エリクセン 背 番号。 ネイマール、「10番」よりも好きな背番号があったと告白!

クリスティアンエリクセンはW杯イケメン選手!プレースタイルとチームと年俸は?バルサ移籍の噂もチェック

エリクセン 背 番号

プレースタイルには主に以下の特徴があります。 パスの精度が高い やはりエリクセンと言えばパスですね。 相手DFが触れられない、GKも飛び出せないという位置にピンポイントでボールを出せます。 パスの強弱、ボールの軌道もしっかり計算してパスを出しているのだと思います。 とにかくパスの精度が高いので味方は自分のタイミングで動き出すことができます。 からの鮮やかなスルーパス! 最後は が決めて、トッテナムが先制。 トッテナムでのリーグ戦アシスト数• 2013~14シーズン 25試合8アシスト• 2014~15シーズン 38試合2アシスト• 2015~16シーズン 35試合13アシスト• 2016~17シーズン 32試合15アシスト ここ2シーズンは二桁アシストをマーク。 特に昨年は国内カップ、チャンピオンズリーグなどを含む公式戦で22アシストをマークしており、これはヨーロッパで1位の数字です。 そしてもう少し深掘りするとこれだけのアシストができるのはパスの精度が高いだけではないことが分かります。 両足とも利き足レベルで扱える エリクセンは高いレベルで両足を使うことができます。 サッカー選手にもなれば当然両足でそこそこ蹴れますが、 どちらも世界レベルという選手はなかなかいません。 片足しか使えない選手だと利き足に持ち替えるその一瞬でパスを出すタイミングを逃してしまうこともあります。 その点エリクセンは両足を使える分、常に最高のタイミングで最高のパスを出せることができます。 状況判断が正確 パスの精度以上に魅力的なポイントかもしれません。 試合中エリクセンは 何度も首を振って周りの状況を確認しています。 とにかく色んなところに視線を送って、常にピッチ全体を俯瞰で見ることができています。 そしてその情報をふまえて どうすればチャンスになるかを瞬時に判断して的確なパスをいとも簡単に繰り出します。 そのあたりは常人には分からない領域なのでしょうが、この状況判断の正確さがアシスト数にも繋がっています。 トッテナムやデンマーク代表の試合を見る時はエリクセンの首振りにも注目してみると面白いと思います。 また、トラップの技術も一級品なのですが、周りの状況がしっかり見えているので相手が奪えない遠い位置にピタッと収めることができます。 あとエリクセンは状況によってディフェンスラインまで下がってパス回しに参加したり、時には 受け手にもなることができます。 他の選手と同じ動きをしたり、ポジションが被ったりすることはあまりないですね。 試合やチームの状況に応じて自分の役割を変えられるのも状況判断の良さがそうさせているのだと感じます。 決定力もある パスだけだと一流止まりだったのかもしれませんが、エリクセンが超一流と呼ばれるのは決定力の高さがあってこそです。 トッテナムでのリーグ戦ゴール数• 2013~14シーズン 25試合7ゴール• 2014~15シーズン 38試合10ゴール• 2015~16シーズン 35試合6ゴール• 2016~17シーズン 32試合8ゴール 両足の精度の高さはシュートにも活かされており、左右どちらでも豪快なミドルシュートを放ちます。 が圧巻の活躍でロシアに導く! デンマークは2大会ぶり5度目のW杯出場決定。 特にシュートを打つ前に 一度後ろを振り向いて背後に相手がいないことを確認しています。 いないと分かっているので落ち着いてシュートを打つことだけに集中できています。 あとフリーキックでの得点も多いですね。 運動量豊富 実はエリクセンはめちゃくちゃ ハードワークする選手で、 プレミアリーグの全チームの中でも上位に入るほど走行距離があります。 しっかり自陣深くまで戻って守備をした後でもチャンスと判断すれば一気に前線まで駆け上がり得点に絡もうとします。 スポンサーリンク 適正ポジションは? エリクセンを使うならトップ下がベターだと思います。 ただ、現在のトッテナムではデレ・アリがトップ下を務めエリクセンは右サイドや左サイドでプレーすることが多いです。 サイドでも質の高いプレーを見せ続けており、2列目であればどこでもプレーできる印象です。 まとめ 今回はクリスティアン・エリクセンのプレースタイルと特徴、適正ポジションについて紹介しました。 両足から高精度のパスを出せる• 状況判断力に優れる• 決定力もありミドルシュートやフリーキックの得点も多い• 運動量に優れ1試合の走行距離はプレミアリーグトップクラス エリクセンはまさに現代サッカーの理想的な司令塔と言うことができますね。 今後はさらなるステップアップも楽しみです。

次の

【ウイイレアプリ2020】「プレーメイカー」最強当たりランキングTOP20

エリクセン 背 番号

セネガル代表の実力や戦績 セネガル代表がW杯で強烈なインパクトを残したのは、2002年の日韓W杯であるといえるでしょう。 初戦で前回大会優勝だったフランスを下し、世界中を驚かせました。 その後も身体能力を生かした機動戦で、格上のデンマークやウルグアイ戦で引き分けと善戦し、 決勝トーナメントへと進出。 その後もデンマーク線で接戦の末勝利し、そのまま優勝してしまうほどの勢い! トルコ戦で延長戦に突入する激戦の中敗れ、ベスト8敗退となりました。 強烈な印象を残し、その後も上位のチームとして顔を出すかと思われたセネガル代表。 その一方で結果は予選落ちや予選敗退を繰り返し、今一つ波に乗りきらないことが続いています。 しかし、 FIFAランキングでは28位と日本よりも格上の相手。 そして、アフリカ系の選手が多く、足の速さや身体能力がどの国よりも飛びぬけてます。 その運動量豊富で堅固な守備と、スピードを活かしたカウンター攻撃が脅威となるチームと言えます。 スポンサードリンク セネガル代表の背番号一覧 セネガル代表の登録メンバーはこちらです! ・GK(ゴールキーパー) 1 アブドゥライェ・ディアロ レンヌ 16 ハディム・エンディアエ ホロヤ 23 アルフレッド・ゴミス SPAL ・DF(ディフェンダー) 2 サリウ・シス バランシエンヌ 3 カリドゥ・クリバリ ナポリ 4 カラ・ムボジ アンデルレヒト 6 サリフ・サネ ハノーファー 12 ユスフ・サバリ ボルドー 21 ラミーヌ・ガサマ アランヤスポル 22 ムサ・ワゲ オイペン ・MF(ミッドフィルダー) 5 イドリッサ・ゲイェ エバートン 8 シェイク・クヤテ ウエスト・ハム 11 シェイク・エンドイェ バーミンガム 13 アルフレッド・エンディアイェ ウルバーハンプトン 17 バドゥ・エンディアイェ ストーク・シティ 18 イスマイラ・サール レンヌ ・FW(フォワード) 7 ムサ・ソウ ブルサスポル 9 マメ・ビラム・ディウフ ストーク・シティ 10 サディオ・マネ リバプール 14 ムサ・コナテ アミアン 15 ディアフラ・サコ レンヌ 19 エムバイ・ニアング トリノ 20 ケイタ・バルデ・ディアオ モナコ スポンサードリンク 有名選手や注目メンバーは? 日本の前に立ちはだかる強敵のセネガル代表。 有名選手や注目メンバーは誰なんでしょうか? サディオ・マネ まず一人目に挙げられるのが、リバプールで活躍するサディオ・マネ選手です。 爆発的なスピードとテクニックに加え、しなやかな身のこなしで攻撃の主軸となる存在でしょう。 プレミアリーグ最速記録となる2分56秒でハットトリックを決めたという記録を持っています。 サディオ・マネ選手について詳しくはこちら。 ケイタ・バルデ フランスのモナコで活躍する若きアタッカーです。 前線のポジションはどこでもこなせる器用さがありますが、最も得意なのは左サイド。 サディオ・マネ選手同様、 かなりのスピードがあり、ドリブルで盾に抜けると手が付けられないほどです。 一人で前線まで突破し、ゴールまで持ち込む力もありますので、ディフェンスにとって常に気を抜けない状況を強いられそうです。 ケイタ・バルデ選手について詳しくはこちら。 カリドゥ・クリバリ ナポリで活躍する、セリエAを代表するディフェンダーです。 195cmの高い身長を活かした守備もできます。 また、上記の二人同様、すさまじいスピードを持ち合わせ、敵に独走されかけても追いついて食らいつくタフさもあります。 動画で見ると、 後ろから相手を追い越し、ボールを奪い取るというシーンが何度も見られました。 彼の守備は中々崩すのが難しそうですね。 カリドゥ・クリバリ選手について詳しくはこちら。 まとめ いかがでしたでしょうか? セネガル代表の実力や戦績、代表の背番号、有名選手や注目メンバーについて書きました。 アフリカ人特有の身体能力の高さで大会の脅威となりそうな予感がしますね。 しかし、プレイの正確さなどでは日本に分があるとも思いますので、そこをついて頑張ってほしいと思います。 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました! 日本と1次リーグで対戦するチームはこちら。 その他ワールドカップ関連記事はこちら。

次の

クリスティアン・エリクセン

エリクセン 背 番号

クリスティアン・エリクセン クリスティアン・エリクセン Christian ERIKSEN フルネーム クリスティアン・エリクセン 国籍 デンマーク 出身地 ミッデルファート 生年月日 1992・2・14 身長 175cm 体重 65kg 利き足 右 ポジション MF(OMF) FK PK FK PK キャプテン経験 代表デビュー 2010・3・3 オーストリア戦 代表背番号 10 21 W杯メンバー 10年 18年 ニックネーム リトル・ブラザー 個人タイトル 10デンマーク年間最優秀若手選手 11デンマーク年間最優秀選手 11オランダ年間最優秀若手選手 チームタイトル 09/10オランダカップ 10/11〜12/13エールディヴィジ 所属クラブおよび背番号 出場 得点 09/10 アヤックス(オランダ) 8 15 0 10/11 アヤックス(オランダ) 8 28 6 11/12 アヤックス(オランダ) 8 33 7 12/13 アヤックス(オランダ) 8 32 10 13/14 アヤックス(オランダ) 8 4 2 13/14 トッテナム(イングランド) 23 25 7 14/15 トッテナム(イングランド) 23 38 10 15/16 トッテナム(イングランド) 23 35 6 16/17 トッテナム(イングランド) 23 36 8 17/18 トッテナム(イングランド) 23 37 10 18/19 トッテナム(イングランド) 23 35 8 19/20 トッテナム(イングランド) 23 母国やオランダで幾度も個人タイトルを受賞するなど、若くして完成度の高いプレーを随所に披露。 抜群の視野で長い距離のパスを通してゲームを作る攻撃的MFです。 幼いころから地元クラブでサッカーに取り組み、2005年から所属したオデンセではユース選手権を戦ってベスト4に進出しました。 15歳で注目を集めてミランやバルセロナ、チェルシーとビッグクラブのトライアルを受け、最終的にはアヤックスの下部組織に入団します。 09/10シーズンにトップに昇格して1月17日NAC戦でリーグデビュー。 ヨーロッパリーグではユヴェントスと対戦し、国内カップのゴーアヘッド戦でプロ初得点を挙げて優勝しました。 2年目はチャンピオンズ・リーグのプレーオフでD・キエフを下しますが、本戦はR・マドリーとミランの前にグループリーグ突破はなりませんでした。 スアレスがリヴァプールへ去った後は得点への意欲も見せ、ヨーロッパリーグのアンデルレヒト戦で全3得点に絡む活躍で勝利、リーグでも6得点を決めてクラブ7年ぶりのリーグ制覇に貢献。 ヨル監督からM・ラウドルップ、スナイデル、ファン・デル・ファールトの名前を出されて称賛され、国内最優秀若手選手になりました。 3年目もS・デヨングやスレイマニといったFW陣に続いて7得点を挙げ、チームをリーグ連覇に導きます。 4年目はチャンピオンズ・リーグでグループリーグ敗退となったものの、R・マドリー、マンチェスター・C、ドルトムントから1得点4アシストと強敵相手に結果を残しました。 5年目は初めて得点、アシスト共に2ケタに乗せる大活躍でチームを3連覇に導きました。 好スタートを切った13/14シーズンの開幕後にトッテナムに引き抜かれます。 9月14日ノーリッジ戦でプレミアにデビューしてシグルドソンの先制点を演出し、ヨーロッパリーグで移籍初得点を決めます。 アウェーのマンチェスター・U戦の1得点1アシストをきっかけに終盤には多くの得点の起点としてチーム2位の7得点、最多の8アシストでヨーロッパリーグ出場権を獲得。 2年目も台頭したCFケイン、2列目を組むシャドリと共に2ケタ得点を取りました。 3年目は新入団のアリと共存、13アシストを記録してケインに得点王を獲らせました。 4年目もスウォンジー戦やチェルシー戦など15アシストを挙げ、22年ぶりに宿敵アーセナルを上回る順位で終えました。 5年目は2度の決勝点やチェルシー戦からの3連発など、自己最多タイの10得点10アシスト。 チャンピオンズ・リーグでもR・マドリーやユヴェントスから点を取りました。 6年目も本拠チェルシー戦の2アシストなど、リーグ3位の12アシストで4年連続の2ケタアシストを記録しました。 チャンピオンズ・リーグでもインテル戦で2得点、マンチェスター・C戦など4アシストしてクラブ初の決勝進出を果たしました。 2010年3月3日オーストリア戦にて、ハラルド・ニールセン、M・ラウドルップに次ぐ3番目の若さでフル代表にデビュー。 6月のW杯にも最年少メンバーとしてエントリーされ、日本戦など2試合ピッチに立って大会における同国最年少出場記録を樹立しました。 フル代表では2012年欧州選手権予選でアウェーのアイスランド戦にて初得点を挙げ、本大会も3試合に先発出場。 2014年W杯予選は10試合プレーしますが、決定的な仕事はありませんでした。 2016年欧州選手権予選も8試合に出場しますが、無得点に終わりました。 2018年W杯予選は12試合出場。 カザフスタン戦からの5連発やアイルランドとのプレーオフ2ndレグのハットトリックなど11得点を挙げ、母国を2大会ぶりに本戦へ導きます。 そしてペルー戦で決勝点を演出し、オーストラリア戦で左足シュートを決めて16強になりました。 代表記録 余談 ・アイスランド戦での得点も欧州選手権予選でのデンマーク最年少となり、1984年欧州選手権予選で達成したM・ラウドルップより9日早い記録となりました。 2012年11月26日:新規アップ 2019年8月4日更新.

次の