ご覧 に なっ て ください。 ビジネスにおける「ご覧ください」の意味とビジネスでの使い方と例文集

Nintendo Switch Lite

ご覧 に なっ て ください

「見てください」を敬語で表現する時は、「見る」という動作の主体は相手になるので、敬語の中でも尊敬語を使います。 自分が動作の主体となる謙譲語は使いません。 尊敬語を使った表現としては次のような例があります。 (例1)手紙をご覧ください。 (例2)手紙をご覧になってください。 (例3)手紙をお読みください。 これらは、相手から提示を求められたり、相手が手紙を見たがっている場合にのみ使うことができます。 相手に時間を割かせて、手紙を見てほしいという自分の要望を叶える時には、たとえ敬語を使っていても失礼な言い方になります。 自分の要望を伝える場合は、次のように言う方法があります。 (例1)この手紙にお目通しのほど、よろしくお願いいたします。 (例2)この手紙をご一読いただけますでしょうか。 このように「見てください」をそのまま敬語にしないで、他の言葉で表現することも可能です。 「写真を見てください」を敬語にすると 「見てください」を敬語で表現する時に、してしまいがちな間違いがいくつかあります。 次のような例は敬語の表現として誤りです。 (例1)お求めの書類をお持ちしました。 どうぞご覧になられてください。 これは敬語が二重になっています。 「ご覧になってください」「ご覧ください」が正しい表現です。 (例2)〇〇社から送られてきた資料があります。 どうぞ拝見されてください。 「拝見する」は動作の主体が自分にあるときに使う謙譲語なので、相手には使いません。 (例3)私が書いたお手紙をどうぞご覧ください。 「ご覧ください」は問題がありませんが、自分が書いた手紙には「お」を付けて敬語にしません。 (例4)見られてください。 「見られる」は確かに「見る」の尊敬語ですが、使い方には注意が必要で、実際あまり使われることはありません。 「見られる」は「見ることができる」という可能を意味することもできるので、尊敬語としては使わないほうが無難です。 (例5)そのことにつきましては、添付ファイルをご参照してください。 「ご参照」は、名詞の「参照」に、接頭辞の「ご」がついた形で、「参照する」という動詞ではありません。 名詞の「ご参照」にむりやり「する」をつけても動詞にはなりません。 正しくは「ご参照ください」です。 このように、「見てください」の敬語表現をいくつか見てきましたが、「見てください」を敬語で表すためには、「他の言葉も敬意の度合いを合わせる」という点に留意することが大切です。 例えば、次のふたつの文を比べてみてください。 主節と従属節の敬意の度合いもそろえましょう。 その他、敬語の度合いを強めたい時には、「恐れ入りますが」「もしよろしければ」などの言葉を付け加えるとよいでしょう。 「~してください」よりは「~していただけますか」を使おう.

次の

「ご覧ください」の意味と正しい敬語は?「ご参照ください」との違い

ご覧 に なっ て ください

「ご覧ください」の意味と正しい使い方 立場が上である人に何かを見てほしい時、「見てください」というお願いをするのに使うフレーズが「ご覧ください」です。 「見る」の尊敬語が「ご覧になる」で、「ご覧ください」は目上の人にも使える敬語です。 対して、「見る」の謙譲語は「拝見する」です。 「ご覧ください」と間違えて「拝見してください」といってしまうと、お願いをしたつもりが「(私がお願いしたものを)謹んで見てください」と相手に悪印象をあたえてしまうので、注意しましょう。 謙譲語は自分の動作などに対して使う敬語です。 また「ご覧ください」はすでに敬語ですが、より柔らかい表現にしたい時には「ご覧くださいませ」と使うのもいいでしょう。 クッション言葉「どうぞ」を文頭につけて、「どうぞご覧ください」もより丁寧な印象になります。 「どうぞ」以外にも、「お忙しいとは存じますが…」「お手数をおかけしますが…」など他のクッション言葉を使うのもいいでしょう。 少々くどいいい方ですが、丁寧さを強調したい時には「ご覧くださいますようお願いいたします」というのも文法的には間違いではありません。 よく聞く表現ですが、気をつけたいのは「よろしければご覧ください」というフレーズでしょう。 「よろしければ」をつけると、見るか見ないかは相手の判断にゆだねられることになります。 かならず見てほしい時には、「よろしければ」は使わないようにしましょう。 「ご覧になってください」という表現は正しいのか 上記でも触れましたが、「見る」の尊敬語は「ご覧になる」です。 「ご覧になってください」は「見る」の尊敬語である「ご覧になる」+お願いする「ください」が合わさった言葉です。 決して間違いではないので、使用しても問題ありません。 しかし同時に、「ご覧」+「~になる」+「ください」が合わさった二重敬語のような印象を与えてしまいがちということもいえます。 また少しくどい印象になる言い回しでもあるので、よりスマートに表現するには 「ご覧ください」として伝えるとよいでしょう。 「ご覧になられる」という表現は正しいのか 「ご覧になる」は「ご覧」+「~になる」の2語ではなく、「ご覧になる」という1語です。 したがって、「なる」の部分までも敬語に変えた「ご覧になられる」は二重敬語となり、敬語の間違った使い方になるので注意しましょう。 「ご覧になられる」を間違えて使ってしまうケースとして、疑問文になった「ご覧になられましたか?」というフレーズがあります。 疑問文として使いたい場合は、「ご覧になりましたか?」と表現します。

次の

ビジネスにおける「ご覧ください」の意味とビジネスでの使い方と例文集

ご覧 に なっ て ください

・「お手元の資料を ご覧ください」 ・「よろしければお手に取って ご覧ください」 ・「商品サンプルをお持ちしました。 見てほしいことをより強調したい場合は「必ず注意事項をご覧ください」や「ご覧くださいますようお願いいたします」と表現するとよいでしょう。 一方で「よかったら見てください」というニュアンスにしたい場合は、「よろしければ」を付け足したり、文脈によっては「ご覧いただければ幸いです」と表現したりすると柔らかい言い回しになります。 ただし「ご覧ください」はすでに丁寧な表現ですが、相手によっては強い・ぶっきらぼうな口調に感じられてしまう場合もあります。 そのような場合は「どうぞご覧ください」や「ご覧くださいませ」などと言い回しを変えると、柔らかい印象になり「お願いしている」というニュアンスが強くなります。 意味は同じでも 言い回しひとつで印象が変わるため、相手やシーンによって上手く使い分けてみましょう。 「ご覧ください」の類語・言い換え表現 「ご覧ください」の類語はいくつかあり、対象となる 「見てほしいもの」によって別の言葉で言い換えることができます。 ・Please take a look at the materials you have. ・Please take it in hand a take a look. ・I brought you the sample products. Please take a look. どうぞ ご覧ください。 ・We are sorry to disturb you when you are busy, but please look at the enclosed materials. 「ご覧ください」を上手に使って丁寧な印象を与えよう 「ご覧ください」は目上の人に対して「見てください」とお願いする際に使う言葉です。 ただし相手や見て欲しいものによっては最適な表現でない場合もあります。 より柔らかい表現にしたい場合やしっかり確認して欲しい場合などは、類語表現や言い回しを使い分けてニュアンスを変えるとよいでしょう。 「ご覧ください」はビジネスシーンではあらゆる場面で使うことができる便利なフレーズです。 ぜひこの機会にマスターし、丁寧な印象を与えられるビジネスパーソンを目指しましょう!.

次の