蜜蜂 と 遠雷 映画 館。 蜜蜂と遠雷|上映スケジュール

「蜜蜂と遠雷」の映画の感想・評価・レビュー

蜜蜂 と 遠雷 映画 館

3年に1度開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。 ここに4人の若手ピアニストが集まります。 かつて天才少女と呼ばれていた栄伝亜夜は、母の死を機に表舞台から姿を消していた。 高島明石は、普段は楽器店勤務で妻子がいる年齢制限ギリギリながらもコンクールに挑もうとしている マサル・カルロス・レヴィ・アナトールは、亜夜の幼馴染みで本コンクールの優勝候補の一人。 それぞれが全く異なる4人は、一次審査を突破し、二次審査へ。 二次審査の内容は、このコンクールのために作曲された課題曲「春と修羅」を題材とし、その後半部では演者自身が即興的に演奏させるというものでした。 それぞれの個性がぶつかり合い、結果は明石の脱落。 マサル、塵、亜夜を含む6名が最終審査へ… そして最終審査は、実際のオーケストラとの狂騒曲。 誰が栄冠を手にするのか?悩みながら成長していく彼らの姿を描く。 2回も読んでしまったw 映画はどんな感じに表現されてるのだろう。

次の

蜜蜂と遠雷の上映スケジュール・映画情報|映画の時間

蜜蜂 と 遠雷 映画 館

3年に1度開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。 ここに4人の若手ピアニストが集まります。 かつて天才少女と呼ばれていた栄伝亜夜は、母の死を機に表舞台から姿を消していた。 高島明石は、普段は楽器店勤務で妻子がいる年齢制限ギリギリながらもコンクールに挑もうとしている マサル・カルロス・レヴィ・アナトールは、亜夜の幼馴染みで本コンクールの優勝候補の一人。 それぞれが全く異なる4人は、一次審査を突破し、二次審査へ。 二次審査の内容は、このコンクールのために作曲された課題曲「春と修羅」を題材とし、その後半部では演者自身が即興的に演奏させるというものでした。 それぞれの個性がぶつかり合い、結果は明石の脱落。 マサル、塵、亜夜を含む6名が最終審査へ… そして最終審査は、実際のオーケストラとの狂騒曲。 誰が栄冠を手にするのか?悩みながら成長していく彼らの姿を描く。 2回も読んでしまったw 映画はどんな感じに表現されてるのだろう。

次の

蜜蜂と遠雷|上映スケジュール

蜜蜂 と 遠雷 映画 館

日本アカデミー賞作品賞受賞映画「蜜蜂と遠雷」を観てきました。 かなり以前からあちこちで上映されていたことは、知っていたのですが、忙しくてなかなか見に行けませんでした。 今回「日本アカデミー賞受賞」を機にやはり見ておかなくてはなるまいと思ったものの、確か昨年秋頃には上映していたから、もうやっていないかも知れない。 どこか首都圏の映画館で、まだやっている処は無いかな?と思って、調べてみると、TOHOシネマズ日比谷シャンテにて上映中でした。 18:15からの最終回が有るとのこと。 地下鉄日比谷駅に18時に着き、地下道を急ぎ足でホームの案内板に書いてあった地下道出口を目指して行ったのですが、そこから地上に出たら、何と日比谷公園のそばでした。 案内板を見間違ったかな?いやそんなことは無いなどと自問しながら(実際は出口A4をA14だと感違い)、兎に角地上に出て少し戻らなくちゃ。 横断歩道、道路を小走りで駈けぬけ、日生劇場の前を通って、宝塚劇場の角を左に曲がったら、多くの女性ファンがたむろしていました。 入り待ち?出待ち? 恥ずかしかったのですが、人垣が両側に出来ている道路を走って(みっともないったら有りゃしない)映画館の方に急行しました。 何とか上映3分前に着き、チケットを買い、エレベーターで上階に行ったらもう会場は真っ暗、転ばない様に慎重に座席まで進み、着席してやっと一息ついたのでした。 平日だったので館内は半分程度の入りで、見易い割りといい席です。 予告編が終わるとすぐに開始。 分厚い本の何処からも小説の本質がタイトルを導き出す様な因果関係は感じられなかったからでした。 映画を目を凝らしてみていましたが、どこにも蜜蜂の飛ぶ姿は映らなかった。 ましてその意味合い等どこの場面にも認められない。 わずかに遠雷については最終場面で、風間塵が海辺に出て歩く時に、遠雷の音がするだけ。 何らストーリーとは関連付けられていません。 それもその筈、元の小説にも何らストーリーと関係付けられる内容は記載が無いのです。 小説の冒頭と、最後の場面から取って付けた様なタイトル、耳障りのいい無意味な軽々しいタイトルといった感じがしました。 そう、まさに驟雨のように、空から。 明るく力強い音色が、世界を震わせていた。 「テーマ」の記述は、幼い風間塵の天性に大きく影響したかもしれない場面だが、それが後日のピアノの天分形成の元になったとはとても思えない。 小説では、別のコンクール出演者、本選の韓国人二名、フランス人一名のコンチェルト演奏についての記述も長々と記載があるのです。 何回も取り直したり、映像の切り貼りはしているのでしょうけれど。 内容その他については、良く知られている作品だと思いますので、割愛します。 尚、小説では風間塵が3位をとったことの記載はありますが、映画では一歩踏み込んで1位から4位まで発表していました。 また栄伝亜矢が本選の自分の番(実際はその前に一人棄権者が出たので順番が一つ繰り上がった順番)が来ても控室に姿はなく、その時亜矢は、昔、コンクールに登壇する直前にドタキャンして音楽生命が終わったも同然になった時の事などを思い出して、又同じ道を歩もうかと悩んでいたのでしたが、最後に奮い立って(塵の影響が効いたか?)登壇して見事コンチェルトを弾き切った場面、これが非常に良かったと思いました(小説には有りません)。 hukkats.

次の