宇良 の 結果。 大相撲・宇良の全取組(成績)と現在の番付、そして近況について〜近々の幕内復活期待!!

宇良6連勝「上がりたかった」来場所の幕下復帰濃厚

宇良 の 結果

右膝の負傷から復帰して3場所目の西三段目30枚目の宇良(27=木瀬部屋)が7戦全勝で優勝決定戦進出を決めた。 西三段目84枚目の千代大豪(22=九重部屋)との全勝対決は低く当たって相手の出足を止め、下から攻めて出て押し出した。 全勝を懸けた一番で「緊張しましたよ。 勝っても負けても(本割は)あと1番なので」と言いながらも、元幕内の業師は実力差を見せつけて完勝した。 序二段で復帰した昨年九州場所は6勝1敗だったが、今年初場所は7戦全勝から決定戦を制して序二段優勝を飾った。 2場所連続の全勝に「うれしいですね。 勝負は運要素があるので、かみ合わせが良かった」と振り返った。 千秋楽の優勝決定戦は、西序二段15枚目の二本柳(19=阿武松部屋)を破って7戦全勝とした東三段目64枚目の南海力(32=木瀬部屋)と対戦する。 同部屋の兄弟子だが、かつては自身の付け人だった。 相手が相手だけに、決定戦について聞かれると「楽しみではない」と話し、複雑な心境のようだ。

次の

宇良の成績

宇良 の 結果

元幕内で東三段目33枚目の宇良(26=木瀬)が7戦全勝し、三段目優勝を飾った。 西三段目81枚目輝富士との全勝対決。 相変わらず低い踏み込みから、土俵中央で頭をつけ合い、相手の出方を見定めて、一気に前に出て押し出した。 「今日はさすがに緊張しました。 優勝? いや~意識してしまった。 平常心が一番なんですが…」と苦笑いした後「素直にうれしいです。 序ノ口以来ですし、まさか優勝できるとは思わなかったので」。 三段目とはいえ、序ノ口デビューの15年夏場所(7戦全勝)以来の優勝だ。 西前頭4枚目の昨年秋場所3日目から「右膝前十字靱帯(じんたい)断裂」で6場所連続休場。 東三段目91枚目まで番付を落として復帰した先場所は6勝1敗だった。 「まだ稽古を始めた時ぐらい。 とりあえず出るという感じで、二番相撲で負けてスイッチが入ったというか…」。 復帰2場所目で、あらためて順調な回復ぶりを示した。 初場所では幕下に番付が上がるのが確実だ。 「今場所7番勝てて番付が上がる。 そこにどのくらいのコンディションに持っていけるのか」。 不安要素を口にしながらも、表情は明るかった。

次の

大相撲・宇良の全取組(成績)と現在の番付、そして近況について〜近々の幕内復活期待!!

宇良 の 結果

宇良の現在【番付】怪我と復帰後と番付の流れ【最新情報】• 2017年7月:番付【前頭4】右膝怪我• 2017年9月:番付【前頭4】右膝怪我休場• 2017年9月:番付【前頭4】左手甲手術• 2017年11月:番付【前頭16】右膝前十字靭帯損傷・左膝暗月板損傷、両膝手術• 2018年1月:番付【十両11】リハビリ開始。 ようやく歩けるようになった• 2018年3月:番付【幕下10】リハビリ• 2018年5月:番付【幕下50】リハビリ• 2018年7月:番付【三段目30】復帰予定も、回復途上で延期• 2018年9月:番付【三段目91】復帰「6-1」• 2018年11月:番付【三段目33】三段目優勝• 2019年1月:番付【幕下23】右膝前十次靭帯断裂。 同じ場所• 2019年2月:番付【幕下36】• 2019年3月:番付【幕下16】• 2019年5月:番付【三段目16】• 2019年7月:番付【三段目76】• 2019年9月:番付【序二段36】リハビリ、基礎運動に専念中• 2019年11月:番付【序二段106】5場所ぶりに復帰。 白星を獲得。 宇良のコメント「自分の力にはまだまだ伸びしろがあると思ってる。 体を強くしていきたい」• 2020年1月:番付【序二段28】序二段7連勝後、7連勝同士の決定戦で勝利。 8戦全勝優勝 宇良は平成4年生まれだ。 相撲取りの引退時期を考えると減益はあと6年~8年。 番付はもちろん、力士生命としても、宇良にとって厳しいのが現実だ。 宇良の怪我を見た医者は言った。 「もう1回、相撲を取ることができる」 宇良の師匠である木瀬親方は「これで終わりじゃない。 宇良には気持ちが強い」 宇良は言った「土俵でもう1回頑張りたい。 ここでは終われない。 元気です」 医者、師匠、宇良本人共に、復帰への強い意識を持っている。 怪我の回復を心から祈ってる。 現在の大相撲では、膝の怪我は、呪いのように付きまとう【宇良】 大相撲の専門家によると、 「膝は完治していなくても、攻めは可能」 「膝の怪我は、力士生命を完全に立つものではない」 「前に出る相撲をするときは、膝に負担がかからない」 膝が不完全な状態で、土俵に上がれてしまう理由だ。 膝に負担がかかるウケは出来ないが、前に出てしまえば問題がない。 加えて、リハビリにも時間をかけることは出来ない。 実際、宇良は、たった1年で、前頭4から三段目50まで番付を下げている。 野球やサッカーのように1年2年、まるまるリハビリに使うという猶予はない。 こうした背景が、不完全な状態で、相撲に出ることになる。 そして、宇良はまた怪我をしてしまった。 公傷制度があった話につづく【宇良の復帰時期は?】 宇良のようにやむを得ない事情によって休場する力士のための制度で、「番付と給料を確保できる」ものがあった。 しかしソレは廃止された。 その詳しい話や、宇良の復帰時期についても.

次の