英語 替え歌。 英会話上達に日本の歌を英語の歌詞にして替え歌をする

マザーグース・キッズソング 子供向けの英語の歌

英語 替え歌

テストの花道ニューベンゼミは、ベンブの愛称でもお馴染みのEテレお勉強情報の番組です。 中高生向けですが、小学生でも楽しめる内容が多くていつも親子で楽しみにしています。 今週は英語特集でゴンゾーさんのタンバリン、厚切りジェイソンさんの勘違いEnglishなど、楽しい動画がたくさん登場していました。 ゴンゾーさんのタンバリンで放つ英語のアクセント、発音をする上でかなり参考になりますね。 日本人が英語を話してネイティブになかなか通じない一番の原因は、舌の動かし方とかLとRのような発声よりもどちらかというとこのアクセントの置き方にあるように思います。 今回のタンバリンでは単語のアクセントだけでしたが、英語の短文でも応用できそうです。 厚切りジェイソンさんの勘違いEnglish、これはけっこう笑えます。 ニューベンゼミでは是非このコーナー毎回やってほしいです。 こういった間違い英語は身の回りにもありそうです。 探してみて投稿してみるのも良いかもしれません。 最後に、子供が一番ハマったのが、カストロさとしさんの英語替え歌。 前回、童謡「うみ」でも話題になりましたが、カストロさんといえば、「ラッスンゴレライ」とか、「おら東京さいくだ」の英語バージョンでも注目されている好きなアーティストです。 今回、Eテレで放送された英語替え歌の童謡は「うさぎとかめ」。 タイトルは『 How come you walk so slowly like that? 』 直訳すると、 どうしておまえはそんなにのろいのか? そのまんまですよね。 How comeはどうして? なぜ? whyよりもすこし口語的な表現で覚えていると気軽に使えます。 これらの動画、ニューベンゼミのHPで公開されています。 気になる方はCheckしてみてください。 カストロさとしさんの英語替え歌 カストロさとしさんの英語替え歌のノリに、うちの子もかなりハマってしまい、うさぎとかめの全歌詞を覚えてしまいました。 歌の力恐るべしです。 YouTubeのカストロさんのチャンネルでも公開されています。 他にどんなのがあるのかな~とチェックしてみると、今回の「うさぎとかめ」や前回の「うみ」をはじめ、「サザエさん」も有りましたね。 個人的にいちばん受けたのはこちらの俺ら東京さ行ぐだ〜吉幾三 『英語バージョン』。 英語になるとかっこいい。 子供より大人受けしそうです。

次の

英会話上達に日本の歌を英語の歌詞にして替え歌をする

英語 替え歌

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のを防ぐためロックダウン(lockdown、外出などの行動制限)を中のイギリスで、ある家族がインターネットで公開した動画が話題になりました。 ミュージカル『レ・ミゼラブル』の名曲「One Day More」に乗せて、家での自主隔離生活をユーモラスに嘆く替え歌を歌った動画とは? 名曲「One Day More」の自主隔離バージョン動画 イギリスのテレビ番組「BBC Breakfast」が放送した映像で、『レ・ミゼラブル』の名曲「One Day More」の替え歌を歌った家族(一家、両親と4人の子ども)の動画を見られます(歌はYouTubeの03:40~)。 「BBC Breakfast」はTwitterでもこの映像を投稿しています。 この家族の動画も、ロックダウン中の大変さをユーモアでもって歌い上げることで、視聴した人たちみんなが気持ちを共有して、頑張ろうと思わせてくれる動画だと思いました。 外出できないフラストレーションを歌に 番組「BBC Breakfast」は、この放送にこんなタイトルを付けています。 self-は「自主隔離」です。 Ben さんは、替え歌の内容についてこう表現しています。 [00:33~] Ben:それで歌詞を書いたんです。 この数週間、家族みんなで感じていた、いろいろなイライラをまとめてね。 みんなが家で体験していることだと思いますが。 日本でも外出自粛が呼び掛けられ、しばらくこの状態が続くでしょう。 当然これは必要なことですし、症状に苦しんでいる人や治療に当たる人のことなどを思うと、在宅するのは自分にできる最低限のことだと思えます。 それでも長期間、自宅で過ごすことから生じるフラストレーションがどんなものかを知っておくことは、ウイルスとの闘いにおいても参考になりそうです。 キャスターのDan WalkerさんがDanielle さんに向かってこうしているように、動画の冒頭にあえて家族の言い争い(?)が入ったままになっているのも、この動画の面白さの大きなポイントです。 Dan: I think, Danielle, what lots of people have enjoyed watching it is the at the start. [00:44~] Dan: Danielle、これを多くの人が見て楽しんでいるのは、最初の言い争いのせいもあると思いますよ。 この「言い争い」には、まさに家族の中でフラストレーションがたまっていることが表れていますね。 ほほ笑ましく聞きながら、自分は周りの人に当たったりしていないかな、と考えました。 作詞から撮影までなんと数日間で完成! 以前も家族でこの歌(替え歌ではなくオリジナル)を歌ったことがあるようで、2人いる息子の一人、Alfie君は、「恋とか興味ないので、マリウスのパートを歌うのが嫌だった」と言っています。 (英語でも、日本語の『レ・ミゼ』のように、Les Misと略すのですね!) それに対してBenさんはこう語っています。 Ben: The nice thing about changing the words is that they could all sing about that they like, football and all sorts of , school, grandparents … [01:45~] この替え歌のいいところは、子どもたちが自分の好きなことを歌える点なんです。 サッカーとか、ほかのあらゆること、学校や祖父母のこととか(・・・) イギリスといえばfootballことサッカー!(これはステレオタイプですが、結構真実だと思います[笑]) 家では普段から動画を撮影してインターネットにアップロードしているようですが、いつもは祖父母やいとこなど親族しか見ないとのこと。 しかし今回はこのようにBBCで紹介されるので、友人たちなども見るだろうと言っています。 また、すでに知らない人からもネット上でメッセージをもらっているそうです。 医療現場で働く人などが、状況の中でも、動画を見て笑顔になったと言ってくれるのを読むとうれしいと語っています。 いちばん大変だったのはハーモニーだそうで、動画の最後、みんなでハモるところからは、確かにその苦労がしのばれます(笑)。 でもそこがまた、歌詞からにじみ出る困難な状況を笑いで緩和してくれる効果となっています。 歌詞を書いたのが木曜日で、その後、数回の練習を経て、本番の撮影は2回のテイクでさせたとのこと! メロディーにぴったり合ったユーモアあふれる歌詞 ではお待ちかね、替え歌の歌詞から一部を見てみましょう。 まずは、この冒頭をどうぞ。 オリジナルで韻を踏んでいる箇所が、ちゃんと替え歌でも、と、とtimeで韻になっているのがすごい!(すみません、日本語の試訳では韻を踏めていません・・・) 続いてAlfie君が、「サッカーの試合もなし」と残念そうに歌っています。 さらに子どもたちは、遠くに住む大切な人にも思いをはせます。 しばらく会えない寂しさ、しかもテレビ電話もできないとなれば、悲しみが増してしまうかもしれません。 その後、「一日中スマホばかり、今度はいつ友達に会える?」といった歌詞が続きます。 そして、日本でも準備やが進む学校のオンライン授業や、家にずっといることで身だしなみを整えなくなることなどが歌われています。 (でも、髪のセットはまだしも、下着は替えた方が・・・) 所々でジェスチャーの演技が入り、小道具も使っていることにご注目!もはやプロです。 新型コロナウイルスの対応に追われる医師や看護師に王室のメンバーや著名人が拍手を贈る動画が公開され、ロンドンなどで市民たちが家から外に顔を出して拍手をすると言ったことも行われているようです。 家の中からでも、ベランダに出るなどして、できるだけ太陽を感じたいものです。 [05:53~] 誰にでも(どの男にも)ワクチンが必要だ それってちょっと性差別的! manを「人間」の意味で使うのは、多様性の現代では避けるべきとされています。 イギリスに旅行や留学をする人もお世話になることがあると思います(私もそうです)。 TESCO ONLINEはそのオンラインショッピングのサイトでしょう。 歌を聞いて思わず笑ってしまいますが、実は笑い事ではなく・・・。 必要なときに必要なものが買えるありがたさ、会いたいときに会いたい人に会える幸福を、今、日本でも実感しています。

次の

英語で替え歌

英語 替え歌

> 子供はなぜ替え歌が好きなのか? この部分へだけの回答です。 替え歌、なぞなぞ、だじゃれ などに多い、何かにかける という思考は、頭の体操になります。 子どもは小さいとき、大人がみて「何で?」と思うくらい、良く手足を動かしますよね。 あれは、無意味な動作でも、筋肉を作り、育てるのに必要なことです。 その後は、スポーツなど、意味がある筋肉の使い方を覚えます。 それと同じで、ほどよく高度の思考力が要らない状態で、頭を使う、育てるのに、替え歌、なぞなぞ、だじゃれが向いているそうです。 その少し前は、何でも覚えているって時期がありませんでした? その前は、何でも聞く、という時期。 興味関心を引き、それが何かを確認して知り、それを覚え、までの脳を鍛えた後は、知識を組み合わせて使う、という発想の領域に進みます。 それを思いっきり低レベルに発揮すると、替え歌、なぞなぞ、だじゃれなどの、何かにかける、という練習になるようですよ。 大人のだじゃれ好きも、逆かな? 一部のだじゃれ好きの大人も、ほどよく脳を使って楽しんでいる、ということらしいです。 ジョギングの脳バージョンらしいですよ。 ホントかな? 何年も前ですが,ある小学校の校長先生が, ドはドクロのド レは霊柩車 ミはミイラのミ ファはお墓のファ・・・ という「ドレミの歌」の替え歌を朝礼かなにかで歌ったというので,保護者やらマスコミやらに袋だたきにされたことがありました。 ぼく個人は,「教育者として軽率」という良識的判断はみとめるものの,シャレのわからん連中だな,それでも日本人かと立腹しました。 1.この本歌は有名な映画『サウンド・オブ・ミュージック』の英語の挿入歌で,日本ではペギー葉山の日本語訳が歌われていますが,ぼくはドクロ・バージョンのほうが<よくできている>と評価します。 「ドレミの歌」は,日本では,童歌(わらべうた)のなかの「数え歌」の系統に属します。 このとき, (1)「ドクロ」は仙台地方の子供が歌っていたもののようですが,ほんらい童歌はこのような自然発生的なものであるべきです。 誰かがへたくそに作って,全国放送テレビで児童合唱団を率いて宣伝するものではありません。 (2)数え歌は,「ものづくし」とか「意味不明だが妙に語呂がいい」,「僧侶などを徹底してからかう」などの形式をとることがあります。 「ドクロ」はこの点でも,「黒不浄づくしで死を笑いとばす」または「言挙げによって死をてなづける」という,まさに正統形式を持っています。 作者がどこのハナタレ小僧かはわかりませんが,たいした言語感覚の持ち主です。 死というものが手の届く現実である養老院で歌えば,たしかにブラックすぎますが,作者が子供自身であることを忘れてはいけません。 2.替え歌には「権威への反抗」があります。 ぼくは音楽の時間に教科書のすべてに替え歌をつけて遊んでいましたが,音楽教師にびんたを食らいました。 その痛みによって,「体制とは何か・反体制とは何か」を身をもって(言葉よりも先に)学んだのです。 レジスタンス替え歌には,作者不明の名曲があります。 教わるほうが手強い反体制(ひらたくいえば「やんちゃ」)であれば,こちらも安心できますが,最近はその基盤が危ういのではないかという不安があります。 子供は悪たれ連中で遊び回ることをしなくなりましたから,替え歌のような「健全な子供文化」が伝承されなくなっています。 この校長がどんな人物か,どんな発言状況だったのか,ぼくは知りませんが,文化を伝承しようと自ら馬鹿を演じた「おせっかいな人」だったんじゃないかな,と感じる部分があります。

次の