ポケモン ウオノラゴン 育成論。 火力がえげつない!?『ウオノラゴン』の『エラがみ』が最強!?【育成論】

ウオノラゴンの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン ウオノラゴン 育成論

ウオノラゴン ポケモン剣盾の化石ポケモン! 今作の化石ポケモンは「キメラ」をテーマに作られており、人間のエゴで合わない上半身と下半身をくっつけられて産まれた可愛そうな生命体です。 「ウオノラゴン」 魚の顔がついてる体! 「ウオチルドン」 顔が上下逆? 「パッチラゴン」 ギクシャクしてる 「パッチルドン」 風邪ひいてはる。 今回はこの中で、対戦環境でも使用される」ウオノラゴン」について書いていきます。 ウオノラゴンのタイプ 「みず」「ドラゴン」 とても優秀な複合タイプ 弱点2倍:「ドラゴン」「フェアリー」 耐性2分の1:「はがね」 耐性4分の1:「ほのお」「みず」 弱点が少なく、メジャーなタイプの「みず」「ほのお」を4分の1で抑えられるので、しっかり読めば受け出しも可能。 ウオノラゴンの種族値 種族値 HP 90 攻撃 90 防御 100 特攻 70 特防 80 素早さ 75 合計種族値 505 攻撃、防御面どちらも、平均的で当たり障りのない種族値です。 種族値的に耐久型は厳しく、 種族値も覚える技も物理に依ったものが多い為、自ずと物理アタッカーとしての採用になるでしょう。 物理アタッカーの採用の際に、注目すべきは こうげき種族値「90」と、すばやさ種族値「75」です。 アタッカーの中では強くない。 むしろかなり弱い方に分類される為、対戦環境での採用は厳しそうですが、、 なぜこの「ウオノラゴン」が活躍できるのでしょうか? ウオノラゴンのとくせい 「がんじょうあご」 キバ系の攻撃技の威力を1. 3倍にする。 あごやキバを使って攻撃する技『かみつく』『かみくだく』『ひっさつまえば』『ほのおのキバ』『かみなりのキバ』『こおりのキバ』『どくどくのキバ』『サイコファング』の威力が1. 5倍になる。 「ちょすい」 みずタイプの技を受けると体力を4ぶんの1回復する。 「すなかき」 「すなあらし」状態の時、「すばやさ」が2倍になる。 「がんじょうあご」で採用されている 対戦環境で多くみられる「ウオノラゴン」はとくせい「がんじょうあご」で使われている事がほとんどです。 耐久性方面の種族値が高くなく、「ちょすい」で採用するなら「ラプラス」のほうがHP種族値が高く強いです。 専用技「エラがみ」 ウオノラゴンの強さはこの「エラがみ」と言う技です。 「エラがみ」 水技。 タイプ一致 威力85 命中100 先制で打つと威力が2倍になる。 どこまで威力が上がる?「エラがみ」 威力85の「エラがみ」が、 「タイプ」一致で1. 「ゴースト」「エスパー」タイプへの打点として、「がんじょうあご」の補正も乗る。 「水」タイプが刺さらない「くさ」タイプ対策に。 「がんじょうあご」の補正が乗ります。 苦手なフェアリータイプに。 ひるみ効果が地味に強い。 「サイコファング」 エスパー技 威力85 命中100 相手の「リフレクター」「ひかりのかべ」「オーロラベール」を無効化し、ダメージを与え、破壊する。 あまり知られてない方の壁破壊技。 「ドヒドイデ」と格闘タイプへのピンポイントになる 「けたぐり」 格闘技 相手の重さによって威力が変動する。 ダイマックス状態の相手には効かない。 ダイマックスして打てば、威力固定の「ダイナックル」になる。 はがねタイプ対策に。 「アーマーガア」には等倍なので微妙か 「ストーンエッジ」 岩技打点 威力100 命中80 岩技の物理技は全て命中不安定。 「ひこう」タイプ対策に がんせきふうじ 岩技打点。 威力65 命中95 相手のすばやさランクを1段階下げる。 先制を取るために打つ技。 交代読みや起点作りにもなる。 「じしん」 地面技 威力100 命中100 「ドヒドイデ」や浮いていないはがねタイプへ じならし 地面技 威力60 命中100 相手のすばやさランクを1段階さげる。 先制を取るために打つ技。 交代読みや起点作りにもなる。 ウオノラゴンの活かし方 とにかく「先制」をとる工夫を! 専用技の「エラがみ」は先制で打つことさえできれば、威力330の攻撃技になる為、 等倍であっても耐えられるポケモンはそうはいません。 とにかくこの「エラがみ」を先制で打てるような技構成を考えてあげよう。 「こだわりスカーフ」型 もっともポピュラーな使い方が、この「こだわりスカーフ」持ちです。 同じ技しか出せませんが、技の威力が2倍になります。 もう「エラがみ」しか打たないと心に決めたウオノラゴンに、サブウエポンなんてもう飾りのようなものです。 「タスキ」「がんせきふうじ」型 「きあいのタスキ」を持たせ、一撃を必ず耐えその隙に「がんせきふうじ」を当て素早さを逆転します。 「あられ」「すなあらし」などの天候や、先制技で縛られてしまいますが、すばやさダウンで後続のサポートもできるのでとても強いです。 「トリックルーム」構築。 「ミミッキュ」や「ブリムオン」などに「トリックルーム」を展開させ、上から殴っていく型。 ウオノラゴン自体が「すばやさ」種族値75で早くも遅くもない為、同種族値帯だと抜けている抜けていないが判断し辛い。 ウオノラゴン自体も「がんせきふうじ」や「じならし」を搭載し臨機応変な戦い方が求められる。 「ねばねばネット」構築 「ツボツボ」や「デンチュラ」などねばねばネットを撒けば、地面についているポケモンは全て登場時に「すばやさ」が1段階下がる。

次の

ウオノラゴン育成論 : おさかな天国|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン ウオノラゴン 育成論

特性「がんじょうあご」が適用される技 『エラがみ』『かみくだく』『かみつく』『かみなりのキバ』『こおりのキバ』『ほのおのキバ』『サイコファング』『どくどくのキバ』『ひっさつまえば』 強力な新技「エラがみ」 ウオノラゴンが覚える「 エラがみ」は威力85のみずタイプの技ですが、 相手よりも先に攻撃すると技の威力が2倍の170になります。 さらに、特性の「がんじょうあご」の補正が乗るため、 実質的な威力は255となります。 相手よりも先に攻撃するために「 こだわりスカーフ」をウオノラゴンに持たせたり、味方のポケモンで追い風を使ったりすることで、圧倒的な火力を相手に押し付けることができます。 ウオノラゴンの技 有用な攻撃技 エラがみ タイプ一致技。 がんじょうあごの補正が乗る。 この技を通すことを第一に考えたい。 かみくだく がんじょうあごの補正が乗る。 「ちょすい」でエラがみを無効化してくるブルンゲルに有効。 サイコファング がんじょうあごの補正が乗る。 相手の壁を壊すことができる。 こおりのキバ がんじょうあごの補正が乗る。 水技を半減するくさタイプやドラゴンタイプに抜群を取れる。 ドラゴンダイブ タイプ一致技。 怯みが強力。 命中率が不安定なのが難点。 ドラゴンクローは覚えない。 げきりん タイプ一致技。 火力と命中率を両立させるための選択。 攻撃対象は選べない。 いわなだれ 相手2体を攻撃でき、ひるみの追加効果もある。 じしん 味方を巻き込むが相手2体を攻撃できる。 味方の「じゃくてんほけん」の起動にも。 有用な変化技 まもる 大事に扱いたい場合に。 みがわり 「エラがみ」の火力の高さから相手の「まもる」を誘いやすく、そこに合わせて使うと効果的。 味方で追い風を展開することで、 相手のすなかきドリュウズの上を取ることができるのが魅力です。 追い風なしの状態で最速120族(実数値189)まで抜くことができますが、 素早さに振られたドラパルトは抜くことができないことには注意が必要です。 味方で素早さ操作を行いウオノラゴンが上を取れる状況を作ることで、 半減であるドラパルトでさえも確定1発、味方の「ダイホロウ」で防御を1段階下げればウォッシュロトムやミロカロスも一撃で葬り、HP252振りナットレイでさえも中乱数、などといった驚異的な火力を出すことができます。 「エナジーボール」などのくさタイプの技を採用することで、ウオノラゴンが苦手なトリトドンを早急に処理することもできます。 ジュラルドン ウオノラゴンが苦手とするドラパルトやトゲキッスに対して強いポケモンです。 素早さが中途半端なので、上記のエルフーンの「おいかぜ」と合わせて使われることが多いです。 ジュラルドンで厳しいドリュウズ、リザードン、ウインディなどにはウオノラゴンが強く、相性の良い組み合わせです。 ガラルヒヒダルマ ジュラルドンと同じく、ウオノラゴンが苦手とするドラパルトやトゲキッスを強く睨むことができます。 こおり技とみず技の攻撃範囲が広く、ダイマックスを使わずとも火力を出せる組み合わせであることも魅力的です。 ウオノラゴンの対策 トリトドン 特性「よびみず」によりウオノラゴンの「エラがみ」を無効にします。 パーティにいるだけで相手はトリトドンを警戒してエラがみを撃ちにくくなります。 トゲキッス自身がフェアリー技で攻撃して弱点を突いて大ダメージを与えることもできます。 ドラパルト こだわりスカーフを持ったウオノラゴンより素早さが高く、上からタイプ一致のドラゴン技で弱点を突くことができます。 おいかぜを展開されている場合は上から攻撃されてしまうことと、ドラゴン技や「かみくだく」「こおりのキバ」などが採用されている場合はウオノラゴン側からも打点があることには注意が必要です。 さいごに ダブルバトルにおけるウオノラゴンの育成論と対策について紹介しました! みなさんのパーティ考察や育成の参考になれば幸いです。 記事内容は追加され次第更新していく予定です。 就職して関東に出たことをきっかけにVGC熱が急上昇。 最近では海外のVictory Roadで日本語記事の英訳を担当したりもしている。 関連する記事• 2020. 15 目次 1. エルフーンの基本データ2. エルフーンの特徴2. 特性「いたずらごころ」でサポート2 […][…]• 2020. 22 目次 1. はじめに2. ガラルルーキーズとは2. ポケモン剣盾で2度目の公式大会2. ガラ […][…]• 2020. 02 レンタルチームID:0000 0003 0PL3 YH 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 個別 […][…]• 2020. 20 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成3. トゲキッス3. ドラパルト3. ドリュ […][…]• 2019. 21 目次 1. はじめに2. ドラゴンアローとは3. 検証開始3. 「まもる」を使われた時3. […][…].

次の

【ポケモン剣盾】ウオノラゴンの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

ポケモン ウオノラゴン 育成論

物理アタッカースカーフ型 性格:ようき 特性:がんじょうあご 持ち物:こだわりスカーフ 努力値:A252S252 技構成:採用技 エラがみ、げきりんorドラゴンダイブ、残り自由枠 採用候補 こおりのキバ、けたぐり、じしん、サイコファング、かみくだく ウオノラゴンは一見平坦な種族値をしていますが、特性がんじょうあごを適用したエラがみの破壊力を目を見張るものがあります。 特性がんじょうあごはキバを使った技の威力を上げる技で、ウオノラゴンの習得技でいえば主力技のエラがみや、こおりのキバ、かみくだく、サイコファングが対象です。 これにより物理アタッカーとしては一級品の攻撃力を持っていますが、更に専用技エラがみは先制した際に威力が2倍になる効果を持っています。 そのため、ポケモン剣盾で随一の攻撃力を持っています。 今回はエラがみで確実に先制を取るため素早さに努力値をMAXまで振り、性格は最速のようきを選択し、アイテムもこだわりスカーフを持たせています。 採用技ですがまず、エラがみはもちろん確定です、ドラゴンタイプのメインウェポンはげきりんがおすすめです。 行動を縛られるのが痛いですが威力命中に安定しています。 ただし行動が縛られるのが避けたい場合は、命中率は下がりますがドラゴンダイブを選びましょう。 残りの技に関してはパーティとの兼ね合いで決めてもらって構いません。 タイプ的にナットレイにメインウェポンが全て半減されるので、けたぐりを入れるとはがねタイプにも対抗できます。 運用上注意すべき点ですが主力技エラがみを封じられるとかなり威力が下がります。 水技半減のポケモンはもちろん、特性ちょすい持ちなど水技が無効化してくる特性持ちには要注意です。 (具体的にはラプラスやランターンです) ウオノラゴン対策 対策としてはちょすい持ちなどのみず技を無効に出来るポケモンか、水技半減のポケモンを採用。 もしくはスカーフ込みでウオノラゴンを抜けて有利を取れるポケモンをパーティに入れることです。

次の