シマノ コンポーネント。 ロードバイクコンポーネントとは?シマノ、カンパニョーロ、スラム、ほかブランド解説

シマノ・ソラからアルテグラに乗り換えた感想!コンポーネント比較。

シマノ コンポーネント

クロスバイク用コンポーネント・パーツの詳細なカテゴリ クランク・チェーンホイール クロスバイクのクランク・チェーンホイールには、ロードバイクやMTB用のものを用いるのが一般的で、クロスバイク用と銘打ったものはあまりありません。 フィットネスやツーリングに適したギア比を搭載したものが人気です。 ズボンの裾がチェーンリングに引っかかりにくいチェーンガード付きのものもあります。 デュアルコントロールレバー デュアルコントロールレバーは、フラットハンドルバーのクロスバイクには、MTB用のものを搭載し、ドロップハンドルにはロードバイク用のものを搭載するのが一般的です。 ブレーキレバーとシフターが一体となったレバーは、ツーリングでも操作性が高く、安全なライドをサポートします。 シフトレバー シフトレバーは、フラットハンドルバーの場合、フラットバーロード用のものかMTB用のものが一般的です。 ダブルレバー台座がある場合はダブルレバーが使用されることもあります。 段数に応じて互換性があるものを選ぶようにしましょう。 フロントディレーラー クロスバイクのフロントディレーラーは、ロードバイクやMTB用のものが主に使用されます。 段数やシフターに応じたものを選ぶ必要があります。 シートチューブの径やリアホイールとのクリアランスが取付可能かに関係する場合もあります。 リアディレーラー リアディレーラーもロードバイク用かMTB用のものを使用します。 段数やシフターに対応するもので、リア・トータルのキャパシティを満たすものを選ぶ必要があります。 ハブ リアハブはフレームエンドにあったものを選びます。 フレームエンドが130mmの場合、ロード用のハブが、135mmの場合MTB用のハブが、一般的に使用できます。 対応する段数のものをお選びください。 フロントは概ね100mmなのでお好きなものをお選びいただけます。 ディスクブレーキ仕様の場合は、ディスクブレーキ対応のハブをお選びください。 Vブレーキ 普及価格帯のクロスバイクにはVブレーキが多く装着されています。 カジュアルタイプのMTBグレードのものが主流となります。 最近では低グレードのロードバイクカテゴリーでVブレーキが発表になっていますが、MTBではディスクブレーキがメインとなってきていますので、Vブレーキ自体がクロスバイク用という印象になってきています。 ディスクブレーキ クロスバイク用のディスクブレーキは、MTB用のものやシクロクロス用のものが多く使われています。 MTBのような制動力重視ではなく、ロングフィンガーで扱いやすく、雨の日でも止まりやすいという視点がメインです。 機械式と油圧式があります。 フレームにディスクブレーキ台座があるものにのみ取り付け可能です。 ブレーキレバー ブレーキレバーは、フラットバーロード用のものやMTB用のものがメインとなります。 ブレーキに応じたブレーキレバーを選ぶ必要があります。 カンチブレーキやVブレーキの場合、設定で両方対応できるものもありますが、油圧式の場合は必ず専用のブレーキレバーを選ぶ必要があります。 スプロケット クロスバイクに使用されるスプロケットは、ロード用のものやMTB用のものです。 アップダウンの多さや、好みのギア比に応じて、ローギアの大きさに気をつけながら選ぶのが良いでしょう。 30T付近のギアがあれば、峠越えやロングツーリングでも実用的なギア比を実現しやすくなります。 チェーン チェーンについては、段数に応じて、コンポーネントに適したものをお選びください。 ボトムブラケットBB ボトムブラケットは、クランクセットに合ったものをお選びください。 カップアンドコーンやカートリッジBBの場合は、チェーンラインにあった軸長のものをお選びください。 クロスバイク用コンポーネント・パーツのおすすめブランド ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。 ロード用コンポーネントのミドルグレードに位置する105は、DURA-ACEやULTEGRAで培われたテクノロジーをエントリーユーザーにも手の届く価格帯に設定することで、初めてロードバイクにチャレンジする初心者から、ホビーレースで上位を目指すミドルクラスライダーにまで人気のコンポーネントです。 ロードバイクのコンポーネントを使用するクロスバイクや、フラットバーロードとして販売されている車種の上位クラスなどに搭載されることが多く、自転車のアップグレードにも最適なグレードです。 ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。 カジュアルMTBコンポーネントに位置するACERA(アセラ)は、ソフトなオフロード走行や、シティライド、フィットネスに最適なコンポーネントです。 MTB寄りのクロスバイクなどに多く搭載されるグレードです。 お求めやすい価格で人気があります。 ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。 本格MTB(マウンテンバイク)用コンポーネントのエントリーグレードに位置するDEORE(デオーレ)は、ホビーレースはもちろん、街乗りやファンライドまで、お求め易い価格設定と安心の性能で、幅広いレベルのライダーのステップアップを支えるべく、上位コンポーネントから継承された最先端のテクノロジーを盛り込んでいます。 MTB寄りのクロスバイクに搭載すれば、高い剛性と正確性で満足度の高い自転車になります。 お支払い方法 誠に恐れ入りますが、当店ではご入金確認後の在庫確保とさせていただいております。 在庫状況が 時間経過に伴い変動いたしますため、ご入金の日時次第では、ご注文時には在庫のございました商 品をご用意できなくなる場合がございます。 どうぞお早目のご入金をお願いいたします。 上記理由 により欠品・完売となってしまった際にはご返金にて対応させて頂きますので、ご安心下さいませ。

次の

3大コンポーネント価格と重量 比較一覧表 【シマノ・カンパ・スラム】

シマノ コンポーネント

クロスバイク用コンポーネント・パーツの詳細なカテゴリ クランク・チェーンホイール クロスバイクのクランク・チェーンホイールには、ロードバイクやMTB用のものを用いるのが一般的で、クロスバイク用と銘打ったものはあまりありません。 フィットネスやツーリングに適したギア比を搭載したものが人気です。 ズボンの裾がチェーンリングに引っかかりにくいチェーンガード付きのものもあります。 デュアルコントロールレバー デュアルコントロールレバーは、フラットハンドルバーのクロスバイクには、MTB用のものを搭載し、ドロップハンドルにはロードバイク用のものを搭載するのが一般的です。 ブレーキレバーとシフターが一体となったレバーは、ツーリングでも操作性が高く、安全なライドをサポートします。 シフトレバー シフトレバーは、フラットハンドルバーの場合、フラットバーロード用のものかMTB用のものが一般的です。 ダブルレバー台座がある場合はダブルレバーが使用されることもあります。 段数に応じて互換性があるものを選ぶようにしましょう。 フロントディレーラー クロスバイクのフロントディレーラーは、ロードバイクやMTB用のものが主に使用されます。 段数やシフターに応じたものを選ぶ必要があります。 シートチューブの径やリアホイールとのクリアランスが取付可能かに関係する場合もあります。 リアディレーラー リアディレーラーもロードバイク用かMTB用のものを使用します。 段数やシフターに対応するもので、リア・トータルのキャパシティを満たすものを選ぶ必要があります。 ハブ リアハブはフレームエンドにあったものを選びます。 フレームエンドが130mmの場合、ロード用のハブが、135mmの場合MTB用のハブが、一般的に使用できます。 対応する段数のものをお選びください。 フロントは概ね100mmなのでお好きなものをお選びいただけます。 ディスクブレーキ仕様の場合は、ディスクブレーキ対応のハブをお選びください。 Vブレーキ 普及価格帯のクロスバイクにはVブレーキが多く装着されています。 カジュアルタイプのMTBグレードのものが主流となります。 最近では低グレードのロードバイクカテゴリーでVブレーキが発表になっていますが、MTBではディスクブレーキがメインとなってきていますので、Vブレーキ自体がクロスバイク用という印象になってきています。 ディスクブレーキ クロスバイク用のディスクブレーキは、MTB用のものやシクロクロス用のものが多く使われています。 MTBのような制動力重視ではなく、ロングフィンガーで扱いやすく、雨の日でも止まりやすいという視点がメインです。 機械式と油圧式があります。 フレームにディスクブレーキ台座があるものにのみ取り付け可能です。 ブレーキレバー ブレーキレバーは、フラットバーロード用のものやMTB用のものがメインとなります。 ブレーキに応じたブレーキレバーを選ぶ必要があります。 カンチブレーキやVブレーキの場合、設定で両方対応できるものもありますが、油圧式の場合は必ず専用のブレーキレバーを選ぶ必要があります。 スプロケット クロスバイクに使用されるスプロケットは、ロード用のものやMTB用のものです。 アップダウンの多さや、好みのギア比に応じて、ローギアの大きさに気をつけながら選ぶのが良いでしょう。 30T付近のギアがあれば、峠越えやロングツーリングでも実用的なギア比を実現しやすくなります。 チェーン チェーンについては、段数に応じて、コンポーネントに適したものをお選びください。 ボトムブラケットBB ボトムブラケットは、クランクセットに合ったものをお選びください。 カップアンドコーンやカートリッジBBの場合は、チェーンラインにあった軸長のものをお選びください。 クロスバイク用コンポーネント・パーツのおすすめブランド ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。 ロード用コンポーネントのミドルグレードに位置する105は、DURA-ACEやULTEGRAで培われたテクノロジーをエントリーユーザーにも手の届く価格帯に設定することで、初めてロードバイクにチャレンジする初心者から、ホビーレースで上位を目指すミドルクラスライダーにまで人気のコンポーネントです。 ロードバイクのコンポーネントを使用するクロスバイクや、フラットバーロードとして販売されている車種の上位クラスなどに搭載されることが多く、自転車のアップグレードにも最適なグレードです。 ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。 カジュアルMTBコンポーネントに位置するACERA(アセラ)は、ソフトなオフロード走行や、シティライド、フィットネスに最適なコンポーネントです。 MTB寄りのクロスバイクなどに多く搭載されるグレードです。 お求めやすい価格で人気があります。 ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。 本格MTB(マウンテンバイク)用コンポーネントのエントリーグレードに位置するDEORE(デオーレ)は、ホビーレースはもちろん、街乗りやファンライドまで、お求め易い価格設定と安心の性能で、幅広いレベルのライダーのステップアップを支えるべく、上位コンポーネントから継承された最先端のテクノロジーを盛り込んでいます。 MTB寄りのクロスバイクに搭載すれば、高い剛性と正確性で満足度の高い自転車になります。 お支払い方法 誠に恐れ入りますが、当店ではご入金確認後の在庫確保とさせていただいております。 在庫状況が 時間経過に伴い変動いたしますため、ご入金の日時次第では、ご注文時には在庫のございました商 品をご用意できなくなる場合がございます。 どうぞお早目のご入金をお願いいたします。 上記理由 により欠品・完売となってしまった際にはご返金にて対応させて頂きますので、ご安心下さいませ。

次の

新型シマノ・105 R7000系は何がすごいのか?|サイクルスポーツがお届けするスポーツ自転車総合情報サイト|about.marquee.by

シマノ コンポーネント

そもそもコンポーネントとは何でしょうか? でも少し説明しましたように、スポーツバイクの世界では、ブレーキ、レバー、クランクセット、スプロケット、チェーンなど自転車の部品をある程度ひとまとめにして コンポーネントとよんでいます。 少し話が脱線してしまいますが、コンポーネントとしてひとまとまりにすることで、様々なメーカーのパーツを混ぜて使うよりも互換性が向上し、製品のパフォーマンスを最大限にまで引き出すことができる、とされています。 ロードバイク用のコンポーネントを製造、販売しているメーカーは、Shimano, Campagnolo, SRAM の三社ですが、この中で9割くらいのシェアを占めているのはShimano になります。 ロードバイクを販売しているプロショップに行けば、ほとんどのロードバイクにはShimano 製のコンポーネントが装備されています。 一概にShimano 製コンポーネントといってもグレードが幾つかあり、それぞれのグレードで違う点があるので紹介していきます。 はじめにそれぞれのグレードと特筆すべき機能を紹介して、その後にパーツごとの違いを紹介する方式を取ることにします。 今回紹介するのはどのコンポーネントも2017年2月現在での情報をもとにしています。 この記事は6000文字くらいの長い記事ですので、時間がなければ自分の知りたい部分だけ読んでいただき、時間のあるときにじっくり読んでくださるといいと思います。 記事の目次• Shimano 製コンポーネントのグレードには何があるのか? 上位のグレードから順に紹介していきます。 DURA-ACE(デュラエース) Shimano 製最上級コンポーネントです。 おおよそ60万円以上の完成車に装備されていることが多いです。 以下、特徴的な機能を列挙していきますと、• 電動変速の機能である Di2[オプション]• Di2 モデルについて、変速時に適切なギア比に自動で変速することのできる シンクロナイズドシフト機能[オプション]• キャリパーブレーキに比べて制動力の高い 油圧ディスクブレーキ搭載[オプション]• パワーメーター搭載型のクランク[オプション]• リアディレーラーの形状を改善し、損傷のリスクを軽減( シャドーディレーラー) といった機能になります。 値段としては国内正規価格でオプションなどにもよりますが、20数万円程度でしょう。 Di2 などのオプションを追加するとぐっと値が上がります。 Ultegra アルテグラ DURA-ACE に次ぐコンポーネントになります。 おおよそ30万円以上の完成車に装備されていることが多いです。 クランクやリアディレーラーを除いてほとんどDURA-ACE と同じような見た目をしています。 DURA-ACE と同じようにDi2 搭載モデルが販売されています。 DURA-ACE と違い、値段に差が出るようなオプションはDi2 くらいです。 値段としては国内正規価格で大体10万円くらいです。 もちろんDi2 モデルは数万円プラスです。 105(イチマルゴ) 一番普及しているであろうと思われるコンポーネントです。 Shimano の公式の見解では105 以上がレース用コンポーネントであると位置づけられています。 (ただし、レースに出場するときに105 以上でないと参加できないというルールはなく、比較的多くの人が使っているだけという話。 ) 大体15万円以上のロードバイクに採用されています。 なぜ105が推奨されるのか ロードバイクに乗られている方が新しくロードバイクを始めようとしている方に決まって言うのが「コンポーネントは105以上にしておけ」というセリフです。 「ロードバイク 初心者」などで検索すると、数々のノウハウがヒットしますが、たいてい上のセリフを見かけますね。 理由としては以前[ロードバイクの選び方]で紹介した項目も挙げられますが、昔のロードレースにおいてサポートカーがスプロケットなどをサポートできるコンポーネントが105だったからこのように言われる、という説もあります。 機能面としてはDi2 に対応していないことを除いてほとんどUltegra と変わりません。 値段としては国内正規価格で6-7万円程度。 Tiagra ティアグラ 105 の次に普及しているであろうコンポーネントです。 大体10万円以上のロードバイクに採用されています。 印象としては、105を操作性や変速段数や重量の面でダウングレードした、というところです。 ブレーキの構造の違い 特筆すべきは、このTiagra 以下のコンポーネントでは105 以上のコンポーネントと違い、ブレーキがデュアルピボットという構造ではないことにより制動力に大きな差が生まれる、ということです。 値段は大体4万円ほどです。 SORA(ソラ) このコンポーネントやこれより下のグレードのコンポーネントをあまり見かけたことはありません。 大体10万円以下のロードバイクに採用されていることが多いようです。 一つ前のモデルでは、現行のTiagra のような見た目ではなかったのですが、現行のSORA はTiagra などのコンポーネントに見た目を似せています。 値段は3万円と数千円程度。 Claris(クラリス) 5万円程度の格安ロードバイクというジャンルのロードバイクに採用されていることが多いです。 試しに格安ロードバイクが多数売られているAmazon で「ロードバイク」などと検索してみると、Claris 搭載を謳ったモデルのロードバイクを発見することができます。 このモデルはSORA 以上のコンポーネントと違い、見た目や機能性がだいぶ変わります。 特にSTIレバーが上位グレードに比べて大きく、握りやすい形ではないという点が問題です。 価格は3万円程度。 Tourney A070(ターニー) こちらも5万円程度の格安ロードバイクに採用されることが多いです。 Tourney というグレードは、外装6段変速のシティーサイクルや、格安スポーツバイクにも採用されていますが、このA070 というモデルは、ロードバイク用に作られています。 (ルック車という規格のマウンテンバイクにもTourney グレードはありますが、シティーサイクルのものとも、A070 とも違ったものになります。 ) このコンポーネントが発表されるまでは、格安ロードバイクのコンポーネントはルック車規格のマウンテンバイクに搭載されていたTourney をベースに、変速周りに関しては、STIレバーとは違ったパームシフターと呼ばれるものを装備していました。 A070 では、Claris の形ではないのですが、それに近い形のSTIレバーが用意されています。 ブレーキに関しては用意されていません。 値段は大体2万円程度でしょう。 パーツ別にはグレードでどのような差があるのでしょうか? STIレバー 変速段数 DURA-ACE、Ultegra,105 は11段変速で、Tiagra は10段変速、SORA は9段変速、Claris は8段変速、Tourney A070 は7段変速です。 この変速段数は、リアディレーラーのみの段数です。 Tiagra 以下のグレードでは3段変速(こちらはフロントトリプル)のフロントディレーラーが用意されていますが、レバーに互換性がないので対応したレバーを買う必要があります。 形状の違い DURA-ACEからSORA までは同じ形状で、シフト、ブレーキケーブルは内蔵式になっているので、スマートな取り回しをすることができます。 ただし、上位グレードに用意されている、Di2 のレバーや油圧ディスクブレーキ用のレバーでは若干形状が異なります。 Claris は操作方法はSORA 以上のレバーと同じですが、形状が異なり、Claris のレバーは太くて握りにくいです。 Tourney はSTIレバーの中で唯一操作方法が異なり、レバーを上から握るブラケットポジションでの使用に最適化されています。 ブレーキ DURA-ACE,Ultegra,105 のブレーキに関してはデュアルピボットブレーキと呼ばれるものであり、Tiagra 以下のブレーキとは異なります。 Tiagra 以下のグレードではシングルピボットブレーキと呼ばれるものが採用されています。 デュアルピボットブレーキはブレーキの左右のてこの軸が独立しており、左右のてこの軸が独立していないシングルピボットブレーキに比べて片効きしにくいことに加え、制動力も高いです。 ブレーキは止まることだけが目的ではないことや、高すぎる制動力ではホイールがロックしてしまうこともあるので、デュアルピボットブレーキが全てにおいて優れているわけではない、とする主張も見られます。 Shimano のライバルであるCampagnolo 製のコンポーネントでは今でも、シングルピボットブレーキのオプションが用意されています。 ただ、私の感触としてはTiagra のブレーキは105 のブレーキに比べて明らかに効きが悪く、止まれないため、とても街乗りで使っていて安心できるレベルではないと判断します。 ブレーキのオプション ダイレクトマウントブレーキ DURA-ACE,Ultegra,105 のブレーキでは、ダイレクトマウントブレーキと呼ばれるモデルも存在します。 従来のブレーキはフレーム台座にボルト一本で固定していましたが、このブレーキはそのボルトを二本に増やすこと(当然、対応したフレームが必要)で、ブレーキキャリパーの剛性を上昇させ、制動力を向上させることができます。 また、BB下に取り付けることのできるブレーキも存在します。 (もちろん対応したフレームが必要) 油圧ディスクブレーキ DURA-ACE や、グレード外のものが存在します。 クランクセット クランクのアーム数 外見上の差を言いますと、 DURA-ACE からSORA までは4アームクランク、Claris,Tourney は5アームクランクとなっています。 4アームクランクというのは、BBの軸からチェーンリングに向かって伸びているアームの本数が4本である、ということです。 クランクセットは中空のほうが剛性が高いとされており、つまり、4アームクランクのほうがより剛性面で優れているというわけです。 フロントトリプル対応クランク STIレバーの節で説明したように、Tiagra からTourney までにはフロントトリプルのオプションがありますので、フロントトリプルにするのならもちろんクランクセットも対応したものを用意しなければなりません。 オプションの差 上位グレードになるほどギア比を選択する幅が増えます。 ギア比というのはペダルを一周させたときのホイールの回転数を表します。 例えばギア比が1であればペダルを一周させるとホイールが一回転するということであり、ギア比が高ければペダル一周で進む距離は増える、すなわち重たいギアになるということです。 ギア比とはなんですか? ギア比というのはクランクの歯数とスプロケットの歯数によって算出され、クランクの歯数を増やしてやれば、ペダル一周でより多くのスプロケットの歯数を巻き取ってやることができますので、進む距離が増え、速度が上昇するということになります。 ギアの重たさを取るか、ペダルの回転数を取るかは人によりますので自分のライディングスタイルに合わせて選択する必要があります。 大きな区分けとしてノーマルクランクとコンパクトクランクという分け方が存在します。 スプロケットやチェーンの関係上、変速段数が違うコンポーネントとは一部例外を除いて互換性はありません。 スプロケット クランクのオプションと同じで、上位グレードになるほどギア比を選択する幅が増えます。 また、上位モデルは軽量化などの理由により、一部分をチタンにしていることもあります。 クランクの歯数とは逆に歯数が少ないほどギア比が高くなります。 前者は各々のギア比が接近しているものをいい、ギア比の変化が大きくないので微妙なスピードコントロールに適しており、後者は各々のギア比が離れていてギア比の変化が大きいのでアップダウンの激しいコースに向いているでしょう。 なお、クロウスレシオのことをクロスレシオと書いているものもありますが、英語の発音の観点からすると誤りです。 チェーン グレード別の差では変速段数による寸法の違いや重量が異なります。 変速段数が増えるほどにチェーンは細くなり、耐久性は一般に低下すると言われています。 一般的に上級グレードになると変速のショックが少なくなると言われますが、整備やフレームの精度に左右される部分もあり、一概にグレード別で変速性能が変わるとは言い切れません。 スプロケット歯数の大きさやクランクの段数によって対応しているディレーラーが異なります。 スプロケットの歯数を大きくするとリアディレーラーはロングケージと呼ばれる長いものを用意しなければなりませんし、クランクでフロントトリプルを使用するのなら専用のフロントディレーラーを用意する必要があります。 Di2 モデルには専用品が用意され、電力供給用のユニットが必要です。 まとめ:コンポーネントのグレードはあまり気にしなくても良い いかがでしたでしょうか? とても長い記事になってしまいましたが、この記事を最後まで読んでいただきありがとうございます! 概して、コンポーネントのグレードを上げるメリットとしてはギア比などをより自分にあった環境を構築できるということにあるといえそうです。 私としましては、様々な要因から 自分にあった環境を構築するためには105 で必要十分だと考えます。 (分量の問題で詳細なオプションを記載できなくてゴメンナサイ) コンポーネントの違いに気付ける人はそんなに多くないと思いますし、コンポーネントの違いよりもホイールやタイヤなどの違いのほうが気づきやすく、変化も大きいと私も考えますし、周りの人もそのように証言されています。 実際にコンポーネントの違いについてインターネットで調べてみるとそのような声がほとんどです。

次の