遊んだり、バーでアルバイトをしたり…自堕落と言うわけでもありませんが、何事にも目的を見いだせずに暮らしていたのです。 そんな彼の目の前に、これまで見たことがないほど美しい女性が現れました。 C 石田衣良/集英社 2017映画「娼年」製作委員会 美堂静香(真飛聖)というその人は、彼の運命を大きく変えていったのです。 【娼年】あらすじ(ネタバレなし) 大学生のリョウは、しかしその学生生活にも、行きずりの女の子との情事にも、まして真面目な恋愛にものめり込むことができない無気力な日々を漂うように生きていました。 週に一回しか学校に行かない彼のために、同級生の恵(桜井ユキ)はせっせとノートを取ってバイト先のバーに通うのですが、友達以上というわけではありません。 そんな日々の中で、ある夜、ホストをしている友達のシンヤ(小柳友)が美しい女性を伴ってバーを訪れました。 「俺の憧れの人」 そう紹介された御堂静香は、現実味のない透明な美しさをたたえた女性でした。 思いがけないことに、彼女はリョウに「うちで働いてみない?」と声をかけるのです。 スポンサーリンク 【娼年】あらすじ(ネタバレ) 美しい人の意図 御堂静香がリョウを誘った場所は『Le Club Passion』。 そこは彼女がオーナーを務める会員制の高級ボーイズクラブだったのです。 戸惑うリョウに、静香はそこにいた若い女性・咲良(冨手麻妙)を抱くように命じました。 そこは、リョウの想像を超える世界でした。 埋められない心の虚 彼を求め、買う女たちは、皆とても美しく、成功している人種に見えました。 ただ、自分が理想と思える人と巡り合えなかったり、夫との関係で満たされない思いを抱えていたり…。 さらには、夫婦関係を深めるために、目の前でリョウに妻を抱いてもらいたい、という夫からの依頼などもあり、リョウは困惑しつつもその世界にのめり込んでいくのです。 静香のもとで働くトップクラスの男娼・アズマ(猪塚健太)は、そんな彼を見て「売れっ子になるよ」と予言していたのですが、その言葉通りにリョウを求める女性らは増えていくのでした。 その成長ぶりに、静香は「ご褒美」をあげる、と言われるのですが。 リョウが求めたのは、静香でした。 しかし彼女はそれを拒むのです。 静香には、誰にも告げたことのない秘密がありました。 そしてその頃、リョウにも大きな変化が訪れたのです。 発覚、そして… 雰囲気の変わったリョウに違和感を持った恵やシンヤが、彼の仕事に気づいてしまいました。 そこから綻びが広がるように摘発され、静香は検挙、『Le Club Passion』は立ち行かなくなったのです。 彼女は、抱えていた者たちの秘密を守り、警察の手が及ばないように逃がしました。 そんな静香からリョウにあてられた手紙には、思いもよらないことが書かれていたのです。 リョウの母は、彼が幼いころに突然亡くなりました。 しかし、その事情は幼い彼に語られることはなく、その謎とともに、虚無感だけが残り、無気力な人生を生きることになってしまったのです。 きれいに装ってどこかに出かけた彼女は、そのまま彼の待つ家に帰ってくることはなかったのです。 静香は、彼女のことを手紙に綴ってくれました。 リョウの母は、リョウと同じ仕事をしており、そのさなかに亡くなったのだということ。 そして、静香もまた同様で、その頃にHIVに感染していたのだということ___まるで、その報いであるかのように、若い日に産んだ娘の咲良はその運命を背負い、耳の聞こえない子供として生を受けた、というのです。 リョウを拒んだのは病気のせいであり、彼を認めていなかったわけではなく…そして、巡り合ったことには理由があったのだ、と静香はしたためていました。 彼の微笑に 一年後___静香の跡を継いで咲良が『Le Club Passion』を復活させました。 アズマとリョウはそのパートナーとして働いています。 昔の顧客であった老女の元を訪れたリョウの微笑みは柔らかく、その優しさに彼女は幸福そうに身を委ねるのでした。 スポンサーリンク 【娼年】感想とレビュー 娼年 2018 内容はセンセーショナルかつハードな場面が多いけど、一人一人苦悩を持っていながらの行為に人間味を感じた。 映像は青を基調に、人物全員が美しく撮られていて最近観た映像で一番美しい。 石田衣良さんの小説よね原作。 単なるエロい作品だと思ってたけどめちゃくちゃ良かった。 完全に女性向けだとは思うけど。 こんな男の子やったらそりゃ買うわ〜といい意味で感じた。 テーマも良いし脚本も良いし演出も良いし役者も良い R18が理由で敬遠してるひとは是非見て欲しいなぁ… でも確かに本編の約半分は濡れ場だからDVD買って家で見る勇気はまだ無い 笑 劇場には二回見にいった? てか良い意味でもう全然過去の作品になってるんだよなぁ私は。 役のイメージを次に残さないのが松坂桃李の天才たる所以。 「パーフェクトワールド」宜しく。 — gorochelle? polarbear0221 wowowで映画「娼年」鑑賞。 松坂桃李演じる娼夫のリョウが買い手の女性達を癒しながら自らも成長する姿が感動的。 桜井ユキ演じる恵には同じ女性として深く感情移入。 体の歓びと心の痛みが絡み合う悲痛な声に涙りリョウが娼夫として友人として彼女との時間をどのように終えるか祈るような気持ちで観た。 これをライブで、しかも衆人環視の舞台上でどうやって演じると言うのか?! しかも松坂桃李と言えば大人気の俳優で、そのイメージやら、守るべきものもたくさんあるだろうに、最初からがつんと頭を殴られるようなショックを伴うほどの畳みかけるような性描写を全力で演じていたとは…。 しかし、そのプロセスがあったからこそ、同じ監督で作られたこの作品がこれほどまでの安定感を持っていたのか、と納得もしました。 松坂さんがおっしゃるには、確かに過激だけれど、性描写は15分も見ていれば慣れて、そのうちに飽きてくる、とのこと。 最初はその激しさに驚き、観ている側が固まってしまうほどでしたが。 そのうちに、だんだんリョウの表情が変わっていき、彼の持つ資質・本質が見えてくるとむしろほっとして、女性らが癒されていく様子に、逆に彼自身が自らを慰めるかのようにその仕事を続けているように見えてくるのです。 C 石田衣良/集英社 2017映画「娼年」製作委員会 女性らが求めているものは目先の性欲を満たすものではなく、自身をまるごと認めてもらいたいという自己肯定欲なのでは、と感じました。 知的で美しく、社会的にも十分魅力的な女性たちですら、こんな虚無感を抱えて満たされずに苦しんでいる___その欠けた部分にぴたりとはまったのがリョウの存在だったのでしょう。 ある意味、都会のファンタジーです。 しかしそれでも、この作品を観たら、同じようなものを抱えて生きている頑張り屋の女性らの心には、ふんわりとした温かいものが残るのではないでしょうか。 最初は、ただ興味本位で見ていいと思うのです。 松坂桃李の肉体は、十分にその価値を持っています。 しかし、それだけでは終わらない。 そんな不思議な作品だった、と思っています。 スポンサーリンク まとめ この作品には、美しい女性が何人も登場しますが、もっとも意表を突いたのが江波杏子さんの存在ではないでしょうか。 撮影当時でも御年70を過ぎていましたが、その艶やかな美しさ、存在感、視線を巡らすしっとりとした風情は素晴らしいものがありました。 きれいに引いた口紅の色も鮮やかに、暮らしていた部屋の風景やまとう空気もすべてが彼女を作り上げているようで、彼女が登場するシーンは完成された一人の女性の人生そのものを表しているようでした。 役名は「老女」というのですが。 しかしそれは決して嫌なものではなく。 その心意気は素晴らしいものだった、と感じました。 結果的に、この映画が遺作となってしまったのだと知った時には、観ておいてよかった、と思ったものです。 リョウが出会う女性は誰もが美しく、それぞれの人生を真っ当に歩いてきていたはずが、ただ一つ満たせないピースを求めて震えているように見えました。 法的に言えば、彼のしていることは犯罪です。 だからこそ、静香も追われる身になりましたが、それでも求める人はやまないのでしょう。 物語の結末に笑顔のリョウや咲良がいて、穏やかに彼らが生きているのを見届けたとき、何とも言えない安ど感がありました。 この物語を語るとき、確かに性描写の過激さ抜きには評価はできないかもしれませんが。 本当に、15分みればその種類の過激さには慣れて、最後には飽きるほどです。

次の