シヨツプ チヤンネル 番組 表。 韓国歴史ドラマ・中国歴史ドラマ特集 │ チャンネル銀河

ショップチャンネルの生放送番組表やお得な購入方法などまとめ

シヨツプ チヤンネル 番組 表

, Ltd. シワンが演じるのは、高麗王と元(げん)のフビライ王の娘との間に生まれたことで、孤独に育った世子(セジャ)ワン・ウォン。 日本でも人気のアイドルグループ、少女時代のユナがヒロインのウン・サン役に扮する。 ヒロインに恋をするも大切な友人を思うあまり、愛と友情のあいだで葛藤するワン・リン役には「麗~花萌ゆる8人の皇子たち~」での好演が記憶に新しいホン・ジョンヒョン。 国を失った多くの朝鮮民族が流浪の民と化し、残った扶余(プヨ)や沃沮(オクチョ)などの部族諸国も漢の圧制に苦しんでいた。 そうした中、ヘモス率いるタムル軍は、民族解放と古朝鮮の失地回復のため、漢にゲリラ的な抵抗を続ける。 しかし、朝鮮民族諸国は、漢を恐れ、ヘモスとタムル軍を見捨てる形になる。 民族のアイデンティティが危険にさらされた状況で英雄チュモンは誕生し、高句麗(コグリョ)を建国する。 しかし、この時代は資料に乏しく、また建国神話が混在しているので、史実の追及は難しいところ。 今作は、そこを逆手に取って、エンターテイメントに徹した作品として仕上げられた。 だが、妃たちの嫉妬と欲望に満ちた後宮では想像を絶する過酷な運命が待ち受けていた…。 悪辣な妃たちの陰謀合戦に野心を抱く侍女たちまでが加わり、張り巡らされた数々の罠はまるで蜘蛛の巣。 信じていた友や侍女の裏切りも日常茶飯事という厳しい情勢の中でも権力や悪に屈することなく、一途に皇帝を愛し続け皇后の座へと上り詰めていく如懿。 それは清の第5代皇帝・雍正帝の時代の幕開けと同時に、皇帝の寵愛を巡る側室たちの激しく哀しい諍いの始まりでもあった。 皇后と華妃が勢力を二分する後宮に、甄嬛が側室として宮廷入りする。 そこは皇帝の寵愛を巡り、女の嫉妬と陰険な陰謀が渦巻いていた。 華妃とその手下の側室が仕掛けてくる冷酷な罠を、甄嬛は智慧で乗り越える。 しかしその諍いで心も疲れ切った甄嬛は宮廷を後にする。 外の世界で待ち受けていたのは、皇帝の弟・果郡王との安らぎの時。 しかし幸せな時間の中、甄嬛を不幸に陥れる真の敵の影が忍び寄っていた。 百済 ペクチェ 中興と海洋帝国の建設という大業を成し遂げた第25代王・武寧 ムリョン 王の隠し子・スベクヒャン。 異父妹・ソルヒの企みにより王女の地位を奪われたが、父親に対する孝心と祖国に対する愛を心に刻んでいたスベクヒャンは、百済の諜報団「ピムン」を導き、百済に勝利をもたらして命を落とす。 ある時は敵の剣に立ち向かう非情な刺客、またある時は弱気な敵国の王に身を捧げる官女たちの唯一の友となり、百済のために力を尽くした女性。 百済の香りとなって永遠の命を得た女性・スベクヒャンの人生を追う。 程粛の次男である程聞道(てい・ぶんどう)だけはかろうじて難を逃れ、少林寺の僧に命を救われる。 一族の敵討ちを心に誓う聞道。 同じく父親が粛清され、官妓として身を落とす聞道の許婚・李蓁蓁(り・しんしん)。 明徳に逆らえず粛清に加担したことに苦しむ聞道の義兄弟・高剣雄(こう・けんゆう)。 同じく聞道の義兄弟で、程一族の惨劇を目撃しながら無力だった書生の楊秀(よう・しゅう)。 そんな彼らに降りかかる数々の試練、そして隠された少林寺の秘密、出生にまつわる因縁が明らかになった時、物語は大きく動き出す…。 父を救えなかった無念、そして「聖君になれ」という父の言葉を胸に抱き、王位継承者となったサンは、祖父・英祖からの厳しい教えを受けながら、王として成長を遂げていく。 一方で、サンの父を陥れた黒幕とその一派は朝廷内にはびこり、今度はサンの廃位や暗殺を企むのだった。 しかし、陰謀や策略が渦巻く中にあっても、幼いころに友情で結ばれたソンヨンとテス、頭脳明晰な側近ホン・グギョンなど、周囲の人々に支えられながら、サンは幾多の困難に立ち向かっていく・・・。 呉興地方の才女・沈珍珠(しんちんじゅ)は、広平王・李俶(りしゅく)[後の皇帝・代宗]のお妃候補として選ばれる。 しかし彼女は、かつて自分の命を救ってくれた初恋の人が忘れられず、縁談から逃れ、想い人を探す旅に出る。 そして、道中で男装した沈珍珠は、身分を隠した李俶と運命的な出会いを果たす。 そんな中、沈珍珠の両親が何者かに惨殺され、弟が行方不明に・・・。 沈珍珠は両親の仇を討つために李俶に嫁ぎ、宮廷入りするが、徐々に彼の優しさに惹かれていく。 李俶もまた、沈珍珠を深く愛するようになる。 沈珍珠は忘れようと決めた初恋の人と、李俶を何故か重ねて見てしまうが、実は・・・。 宮廷の愛憎渦巻く権力闘争に巻き込まれる沈珍珠と李俶。 しかし、身に覚えのないアヘン密売の容疑をかけられ、朝廷の役人・呉宏達(ウー・ホンダー)の取り調べを受けている最中に不審な死を遂げる。 江家の財産はすべて没収、一族からも疎まれた彼の妻子は、いずこかへと姿を消したのだった。 そんななか、美しく育った彼の娘・彩虹(ツァイホン)は、街で1人の青年に出会う。 彼の高飛車な態度にご立腹の彩虹。 だが、彼こそ〈玲瓏〉と肩を並べつつある〈耀昇布業〉の若き主にして、非業の死を遂げた文淵の忘れ形見・江余(ジャン・ユー)だった・・・。 北涼の皇帝は河西王に封じられ、人質として北魏に下った。 数年後、河西王の娘・馮心児(ふう・しんじ)は、多くの人々から愛され、幸せに過ごしていた。 しかし、北魏の李敏峰(り・びんほう)、叱雲南(しつ・うんなん)らの陰謀により、一夜にして北涼は滅ぼされてしまう。 追っ手から逃れた心児は、北魏尚書府の妾腹の娘・李未央(り・びおう)に命を助けられるが、未央は尚書府の追手の手にかかり殺されてしまう。 全ての黒幕が尚書府であることを知った心児は、李未央に成りすますことを決意し、復讐のため、様々な謀略が渦巻く尚書府へと入り込んでいく・・・。 第三代皇帝の真宗が天下を治めていたが、徐々に権臣が幅を利かせ始め、朝廷では宰相の王延齢と軍権を掌握する張徳林の二派が勢力を争っていた。 一方、ある町では奇妙な天象のもと1人の男の子が生まれていた。 その名は包拯。 生まれながらに色黒だった赤子は、兄夫婦のもとで元気に成長するが、ある時、兄が役人から濡れ衣を着せられ処刑されてしまう。 その事件を機に、科挙を受けて役人となり世を正すと誓った包拯は、10年間の苦学の末、科挙を受験するため都を目指す。 道中、美しい娘 雨柔と出会ったことで、包拯は都で事件を解決することになり真宗の目に止まる。 そして真宗が崩御し仁宗の世となった中、包拯は官吏として難事件に次々と挑み続けることに。 武臣政権の頂点に立ったチェ・チュンホンの暴政に不満を抱いた僧侶たちが反乱を起こしたのをきっかけに、全国の寺院は大々的な弾圧を受けることになる。 赤ん坊の頃に寺に引き取られ、僧侶見習いのムサンとして育てられたキム・ジュンは、チェ・ヤンベクの都房親衛隊に逮捕され、チェ・チュンホンの屋敷から逃亡した奴婢の子であると発覚してしまう。 チェ・チュンホンの孫娘ソンイの助言で処刑を免れたキム・ジュンは、撃毬の腕前によって、チェ・チュンホンの長男でソンイの父であるチェ・ウの目にとまり、家臣として取り立てられる。 折しも北方で大帝国を築いた蒙古が高麗を侵略する中、武臣政権を継いだチェ・ウの信任を得て、側近として活躍するキム・ジュン。 やがてキム・ジュンは、世襲の崔氏政権を倒して、武臣政権の頂点に立つ。 少年の劉秀(後の光武帝)は、美少女・陰麗華らと共に勉学に励んでいた。 数年後、各地で反乱が起き、劉秀は兄の劉縯 りゅうえん と共に挙兵、陰麗華も男装し劉秀と共に戦い名声をあげた。 しかし、仲間の劉玄が更始帝として即位すると、劉縯を殺し、劉秀を河北へと追いやってしまう。 更には、河北の支配者・王郎が劉秀の首に懸賞金を賭けたことで、劉秀は苦境に立たされる。 僅かな部下を率いて、河北を転々とする劉秀だったが、その道中で、幼少期より憧れつづけた女性・陰麗華と結婚。 ひとときの幸せを味わっていた。 その後、河北の真定王・劉楊の姪との政略結婚を転機に、劉秀はその勢力を拡大していく・・・。 だが、母は元の追手に殺されてしまう。 逃げのびたヤンはスンニャンと名を変えて男として生きることを決め、親元派の重鎮ワン・ゴに仕える。 スンニャンはならずものたちのリーダーとしてその名が知られるようになるが、そこに別のグループのリーダーであるワン・ユが勝負を挑む。 実はこのワン・ユこそ高麗の王子だった。 2人はワン・ゴが手を染めている塩の密売事件で協力し合うことで、絆を深めていく。 事件後、ワン・ユは王に即位。 武術に自信のあるスンニャンは兵登用試験に応募し、見事に合格。 ある日、元から皇太子のタファンが流刑で高麗にやってくることになり・・・。 両班・キム進士の息子はギドン、物乞いの息子はチョンドゥンと名付けられる。 難産の末、他界した母親代わりの乳母を探していたキム進士に、物乞いのチャン親分はチョンドゥンの母マクスンを売ってしまう。 息子と引き離されたマクスンは、我が子に高い身分を与え自分の手で育てるために、2人をすり替えることに・・・。 生い立ちの秘密を知らず成長した二人は、ある事件をきっかけに強い絆で結ばれる。 そして民乱によって離ればなれになったのち、ギドンは捕校(現在の警察)の部将となり、チョンドゥンは世直しの義賊となる。 王室の画事を担う図画署に勤めるキム・ホンドと、その弟子のシン・ユンボクは、王である正祖(チョンジョ)から才能を認められていた。 ホンドとユンボクは国民の貧困を案じ、正祖に生活の窮状を訴えるが、それをよく思わない臣下の策略により宮廷から追い出されてしまう。 しかし、正祖は同時に、二人に対して秘密の任務を与えていた。 その任務とは、10年前、王の肖像画を描くことが許されていた元老画員の謎の死を解明し、彼が描いたと思われる思悼世子の肖像画を捜せという困難を極めたものだった。 正祖は父親である思悼世子を復権させ、自身を罪人の息子として扱う貞純(チョンスン)王后とその周囲の人物を追い払い、改革を推し進めようとするが・・・。 その後宮に美しく天真爛漫な少女・武如意(ぶ・にょい)が入宮する。 まだ見ぬ王に焦がれ、期待に胸をふくらませる武如意を待ち受けていたのは、厳しい掟の中で権力争いを繰り広げる妃嬪たちだった。 純真な心と勇気を兼ね備えた武如意は親友・徐慧(じょ・けい)と力を合わせ、野望と思惑が渦巻く後宮で生き抜く覚悟を決める。 そんななか、宮中ではある事件が。 皇后・索爾娜(ソルナ)が1人の太監を手ひどく罰し、その挙句に殺めてしまったのだ。 その知らせを聞いた順治帝はその死を悼み、遺族に見舞い金を届けるよう命じる。 その一方で、やりたい放題の皇后から権限を取り上げようと決意するのだった。 しかし、そんなめでたい席の裏側では、順治帝の子を身籠った敬妃・果珍(グオチェン)を狙う卑劣な罠が仕掛けられていた・・・。 ある日、父に会う機会を求めて王族を奇襲した唐の人質を見事射殺す。 その女性こそ父ヨン・ゲソムンの政敵である国王の一人娘、ソヒ王女(キム・オクビン)だった・・・。 5年前、長男の乾楓 チェンフォン が外出先で盗賊に襲われ亡くなって以来、次男の乾笙 チェンション が製薬所の主人を務めている。 彼には正妻を含め、4人の妻がおり、彼女たちは日ごろから寵愛争いを繰り広げていた。 そんな妻たちを尻目に、乾笙は兄・乾楓の婚約者で善良な女性・采薇 ツァイウェイ を密かに慕っていた。 次第に惹かれあう二人。 ついに、乾笙は采薇を5人目の妻として白家に迎え入れる。 嫉妬、確執、陰謀。 采薇もまた、妻たちによる寵愛争いに身を投じていく。 そんな中、亡くなったと思われていた長男・乾楓が突然戻ってくる。 混乱する白家でさらなる騒動が起こった。 乾笙が6人目の妻を迎え入れたことで、妻たちによる寵愛争いは、さらに熾烈さを増していった・・・。 第5代王文宗の治世。 文宗の重臣キム・ジョンソ(イ・スンジェ)と文宗の弟スヤン大君(キム・ヨンチョル)の間には絶えず火花が散っていた。 そんなある日、スヤン大君がキム・ジョンソに縁談を持ちかける。 キム・ジョンソの息子スンユ(パク・シフ)と娘のセリョン(ムン・チェウォン)を結婚させたいと提案してきたのだった。 その後、スンユは王族の教育機関に勤める新入りの講師をしていたが、急遽文宗の娘であるキョンへ王女(ホン・スヒョン)の講義を担当することに。 一方、自分と縁談の話が出ているスンユがどんな人か興味を持ったセリョンはいとこであるキョンへ王女に成り代わって講義を受けることにするが・・・。 宋(北宋)は北方の強国・金に国土の半分を奪われ最大の危機を迎えていた。 先帝と皇帝が揃って金へ連行された"靖康の変"を機に、江南へ追われた皇帝の弟・高宗が即位し南宋を興す。 だが戦局は好転せず領民は家を、家族を、生きる望みを失っていく。 そんな人々を守り、金に奪われた故郷を取り戻したい一心で、百戦錬磨の智将・岳飛(がくひ)が立ち上がる。 背中に刻まれた"尽忠報国"の精神で、義兄弟と無敵の岳家軍を率いた岳飛は金軍を次々と圧倒し、領民に勇気と希望をもたらす。 だが、宋と金の双方に通じる奸臣・秦檜(しんかい)は、邪魔者の岳飛を陥れようとする。 人を思い、国に報い、困難に立ち向かう岳飛は、金と奸臣それぞれとの戦いを迫られる。 原作は韓国内で300万部のベストセラー。 演出を「宮廷女官 チャングムの誓い」「イ・サン」を手掛けたイ・ビョンフン、脚本を「朱蒙」のチェ・ワンギュが務めている。 貧しい境遇に生まれながら、私利私欲よりも世のため人のために商売を行い、高麗人参貿易で巨財を成して、晩年そのすべてを民のためになげうった朝鮮時代最高の大商人 イム・サンオク。 幼馴染の段宏とはその頃、離れ離れになってしまった。 大人になり、弟の衛青と共に皇帝の姉の屋敷に使えている衛子夫。 ある日、宴会の席で、皇帝は歌い舞う、衛子夫の姿に目を奪われ、ひと目惚れしてしまう。 世継ぎが生まれない皇帝は姉の勧めもあり、衛子夫と弟の衛青を自らの住まいに招き入れる。 そして、衛子夫は今でも彼女を想い続ける幼馴染の段宏とも再会する。 しかし、宮中ではやりたい放題の皇后らによる、衛子夫を第2夫人にさせまいとする執拗な嫌がらせが始まる。 衛子夫はそうした虐めにもひたすらに耐えていくが・・・。 百済の王子に生まれながら、出生を知らずに平民として育ったチャン。 母は、少年になったチャンを百済最高の技術士モッラスに預ける。 宮廷の陰謀で、モッラスは新羅へ亡命。 チャンは、そこで新羅の姫ソンファと運命の恋に落ちる。 成長後も互いを忘れられなかった2人は、再会し、国籍と身分の違いを超えて愛し合う。 だが、サテッギルによって2人は離れ離れに。 やがて、自分が百済の王子だと知ったチャンは、いくつもの試練を乗り越え、百済再興と、ソンファとの恋慕をかなえるために奮闘する。 , LTD. , LTD. , Ltd. , Ltd. all rights reserved. , Ltd. All Rights Reserved.

次の

テレビ朝日|番組表

シヨツプ チヤンネル 番組 表

, Ltd. シワンが演じるのは、高麗王と元(げん)のフビライ王の娘との間に生まれたことで、孤独に育った世子(セジャ)ワン・ウォン。 日本でも人気のアイドルグループ、少女時代のユナがヒロインのウン・サン役に扮する。 ヒロインに恋をするも大切な友人を思うあまり、愛と友情のあいだで葛藤するワン・リン役には「麗~花萌ゆる8人の皇子たち~」での好演が記憶に新しいホン・ジョンヒョン。 国を失った多くの朝鮮民族が流浪の民と化し、残った扶余(プヨ)や沃沮(オクチョ)などの部族諸国も漢の圧制に苦しんでいた。 そうした中、ヘモス率いるタムル軍は、民族解放と古朝鮮の失地回復のため、漢にゲリラ的な抵抗を続ける。 しかし、朝鮮民族諸国は、漢を恐れ、ヘモスとタムル軍を見捨てる形になる。 民族のアイデンティティが危険にさらされた状況で英雄チュモンは誕生し、高句麗(コグリョ)を建国する。 しかし、この時代は資料に乏しく、また建国神話が混在しているので、史実の追及は難しいところ。 今作は、そこを逆手に取って、エンターテイメントに徹した作品として仕上げられた。 だが、妃たちの嫉妬と欲望に満ちた後宮では想像を絶する過酷な運命が待ち受けていた…。 悪辣な妃たちの陰謀合戦に野心を抱く侍女たちまでが加わり、張り巡らされた数々の罠はまるで蜘蛛の巣。 信じていた友や侍女の裏切りも日常茶飯事という厳しい情勢の中でも権力や悪に屈することなく、一途に皇帝を愛し続け皇后の座へと上り詰めていく如懿。 それは清の第5代皇帝・雍正帝の時代の幕開けと同時に、皇帝の寵愛を巡る側室たちの激しく哀しい諍いの始まりでもあった。 皇后と華妃が勢力を二分する後宮に、甄嬛が側室として宮廷入りする。 そこは皇帝の寵愛を巡り、女の嫉妬と陰険な陰謀が渦巻いていた。 華妃とその手下の側室が仕掛けてくる冷酷な罠を、甄嬛は智慧で乗り越える。 しかしその諍いで心も疲れ切った甄嬛は宮廷を後にする。 外の世界で待ち受けていたのは、皇帝の弟・果郡王との安らぎの時。 しかし幸せな時間の中、甄嬛を不幸に陥れる真の敵の影が忍び寄っていた。 百済 ペクチェ 中興と海洋帝国の建設という大業を成し遂げた第25代王・武寧 ムリョン 王の隠し子・スベクヒャン。 異父妹・ソルヒの企みにより王女の地位を奪われたが、父親に対する孝心と祖国に対する愛を心に刻んでいたスベクヒャンは、百済の諜報団「ピムン」を導き、百済に勝利をもたらして命を落とす。 ある時は敵の剣に立ち向かう非情な刺客、またある時は弱気な敵国の王に身を捧げる官女たちの唯一の友となり、百済のために力を尽くした女性。 百済の香りとなって永遠の命を得た女性・スベクヒャンの人生を追う。 程粛の次男である程聞道(てい・ぶんどう)だけはかろうじて難を逃れ、少林寺の僧に命を救われる。 一族の敵討ちを心に誓う聞道。 同じく父親が粛清され、官妓として身を落とす聞道の許婚・李蓁蓁(り・しんしん)。 明徳に逆らえず粛清に加担したことに苦しむ聞道の義兄弟・高剣雄(こう・けんゆう)。 同じく聞道の義兄弟で、程一族の惨劇を目撃しながら無力だった書生の楊秀(よう・しゅう)。 そんな彼らに降りかかる数々の試練、そして隠された少林寺の秘密、出生にまつわる因縁が明らかになった時、物語は大きく動き出す…。 父を救えなかった無念、そして「聖君になれ」という父の言葉を胸に抱き、王位継承者となったサンは、祖父・英祖からの厳しい教えを受けながら、王として成長を遂げていく。 一方で、サンの父を陥れた黒幕とその一派は朝廷内にはびこり、今度はサンの廃位や暗殺を企むのだった。 しかし、陰謀や策略が渦巻く中にあっても、幼いころに友情で結ばれたソンヨンとテス、頭脳明晰な側近ホン・グギョンなど、周囲の人々に支えられながら、サンは幾多の困難に立ち向かっていく・・・。 呉興地方の才女・沈珍珠(しんちんじゅ)は、広平王・李俶(りしゅく)[後の皇帝・代宗]のお妃候補として選ばれる。 しかし彼女は、かつて自分の命を救ってくれた初恋の人が忘れられず、縁談から逃れ、想い人を探す旅に出る。 そして、道中で男装した沈珍珠は、身分を隠した李俶と運命的な出会いを果たす。 そんな中、沈珍珠の両親が何者かに惨殺され、弟が行方不明に・・・。 沈珍珠は両親の仇を討つために李俶に嫁ぎ、宮廷入りするが、徐々に彼の優しさに惹かれていく。 李俶もまた、沈珍珠を深く愛するようになる。 沈珍珠は忘れようと決めた初恋の人と、李俶を何故か重ねて見てしまうが、実は・・・。 宮廷の愛憎渦巻く権力闘争に巻き込まれる沈珍珠と李俶。 しかし、身に覚えのないアヘン密売の容疑をかけられ、朝廷の役人・呉宏達(ウー・ホンダー)の取り調べを受けている最中に不審な死を遂げる。 江家の財産はすべて没収、一族からも疎まれた彼の妻子は、いずこかへと姿を消したのだった。 そんななか、美しく育った彼の娘・彩虹(ツァイホン)は、街で1人の青年に出会う。 彼の高飛車な態度にご立腹の彩虹。 だが、彼こそ〈玲瓏〉と肩を並べつつある〈耀昇布業〉の若き主にして、非業の死を遂げた文淵の忘れ形見・江余(ジャン・ユー)だった・・・。 北涼の皇帝は河西王に封じられ、人質として北魏に下った。 数年後、河西王の娘・馮心児(ふう・しんじ)は、多くの人々から愛され、幸せに過ごしていた。 しかし、北魏の李敏峰(り・びんほう)、叱雲南(しつ・うんなん)らの陰謀により、一夜にして北涼は滅ぼされてしまう。 追っ手から逃れた心児は、北魏尚書府の妾腹の娘・李未央(り・びおう)に命を助けられるが、未央は尚書府の追手の手にかかり殺されてしまう。 全ての黒幕が尚書府であることを知った心児は、李未央に成りすますことを決意し、復讐のため、様々な謀略が渦巻く尚書府へと入り込んでいく・・・。 第三代皇帝の真宗が天下を治めていたが、徐々に権臣が幅を利かせ始め、朝廷では宰相の王延齢と軍権を掌握する張徳林の二派が勢力を争っていた。 一方、ある町では奇妙な天象のもと1人の男の子が生まれていた。 その名は包拯。 生まれながらに色黒だった赤子は、兄夫婦のもとで元気に成長するが、ある時、兄が役人から濡れ衣を着せられ処刑されてしまう。 その事件を機に、科挙を受けて役人となり世を正すと誓った包拯は、10年間の苦学の末、科挙を受験するため都を目指す。 道中、美しい娘 雨柔と出会ったことで、包拯は都で事件を解決することになり真宗の目に止まる。 そして真宗が崩御し仁宗の世となった中、包拯は官吏として難事件に次々と挑み続けることに。 武臣政権の頂点に立ったチェ・チュンホンの暴政に不満を抱いた僧侶たちが反乱を起こしたのをきっかけに、全国の寺院は大々的な弾圧を受けることになる。 赤ん坊の頃に寺に引き取られ、僧侶見習いのムサンとして育てられたキム・ジュンは、チェ・ヤンベクの都房親衛隊に逮捕され、チェ・チュンホンの屋敷から逃亡した奴婢の子であると発覚してしまう。 チェ・チュンホンの孫娘ソンイの助言で処刑を免れたキム・ジュンは、撃毬の腕前によって、チェ・チュンホンの長男でソンイの父であるチェ・ウの目にとまり、家臣として取り立てられる。 折しも北方で大帝国を築いた蒙古が高麗を侵略する中、武臣政権を継いだチェ・ウの信任を得て、側近として活躍するキム・ジュン。 やがてキム・ジュンは、世襲の崔氏政権を倒して、武臣政権の頂点に立つ。 少年の劉秀(後の光武帝)は、美少女・陰麗華らと共に勉学に励んでいた。 数年後、各地で反乱が起き、劉秀は兄の劉縯 りゅうえん と共に挙兵、陰麗華も男装し劉秀と共に戦い名声をあげた。 しかし、仲間の劉玄が更始帝として即位すると、劉縯を殺し、劉秀を河北へと追いやってしまう。 更には、河北の支配者・王郎が劉秀の首に懸賞金を賭けたことで、劉秀は苦境に立たされる。 僅かな部下を率いて、河北を転々とする劉秀だったが、その道中で、幼少期より憧れつづけた女性・陰麗華と結婚。 ひとときの幸せを味わっていた。 その後、河北の真定王・劉楊の姪との政略結婚を転機に、劉秀はその勢力を拡大していく・・・。 だが、母は元の追手に殺されてしまう。 逃げのびたヤンはスンニャンと名を変えて男として生きることを決め、親元派の重鎮ワン・ゴに仕える。 スンニャンはならずものたちのリーダーとしてその名が知られるようになるが、そこに別のグループのリーダーであるワン・ユが勝負を挑む。 実はこのワン・ユこそ高麗の王子だった。 2人はワン・ゴが手を染めている塩の密売事件で協力し合うことで、絆を深めていく。 事件後、ワン・ユは王に即位。 武術に自信のあるスンニャンは兵登用試験に応募し、見事に合格。 ある日、元から皇太子のタファンが流刑で高麗にやってくることになり・・・。 両班・キム進士の息子はギドン、物乞いの息子はチョンドゥンと名付けられる。 難産の末、他界した母親代わりの乳母を探していたキム進士に、物乞いのチャン親分はチョンドゥンの母マクスンを売ってしまう。 息子と引き離されたマクスンは、我が子に高い身分を与え自分の手で育てるために、2人をすり替えることに・・・。 生い立ちの秘密を知らず成長した二人は、ある事件をきっかけに強い絆で結ばれる。 そして民乱によって離ればなれになったのち、ギドンは捕校(現在の警察)の部将となり、チョンドゥンは世直しの義賊となる。 王室の画事を担う図画署に勤めるキム・ホンドと、その弟子のシン・ユンボクは、王である正祖(チョンジョ)から才能を認められていた。 ホンドとユンボクは国民の貧困を案じ、正祖に生活の窮状を訴えるが、それをよく思わない臣下の策略により宮廷から追い出されてしまう。 しかし、正祖は同時に、二人に対して秘密の任務を与えていた。 その任務とは、10年前、王の肖像画を描くことが許されていた元老画員の謎の死を解明し、彼が描いたと思われる思悼世子の肖像画を捜せという困難を極めたものだった。 正祖は父親である思悼世子を復権させ、自身を罪人の息子として扱う貞純(チョンスン)王后とその周囲の人物を追い払い、改革を推し進めようとするが・・・。 その後宮に美しく天真爛漫な少女・武如意(ぶ・にょい)が入宮する。 まだ見ぬ王に焦がれ、期待に胸をふくらませる武如意を待ち受けていたのは、厳しい掟の中で権力争いを繰り広げる妃嬪たちだった。 純真な心と勇気を兼ね備えた武如意は親友・徐慧(じょ・けい)と力を合わせ、野望と思惑が渦巻く後宮で生き抜く覚悟を決める。 そんななか、宮中ではある事件が。 皇后・索爾娜(ソルナ)が1人の太監を手ひどく罰し、その挙句に殺めてしまったのだ。 その知らせを聞いた順治帝はその死を悼み、遺族に見舞い金を届けるよう命じる。 その一方で、やりたい放題の皇后から権限を取り上げようと決意するのだった。 しかし、そんなめでたい席の裏側では、順治帝の子を身籠った敬妃・果珍(グオチェン)を狙う卑劣な罠が仕掛けられていた・・・。 ある日、父に会う機会を求めて王族を奇襲した唐の人質を見事射殺す。 その女性こそ父ヨン・ゲソムンの政敵である国王の一人娘、ソヒ王女(キム・オクビン)だった・・・。 5年前、長男の乾楓 チェンフォン が外出先で盗賊に襲われ亡くなって以来、次男の乾笙 チェンション が製薬所の主人を務めている。 彼には正妻を含め、4人の妻がおり、彼女たちは日ごろから寵愛争いを繰り広げていた。 そんな妻たちを尻目に、乾笙は兄・乾楓の婚約者で善良な女性・采薇 ツァイウェイ を密かに慕っていた。 次第に惹かれあう二人。 ついに、乾笙は采薇を5人目の妻として白家に迎え入れる。 嫉妬、確執、陰謀。 采薇もまた、妻たちによる寵愛争いに身を投じていく。 そんな中、亡くなったと思われていた長男・乾楓が突然戻ってくる。 混乱する白家でさらなる騒動が起こった。 乾笙が6人目の妻を迎え入れたことで、妻たちによる寵愛争いは、さらに熾烈さを増していった・・・。 第5代王文宗の治世。 文宗の重臣キム・ジョンソ(イ・スンジェ)と文宗の弟スヤン大君(キム・ヨンチョル)の間には絶えず火花が散っていた。 そんなある日、スヤン大君がキム・ジョンソに縁談を持ちかける。 キム・ジョンソの息子スンユ(パク・シフ)と娘のセリョン(ムン・チェウォン)を結婚させたいと提案してきたのだった。 その後、スンユは王族の教育機関に勤める新入りの講師をしていたが、急遽文宗の娘であるキョンへ王女(ホン・スヒョン)の講義を担当することに。 一方、自分と縁談の話が出ているスンユがどんな人か興味を持ったセリョンはいとこであるキョンへ王女に成り代わって講義を受けることにするが・・・。 宋(北宋)は北方の強国・金に国土の半分を奪われ最大の危機を迎えていた。 先帝と皇帝が揃って金へ連行された"靖康の変"を機に、江南へ追われた皇帝の弟・高宗が即位し南宋を興す。 だが戦局は好転せず領民は家を、家族を、生きる望みを失っていく。 そんな人々を守り、金に奪われた故郷を取り戻したい一心で、百戦錬磨の智将・岳飛(がくひ)が立ち上がる。 背中に刻まれた"尽忠報国"の精神で、義兄弟と無敵の岳家軍を率いた岳飛は金軍を次々と圧倒し、領民に勇気と希望をもたらす。 だが、宋と金の双方に通じる奸臣・秦檜(しんかい)は、邪魔者の岳飛を陥れようとする。 人を思い、国に報い、困難に立ち向かう岳飛は、金と奸臣それぞれとの戦いを迫られる。 原作は韓国内で300万部のベストセラー。 演出を「宮廷女官 チャングムの誓い」「イ・サン」を手掛けたイ・ビョンフン、脚本を「朱蒙」のチェ・ワンギュが務めている。 貧しい境遇に生まれながら、私利私欲よりも世のため人のために商売を行い、高麗人参貿易で巨財を成して、晩年そのすべてを民のためになげうった朝鮮時代最高の大商人 イム・サンオク。 幼馴染の段宏とはその頃、離れ離れになってしまった。 大人になり、弟の衛青と共に皇帝の姉の屋敷に使えている衛子夫。 ある日、宴会の席で、皇帝は歌い舞う、衛子夫の姿に目を奪われ、ひと目惚れしてしまう。 世継ぎが生まれない皇帝は姉の勧めもあり、衛子夫と弟の衛青を自らの住まいに招き入れる。 そして、衛子夫は今でも彼女を想い続ける幼馴染の段宏とも再会する。 しかし、宮中ではやりたい放題の皇后らによる、衛子夫を第2夫人にさせまいとする執拗な嫌がらせが始まる。 衛子夫はそうした虐めにもひたすらに耐えていくが・・・。 百済の王子に生まれながら、出生を知らずに平民として育ったチャン。 母は、少年になったチャンを百済最高の技術士モッラスに預ける。 宮廷の陰謀で、モッラスは新羅へ亡命。 チャンは、そこで新羅の姫ソンファと運命の恋に落ちる。 成長後も互いを忘れられなかった2人は、再会し、国籍と身分の違いを超えて愛し合う。 だが、サテッギルによって2人は離れ離れに。 やがて、自分が百済の王子だと知ったチャンは、いくつもの試練を乗り越え、百済再興と、ソンファとの恋慕をかなえるために奮闘する。 , LTD. , LTD. , Ltd. , Ltd. all rights reserved. , Ltd. All Rights Reserved.

次の

ショップチャンネルの生放送番組表やお得な購入方法などまとめ

シヨツプ チヤンネル 番組 表

, Ltd. シワンが演じるのは、高麗王と元(げん)のフビライ王の娘との間に生まれたことで、孤独に育った世子(セジャ)ワン・ウォン。 日本でも人気のアイドルグループ、少女時代のユナがヒロインのウン・サン役に扮する。 ヒロインに恋をするも大切な友人を思うあまり、愛と友情のあいだで葛藤するワン・リン役には「麗~花萌ゆる8人の皇子たち~」での好演が記憶に新しいホン・ジョンヒョン。 国を失った多くの朝鮮民族が流浪の民と化し、残った扶余(プヨ)や沃沮(オクチョ)などの部族諸国も漢の圧制に苦しんでいた。 そうした中、ヘモス率いるタムル軍は、民族解放と古朝鮮の失地回復のため、漢にゲリラ的な抵抗を続ける。 しかし、朝鮮民族諸国は、漢を恐れ、ヘモスとタムル軍を見捨てる形になる。 民族のアイデンティティが危険にさらされた状況で英雄チュモンは誕生し、高句麗(コグリョ)を建国する。 しかし、この時代は資料に乏しく、また建国神話が混在しているので、史実の追及は難しいところ。 今作は、そこを逆手に取って、エンターテイメントに徹した作品として仕上げられた。 だが、妃たちの嫉妬と欲望に満ちた後宮では想像を絶する過酷な運命が待ち受けていた…。 悪辣な妃たちの陰謀合戦に野心を抱く侍女たちまでが加わり、張り巡らされた数々の罠はまるで蜘蛛の巣。 信じていた友や侍女の裏切りも日常茶飯事という厳しい情勢の中でも権力や悪に屈することなく、一途に皇帝を愛し続け皇后の座へと上り詰めていく如懿。 それは清の第5代皇帝・雍正帝の時代の幕開けと同時に、皇帝の寵愛を巡る側室たちの激しく哀しい諍いの始まりでもあった。 皇后と華妃が勢力を二分する後宮に、甄嬛が側室として宮廷入りする。 そこは皇帝の寵愛を巡り、女の嫉妬と陰険な陰謀が渦巻いていた。 華妃とその手下の側室が仕掛けてくる冷酷な罠を、甄嬛は智慧で乗り越える。 しかしその諍いで心も疲れ切った甄嬛は宮廷を後にする。 外の世界で待ち受けていたのは、皇帝の弟・果郡王との安らぎの時。 しかし幸せな時間の中、甄嬛を不幸に陥れる真の敵の影が忍び寄っていた。 百済 ペクチェ 中興と海洋帝国の建設という大業を成し遂げた第25代王・武寧 ムリョン 王の隠し子・スベクヒャン。 異父妹・ソルヒの企みにより王女の地位を奪われたが、父親に対する孝心と祖国に対する愛を心に刻んでいたスベクヒャンは、百済の諜報団「ピムン」を導き、百済に勝利をもたらして命を落とす。 ある時は敵の剣に立ち向かう非情な刺客、またある時は弱気な敵国の王に身を捧げる官女たちの唯一の友となり、百済のために力を尽くした女性。 百済の香りとなって永遠の命を得た女性・スベクヒャンの人生を追う。 程粛の次男である程聞道(てい・ぶんどう)だけはかろうじて難を逃れ、少林寺の僧に命を救われる。 一族の敵討ちを心に誓う聞道。 同じく父親が粛清され、官妓として身を落とす聞道の許婚・李蓁蓁(り・しんしん)。 明徳に逆らえず粛清に加担したことに苦しむ聞道の義兄弟・高剣雄(こう・けんゆう)。 同じく聞道の義兄弟で、程一族の惨劇を目撃しながら無力だった書生の楊秀(よう・しゅう)。 そんな彼らに降りかかる数々の試練、そして隠された少林寺の秘密、出生にまつわる因縁が明らかになった時、物語は大きく動き出す…。 父を救えなかった無念、そして「聖君になれ」という父の言葉を胸に抱き、王位継承者となったサンは、祖父・英祖からの厳しい教えを受けながら、王として成長を遂げていく。 一方で、サンの父を陥れた黒幕とその一派は朝廷内にはびこり、今度はサンの廃位や暗殺を企むのだった。 しかし、陰謀や策略が渦巻く中にあっても、幼いころに友情で結ばれたソンヨンとテス、頭脳明晰な側近ホン・グギョンなど、周囲の人々に支えられながら、サンは幾多の困難に立ち向かっていく・・・。 呉興地方の才女・沈珍珠(しんちんじゅ)は、広平王・李俶(りしゅく)[後の皇帝・代宗]のお妃候補として選ばれる。 しかし彼女は、かつて自分の命を救ってくれた初恋の人が忘れられず、縁談から逃れ、想い人を探す旅に出る。 そして、道中で男装した沈珍珠は、身分を隠した李俶と運命的な出会いを果たす。 そんな中、沈珍珠の両親が何者かに惨殺され、弟が行方不明に・・・。 沈珍珠は両親の仇を討つために李俶に嫁ぎ、宮廷入りするが、徐々に彼の優しさに惹かれていく。 李俶もまた、沈珍珠を深く愛するようになる。 沈珍珠は忘れようと決めた初恋の人と、李俶を何故か重ねて見てしまうが、実は・・・。 宮廷の愛憎渦巻く権力闘争に巻き込まれる沈珍珠と李俶。 しかし、身に覚えのないアヘン密売の容疑をかけられ、朝廷の役人・呉宏達(ウー・ホンダー)の取り調べを受けている最中に不審な死を遂げる。 江家の財産はすべて没収、一族からも疎まれた彼の妻子は、いずこかへと姿を消したのだった。 そんななか、美しく育った彼の娘・彩虹(ツァイホン)は、街で1人の青年に出会う。 彼の高飛車な態度にご立腹の彩虹。 だが、彼こそ〈玲瓏〉と肩を並べつつある〈耀昇布業〉の若き主にして、非業の死を遂げた文淵の忘れ形見・江余(ジャン・ユー)だった・・・。 北涼の皇帝は河西王に封じられ、人質として北魏に下った。 数年後、河西王の娘・馮心児(ふう・しんじ)は、多くの人々から愛され、幸せに過ごしていた。 しかし、北魏の李敏峰(り・びんほう)、叱雲南(しつ・うんなん)らの陰謀により、一夜にして北涼は滅ぼされてしまう。 追っ手から逃れた心児は、北魏尚書府の妾腹の娘・李未央(り・びおう)に命を助けられるが、未央は尚書府の追手の手にかかり殺されてしまう。 全ての黒幕が尚書府であることを知った心児は、李未央に成りすますことを決意し、復讐のため、様々な謀略が渦巻く尚書府へと入り込んでいく・・・。 第三代皇帝の真宗が天下を治めていたが、徐々に権臣が幅を利かせ始め、朝廷では宰相の王延齢と軍権を掌握する張徳林の二派が勢力を争っていた。 一方、ある町では奇妙な天象のもと1人の男の子が生まれていた。 その名は包拯。 生まれながらに色黒だった赤子は、兄夫婦のもとで元気に成長するが、ある時、兄が役人から濡れ衣を着せられ処刑されてしまう。 その事件を機に、科挙を受けて役人となり世を正すと誓った包拯は、10年間の苦学の末、科挙を受験するため都を目指す。 道中、美しい娘 雨柔と出会ったことで、包拯は都で事件を解決することになり真宗の目に止まる。 そして真宗が崩御し仁宗の世となった中、包拯は官吏として難事件に次々と挑み続けることに。 武臣政権の頂点に立ったチェ・チュンホンの暴政に不満を抱いた僧侶たちが反乱を起こしたのをきっかけに、全国の寺院は大々的な弾圧を受けることになる。 赤ん坊の頃に寺に引き取られ、僧侶見習いのムサンとして育てられたキム・ジュンは、チェ・ヤンベクの都房親衛隊に逮捕され、チェ・チュンホンの屋敷から逃亡した奴婢の子であると発覚してしまう。 チェ・チュンホンの孫娘ソンイの助言で処刑を免れたキム・ジュンは、撃毬の腕前によって、チェ・チュンホンの長男でソンイの父であるチェ・ウの目にとまり、家臣として取り立てられる。 折しも北方で大帝国を築いた蒙古が高麗を侵略する中、武臣政権を継いだチェ・ウの信任を得て、側近として活躍するキム・ジュン。 やがてキム・ジュンは、世襲の崔氏政権を倒して、武臣政権の頂点に立つ。 少年の劉秀(後の光武帝)は、美少女・陰麗華らと共に勉学に励んでいた。 数年後、各地で反乱が起き、劉秀は兄の劉縯 りゅうえん と共に挙兵、陰麗華も男装し劉秀と共に戦い名声をあげた。 しかし、仲間の劉玄が更始帝として即位すると、劉縯を殺し、劉秀を河北へと追いやってしまう。 更には、河北の支配者・王郎が劉秀の首に懸賞金を賭けたことで、劉秀は苦境に立たされる。 僅かな部下を率いて、河北を転々とする劉秀だったが、その道中で、幼少期より憧れつづけた女性・陰麗華と結婚。 ひとときの幸せを味わっていた。 その後、河北の真定王・劉楊の姪との政略結婚を転機に、劉秀はその勢力を拡大していく・・・。 だが、母は元の追手に殺されてしまう。 逃げのびたヤンはスンニャンと名を変えて男として生きることを決め、親元派の重鎮ワン・ゴに仕える。 スンニャンはならずものたちのリーダーとしてその名が知られるようになるが、そこに別のグループのリーダーであるワン・ユが勝負を挑む。 実はこのワン・ユこそ高麗の王子だった。 2人はワン・ゴが手を染めている塩の密売事件で協力し合うことで、絆を深めていく。 事件後、ワン・ユは王に即位。 武術に自信のあるスンニャンは兵登用試験に応募し、見事に合格。 ある日、元から皇太子のタファンが流刑で高麗にやってくることになり・・・。 両班・キム進士の息子はギドン、物乞いの息子はチョンドゥンと名付けられる。 難産の末、他界した母親代わりの乳母を探していたキム進士に、物乞いのチャン親分はチョンドゥンの母マクスンを売ってしまう。 息子と引き離されたマクスンは、我が子に高い身分を与え自分の手で育てるために、2人をすり替えることに・・・。 生い立ちの秘密を知らず成長した二人は、ある事件をきっかけに強い絆で結ばれる。 そして民乱によって離ればなれになったのち、ギドンは捕校(現在の警察)の部将となり、チョンドゥンは世直しの義賊となる。 王室の画事を担う図画署に勤めるキム・ホンドと、その弟子のシン・ユンボクは、王である正祖(チョンジョ)から才能を認められていた。 ホンドとユンボクは国民の貧困を案じ、正祖に生活の窮状を訴えるが、それをよく思わない臣下の策略により宮廷から追い出されてしまう。 しかし、正祖は同時に、二人に対して秘密の任務を与えていた。 その任務とは、10年前、王の肖像画を描くことが許されていた元老画員の謎の死を解明し、彼が描いたと思われる思悼世子の肖像画を捜せという困難を極めたものだった。 正祖は父親である思悼世子を復権させ、自身を罪人の息子として扱う貞純(チョンスン)王后とその周囲の人物を追い払い、改革を推し進めようとするが・・・。 その後宮に美しく天真爛漫な少女・武如意(ぶ・にょい)が入宮する。 まだ見ぬ王に焦がれ、期待に胸をふくらませる武如意を待ち受けていたのは、厳しい掟の中で権力争いを繰り広げる妃嬪たちだった。 純真な心と勇気を兼ね備えた武如意は親友・徐慧(じょ・けい)と力を合わせ、野望と思惑が渦巻く後宮で生き抜く覚悟を決める。 そんななか、宮中ではある事件が。 皇后・索爾娜(ソルナ)が1人の太監を手ひどく罰し、その挙句に殺めてしまったのだ。 その知らせを聞いた順治帝はその死を悼み、遺族に見舞い金を届けるよう命じる。 その一方で、やりたい放題の皇后から権限を取り上げようと決意するのだった。 しかし、そんなめでたい席の裏側では、順治帝の子を身籠った敬妃・果珍(グオチェン)を狙う卑劣な罠が仕掛けられていた・・・。 ある日、父に会う機会を求めて王族を奇襲した唐の人質を見事射殺す。 その女性こそ父ヨン・ゲソムンの政敵である国王の一人娘、ソヒ王女(キム・オクビン)だった・・・。 5年前、長男の乾楓 チェンフォン が外出先で盗賊に襲われ亡くなって以来、次男の乾笙 チェンション が製薬所の主人を務めている。 彼には正妻を含め、4人の妻がおり、彼女たちは日ごろから寵愛争いを繰り広げていた。 そんな妻たちを尻目に、乾笙は兄・乾楓の婚約者で善良な女性・采薇 ツァイウェイ を密かに慕っていた。 次第に惹かれあう二人。 ついに、乾笙は采薇を5人目の妻として白家に迎え入れる。 嫉妬、確執、陰謀。 采薇もまた、妻たちによる寵愛争いに身を投じていく。 そんな中、亡くなったと思われていた長男・乾楓が突然戻ってくる。 混乱する白家でさらなる騒動が起こった。 乾笙が6人目の妻を迎え入れたことで、妻たちによる寵愛争いは、さらに熾烈さを増していった・・・。 第5代王文宗の治世。 文宗の重臣キム・ジョンソ(イ・スンジェ)と文宗の弟スヤン大君(キム・ヨンチョル)の間には絶えず火花が散っていた。 そんなある日、スヤン大君がキム・ジョンソに縁談を持ちかける。 キム・ジョンソの息子スンユ(パク・シフ)と娘のセリョン(ムン・チェウォン)を結婚させたいと提案してきたのだった。 その後、スンユは王族の教育機関に勤める新入りの講師をしていたが、急遽文宗の娘であるキョンへ王女(ホン・スヒョン)の講義を担当することに。 一方、自分と縁談の話が出ているスンユがどんな人か興味を持ったセリョンはいとこであるキョンへ王女に成り代わって講義を受けることにするが・・・。 宋(北宋)は北方の強国・金に国土の半分を奪われ最大の危機を迎えていた。 先帝と皇帝が揃って金へ連行された"靖康の変"を機に、江南へ追われた皇帝の弟・高宗が即位し南宋を興す。 だが戦局は好転せず領民は家を、家族を、生きる望みを失っていく。 そんな人々を守り、金に奪われた故郷を取り戻したい一心で、百戦錬磨の智将・岳飛(がくひ)が立ち上がる。 背中に刻まれた"尽忠報国"の精神で、義兄弟と無敵の岳家軍を率いた岳飛は金軍を次々と圧倒し、領民に勇気と希望をもたらす。 だが、宋と金の双方に通じる奸臣・秦檜(しんかい)は、邪魔者の岳飛を陥れようとする。 人を思い、国に報い、困難に立ち向かう岳飛は、金と奸臣それぞれとの戦いを迫られる。 原作は韓国内で300万部のベストセラー。 演出を「宮廷女官 チャングムの誓い」「イ・サン」を手掛けたイ・ビョンフン、脚本を「朱蒙」のチェ・ワンギュが務めている。 貧しい境遇に生まれながら、私利私欲よりも世のため人のために商売を行い、高麗人参貿易で巨財を成して、晩年そのすべてを民のためになげうった朝鮮時代最高の大商人 イム・サンオク。 幼馴染の段宏とはその頃、離れ離れになってしまった。 大人になり、弟の衛青と共に皇帝の姉の屋敷に使えている衛子夫。 ある日、宴会の席で、皇帝は歌い舞う、衛子夫の姿に目を奪われ、ひと目惚れしてしまう。 世継ぎが生まれない皇帝は姉の勧めもあり、衛子夫と弟の衛青を自らの住まいに招き入れる。 そして、衛子夫は今でも彼女を想い続ける幼馴染の段宏とも再会する。 しかし、宮中ではやりたい放題の皇后らによる、衛子夫を第2夫人にさせまいとする執拗な嫌がらせが始まる。 衛子夫はそうした虐めにもひたすらに耐えていくが・・・。 百済の王子に生まれながら、出生を知らずに平民として育ったチャン。 母は、少年になったチャンを百済最高の技術士モッラスに預ける。 宮廷の陰謀で、モッラスは新羅へ亡命。 チャンは、そこで新羅の姫ソンファと運命の恋に落ちる。 成長後も互いを忘れられなかった2人は、再会し、国籍と身分の違いを超えて愛し合う。 だが、サテッギルによって2人は離れ離れに。 やがて、自分が百済の王子だと知ったチャンは、いくつもの試練を乗り越え、百済再興と、ソンファとの恋慕をかなえるために奮闘する。 , LTD. , LTD. , Ltd. , Ltd. all rights reserved. , Ltd. All Rights Reserved.

次の