ひるみ 軽減 アイス ボーン。 【MHWI解説動画】マルチで活躍できる弓(装備・スキル構成編)モンハンワールド アイスボーン モンスターハンター マルチ用の防具紹介 ひるみ軽減付き 初心者におすすめ MHWIB

【モンハンアイスボーン】おすすめ太刀装備まとめ(序盤・中盤・ストーリークリア後)【MHWI】

ひるみ 軽減 アイス ボーン

ご視聴ありがとうございます。 ミソカと申します。 弓の使用回数が2400回を超えるミソカ(MR999)が、モンハンワールド:アイスボーンのマルチ向け(マルチ用)弓の装備・スキル構成を解説してみました。 今回の動画の大まかな流れは下記のとおりです。 弓初心者の方から弓を使い慣れている方まで、少しでも参考になれば幸いです。 よろしければご笑覧ください。 1、各属性弓を揃える必要性、優先順位 00分20秒~ 2、おすすめの弓(ムフェト) 01分01秒~ 3、属性耐性が真逆のネロカーナとシルソル 01分59秒~ 4、おすすめの防具、スキル構成(ネロカーナ) 03分28秒~ 5、おすすめの防具、スキル構成(シルソル) 05分50秒~ 弓の解説動画は他にもございます。 よろしければ併せてご笑覧ください。 配信者(ミソカ)の下記Twitterアカウントをフォローしてもらえれば、フォローバックさせていただきます。 モンハン全般に関して何かご質問等ございましたら、コメント欄にてお気軽にご質問ください。 いただいたコメントには必ず対応いたします。 モンスターハンターワールド:アイスボーン(MHWI)、モンスターハンターダブルクロス(MHXX)等の参加型ライブ配信を中心に活動しております。 どうでもよいことなのですが、ハンターネームの「Misoka2014」は「みそかつおいしー」と読みます。 名古屋生まれ、名古屋育ち、名古屋在住の味噌かつ大好き人間です。 「ミソカ」とでも呼んでやってください。

次の

『アイスボーン』狩りカワコーデ! マム・タロトを使った最上級に美しいファビラスコーデを紹介

ひるみ 軽減 アイス ボーン

どうも、わらしかです。 MR158現在の「導きの地」攻略弓装備を紹介していきます。 ほぼ完成形です。 TA勢のような火力特化装備というより、安定感を求めつつ火力も出せるような構成となっていますので、「導きの地」を弓で攻略したいという方は是非参考にしてみてください。 【MHWアイスボーン】ほぼ完成形!導きの地 攻略弓装備の紹介【MR158現在】 各属性ごと紹介しますが、ほぼ原型ができているのでそれを先に紹介。 以下の防具、護石を使用します。 各属性攻撃の護石• 「早気+達人珠」「痛撃+体力珠」があればベスト 上記のような防具をベースに、護石と装飾品を調節していく感じですね。 必須スキルとしては「見切り」「属性強化」「不屈」「スタミナ急速回復」くらいでしょうか。 個人的には不屈イチオシで、狩りがすごく安定して快適になるのでおすすめです。 効率の良い発動方法は以下の記事を参考に。 見切り7• 火属性攻撃強化6• 体術4• 体力増強3• 弱点特効3• 納刀術3• スタミナ急速回復2• 不屈1• 渾身1• ひるみ軽減1• 弓溜め段階解放• 見切り6• 雷属性攻撃強化6• 体術4• 体力増強3• 弱点特効3• 納刀術3• スタミナ急速回復2• 不屈1• 渾身1• ひるみ軽減1• 弓溜め段階解放• 見切り7• 水属性攻撃強化6• 体術4• 体力増強3• 弱点特効3• 納刀術3• スタミナ急速回復2• 不屈1• 渾身1• ひるみ軽減2• 弓溜め段階解放• 見切り6• 氷属性攻撃強化6• 体術4• 体力増強3• 弱点特効3• 納刀術3• スタミナ急速回復2• 不屈1• 渾身1• ひるみ軽減1• 弓溜め段階解放• 見切り7• 龍属性攻撃強化6• 体術4• 体力増強3• 弱点特効3• 納刀術3• スタミナ急速回復2• 不屈1• 渾身1• ひるみ軽減1• 弓溜め段階解放• シリーズスキル 属性加速、会心撃【属性】 防具構成はほぼ変わらず、護石を変えて装飾品を調整するだけ 割とこの構成の人が多いかも?似たような構成が色んな場所で紹介されているようで、近いうちに同じような防具構成をマルチで頻繁に見かけそうな。 防具の構成ですが、でも言った重要スキルを取りつつの構成になってまして、レア度の高い防具なので防御力も高く安定性がありいい感じ。 … 余談ですが、導きの地は読み込みが遅いってよく言われてるんで、そんな人にはSSD入れてみると爆速になるのでオススメです。 関連:•

次の

モンハンワールド アイスボーン ゆる攻略 ハンマーにのせたいおすすめスキル8つ

ひるみ 軽減 アイス ボーン

この記事の目次• 理由は2つ 1つめは 攻撃モーションの遅さとそれに伴う キャンセル回避のしにくさ。 ハンマーは手軽に重い1発を放てる代わりに、構えてからヒットするまでの時間が長く、かつ、モーション中にキャンセルして回避することができません。 故に 咆哮のフレーム回避が非常にやりずらい武器種となっています。 2つめは 回転飛びつき攻撃からの派生が強く安定させることでDPSが上がるため。 アイスボーンで追加された新モーション「回転飛びつき攻撃」からの派生攻撃が非常に有用です。 1発で傷をつけることができ、フルヒットで300以上のダメージを安定して出すことができる攻撃です。 この コンボを安定させるために「耳栓」はあった方が良いかと思います。 ハンマーの新モーション 「回転飛びつき攻撃」については下記記事でまとめましたので、ご参考までに。 ちなみに、 レベルは5にしておいた方が良いと思います。 古龍や歴戦個体のほとんどは咆哮大を使ってくるので、逆に5にならないのであれば0でいいくらいのイメージです。 2倍にあげてくれるスキルです。 操虫棍などでよく使われるスキルですがハンマーでも非常に有効です。 恩恵が受けらるのは 「滑走回転攻撃」の回転中のヒット(最後の1発を除く連撃ダメージ)と「ジャンプ叩きつけ攻撃」です。 ハンマーは1撃のダメージ高く「与ダメージ〇〇倍UP」系のスキルと親和性が高く、 できる限りのせて攻撃力の底上げを計りたいところ。 「飛燕+攻撃珠」「飛燕+達人珠」などついでにつけられるものが、 比較的低レアリティで手に入るので載せやすいのもポイントです。 「滑走回転攻撃」時の会心率向上を狙います。 滑走して効果を発動させること で会心率が30%あがります。 うまく計算して載せると無駄が無くて良いかと思います。 ちなみに、 滑走強化中に滑走を繰り返して延長することはできません。 はじめに発動してから決められた秒数後に必ず一度効果が切れます。 クールタイムなどはありませんが、注意しておきましょう。 会心率が上昇します。 上でも少し書きましたが、 ハンマーは一撃のダメージが高いため、「与ダメージ〇〇倍UP」系のスキルを最大限に生かすことができます。 そのため「見切り」による会心率上昇は他武器よりも重要度が高いと言えます。 Lv6~7を積むとなると重く感じますが、 アイスボーンで追加された防具は「見切り」を付けやすいものが多いのでスロット数と相談しながら組んでみてください。 アイスボーンからは傷つきの有無でさらに会心率が上がる仕様となりました。 アイスボーンでさらにに採用優先順位があがりましたね。 採用しない理由はありません。 また、ハンマーは気絶を取るために頭を攻撃することが多くなるため、 「弱点を攻撃する」という発動条件はうってつけ。 一部、頭が弱点でないモンスターがいますが(銀レウス、金レイアなど)傷つけてしまえばいいのでそこまで気にする必要はありません。 会心時のダメージ倍率が上がるスキルです。 上の「見切り」「弱点特効」「超会心」は 会心テンプレとしてよく採用されるスキルですね。 ハンマーは会心を発生させながら戦ってなんぼなので、こちらも是非採用したいところ。 がしかし、「見切り」「弱点特効」「超会心」すべてをMAXで盛るには結構の枠と珠が必要になってくるので、 会心率をとるか会心時のダメージ量をとるかで上手く調整しましょう。 私は枠が足りない場合はこの「超会心」を減らす形をとっています。 ダメージよりも会心頻度を上げたいので。 私はマルチ用の装備に組み込んでいます。 マルチ難易度になるとスタン耐久値が異様に高くなるため、1クエストでもよくて2回くらいしかスタンが取れません。 (クラッチクローがある故かもしれませんが・・・)これだとハンマーの存在意義が薄れてしまうので、この「KO術」でカバーするようにしています。 ソロは無くても3~4回スタンが取れる(モンスターによる)ので、個人的にはいらないかなぁと考えております。 ハンマーは頭を殴ってなんぼなので、他プレイヤーの攻撃で自身のコンボが中断されない様に載せておきましょう。 〇連打で出るフィニッシュ攻撃は発動まで長く、 ひるみをもらいやすいのでハンマーは特に必須です。 ちなみに、 「回転しがみつき攻撃」中は軽ひるみ無効です。 もし「ひるみ軽減」がつけられないのであれば「回転しがみつき攻撃」を主体にして戦うのもありでしょう。 さいごに いかがでしたでしょうか?ハンマーにのせたいおすすめスキルを8つほど紹介させていただきました。 まぁ、あんまり真新しい情報はないですが、、 個人的には「耳栓」「ひるみ軽減」「飛燕」「滑走強化」あたりは必須でつけたいかなぁと考えながら装飾品の調整を行っています。 ちなみに「攻撃」や「体力増強」などは、ハンマーに限らず載せたいスキルなので、省かせていただきました。 次回は実際の装備例を紹介いたします。

次の