乳歯 レントゲン。 歯の豆知識~パノラマレントゲンについて~

歯のレントゲンの見方の3つのポイント [虫歯] All About

乳歯 レントゲン

歯医者さんでもレントゲンを撮る機会は多いですよね。 そこで心配なのは、歯のレントゲン撮影による子供への影響です。 テレビや新聞でも放射能についてたくさんのニュースが上がっており、放射能や被爆という言葉に多少なりとも「怖い」というイメージをお持ちの方は多いと思います。 ここでは、レントゲン撮影における子供への影響について考えながら、レントゲンの必要性について説明していきたいと思います。 【】でも小児歯科で行うレントゲンに関する情報を掲載していますので、ご参考ください。 テレビや電子レンジなど電子機器からもでていますが、普段私たちが食事をする食べ物からも実は放射線源(放射性物質)は出ているのです。 食事による内部被曝は年間平均410マイクロシーベルト(0. 14ミリシーベルト)で、東京~ニューヨーク間を飛行機で往復するとおよそ200マイクロシーベルト(0. 2ミリシーベルト)もの放射線源(放射性物質)を浴びることになります。 一方、歯科のデンタルレントゲンは1回で1~8マイクロシーベルト(0. 001~0. 008ミリシーベルト)なので、年に数回レントゲンを撮っても大きな被害を受けることはありません。 また、取り込まれた放射線源(放射性物質)は新陳代謝によってある程度排出されるため、日常生活を送る上では気にする必要はありません。 放射線源(放射性物質)が取り込まれ、新陳代謝により排泄されます。 1-2 妊娠中は気をつけるべき? 赤ちゃんが生まれてくる前に治療を終わらせたいけれど、レントゲンが必要といわれたらどうしよう…とお悩みの方もいらっしゃると思います。 国際放射線防護委員会の勧告によると、妊婦さんが出産までに浴びていい放射線源(放射性物質)は10000マイクロシーベルト(10ミリシーベルト)です。 001~0. 008ミリシーベルト)なので、それほどレントゲンを心配する必要はありません。 安心してレントゲンを撮ってください。 妊娠中にほかにも気をつけておきたいことなどは【】にまとめてありますので、活用してみてください。 1-3 放射線の単位…シーベルトってなに? シーベルトという言葉は、放射線量を示す単位の一つです。 もちろん、「1シーベルト毎秒」や「1シーベルト毎年」といった表記方法もありますが、一般的な計測方法や表記方法としては「1シーベルト毎時」が使われることが多いでしょう。 「シーベルト」を使用するときは、基本的に「1シーベルト毎時」を指すことが多いため、「毎時」を省略して使用することが増えています。 それでは、1シーベルトの放射線量とはどのくらいの量でしょうか? 上述したように、地球上で生活しているだけで放射線を浴びています。 世界の平均で、人間は年間およそ0. 002シーベルト(この場合は毎年)の放射線を浴びているとされています。 一方、生命の危険があるレベルの放射量とは、「人間が通常の生活を送り1年間で浴びる放射線量の、1000倍の量を1時間に浴び続ける」量です。 この条件に見舞われた人のうち、20人に1人が死に至るとされています。 具体的には、 1時間に1シーベルト:吐き気を感じる 1時間に2~5シーベルト:頭髪が抜ける 1時間に3シーベルト以上:30日以内に半数の人が死亡する と考えられています。 放射線は「もの」に当たると、その「もの」を構成する分子構造を変えたり、電子をはじき飛ばしたりする特徴があります。 このとき、放射線が構造を変えるために「もの」が受けたエネルギー量を表すのが、Gyという単位です。 「シーベルト」は、放射線が人間に当たったときに、どのような健康的な影響があるかを測るための単位です。 シーベルトの算出方法にはGyが関わっていますが、生活する上で多く使用するのは「シーベルト」という単位です。 ですので、まずは「シーベルト」がどういった単位なのか、正しく理解しておきましょう。 子供のレントゲンが心配な方に 2-1 レントゲン防護服の役割 レントゲンを撮る際には、ずっしりとした防護服やエプロンを着用することがありますね。 これはレントゲン防護服やX線防護服と呼ばれ、特殊な加工を施してあり、放射線源(放射性物質)の透過を緩和することができます。 つまり、防護服を着ることでより身体への影響を減らすことができるのです。 2-2 着用を希望する場合は事前に問い合わせを レントゲン防護服は少し重く動きにくいため、嫌がる子供も多くいます。 泣いてしまうとなかなかレントゲンが撮れないため、防護服を着用しないで撮影というのも珍しくありません。 そもそも、歯科のレントゲンは放射線源(放射性物質)量が微量であることや、防護服は気休め程度の効力であることから、防護服を着ない歯科医院も多いのが現状です。 しかし、どうしても気になるという場合には、事前に連絡して、子供用レントゲン防護服の有無を確認することをおすすめします。 レントゲンの有無は歯医者によって異なる 3-1 方針や、治療方法によって異なる いつレントゲンを撮るのかは先生の判断によるもので、どの先生でも同じというわけではありません。 初診は必ずレントゲンを撮って状態をチェックする先生もいれば、何もなくても年に一度撮影し、去年との違いを確認する先生もいます。 歯医者さんによって治療方針は様々なので、気になる方は、ぜひ先生に相談してみましょう。 レントゲンで分かること 4-1 歯根の様子 歯の根っこの様子を知るためにレントゲンは欠かせません。 歯の根っこが炎症を起こしているフィステルなどはレントゲンを撮り、腫れている部分や薬がきちんと注入できているかなどを確認します。 外からは見ることのできない「歯の内部の治療」にとって、レントゲンは欠かせない存在です。 4-2 虫歯の進行具合 一見、小さな黒い点であり小さな虫歯だと思っていたら、入り口は小さく、奥に入ると広く深くといったタイプの虫歯は子供に多くみられるパターンです。 治療前にレントゲンを撮ることで、虫歯の状態や進行具合を確認することができます。 4-3 骨の様子 歯は歯茎だけでなく、骨にも支えられていますが、歯周病が進むと顎の骨が溶けてしまうことがあります。 外からは分からないため、まずはレントゲンで骨の様子を確認して治療方針を立てていきます。 4-4 被せ物の様子 被せ物は一度被せれば永久的に歯を守りつづけると考えられがちですが、それは違います。 歯と詰め物の隙間から細菌が侵入し、根っこで炎症をおこしたり、虫歯を進行させることもあります。 そしてこれは決して稀な現象ではありません。 そのため、異常を感じなくても数年に1度は詰め物をした歯を点検することをおすすめします。 しかし、いちいち詰め物を取っていると時間もお金もかかりますよね。 そんな時もレントゲンで確認することで、スピーディーに検査をすすめることができるのです。 レントゲンなしでも治療は可能なのか 5-1 症状によって異なる レントゲンは万能ですべてが分かるというわけではありません。 角度によっては写り込んでいなかったり、見落とす可能性もありますので、レントゲンだけで判断するのではなく、総合的に判断しています。 そのため、使うタイミングや枚数などは先生の判断で変わってきたり、症状によっても異なります。 レントゲンなしでも治療は症状によっては可能ですが、それでは危険な場合もあるのです。 歯のレントゲンの種類と被曝量 6-1 パノラマレントゲン パノラマレントゲンは、歯の一部ではなく、口全体を1枚に納めるレントゲンです。 歯や骨の状態を大まかに知りたいときに使用され、インプラントや歯周病・親知らずの抜歯などの治療の際に使われます。 レントゲンの機械も大きく、頭の周りをグルリと回って撮影します。 歯科用パノラマレントゲン1枚で20マイクロシーベルト(0. 02ミリシーベルト)です。 6-2 デンタルレントゲン パノラマレントゲンとは違い、一部分だけを撮影するレントゲン写真です。 細かい部分まで鮮明に写るため、詳細な情報がほしい場合に使われ、一度に数枚撮ることもあります。 001~0. 004ミリシーベルト)です。 6-3 セファログラム セファログラムは頭部X線規格写真とも呼ばれる、一定の規格に基いて撮影された頭部のX線写真です。 矯正をする場合に必要ですが、その他の歯科治療ではあまり使われません。 003~0. 005ミリシーベルト)です。 6-4 歯科用CT 平面ではなく3Dレントゲンを撮影できるのが歯科用CTです。 CTと聞くとベッドに寝て狭い空間へ入っていく大きな機械で撮るイメージがありますが、歯科用CTはあくまで歯やあごの部分だけなので被曝量も微量です。 歯科用CTは1回で100マイクロシーベルト(0. 1ミリシーベルト)です。 6-5 その他のレントゲンの被曝量の目安 胸部レントゲン:50マイクロシーベルト(0. 05ミリシーベルト) 胃のレントゲン:500マイクロシーベルト(0. 5ミリシーベルト) 世界平均の年間自然放射線量:2400マイクロシーベルト(2. 被曝量は、照射する範囲によって変化します。 胸部レントゲンや胃のレントゲンの被曝量が歯科用レントゲン被曝量と比べて高いのは、照射部位が広いためです。 一概に、「その他のレントゲンは被曝量が高い(危険である)」ということを示すものではありません。

次の

子供が転倒して乳歯を強打!レントゲンの診断結果と治療内容

乳歯 レントゲン

ありきたりな内容ではなく、欧米の論文を精読した内容をベースに信頼性のある有用な情報を発信するよう努めています。 (*記事の元になっている引用文献を記載しています)疑問に思ったことは徹底的にリサーチします。 学会参加報告記や、お知らせ、プライベートのくだらないお話もごくたまに、綴っております。 こんにちは!!李です。 最近暑いですね ちょうどよい心地よい季節が終わり、恐怖の夏がやってくると思うと… 真夏は夜も暑いので、屋外でジョギングは無理かもしれません。 冬以上に厳しそうです しょうがないので、ジムに入る事を検討中です。 さて、前回に引き続き、『レントゲン撮影で何をみているか?』というテーマを今回もお話していきます。 前回は、歯の厚みについてお話しました。 今回は患者様でもご存知の方が多い思われる、レントゲンでうつる黒い陰についてです。 歯医者さんに検診等で行きレントゲンを撮ると、黒い陰が写っています、などと、説明をうけたことがある方も多いのではないでしょうか? とくに、根管治療でお悩みの場合には、根の先に黒い陰があるかないか(根尖病変)?は重要なポイントになります。 ただ、根の先の黒い陰ばかりに、注目していては、いけません。 根尖病変の黒い陰は、とても目立ちますのでだいたい誰がみても一目瞭然です。 たとえばこちらのレントゲン写真をみてください。 患者様は、歯肉が腫れている、というお悩みをお持ちです。 歯のまたの部分の黒い陰は歯周病の疑いもありますし、歯が割れている、ひびが入っている、穴があいている可能性もありえます。 このレントゲンだけでは正確に判断出来ません。 レントゲンと、歯肉が腫れているという症状だけをきくと、根尖病変で腫れているのか、歯周病で腫れているのか、歯が割れて腫れているのか、わからないのです。 さらなる情報として、局所的に深い歯周ポケットがあると、ひびの可能性が高くなり、広くて深い歯周ポケットだと、歯周病の可能性が高くなります。 それとは別に根尖性歯周炎もあるので、こういった歯には複数に問題点があることになります。 こういった場合は、患者様のお悩みの腫れている原因をきちんと特定しないと、適切な治療法を選択出来ません。 このように、 レントゲンでなんでもわかる、というわけではないことがわかっていただけると思います。 では、どうするか? 実際に、クラウン、コアをはずしてみます。 クラウン、コアをはずして歯の状態を再度診査します。 ここでもわからない場合は、1回目の根管治療をおこない、マイクロスコープで根の中をチェックします。 そうしてはじめてひびがみつかる場合もあります。 歯の検査で原因がわからない場合は、治療を段階的にすすめ、途中で原因がわかることも多いのです。 下の写真は上のレントゲンのクラウン、コアをはずしたものです。 染め出すと、くっきりとひびのラインが!! そこの部分は歯周ポケットも局所的に深いです。 (麻酔をしないと痛くてはかれない場合があり、これも見落としやすいポイントですし、クラウンが入っていると正確に測れない場合もあります) このようなひびが入っている歯は、残す事ができませんので、治療法は抜歯となります。 抜歯を行わない限り、いくら根管治療をおこなっても、ひびからの最近をブロックすることはできませんので、お悩みの歯ぐきの腫れはなおりません。 患者さまのお悩みをお聞ききし、検査をし、検査結果から考えられる疑いが複数ある場合は、それらを検証してから治療を行なうことが大切なのです 以下、もうひとつのケースをご紹介します。 患者さまのお悩みは、疲れたときの違和感、咬んだときの違和感です。 他の歯科医院で根管治療に問題があるのでは、と指摘されたそうです。 レントゲン写真です。 歯のまたの部分の歯の質も非常に薄いです。 クラウン、コアをはずしたところです。 このようにレントゲンでうつる黒い陰には、根尖病変以外に注目するべきところがいろいろあります。 レントゲンである程度の予測をたてて、最終的には、はずして目で確認しなければならないことも多いのです• 人気の記事• 95,466件のビュー• 56,396件のビュー• 42,574件のビュー• 38,473件のビュー• 25,083件のビュー• 18,303件のビュー• 18,142件のビュー• 17,971件のビュー• 14,213件のビュー• 13,381件のビュー• 最近の投稿• 2020年5月26日• 2020年5月12日• 2020年4月20日• 2020年4月15日• 2020年4月11日• カテゴリー• アーカイブ アーカイブ•

次の

25歳まで乳歯だった私…意外と多い「大人乳歯」 原因は?注意点は?

乳歯 レントゲン

先ずは、歯医者さんが使うレントゲンの種類と安全性について見ていきましょう。 ただ、 フィルムを噛んだ状態で撮影する事が必要であるため、小さいお子様では、噛んだままの状態で撮影まで我慢する事は不可能である場合も多くあります。 子供でも出来ますが、被爆率の面から言えばデンタルレントゲンの数倍の放射線を受ける可能性があります。 デンタルレントゲン並みの放射線量であると言われています。 放射線量は最も多いとされています。 とは言え、医療で使える放出量は最低限に治められているため、健康上の被害は基本的にないと言っても過言ではないでしょう。 では、歯医者でレントゲンを撮る回数はどのようなものが一般的なのでしょうか? これは、実際に歯科医によるところで、レントゲンを毎回する丁寧な歯科医も存在します。 ただ、放射線の影響を考えても毎回は多いかもしれません。 ですから、レントゲンの目的を尋ねてから撮影を最低限にしてもらう事は大切であると言えるかもしれません。 歯科医がレントゲンを提案する目的の主なものは以下の時です。 乳歯はもろく、構造が溶けやすく出来ているため虫歯があると簡単に永久歯を傷つけてしまう可能性があります。 この外からは見えにくい虫歯を発見するために歯医者さんはレントゲンを提案する事があります。 半年に一度など頻繁でなければ、レントゲンでしっかりチェックしてもらう事は有効かもしれません。 では、レントゲンを拒否する事は出来るのでしょうか? 家の子も5才の時に隠れた虫歯があるかもしれないと、レントゲンを提案された事がありました。 私は許可しましたが、本人は嫌がり( 暗い部屋で親と離れ離れで不安だったため)結局撮影出来なかった事があります。 歯科医によると、この場合数ヶ月様子を見て進行が目に見えたら治療をするという診断結果になりました。 申し訳ない気持ちでしたが、内心ホッとした事を思い出します。 数か月後、再診する必要はありましたが虫歯は進行しておらず今に至るまで健康な歯で過ごせています。 ですから、レントゲン無しでも再診でオッケーな場合もある事は明らかです。 子供の気持ちを優先して、出来るだけ最低限に抑えてあげられるのであればそれに越したことはないかもしれません。 歯医者さんの間でも、毎回レントゲンを撮るかどうかはそれぞれの歯科医の考え次第です。 という意見が多く見られます。 そうであれば、本人や親御さんが歯医者さんに相談して気持ちを伝えた上で、最善の決定をする事は大切であると言えますね。

次の