岩井 俊二 ラスト レター。 「岩井俊二の世界」は続く 映画『ラストレター』公開記念&「SWITCH」発売記念特別ロングインタビュー

森七菜、岩井俊二監督『ラストレター』主題歌を担当 歌声入り特報映像も

岩井 俊二 ラスト レター

岩井俊二監督の新作映画『Last Letter』 岩井俊二監督の新作映画『Last Letter』が、2019年に日本で公開予定。 主演の松たか子さんを筆頭に、広瀬すずさんや福山雅治さん、神木隆之介さんといった豪華俳優陣が出演。 プロデューサーには川村元気さん、音楽には小林武史さんと制作スタッフも豪華メンバーです。 この映画は、岩井俊二監督の原体験が色濃く反映された内容となっているようです。 岩井監督自身の原体験を詰め込んだという同作は、岩井監督の出身地である仙台・宮城の夏を舞台に、手紙の行き違いをきっかけに始まった2つの世代の男女の恋愛模様や、それぞれの心の再生と成長を描く作品。 この『Last Letter』の公開に先立って、監督自身が書き下ろした小説『ラストレター』も出版されました。 中国で新作『你好、之华』も公開 一方、こちらは今のところほとんど情報がないのですが、中国でも新作映画が11月9日から公開されるようです。 主演は、中国の人気女優・周迅さん。 映画のタイトルは『你好、之华』。 かつて英語で『ヴァンパイア』を、韓国語で『チャンオクの手紙』を制作してきた岩井俊二監督ですが、これが監督にとって初の中国語映画となります。 『你好、之华』のポスター 驚いたのは、様々なポスターが公開されているのですが、いくつか岩井監督がアップのポスターもあること。 監督をポスターに持ってくるというのは、向こうの映画にとってそれだけ作家性が重んじられるということなのか、それとも、岩井さんの中国での人気ゆえなのでしょうか。 主題歌のMV(歌は主演の周迅さん、ピアノは岩井さんが演奏) タイトルの意味は、「こんにちは! 之華」で、英語タイトルは『Last Letter』のようです。 あれ? 日本で公開される映画と同じタイトルです。 なぜ同じタイトルの映画が一足早く中国を舞台に、中国の俳優陣を起用し、中国で公開されるのでしょうか。 作品のあらすじが、ある中国系の情報サイトに載っていました。 中国題とは違った趣きの英語タイトル「Last Letter」からも分かる通り、岩井監督自身のかつての名作『Love Letter』を思わせるもので、ヒロインの袁之嵐が姉の代わりに出席した同窓会で中学時代に思いを寄せていた男性と再会し、手紙での交流を始めるという、センチメンタルなラブストーリーです。 やはり中国版の『Last Letter(ラストレター)』といった感じなのでしょうか。 この『你好、之华』について、岩井俊二監督のツイッターを見ても、調べたかぎりただの一度も呟いていませんでした。 ご自身の作品に関することは自ら発信するだけでなくリツイートすることも多い岩井さんですが全く触れていません。 不思議。 なぜだろう。 ところが、見つけてしまいました。 たぶん、これは最近になって変更されたのだと思うのですが、岩井さんのツイッターのアカウントのプロフィール欄に、ひっそり《「你好、之华」11/9 中国他公開! 》と書かれていました。 でも、これだけ。 その他の詳細は一切ありません。 調べているうちに、これは確信犯的に日本では情報を隠しているのではないか、という気さえしてきました。 理由はわかりませんが、もしかしたら、日本版の『Last Letter』と微妙に何かが絡んでくるような仕掛けでもあるのかもしれないと、そんな想像を膨らませる秋の夜長でした。

次の

岩井俊二の映画『ラストレター』あらすじとキャスト ロケ地はどこ?

岩井 俊二 ラスト レター

1995年に公開された岩井俊二監督の映画「Love Letter」に出演した中山美穂さんと豊川悦司さんが、岩井監督最新作「Last Letter(ラストレター)」(2020年1月17日公開)に出演することが10月30日、分かった。 2人が岩井監督の映画に出演するのは「Love Letter」以来約24年ぶりで、映画共演も約24年ぶり。 「Love Letter」は、第8回日刊スポーツ映画大賞新人賞(岩井監督)、第19回日本アカデミー賞優秀作品賞・話題賞、第38回ブルーリボン賞主演女優賞など各映画賞を総なめにしたほか、カナダのモントリオール世界映画祭で観客賞を受賞。 韓国では公開当時、日本映画として初めて観客動員140万人を突破し、「お元気ですか?」の名ぜりふもブームになった。 中山さんは「Love Letter」以降、岩井さんがプロデュースした「新しい靴を買わなくちゃ」(2012年、北川悦吏子監督)に出演。 豊川さんはこれまで映画「undo」(94年)、ドラマ「ルナティック・ラヴ」(同年)と、多くの岩井監督の作品に出演している。 2人は「Love Letter」後、連続ドラマ「Love Story」(TBS系、2001年)で共演しているが、映画共演は約24年ぶり。 今回、岩井監督からオファーを受け、2人とも二つ返事で快諾したという。 中山さんは、「いつかまた豊川さんとの共演はもちろんのこと、岩井監督作品に出演できたらいいなと思っていたので、今回声をかけていただき、とてもうれしかったです」と喜び、豊川さんは「『Love Letter』に通じるものがある今回の『ラストレター』で、岩井監督から声をかけていただけたことは、とてもうれしいですし、そして何より中山さんとまたこうして2人で出演できてとてもうれしいです」とコメントしている。 映画は宮城を舞台に、手紙の行き違いをきっかけに始まった二つの世代の男女の恋愛と、それぞれの心の再生と成長を描く。 裕里(松たか子さん)は姉の未咲の葬儀で、未咲の娘の鮎美(広瀬すずさん)から、未咲宛ての同窓会の案内と、未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられる。 未咲の死を知らせるため同窓会に行くと、姉と勘違いされてしまう裕里。 そして初恋の相手・鏡史郎(福山雅治さん)と再会し、勘違いから不思議な文通が始まる……という展開。 回想シーンの鏡史郎を神木隆之介さん、未咲を広瀬さん(2役)、裕里を森七菜さんがそれぞれ演じる。 また、歌手の水越けいこさん、小室等さん、アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズなどで知られる庵野秀明監督も出演する。 豊川さんは、裕里の姉・未咲の元恋人・阿藤を演じ、その阿藤の同居人・サカエを中山さんが演じる。 未咲の過去に絡む、重要な役となるという。 岩井監督は、普段とてもほんわかした感じの方ですが、現場に入るとスイッチが入り、少年のように真っすぐで、独特の世界観があり、現場にいると異次元にいるような感覚になります。 ですので、撮影現場はとても楽しいです。 岩井監督とは、特に事前に役柄について話をしたりすることはないのですが、現場でのやりとりの中で役を作り上げていく感じです。 豊川さんとは、今回共演シーンは少ないのですが、それでも今までの2人の歴史があるので、短い共演シーンの中でも積み重ねてきた何かがスクリーンには映っているのではないかと思います。 今回、出演シーンは少ないですが、とても重要な役をいただいたので、どっぷり岩井監督の頭の中につかるつもりで芝居しました。 とても充実感のある現場でした。 中山さんは、冷凍保存されてきたみたいで(笑い)、全然変わっていないです。 もう少しご一緒にお芝居をしたかったです。 それは、また次回に。 20年後といわず来年くらいにでもご一緒したいですね。 撮影は夏の盛りの仙台でしたが、なにかそこが冬の小樽で外は雪が降っているような気分になりました。 「ラストレター」と「ラブレター」が地続きの同じ世界の物語に一瞬思えました。

次の

岩井俊二監督『Love Letter』あらすじと感想・解説

岩井 俊二 ラスト レター

本作は、売上の一部をミニシアター支援に充てる特別興業を予定している。 岩井監督による「8日で死んだ怪獣の12日の物語」は、SNSで『シン・ゴジラ』の樋口真嗣ら5人の監督が発動した「カプセル怪獣計画」の番外編にあたる作品。 「カプセル怪獣計画」とは、「怪獣の人形に願いを込めてコロナウイルスを倒そう」という趣旨のもと、自宅で撮影した見えない大怪獣コロナと自分の怪獣との戦いをリレー形式で制作していくプロジェクト。 「8日で死んだ怪獣の12日の物語」は岩井監督が全編ほぼリモートで撮影し、脚本、怪獣の造形を兼任。 斎藤工が主演を務め、樋口真嗣が原案として名を連ねた。 各エピソードは1分台のものもあれば、3分、7分台もあり毎回異なるタイトルがつけられている。 斎藤演じるサイトウタクミが通販サイトで購入した、コロナと戦ってくれるというカプセル怪獣の飼育に予想外のアクシデントに見舞われながら奮闘するさまが描かれた。 のんが演じるのは、通販で宇宙人を買ったという「丸戸のん」。 「この役を演じられるのはのんしかいない」という岩井監督のラブコールに応え、岩井組初参加が実現した。 YouTube版の映像と同じモノクロのポスタービジュアルには、「世界は愛でつながっている」のキャッチコピーが。 人気の少ないコロナ禍の東京、渋谷の街を背景に、斎藤、のんらキャストの姿が収められており、渋谷には岩井監督自ら造形した怪獣も複数見られる。 劇場の詳細は6月27日以降、公式サイトで随時告知される。 斎藤、のん、岩井監督のキャストは以下の通り。 他に類を見ないこの進化型怪獣 映画 の目的・ミッションは、人類の平和と、ミニシアターを中心とした映画館の救済です。 映画を愛する皆様に、岩井俊二監督・我々の想いが届く事を願っております。 そして斎藤工さんとも初めての共演をさせていただきました。 先輩俳優と後輩のやりとり、とても楽しかったです。 怪獣の卵をネットで買って、未知の生き物に地球の未来を委ねる不思議な世界観。 小さな白い怪獣が今にも動き出すんじゃないかと、ドキドキしました。 どんな状況でも映画作りをする岩井監督の作品に参加できて感動しています。 コロナ禍で気持ちがしぼみがちな中、私も大人しくしてるだけじゃダメだ、と勇気付けられました。 ミニシアターが無くなっては困るということで、斎藤工さんも参加されているミニシアターエイドに、私も参加させていただきました。 今回は、作品で応援できるということで、役者として一番嬉しい形だなと思います。 みんなの大切な、映画の記憶が刻まれる場所が、残っていって欲しいと願います。 その趣旨をちょっと誤解して、じぶんなりのショートストーリーを考えてしまいました。 小さな怪獣の卵を通販で購入し、毎日育てていくと、思いがけない怪獣に成長していくという物語。 一ヶ月後には撮影も完了していたので、途轍もなく速いぺースで完成してしまった作品です。 コロナという、今世界中で猛威を振るっている世紀の災厄。 誰もが対岸の火事ではいられないこの事態。 我々エンターテインメントの世界も、真っ先に甚大な被害を被りました。 僕は仕事を作る立場の側です。 その責任の重さを今回ほど強く感じたことはなかった気がします。 この作品を作ることそのものがコロナ禍にあって自分のできるせめてもの抵抗だった気がします。 気の休まらない日々の中、この作品が誰かのせめてもの気休めになってくれたら。 そんな想いです。

次の