娘 の 友達 ネタバレ。 娘の友達ネタバレ2巻!あらすじ感想!娘に怪しまれ始めた!?

娘の友達【3巻ネタバレ】禁断の恋が娘にバレてしまう緊急事態へ!?

娘 の 友達 ネタバレ

娘の友達3巻のあらすじネタバレ 娘の友達第3巻のあらすじをお伝えします。 18話:登校 美也は自分の父と何かあったりしないかと古都に尋ねます。 古都は少し考え・・・。 朝帰りした古都を母は何度家族を裏切ればいいのかと激しく叱り、スマホもキッチンで水没させられてしまいます。 それでも何も言わずに黙っている古都。 美也にじっと見られてようやく笑顔を作り、お父さんがどうかしたのか尋ねます。 まさかそんなことはないと思いながら、胸がざわざわしている美也。 久しぶりに学校に来た美也は音がうるさくてチカチカしてしまいます。 一人教室を出て、階段下の物置状態になっているところで一人勉強していると、ゴキブリいるよと声を掛けられます。 振り向くとタバコを手にした男子がいて、美也の隣に座りました。 美也のノートをのぞき込み、そこ追試に出ない、今ちょうど答案を盗んできたけれど見る?という怪しげな男子。 堂々とタバコも吸っています。 そこに美也を探していた古都が現れ、みんなで勉強しようと美也の手を引いてい行こうとしました。 美也に名前を聞き、自分の名前も三崎正一郎と名乗ります。 19話:軽はずみな同意 美也にテストはどうだったかと尋ねると、何とか進級はできるだろうと言われたと答えます。 安心する父の笑顔を見て、ふいにきいちゃんって覚えている?と尋ねてみました。 小学校の頃仲が良くて遊びに来ていたと話していくと、明らかに様子がおかしくなる父。 美也も変だと思っています。 次の日も階段に向かう美也。 すでに三崎も来ていて、この場所を気に入ったのかと尋ねます。 美也には教室にいるところがないかと聞くのに、自分は特別だからという三崎。 突然如月が胡散臭いと言い始めます。 美也はきいちゃんは信頼されていて自分にも優しいとかばっているところを古都は階段の上で聞いていました。 次の時間は移動教室で、歩きながら何気なく父のことを聞く古都。 美也は覚悟を決めて、自分に隠し事をしているみたいだと古都に告げます。 すると古都は今度の土曜日美也の家に遊びにきたいと言います。 とりあえず約束しました。 そして古都が、自分の親の本当の姿を知りたいかと意味ありげに質問してきました。 晃介は古都のバイト先の喫茶店に顔を出し、キョロキョロと古都を探します。 すると背後から、今日もお仕事ご苦労様ですと古都の声が。 連絡できなかったのは携帯が水没してしまったからだとこっそり伝える古都。 晃介は水没?と思いながらほっとしています。 古都は晃介とドキドキしているとこんなに素直になれると頬を赤らめ、もっとドキドキしたいですよねというのでした。 20話:モテそうですね 古都が突然インスタントカメラを取り出してツーショットを撮り、現像するまでわからないからドキドキすると言います。 翌朝、美也を起こす晃介。 美也は明日の土曜日のことを伝えようとしますが、やめることに・・・。 晃介は課長に昇進して、新人の本間の面談もすることに。 ランチがてらの面談で、本間は娘と二人の生活の本間をまじめそうだと言い、モテそうだとも思っているみたいです。 その頃古都は男子に告白されていました。 晃介は電車の中、古都とLINEでやり取りをしています。 洋服の好みを聞かれたりして、土曜日に晃介のところに古都が遊びに来ることを知ります。 「いっぱいドキドキしましょうね」と意味ありげのLINE。 21話:同じ月 家に帰ると美也から土曜日に古都が来ることを知らされます。 様子が怪しい晃介。 いいよと伝えると、ありがとと美也はいったんドアを閉めました。 しかしもう一度顔を出し、自分に何か隠していることはないかと尋ねます。 最近女の人と出かけることがあったのかと。 美也は何か気付いているのではないか。 この時初めて晃介は娘に嘘をついてしまいました。 古都はお風呂で体の手入れをした後、明日美也の家に遊びに行ってもいいかと母に聞きました。 笑顔でいいわよという母。 美也の家には自分も挨拶に行くというのでした。 22話:10分だけ 晃介は落ち着かず、うろうろと掃除をしていました。 古都が訪れますが、挨拶をしたいから玄関に来てと美也に呼ばれます。 すると古都の母が来ていて、じっと晃介を見つめます。 お土産と古都を置いて気にしながら帰っていきました。 美也と古都が楽しそうに作業を進めていきますが、古都がクッキングシートを忘れて来てしまいました。 近くのスーパーに行こうとする古都ですが、場所がはっきりわかりません。 美也が15分で戻ると買い物に行きました。 すると古都が晃介の部屋へ。 隣に座り晃介の手を取ります。 土日だってお父さんではない時間があってもいいんじゃないかと思うんです。 10分だけ・・・。 23話:ひとひと 晃介の匂いを嗅いだり、抱き着いたりしてくる古都。 晃介は戸惑っています。 美也は本当に出かけているのだろうか。 そして家ではさすがにダメだと古都に伝えます。 部屋の中のものもインスタントカメラで写そうとするので晃介はやめろと止めに入ります。 クッキーが思ったよりたくさんできてしまい、三崎に渡さないのかと尋ねる古都。 美也も古都に気になる人はいないかと尋ね・・・ いるよと答える古都。 24話:穴の開いたクッキー生地 古都の気になる人は、子犬みたいな人・・・と話していきますが、それは美也の父のこと。 インスタントカメラを返そうとリビングに行く晃介ですが、美也の視線にドキッとします。 古都はクッキーを袋に入れて帰っていきました。 インスタントカメラは返せませんでした。 翌日美也は階段で三崎を待っていました。 古都と作ったクッキーを渡します。 晃介は会社でうっかりミスをしてしまいますが、それは古都のことを気にしていたから・・・。 本間の落とし物を拾った時、一瞬名前を如月と呼んでしまいます。 本間には体調が悪いのか心配される晃介。 帰宅途中、もうあの喫茶店もいけなくなったな…と思いながら晃介は歩いていました。 古都と猫を見つけた道に出るとインスタントカメラで月を撮ります。 すると背後から何やってるんですか?と声を掛けられます。 振り向くと本間が立っていました。 25話:それぞれの夕食 本間と居酒屋に入り、美也にラインを送る晃介。 お父さんの時間を邪魔しちゃってという本間。 毎日仕事が楽しいと言います。 いつの間にか本間は酔っていて、会社で自分の名前を呼び間違えたと指摘して、彼女ではないかと探りを入れると、晃介はわかりやすく動揺します。 本間にもわかりやすいですねと言われる始末・・・。 彼女ではないけれど、娘もいるし仕事も大変の時だから秘密にしておいてほしいと伝える晃介。 どうしようかな・・・そう言いながら本間は晃介に好意を抱いているようです。 そして如月さんに会ってみたい、部下として上司の好みを知っておかないと本間は言います。 一方美也は冷蔵庫に何も入っていなかったので、コンビニに買い物に。 飲み会も本当なのか、古都とは挨拶だけだったのか疑っています。 そこで偶然三崎に会い・・・三崎は姉の家に行っていたのですが・・・コンビニの駐車場で晩御飯を食べながら父親と古都の話をします。 三崎は冗談だと思っていますが、美也の様子が深刻で涙まで流しているので心配になりました。 26話:破壊 美也は泣きながら古都から聞いたことで確信を持っているようなので、三崎は古都のアルバイト先に行ってみるかと尋ねます。 たまたま前に三崎のバイトしているところを見たことがあったのです。 気休めかもしれないけれど、もしも古都がおとなしくバイト中なら今夜の疑いは晴れるのではないかという三崎。 その頃晃介は、本間と古都の店に向かっていました。 美也も古都のバイト先の最寄り駅に降りると、父の会社の近くの駅でした。 晃介も本間の古都を見てみたいという悪ノリを断れないでいたのです。 店の中を覗いても見えなかった本間は、中に入ろうと言いますが晃介は帰ろうとしました。 目の前に美也がいて驚く晃介。 どうしてこの店に来てるの? 古都がバイトしている店ですよねと三崎も言います・ 本間が察知して自己紹介をして、自分が無理やり連れてきたとフォローしますが、美也は信用するはずがありません。 本当はいつも二人で会っているんでしょう、もうお父さんのこと何も信じられないと泣き出してしまいます。 晃介は誤解だと言い、本間も家族思いでいいお父さんだと伝えますが、さらに美也の怒りが大きくなっていきます。 家に帰ろうと手を取っても気持ち悪いからと拒否されます。 晃介もついに本心が出てしまいます。 自分もどうしたらいいのかわからない・・・と父親も課長も大切な自分だけれどそれ以外の自分はいてはいけないのかと。 その時バイトを終えた古都が出て来て・・・。 娘の友達第3巻のあらすじをネタバレでお伝えしました。 古都を見て晃介はどんな態度をとるのでしょうか。 古都はどうするのでしょう。 ポイントをためて娘の友達が無料で読めます。 30日間無料+600円分のトライアルポイントで娘の友達がいますぐお得に読めます。 娘の友達をお得に読みたいなら「」がおすすめ! 本日FODプレミアムにお試し加入すると 漫画購入に使えるポイント600円分が 今すぐもらえ、ドラマやアニメも14000本以上見放題になります。 ポイントが貯まるまで待てるなら「」一択! もらえるポイントが最大1300ポイントと最大です。 もちろんお試し期間中いつでも解約OK& 月額も一ヶ月無料! しかも解約しても漫画はそのまま継続で読めて安心です。 美也に新しいけれど、何でも話せるお友達ができたのはとても良かったと思います。 今回も古都のお店にも連れてきてくれて、ようやく美也は自分の気持ちを父にぶつけることができました。 古都の本心もよくわかりません。 家庭環境にも父のように年の離れた晃介に向かう理由がありそうです。 本当に好きかどうかも謎ですね。 全話一覧 次話> 娘の友達は無料で読むことができます。

次の

娘の友達 2巻 ~水族館に行ったことが母親にバレ古都とホテルに行ってしまう晃介 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

娘 の 友達 ネタバレ

娘の友達3巻のあらすじネタバレ 娘の友達第3巻のあらすじをお伝えします。 18話:登校 美也は自分の父と何かあったりしないかと古都に尋ねます。 古都は少し考え・・・。 朝帰りした古都を母は何度家族を裏切ればいいのかと激しく叱り、スマホもキッチンで水没させられてしまいます。 それでも何も言わずに黙っている古都。 美也にじっと見られてようやく笑顔を作り、お父さんがどうかしたのか尋ねます。 まさかそんなことはないと思いながら、胸がざわざわしている美也。 久しぶりに学校に来た美也は音がうるさくてチカチカしてしまいます。 一人教室を出て、階段下の物置状態になっているところで一人勉強していると、ゴキブリいるよと声を掛けられます。 振り向くとタバコを手にした男子がいて、美也の隣に座りました。 美也のノートをのぞき込み、そこ追試に出ない、今ちょうど答案を盗んできたけれど見る?という怪しげな男子。 堂々とタバコも吸っています。 そこに美也を探していた古都が現れ、みんなで勉強しようと美也の手を引いてい行こうとしました。 美也に名前を聞き、自分の名前も三崎正一郎と名乗ります。 19話:軽はずみな同意 美也にテストはどうだったかと尋ねると、何とか進級はできるだろうと言われたと答えます。 安心する父の笑顔を見て、ふいにきいちゃんって覚えている?と尋ねてみました。 小学校の頃仲が良くて遊びに来ていたと話していくと、明らかに様子がおかしくなる父。 美也も変だと思っています。 次の日も階段に向かう美也。 すでに三崎も来ていて、この場所を気に入ったのかと尋ねます。 美也には教室にいるところがないかと聞くのに、自分は特別だからという三崎。 突然如月が胡散臭いと言い始めます。 美也はきいちゃんは信頼されていて自分にも優しいとかばっているところを古都は階段の上で聞いていました。 次の時間は移動教室で、歩きながら何気なく父のことを聞く古都。 美也は覚悟を決めて、自分に隠し事をしているみたいだと古都に告げます。 すると古都は今度の土曜日美也の家に遊びにきたいと言います。 とりあえず約束しました。 そして古都が、自分の親の本当の姿を知りたいかと意味ありげに質問してきました。 晃介は古都のバイト先の喫茶店に顔を出し、キョロキョロと古都を探します。 すると背後から、今日もお仕事ご苦労様ですと古都の声が。 連絡できなかったのは携帯が水没してしまったからだとこっそり伝える古都。 晃介は水没?と思いながらほっとしています。 古都は晃介とドキドキしているとこんなに素直になれると頬を赤らめ、もっとドキドキしたいですよねというのでした。 20話:モテそうですね 古都が突然インスタントカメラを取り出してツーショットを撮り、現像するまでわからないからドキドキすると言います。 翌朝、美也を起こす晃介。 美也は明日の土曜日のことを伝えようとしますが、やめることに・・・。 晃介は課長に昇進して、新人の本間の面談もすることに。 ランチがてらの面談で、本間は娘と二人の生活の本間をまじめそうだと言い、モテそうだとも思っているみたいです。 その頃古都は男子に告白されていました。 晃介は電車の中、古都とLINEでやり取りをしています。 洋服の好みを聞かれたりして、土曜日に晃介のところに古都が遊びに来ることを知ります。 「いっぱいドキドキしましょうね」と意味ありげのLINE。 21話:同じ月 家に帰ると美也から土曜日に古都が来ることを知らされます。 様子が怪しい晃介。 いいよと伝えると、ありがとと美也はいったんドアを閉めました。 しかしもう一度顔を出し、自分に何か隠していることはないかと尋ねます。 最近女の人と出かけることがあったのかと。 美也は何か気付いているのではないか。 この時初めて晃介は娘に嘘をついてしまいました。 古都はお風呂で体の手入れをした後、明日美也の家に遊びに行ってもいいかと母に聞きました。 笑顔でいいわよという母。 美也の家には自分も挨拶に行くというのでした。 22話:10分だけ 晃介は落ち着かず、うろうろと掃除をしていました。 古都が訪れますが、挨拶をしたいから玄関に来てと美也に呼ばれます。 すると古都の母が来ていて、じっと晃介を見つめます。 お土産と古都を置いて気にしながら帰っていきました。 美也と古都が楽しそうに作業を進めていきますが、古都がクッキングシートを忘れて来てしまいました。 近くのスーパーに行こうとする古都ですが、場所がはっきりわかりません。 美也が15分で戻ると買い物に行きました。 すると古都が晃介の部屋へ。 隣に座り晃介の手を取ります。 土日だってお父さんではない時間があってもいいんじゃないかと思うんです。 10分だけ・・・。 23話:ひとひと 晃介の匂いを嗅いだり、抱き着いたりしてくる古都。 晃介は戸惑っています。 美也は本当に出かけているのだろうか。 そして家ではさすがにダメだと古都に伝えます。 部屋の中のものもインスタントカメラで写そうとするので晃介はやめろと止めに入ります。 クッキーが思ったよりたくさんできてしまい、三崎に渡さないのかと尋ねる古都。 美也も古都に気になる人はいないかと尋ね・・・ いるよと答える古都。 24話:穴の開いたクッキー生地 古都の気になる人は、子犬みたいな人・・・と話していきますが、それは美也の父のこと。 インスタントカメラを返そうとリビングに行く晃介ですが、美也の視線にドキッとします。 古都はクッキーを袋に入れて帰っていきました。 インスタントカメラは返せませんでした。 翌日美也は階段で三崎を待っていました。 古都と作ったクッキーを渡します。 晃介は会社でうっかりミスをしてしまいますが、それは古都のことを気にしていたから・・・。 本間の落とし物を拾った時、一瞬名前を如月と呼んでしまいます。 本間には体調が悪いのか心配される晃介。 帰宅途中、もうあの喫茶店もいけなくなったな…と思いながら晃介は歩いていました。 古都と猫を見つけた道に出るとインスタントカメラで月を撮ります。 すると背後から何やってるんですか?と声を掛けられます。 振り向くと本間が立っていました。 25話:それぞれの夕食 本間と居酒屋に入り、美也にラインを送る晃介。 お父さんの時間を邪魔しちゃってという本間。 毎日仕事が楽しいと言います。 いつの間にか本間は酔っていて、会社で自分の名前を呼び間違えたと指摘して、彼女ではないかと探りを入れると、晃介はわかりやすく動揺します。 本間にもわかりやすいですねと言われる始末・・・。 彼女ではないけれど、娘もいるし仕事も大変の時だから秘密にしておいてほしいと伝える晃介。 どうしようかな・・・そう言いながら本間は晃介に好意を抱いているようです。 そして如月さんに会ってみたい、部下として上司の好みを知っておかないと本間は言います。 一方美也は冷蔵庫に何も入っていなかったので、コンビニに買い物に。 飲み会も本当なのか、古都とは挨拶だけだったのか疑っています。 そこで偶然三崎に会い・・・三崎は姉の家に行っていたのですが・・・コンビニの駐車場で晩御飯を食べながら父親と古都の話をします。 三崎は冗談だと思っていますが、美也の様子が深刻で涙まで流しているので心配になりました。 26話:破壊 美也は泣きながら古都から聞いたことで確信を持っているようなので、三崎は古都のアルバイト先に行ってみるかと尋ねます。 たまたま前に三崎のバイトしているところを見たことがあったのです。 気休めかもしれないけれど、もしも古都がおとなしくバイト中なら今夜の疑いは晴れるのではないかという三崎。 その頃晃介は、本間と古都の店に向かっていました。 美也も古都のバイト先の最寄り駅に降りると、父の会社の近くの駅でした。 晃介も本間の古都を見てみたいという悪ノリを断れないでいたのです。 店の中を覗いても見えなかった本間は、中に入ろうと言いますが晃介は帰ろうとしました。 目の前に美也がいて驚く晃介。 どうしてこの店に来てるの? 古都がバイトしている店ですよねと三崎も言います・ 本間が察知して自己紹介をして、自分が無理やり連れてきたとフォローしますが、美也は信用するはずがありません。 本当はいつも二人で会っているんでしょう、もうお父さんのこと何も信じられないと泣き出してしまいます。 晃介は誤解だと言い、本間も家族思いでいいお父さんだと伝えますが、さらに美也の怒りが大きくなっていきます。 家に帰ろうと手を取っても気持ち悪いからと拒否されます。 晃介もついに本心が出てしまいます。 自分もどうしたらいいのかわからない・・・と父親も課長も大切な自分だけれどそれ以外の自分はいてはいけないのかと。 その時バイトを終えた古都が出て来て・・・。 娘の友達第3巻のあらすじをネタバレでお伝えしました。 古都を見て晃介はどんな態度をとるのでしょうか。 古都はどうするのでしょう。 ポイントをためて娘の友達が無料で読めます。 30日間無料+600円分のトライアルポイントで娘の友達がいますぐお得に読めます。 娘の友達をお得に読みたいなら「」がおすすめ! 本日FODプレミアムにお試し加入すると 漫画購入に使えるポイント600円分が 今すぐもらえ、ドラマやアニメも14000本以上見放題になります。 ポイントが貯まるまで待てるなら「」一択! もらえるポイントが最大1300ポイントと最大です。 もちろんお試し期間中いつでも解約OK& 月額も一ヶ月無料! しかも解約しても漫画はそのまま継続で読めて安心です。 美也に新しいけれど、何でも話せるお友達ができたのはとても良かったと思います。 今回も古都のお店にも連れてきてくれて、ようやく美也は自分の気持ちを父にぶつけることができました。 古都の本心もよくわかりません。 家庭環境にも父のように年の離れた晃介に向かう理由がありそうです。 本当に好きかどうかも謎ですね。 全話一覧 次話> 娘の友達は無料で読むことができます。

次の

娘の友達 2巻 ~水族館に行ったことが母親にバレ古都とホテルに行ってしまう晃介 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

娘 の 友達 ネタバレ

注目の背徳サスペンス劇を繰り広げる漫画が登場。 その名も「 娘の友達」です。 この漫画は「バイバイ人類」を描いた萩原あさ美先生の作品。 自己を捨てて会社では理想的な上司、家庭では良き父親として奔走、演じる主人公・市川晃介が娘の友達である如月古都と出会った事で人生が一変していく物語。 理想を追い求めるも現実はまさにストレス社会。 疲弊している晃介を古都はどういった心理か不明ながら癒やしと愛情を捧げていく事へ。 娘の友達…高校生…道徳的に抱いてはいけない感情が晃介を支配していき、駄目だと思いながら不思議な安心感、癒やしに包まれていく。 理想的で良き上司や父親を演じようと奔走する晃介ですが、現実は理想とかけ離れており、社会の重圧に押しつぶされそうで疲弊しきっている状態。 さらに家庭でも問題点が…。 妻が他界してから娘の美也と二人暮らしの晃介。 しかし、美也は母の死がショックで引きこもりになってしまい、上手くコミュニケーションが取れず…。 唯一の晃介が安らぎと癒やしを感じられる場所。 それが寂れた馴染みの喫茶店。 おじいさんが一人で切り盛りする喫茶店へ疲弊した晃介はリフレッシュを兼ねて訪れるのですが、久しぶりに訪れると若い女性アルバイト店員が入店していました。 この女性アルバイトが後に判明しますが如月古都。 ヒロインです。 美少女は引きこもり娘の友達だった…!? 馴染みの喫茶店で邂逅する二人。 店では一悶着あって、古都へ助け舟を出す晃介。 一連の流れで自分を助けてくれたと理解した古都は晃介へ感謝と御礼の言葉を述べていきます。 後日、保護者面談で美也の通う高校を訪れる晃介。 面談の担当職員からは娘の事を何も考えていないと戒められる晃介。 同時に会社の部下からは緊急連絡。 家庭に社会…自分を縛る出来事ばかりに疲弊。 気落ちする晃介は学校の階段にて少し休憩をする事へ。 ここで偶然にも階段を昇ってきた古都と遭遇。 ここで喫茶店のアルバイト店員が高校生だった事を知る晃介。 落ちていた名刺を拾って名前を見る古都。 彼女は晃介が美也のお父さんですか?…と質問。 古都は自身の名前を告げて美也と友達である事。 そして小学生時代に晃介と対面していた事を明かします。 実は面識のあった二人。 簡単な挨拶をして去ろうとする晃介。 そんな晃介に対して喫茶店で助けてもらったお礼、また疲弊している晃介の力になりたいと言って連絡先を交換する流れに…。 娘の友達と急接近!? 連絡先を交換してからは積極的に古都からメールが来るようになる晃介。 会社で問題もあって癒やしとして馴染みの喫茶店へ立ち寄ろうとするとバイト終わりの古都と遭遇。 雨の中、傘を忘れていたので晃介は相合い傘をして古都を送っていく事へ。 そんな状況時に部下と遭遇してしまう晃介。 変な関係だと思われたくない晃介は対応に困りますが、機転を利かせた古都は『娘の美也です』と部下へ挨拶。 上手く切り抜けた後、部下への対応、自分への配慮に精を出そうとした晃介の頭をなでなでする古都。 まさかの行動に胸が高鳴る感情が芽生えた晃介は傘を渡して一人で帰宅する事へ。 翌日からは係長、父親としてストレスの溜まる生活を強いられていく晃介は精神的に限界を向かえつつあった。 そして何でも相談に乗ります!といった古都からのメール。 晃介は美也について古都へ相談する為、ファミレスで対面していきます。 晃介が相談中、息苦しそうな晃介を見た古都は今日だけは『係長』『お父さん』もお休みして『晃介』として接して欲しいと提案。 流れで晃介は古都が行ってみたかったカラオケ店へ一緒に足を運ぶ事へ。 狭い空間でサラリーマンと女子高生が密着して二人きり。 変な気持ちも込み上げてくる晃介だったがグッと我慢。 そんな晃介の気持ちに反して古都はやたらと晃介へ寄り添っていきます。 そして息苦しそうな晃介を抱きしめて『私にだけは甘えてください』と一言。 晃介は不思議な安らぎに身を任せてみる事へ。 日常を投げ捨て逃避行! その後も重圧を感じる毎日。 すると晃介の会社へ古都が訪れます。 借りた傘を返す為に。 そんな親切な古都を途中まで送っていく晃介。 自身のつまらない内面を吐露する中、古都は晃介に係長や父親としてでなく、晃介として今一番やりたいことはなんなのか?…そんな質問をしていきます。 真面目に考える晃介…。 出てきた言葉は『ここから逃げ出したい…』でした。 そんな晃介に手を差し伸べて『おいで』と誘う古都。 気がつくと二人は新青森行きの新幹線の中へ。 車両内ではゲームを始める二人。 しかし、古都の行動に欲情していく晃介。 葛藤の末、彼は引き返す事を決意。 自身の考えを伝えると突然、古都が晃介にキスをする展開へ。 古都の真意や意図がまったくわからない晃介。 からかわれていると感じた晃介は怒りを露わに熱くなっていきます。 冷静になった晃介はスマホを見ると部下や取引先からたくさんの連絡。 仕事をサボった事の重圧に体が震えだしていきます。 そんな彼の袖を掴み「私…キス初めてだったんです」と一言つぶやく古都。 結局、二人は引き返す事なくネカフェで寄り添う形へ。 古都は母との関係、今日の出来事を思い出話のように語っていく中、晃介へ接近。 再び彼女は晃介にキスを迫っていきます。 一方、晃介の自宅では父親の帰宅が遅い美也が心配して部屋から出てきていました。 そして晃介へ電話をかける美也。 晃介は遠くの土地で古都と二人きり。 キスを迫れている最中だったので美也からの連絡が気づかず…ここで1巻は幕引き。 漫画「娘の友達」感想.

次の