ヒーセ ブログ。 ネクセンヒーローズ、来年も「ネクセンヒーローズ」へ

ネクセンヒーローズ、来年も「ネクセンヒーローズ」へ

ヒーセ ブログ

7月16日は7 なな 1 い 6 ろ で虹の日! ということで、七色のスイーツを… と思いましたが、プレスバターサンド《レモン》を注文するついでにポチりした、渋スク限定のコチラをご紹介。 七色からの黒です!有彩色からの無彩色! 渋スク落ち着いたら行こうなんて思っていたら、こんな状況。 ずるずる行けないままになりそうだわ…。 ということで、ありがたーく、オンラインショップ活用です。 バターサンド〈黑〉 実食 まとめ バターサンド〈黑〉 「バターサンド〈黑〉」は、2019年11月に「PRESS BUTTER SAND 東急フードショーエッジ店」のオープンを記念して誕生した商品です。 濃度の違う2種類… トロは、寿司のネタ等として使われるマグロの特定の部位の呼称。 脂質の含量が高い腹部の身を指す。 語源は肉質がトロリとしている事からで、この語の定着以前は脂身である事からアブと呼ばれていた。 かつての日本、特に江戸時代以前では、マグロといえば赤身を指し、赤身に比べ品質が劣化しやすいトロの部分は上等な部位とは考えられておらず、切り捨てられるか、せいぜい葱鮪鍋などにして加熱したものが食べられていた。 今日では動物性脂肪の旨みが広く知られるようになったことと、保存・輸送技術が向上したため新鮮でおいしいトロが食べられるようになり、トロといえば高級品といったイメージがある。 価格も近代になってから急激に上がり、現在では赤身の2倍以上の値段がつく。 特に、よく脂の乗った部分を「大トロ」、やや劣るものを「中トロ」と称する。 大トロ・中トロ以外の部分は「赤身」と称して、「トロ」とは別物とされる。 一般に背肉より腹肉のほうが、後部肉より前部肉のほうが、内層肉より表層肉のほうが脂質の含量が高い。 一般的に「大トロ」は腹肉前部、「中トロ」は腹肉後部である。 昨今ではマグロの完全養殖により、「全身がトロ」などという個体も作れるようになった。 ただし、マグロの肉以外でも、脂が乗っている状態の肉をトロと言う事がある。 例えば、カツオの刺身の脂が乗った部分はトロカツオと呼ばれる。 北海道では生の牛肉を使った牛トロ丼という郷土料理がある。 豚肉においても豚トロと呼ばれる部位が販売されている。 トロという言葉には肉の種類に明確な定義がなく、マグロのトロが持つ高級品としてのイメージを借りようとする販売戦略に利用されている。 乳酸菌飲料(にゅうさんきんいんりょう、lactic fermenting beverage)は、「乳などを乳酸菌又は酵母で発酵させたものを加工し、又は、主要原料とした飲料(発酵乳を除く)」のこと。 (乳等省令による定義) 日本では牛乳を原材料としているものが主流である。 (かつて販売されていたカルピスキッズなど) とされる。 ただし、乳酸菌飲料であっても、無脂乳固形分が8%以上のものは発酵乳となる。 ミックスジュースは、複数の果汁を混ぜ合わせた飲料。 現在の日本では特に、牛乳とさまざまな果物をミキサーで攪拌した飲み物を指すことが多い。 りんごやみかん、バナナなどの果物と牛乳をミキサーで混ぜ合わせたり、ジューサーで異なる材料を連続搾汁することで作られる。 1970年代にジューサー・ミキサーの家庭普及により日本全国に広まるが、その後清涼飲料水の市場普及により廃れていくものの、2000年代でも近畿地方を中心に残っており、愛飲されている。 近畿地方の喫茶店では定番メニューであり、畿外に引っ越した人はミックスジュースがローカルな飲み物であることを知り、愕然とすることが多いという。 日本サンガリアベバレッジカンパニーが缶入りの「みっくちゅじゅーちゅ」と称する清涼飲料水を発売してからは知名度が上がった。 同商品は「大阪生まれ」と謳ってはいるが、もともと日本全国に普及していたものであり、その根拠は曖昧である。 注文していた3代目焙煎機「Kaldi Fortis」が到着〜。 注文して約2週間で着弾。 もうちょっとかかる予定だったけれど、最速の予定日よりも3日早い到着となりました。 これはうれしいね。 というわけで、開封の模様を写真で簡単にレポート。 箱を開けると、上部にセンサーと小物が入った小さな段ボールがあり、その下に焙煎機本体がパッキングされている。 発泡スチロールは、小さな粉が出やすいタイプ。 まずは本体から。

次の

【DQH2】ゼシカの使用感・特技!見た目は最強でおすすめだが・・・~ドラゴンクエストヒーローズ2攻略ブログ16~

ヒーセ ブログ

ヒーセのブログ読んだよ・・・。 何だか、胸が締め付けられる気持ちもあるし、 嬉しかったり、なんだか言葉じゃ言い表せない、 とても複雑な気持ちになった。 でも、、、、ヒーセぇぇ~~~(泣) アンタはいい奴だっっ(泣) もちろん、分かっちゃいたけどさっ! 本当にいい奴だっ!(号泣) 吉井さんのライブ、見に行ったんだね・・・。 ヒーセのブログの言葉、嬉しかったよ。 ヒーセの吉井さんに対しての気持ち・・・、 元メンバーをあんな風に思えるなんて素敵だよ。 きっと本心だよね。 でもね・・・・・・、 12月28日、THE YELLOW MONKEYにとって特別な日。 その特別な日に、あの場所で元メンバーのあんなに全部が全部素晴らしい ライブを 目の当たりにして、 正直、複雑で・・・少し嫉妬しちゃったり、辛いって気持ちはないのかな・・・。 ぶっちゃけちゃうと、少しはあるんじゃないのかな・・・? 違うかな・・・? ヒーセの気持ちもアニーの気持ちも分からないし、 分かるはずもないんだけど、勝手に色々考えちゃうんだ。。。 ごめんよ・・・。 もちろん、あのヒーセのブログはヒーセの本心だって分かってる! そういう人だもんね。 みんな良いヤツなんだもん。 だけど、、、こんな風に勝手に私がマイナスな気持ちの部分もあるかも? なんて思っちゃってるもんだから、 複雑に感じてしまっちゃってるトコもあるんだよね・・・(汗) もう少し、物事を簡単に純粋に考えりゃ~いいのに(笑) スルーしとけってトコで変に反応してしまう・・・(笑) でも・・・、そんな複雑の気持ちもありつつ、 やっぱ、嬉しいんだ。 やっぱ、嬉しい。 何だかプラス的な気持ちとマイナス的な気持ちがあるもんだから ごちゃごちゃしてて、矛盾してたり、どっちなんだよっ!って感じだけど、 自分の正直な気持ちを吐き出したいだけだし、 それは気にしない事にする。 ・・・少しは気にした方がいいのかな・・・?(苦笑) でもでも・・・またしても気になる事が。。。 『きっとヤツの事だから来年以降、また予想を覆すような活動をするかも知れない』 ・・・・・・。 ヒーセさん・・・そんな言い方されちゃ~、怖いんですけどぉ。 (汗) もちろん信じてついて行くだけだし、そう決めてる。 それに、ヒーセ同様、それが「ヤ ツ」の魅力の一つですもんね(笑) そう、それが吉井さんの魅力の一つっ! わかってますともっ! その、「ドキドキ」「ワクワク」・・・たまに「ズキズキ」(笑)がやめられないんです。

次の

鯖江でした

ヒーセ ブログ

7月16日は7 なな 1 い 6 ろ で虹の日! ということで、七色のスイーツを… と思いましたが、プレスバターサンド《レモン》を注文するついでにポチりした、渋スク限定のコチラをご紹介。 七色からの黒です!有彩色からの無彩色! 渋スク落ち着いたら行こうなんて思っていたら、こんな状況。 ずるずる行けないままになりそうだわ…。 ということで、ありがたーく、オンラインショップ活用です。 バターサンド〈黑〉 実食 まとめ バターサンド〈黑〉 「バターサンド〈黑〉」は、2019年11月に「PRESS BUTTER SAND 東急フードショーエッジ店」のオープンを記念して誕生した商品です。 濃度の違う2種類… トロは、寿司のネタ等として使われるマグロの特定の部位の呼称。 脂質の含量が高い腹部の身を指す。 語源は肉質がトロリとしている事からで、この語の定着以前は脂身である事からアブと呼ばれていた。 かつての日本、特に江戸時代以前では、マグロといえば赤身を指し、赤身に比べ品質が劣化しやすいトロの部分は上等な部位とは考えられておらず、切り捨てられるか、せいぜい葱鮪鍋などにして加熱したものが食べられていた。 今日では動物性脂肪の旨みが広く知られるようになったことと、保存・輸送技術が向上したため新鮮でおいしいトロが食べられるようになり、トロといえば高級品といったイメージがある。 価格も近代になってから急激に上がり、現在では赤身の2倍以上の値段がつく。 特に、よく脂の乗った部分を「大トロ」、やや劣るものを「中トロ」と称する。 大トロ・中トロ以外の部分は「赤身」と称して、「トロ」とは別物とされる。 一般に背肉より腹肉のほうが、後部肉より前部肉のほうが、内層肉より表層肉のほうが脂質の含量が高い。 一般的に「大トロ」は腹肉前部、「中トロ」は腹肉後部である。 昨今ではマグロの完全養殖により、「全身がトロ」などという個体も作れるようになった。 ただし、マグロの肉以外でも、脂が乗っている状態の肉をトロと言う事がある。 例えば、カツオの刺身の脂が乗った部分はトロカツオと呼ばれる。 北海道では生の牛肉を使った牛トロ丼という郷土料理がある。 豚肉においても豚トロと呼ばれる部位が販売されている。 トロという言葉には肉の種類に明確な定義がなく、マグロのトロが持つ高級品としてのイメージを借りようとする販売戦略に利用されている。 乳酸菌飲料(にゅうさんきんいんりょう、lactic fermenting beverage)は、「乳などを乳酸菌又は酵母で発酵させたものを加工し、又は、主要原料とした飲料(発酵乳を除く)」のこと。 (乳等省令による定義) 日本では牛乳を原材料としているものが主流である。 (かつて販売されていたカルピスキッズなど) とされる。 ただし、乳酸菌飲料であっても、無脂乳固形分が8%以上のものは発酵乳となる。 ミックスジュースは、複数の果汁を混ぜ合わせた飲料。 現在の日本では特に、牛乳とさまざまな果物をミキサーで攪拌した飲み物を指すことが多い。 りんごやみかん、バナナなどの果物と牛乳をミキサーで混ぜ合わせたり、ジューサーで異なる材料を連続搾汁することで作られる。 1970年代にジューサー・ミキサーの家庭普及により日本全国に広まるが、その後清涼飲料水の市場普及により廃れていくものの、2000年代でも近畿地方を中心に残っており、愛飲されている。 近畿地方の喫茶店では定番メニューであり、畿外に引っ越した人はミックスジュースがローカルな飲み物であることを知り、愕然とすることが多いという。 日本サンガリアベバレッジカンパニーが缶入りの「みっくちゅじゅーちゅ」と称する清涼飲料水を発売してからは知名度が上がった。 同商品は「大阪生まれ」と謳ってはいるが、もともと日本全国に普及していたものであり、その根拠は曖昧である。 注文していた3代目焙煎機「Kaldi Fortis」が到着〜。 注文して約2週間で着弾。 もうちょっとかかる予定だったけれど、最速の予定日よりも3日早い到着となりました。 これはうれしいね。 というわけで、開封の模様を写真で簡単にレポート。 箱を開けると、上部にセンサーと小物が入った小さな段ボールがあり、その下に焙煎機本体がパッキングされている。 発泡スチロールは、小さな粉が出やすいタイプ。 まずは本体から。

次の