競馬 初心者 万馬券。 万馬券ってなに?

競馬で初心者が万馬券的中に近づくためには

競馬 初心者 万馬券

「2頭が読めてるのならワイドで良いんじゃないの?」そう思われるでしょう。 例えば、2019年6. JRAより出典 わたしは「9-13」の2頭が当たりそうだな🤔と考えていました。 9-13のワイドの配当は約10倍、的中した三連複の配当は667倍あります…💦 狙う2頭が人気馬の場合「ワイドで一点勝負する」よりも、2頭軸三連複総流しのほうが多くの配当に期待できるわけです。 18頭出走のレースで2頭軸三連複総流ししても16点。 1点100円で1600円です。 1600円を10倍のワイドにしてた場合は1万6千円にしかなりません。 2頭軸三連複総流しの買い方で重要なのは「3頭目に不人気の馬が来る!」自信がある時に有効。 3頭目に人気馬 1〜5番人気内 がきてしまうと「安い三連複の配当」になるので注意が必要です。 「そんな事言われても荒れるレースがわからない!」 競馬においてレース選びは非常に重要です。 荒れるレースのパターンをお伝えします。 競馬で荒れるレースのパターンとは? 短距離戦 ハンデ戦 馬場状態が悪い 牝馬限定戦 毎年荒れるレース 一つずつ解説します。 短距離戦は人気馬が飛ぶ? 短距離戦 1200〜1400 は人気馬が実力を発揮する前にレースが終わる可能性があります。 例えば、人気馬が極端な内枠の時は他馬に囲まれて進路が塞がれるケースがあり、どうしようもなく負けてしまう事が多い印象です。 ちなみにルメール騎手は「他馬に囲まれても抜け出せる・馬群をかわせる技術を持っている騎手」なので覚えておきましょう。 人気馬が実力を発揮することなくレースが終わると配当は高くなります。 ハンデ戦はワザと荒れさせようとしている? JRAのレースでハンデ戦があります。 なぜ「わざわざハンデをつける必要があるのか?」 ハンデ戦は配当的に楽しめるようにです。 1kgの斤量のハンデは『0. 2秒・1馬身』といわれており、強い馬ほど重いハンデでレースすることになります。 厩舎や馬主サイドは「ハンデがあっても勝つだろう…」と出走させるわけです。 ハンデ戦は配当的に楽しめるようにしてくれてる訳ですから、そこを狙います。 馬場状態が悪い 馬場状態が悪い 稍重、重、不良 とぬかるんだ馬場が苦手・得意な馬が存在します。 馬場状態の適正は血統予想で判断したり、今までの馬場状態が悪いレース実績で判断します。 判断されますが『絶対に得意!絶対に苦手!』という訳でもなく結果が読みづらくなる訳です。 馬場状態が悪い時は「配当的に荒れるかも?」と意識しましょう。 逆に、普段から本命狙いの方は馬場状態が悪い日のレースの馬券は買わない方が良いでしょう。 牝馬限定戦 牝馬限定戦とは名前の通り牝馬のみのレースです。 なぜ「牝馬限定戦は荒れるのか?」 牝馬は少し気難しい側面があり、能力を発揮せずにレースが終わることがあります。 気難しい馬は『気分が乗らないから走りたくない!』そんな一面があり、人気馬が飛ぶと配当に期待できます。 毎年荒れるレース 毎年荒れるレースは同じ印象です。 なぜか? 毎年荒れるレースは「荒れる条件が揃っているレース」だからです。 例えば、G1では• NHKマイル• ヴィクトリアマイル• 安田記念• 宝塚記念• スプリンターズステークスなどです。 荒れる条件とは現在説明してるように、 1番人気が1倍代のオッズ(過剰人気) 季節的な理由 雨が多く馬場が悪い 開幕後半は馬場状態が悪い 以上の内容が複合的に関係しています。 競馬の荒れる条件の数で配当予想する 競馬の荒れる条件の重複の数で配当予想します。 わたしが的中した「函館11R」は「短距離・ハンデ戦」の2つの荒れる要素があります。 《荒れる要素で配当を考える》• 「絶対にこうなる!」わけではなく、ご自身で荒れる要素を感覚的に覚えておくと馬券に活かせます。 まとめ 今回は「簡単に万馬券を当てる方法」を解説しました。 競馬で万馬券を当てるにはレース選びが重要で、本命サイドで決着しそうなレースを「寝ずに予想」しても万馬券を当てることはできません。 『万馬券を当てたい!』なら、荒れる要素があるレースで予想しましょう。 荒れるレースで、軸馬が明確なら2頭軸三連複がおすすめ。 三連複を使う理由は、 高配当を狙いながら買い目点数も少ない『オフェンスとディフェンス』を兼ね備えた券種だからです。 *馬連・ワイドも同じく連系なのでおすすめ 万馬券を当てやすいが三連単はおすすめしない さいごに三連単についても解説します。 三連単の券種では高確率で万馬券になりますが、 買い目が多くなり、資金が物凄い勢いでなくなるのでおすすめできません。

次の

【ヤバい】競馬の税金はいくらからで払わないとどうなる?(簡単に計算)

競馬 初心者 万馬券

【万馬券を当てる方法】 「万馬券を当てるには、どうすればいいですか?」 というご質問をいただいたので、本日は、万馬券を当てる方法について、私 ブエナ の独断と偏見で、考察してみたいと思います。 」 それではこの件について、具体的に考察してみましょう。 特に、競馬初心者さんは、万馬券を一度も取ったことがないという人も多く、万馬券の取り方すらわからないとおっしゃる方も多いです。 万馬券を当てるために重要なポイントは、 「 万馬券になる馬券を買うこと」 当たり前だと思いましたか? でも、初心者さんで万馬券を取りたいと言っている人は、なぜか1番人気の馬から、馬連の流し馬券を買ってしまったりするわけです。 初心者さんにとっては、まず「人気薄の馬券」を買うということが難しいわけです。 なぜなら、「 自分の中に、人気薄を買う根拠がない」からです。 そして万馬券が取れなくなる、というパターンが多い気がするわけ。 適当に、人気薄を多点買いするだけでも万馬券は当たりますが、これをやると長期回収率が大きく下がってしまい、長い目で見ると、お金が減ってしまいます。 自分なりの根拠、及び理論ということです。 万馬券というのは、「 100円が1万円以上になって帰ってくる馬券(オッズ100倍以上)」のことですが、複勝の万馬券は難しく、三連単の万馬券は簡単です。 なぜなら、 「 出現率」が全く違うからですね。 ですから、万馬券を取りたい!というお気持ちはわかりますが、 どの馬券種で万馬券を取りたいのか?これによって作戦が全く変わってきます。 まず、単勝と複勝の万馬券は、出現率が低すぎて的中率&回収率が下がりまくるのでお勧めしません。 また、馬連の万馬券も、回収期待値が低いので、あまりお勧めしません。 なぜ馬連万馬券の回収期待値が低いかというと、馬連の万馬券というのは、「人気薄同士の組み合わせ」を買うことになるからです。 話を戻します。 私ブエナの万馬券ゲット作戦のオススメは、 「三連複での万馬券」を狙う方法です。 オッズで言えば、100倍から200倍くらいのゾーン。 200倍以上の三連複は、これまた回収期待値が下がる印象なので、私としてはオススメできないゾーンになります。 これはあくまでも、私ブエナのやり方であり、「三連複の本命サイド」や「三連複の大穴サイド」でも、しっかりと期待値を分析して馬券購入すれば、長期的な回収率をプラスにすることは、もちろん可能になります。 昔の、枠連時代の名残から、「特券 1000円単位の馬券 」とか「万馬券」という響きに、麻薬的な魅力を感じてしまっている人が多いと思うわけです。 しかし、あくまでも私ブエナの感覚ですが、三連複や三連単が登場した現在、「万馬券」には、それほどの価値はないような気もします。 特に、三連単などは、そのほとんどが万馬券であり、そこに希少性は無いように思うわけ。 「トータル収支がマイナスでも、大穴万馬券をゲットできればいいのだ!」という人は、それでもいいと思いますが、多くの人は、トータルの収支をプラスにしたいと思いますので、 「万馬券にこだわらなくても良い」 という考え方も、1つの戦略として、頭に入れておくと良いかと思います。 私なりにまとめると、 「万馬券を当てるためには、万馬券が出そうなレースを選び、三連系の100倍以上を狙うのが、一番、手っ取り早いと思う」 「ただし、長期的に利益を出すためには、上記の作戦に加え、期待値分析が必須だと思う」 私はこのように考えています。 私ブエナも、頻繁に万馬券は当たります。 (三連複メインなので) しかし上述した通り、馬券の目的は、万馬券を当てることではなく、トータルの収支をプラスにすることです。 ここの部分を見誤らないよう、ご注意ください。 なので万馬券ゲットに慣れたら、今度は単純な高配当を取るだけでなく、長期的な回収率も視野に入れながら、自分自身の馬券戦略を考えていくと良いかと思います。 ご参考まで。 まず、万馬券を当てるためのコツとして、 「1番人気が過剰人気のレースで、1番人気を外した馬券を狙う」 (マツリダ予想より引用) この戦略はシンプルですが、万馬券を取るためには有効な戦略だと思われます。 しかし、このような大混戦のレースでは、穴馬券が当たっても、意外と万馬券にならないものです。 なぜなら混戦のレースでは、「みんな穴馬券・万馬券を狙うから」 本来であれば万馬券になるような決着でも、大混戦のレースの場合、多くの人が穴狙いをするため、穴サイドのオッズが下がってしまい、万馬券になりにくいわけです。 このようなケースだと、やはりその断然人気の馬からの馬券が売れるわけです。 逆に、明確な軸馬がいるときは、その馬から買いたくなる。 何も考えずに競馬新聞を見てしまうと、多くの人はそのような行動を取ります。 なので、万馬券を当てるためには、そのような大衆心理の逆を行かなければならない。 なぜなら、万馬券というのは、多くの人と「違う選択」をすることで取れるものだからです。 このやり方だと、的中率は低くなりますが、的中時の万馬券率はかなり高くなります。 断然の1番人気がなかなか消えてくれないため、根気が必要ですが、私はこの買い方で何度も万馬券を取っています。 万馬券的中率は、10%前後になると思います。 つまり、競馬ファンの心理がオッズそのものとなる。 そして万馬券というのは、多くの競馬ファンが見向きもしない馬券なわけです。 誰も買わないからこそ、オッズが100倍以上になる。 平均的には、1点あたりの万馬券的中率は1%未満。 これだと、トータル収支はマイナスになる確率が高い。 トータルマイナスでも万馬券が獲れればいい!と言う人はそれでもいいんですが、私ブエナは「年間プラス」を常に目指すので、マイナスにはしたくありません。 万馬券を狙いながらも、その万馬券の期待値が高いレースで勝負する。 上述した通り、馬連の万馬券は期待値が低くなりがちですが、三連複の万馬券は100~200倍くらいなら、高期待値のゾーンに入りやすい印象。 断然の1番人気馬は、多くの場合、過剰人気になります。 だからこそ、その1番人気馬「以外の」馬券には、期待値的な優位性が付随してくると考えられるわけです。 多くの場合、12~16頭立てくらいのレースになるかと。 この頭数。 万馬券の出現率に大きく影響を与えます。 10頭立てのレースと、18頭立てのレースでは、平均配当が全然違うわけ。 少頭数のレースで万馬券を狙ってしまうと、必然的に「大穴馬」を購入することになる。 少頭数は平均配当が低いので、万馬券まで持っていくためには、かなりの大穴を購入しなければならないわけです。 だから私ブエナは、できるだけ「中穴」を狙いたい。 そう考えると、少頭数で万馬券を狙うと、大穴馬を購入せざるを得ないため、私はオススメしないわけです。 18頭立てなら、大穴馬を買い目に入れなくても、万馬券が狙える。 多頭数レースなら、中穴の4~6番人気あたりを中心に馬券を構成することで、想定期待値を下げずに万馬券を当てることが可能になると思うわけです。 【 秋華賞2019年】17頭立て。 多頭数 ・1番人気のダノンファンタジーは、G1ではあと一歩のレースが続いていたので軽視 ・軸は、2番人気のカレンブーケドール。 オークスでは強い競馬。 先行脚質で軸に最適 ・ヒモは中穴狙い。 10番人気への、10点流し はい。 このようなシンプルな中穴狙いで、三連複は15170円でした。 簡単に万馬券的中ですね。 なので、その場合は、基本的には2番人気馬を軸にして、三連複の万馬券を狙っていくことができます。 軸も2番人気のカレンブーケドールで、ここまでは問題ないと思います。 難しかったのは、3着のシゲルピンクダイヤを拾えるかどうかですね。 7番人気のサトノダムゼルあたりは、3連勝中とは言え、格下の存在でやや過剰人気だったので、この辺を切っていくと、シゲルピンクダイヤまで手を広げることが可能になります。 【 セントライト記念2019年】18頭立て。 多頭数 ・大混戦レースだったので、1番人気を軸にしても万馬券が狙える ・1番人気はリオンリオン。 ダービーでは横山武史が暴走して惨敗したが、今回は父親の横山典弘に乗り戻り。 狙い目 ・ヒモは今回もシンプルに中穴狙い。 9番人気へ、三連複流し はい。 先ほどと違うのは、 1番人気のオッズが5. 3倍もついており、大混戦。 このような混戦レースでは、意外と1番人気の期待値が高くなりやすい。 2番人気が信用しづらいニシノデイジーということもあり、ここは1番人気を軸で行く。 あとは、中穴馬をかき集めて、5頭への三連複流し。 万馬券です。 簡単ですね。 ここでのポイントは、1番人気馬を軸馬にしているため、2~3番人気馬は切ることですね。 もちろん、2~3番人気馬を入れることもあるんですが、万馬券を狙いに行くなら、2~3番人気を入れない方が成功確率は高くなるというわけです。

次の

万馬券ってなに?

競馬 初心者 万馬券

簡単解説!馬券の種類一覧表 現在発売されている 馬券の種類は全で9つ! 「夢の安全投資法」に触れる前に、ここではさらっと馬券の種類を復習しておきましょう! ここで自分に合った馬券や、各馬券ごとの難易度を知っておくと後々役立つでしょう! 単勝 1着を当てる馬券。 勝つ馬を当てるという点で最もシンプル。 複勝 3着以内(7頭立て以下の時は2着まで)になる馬を当てる馬券。 最も的中率が高く初心者にオススメ。 単複 単勝と複勝をセットで買いたい時に便利な馬券。 馬券で買うと「がんばれ!」の文字が印字されることから「応援馬券」とも呼ばれる。 枠連 馬番でなく枠番で1,2着になる馬を当てる馬券。 枠ごとに騎手の帽子の色が決まっているので、買ってる馬がどこにいるか判別しやすい。 馬連 1,2着になる馬を当てる馬券。 シンプルかつそれなりにオッズも高いバランス型。 馬連の順番通りに当てるバージョンで難易度は高め。 ワイド 選んだ2頭が1~3着に入れば当たる馬券。 馬連よりも当たりやすいことから「拡大馬連」とも言われる。 3連複 1~3着に入る馬を3頭とも当てる馬券。 複勝を3頭買って3頭とも3着以内に入るようなものなので難易度は高め。 3連複をさらに順番通りに当てるバージョンなので最も難易度が高い。 そのぶん破壊力もすさまじい。 さらに詳しく知りたい方はJRAの専門サイトへGO! 初心者におすすめの買い方!「夢の安全投資法」とは? 「たくさん競馬を楽しみたいし、一攫千金も夢見たいし、でも使えるお金は少ないし…」 そんな思いからあみ出した馬券の楽しみ方をここで伝授します! 名付けて 「夢の安全投資法」! レースによって以下の3パターンを使い分ければ、夢も見れるし大金が減るリスクもなくせます! まず、 馬券を購入する金額は1レース600円という投資額がベストです! 1レース600円あれば実はいろんな馬券が買えてしまうんです! 1点100円なのでつまりは6点買えます! ここではボックスやマルチなどの説明は割愛していますが、競馬場の係の人に聞いたら教えてくれるのでご安心を! 安全型• 3連単3頭ボックス(6点各100円)• 3連単1着固定 相手3頭流し• 3連複1頭軸 相手4頭流し• 3連複2頭軸 相手6頭流し 「一攫千金型」は的中の難易度はかなり高いものの、 たった600円で万馬券の可能性の夢を見ることができます! 「3連単3頭ボックス」は実質3連複1点買いと意味は同じです。 「この人気馬3頭で堅いだろうなぁ。 ただ1番人気が勝つとは限らないな」と予想したときはこの買い方で高配当を狙いましょう! ただこの馬券は、レース中の応援の仕方が複雑になります! 「1番人気が1着じゃ配当が安い!けど3着までには入ってくれないとハズれるから残してくれよ!」 と欲望たっぷりの声援を送ることになるでしょう。 笑 反対にオススメできない馬券の買い方2つ! オススメできない馬券の買い方• トリガミ• 高配当ばかり買い続けること オススメできない馬券の買い方は 「トリガミ」と「高配当ばかり買い続ける」ことです。 それぞれのオススメできない理由について下記で説明していきます。 「トリガミ」をオススメしない理由とは? 「トリガミ」とは「取って損」とも言われ、的中はしたけど購入金額よりも的中金額が少ないことを指します。 せっかく当たったのにマイナス収支になるのも変な話ですし、長期的に見れば 「トリガミ」になるような買い方をしていると絶対に「勝ち組」になることはできません。 「トリガミ」が生じてしまう原因は、絞りきれず点数を多く買いすぎていることがほとんどなので、上記の「夢の安全投資法」のように6点以内に収めればおおかた解決できます!! 高配当ばかり買い続けることをオススメしない理由 「高配当ばかり買い続ける」というのもオススメできません。 なぜなら 「高配当を得る可能性があるということは、そのぶんだけ負ける可能性もある」というのが現実だからです。 例えば、 100万馬券を当てるためには、的中するまでに100万円失う可能性があるということです。 それだけ潤沢な資金がある方はそれでも問題ないのですが、多くの人はそうではないと思います! そのため長く競馬を楽しむためには、自分に合った資金で、自分に合った配当を求めて馬券を買うのがいいと思います! 馬券の購入方法を3通りご紹介! 馬券を買うときのコツを掴んだら、次は実際に購入してみましょう。 ネット化が進んだ今は手軽に購入することもでき、主な方法は以下の3つ! スマホやパソコン1台あればカンタンに買うこともできます!! 競馬場の券売機で購入する 最もオーソドックスな方法で、 初心者の方には一番オススメな方法です。 競馬場に行ってスタンドに入れば迷わずとも馬券券売機が目に入ってくると思います。 何かわからないことがあっても 係員の人が優しく教えてくれるので安心して買えます。 スマホのアプリを使っても購入できますが、いずれの場合も上記のサイトから会員登録をしてからになりますのでお気をつけください! ネット投票をするときに便利なアプリはこちらの記事でも紹介しています! ウインズで購入する ウインズ(場外馬券場)は少しコアな世界なので 慣れが必要かもしれません。 基本的に馬券を買うだけのギャンブル派の方が多いので、どうしても殺気だってしまう方が多いです。 券売機で買うときにマークシートのミスなどあると、後ろの方から「早くしろよ!」的なプレッシャーを受けることもあるのでそれが少し怖いです(笑)。 全国いろんな箇所にあって非常に便利なのですが、注意する点もあります。 それは、 「最低単位が100円でない場所もある」ということです。 ウインズやフロアによっては 「最低購入額が1点500円」などといった場所もあるので要注意です。 何階立てかのビルでは「1階は最低500円、2、3階は最低200円、4,5階は最低100円」などとなっており、お客さんがうまく分散されるようなシステムになっています。 初心者の方はそういった意味でも気軽に馬券を楽しめる競馬場などでの購入をオススメしたいです!• 馬券は自分に合った買い方をしよう!• トリガミや高配当ばかり狙うのは控えよう!• 「夢の安全投資法」で競馬をもっともっと楽しもう!! いかがだったでしょうか。 「元気」、、、 いや「600円」があれば何でもできる!!!! 競馬は無限の可能性がありますが、残念ながらお金は有限です! そんなときは1レース600円投資の「夢の安全投資法」がオススメです! まずは1日いくらまで買えるのか、どの馬券が好きなのかなどを考えてから馬券を買ってみましょう。

次の