フェリチン 定量。 フェリチン定量検査について

神経フェリチン症(指定難病121)

フェリチン 定量

医科レセプトについて詳しい方、教えてください。 あるクリニックにおいて、「最近ふらふらする。 めまいがすることもある。 」という主訴の 女性が来院されました。 問診中に月経量を尋ねたところ、子宮筋腫があるため月経量が多い けれど、婦人科では年に1度の検査でいいと言われていて閉経を待ちましょうと言われている とのことでした。 クリニックの迅速血球計算機で血算をとったところヘモグロビン7台の明らかな 小球性貧血を認めたため、血清鉄、フェリチンをオーダーしました(外注です) 同日より、フェロミア、ムコスタ、プリンペランを処方しました。 フェロミアによる胃炎で以前、断念せざるおえないことがあったとのことでしたので ムコスタを追加し、プリンペランは屯用としました。 1か月後、効果判定のために血算、血清鉄、フェリチンを再度オーダー。 もう少し加療継続と判断しました。 しかし、院長からレセプトの減点について言及されました。 フェリチンはいかなる時でも レセプトで切られる、甲状腺ホルモンについても同様、バセドウ病であっても切られる、 腫瘍マーカーもすべてカットされる。 覚えておいてくれ。 同じことを他の病院でも行っていましたので、医事課に尋ねたらそんなことでレセプトの 減点は見たことがないし、先生のレセプトは減点されたことありませんと言ってもらいました。 全うな医療をしているつもりなのにどうしてでしょう? クリニックは審査が厳しいとは聞きました。 しかし、これではどうやって貧血の 改善を判定すればいいのでしょうか?MCVで判断するにもHbで判断するにも 限度があるように思います。 院内処方のお薬の減点はありませんでした。 今もないようです。 何かこれが原因では?ということがありましたら教えてください。 尚、5年ほど前に前院長の際にあまりの検査のし過ぎ、お薬、点滴のし過ぎで指導を受けたことがあるらしいです。 関係ありますか? 漫然と検査を繰り返していると判断されるようであれば減額査定となりえます 今回の例では初回の検査で鉄欠乏性貧血として充分な結果があり、診断が確定しており、 1か月後の検査では院内で測定可能なHbやMCVが回復不十分であれば 外注で診察中に結果がわからない血清鉄、フェリチンの結果を待つことなく 投薬は継続必要と判断できます。 貧血が改善したばかりでは貯蔵鉄が不十分ですから3か月程度鉄補充を続けます。 この頃の投与中止の判断にはフェリチンが参考になります。 結局、初回を除けば血清鉄、フェリチンの同時測定を繰り返すのは不合理で、 再度フェリチンを測定するにしても1か月後では早すぎます。 甲状腺ホルモンも、初回や投薬調整の暫くの間は月1回TSH、FT3、FT4が有効ですが、 投与量が安定したら毎月3項目は過剰と判断されることがあります。 腫瘍マーカーは確定までに1回で、 これだけでは診断能力に乏しいので項目に見合った場所の画像診断があるのが普通です。 内視鏡やCTなどが無いままマーカーだけを測定すれば 過剰と判断されることになりえます。 >し過ぎで指導を受けたことがあるらしいです。 関係ありますか? ブラックリストに乗れば、さらに厳格に査定される可能性はあります。

次の

「フェリチン定量」に関するQ&A

フェリチン 定量

(2)「1」の カルシウム及び「7」のを同時に測定した場合には、いずれか一方についてのみ所定点数を算定する。 (3)「1」の 総鉄結合能(TIBC)(比色法)と 不飽和鉄結合能(UIBC)(比色法)を同時に実施した場合は、「1」の不飽和鉄結合能(UIBC)(比色法)又は総鉄結合能(TIBC)(比色法)の所定点数を算定する。 (4)「1」の クレアチニンについて、ヤッフェ法を用いて実施した場合は算定できない。 (13)「17」の グリコアルブミンは、HPLC(2カラム)、HPLC(1カラム)-発色法、アフィニティークロマトグラフィー・免疫比濁法によるグリコアルブミン測定装置を用いて測定した場合、EIA法又は酵素法により測定した場合に所定点数を算定する。 (14)区分番号「D005」血液形態・機能検査の「9」の、本区分「17」の グリコアルブミン又は「21」ののうちいずれかを同一月中に合わせて2回以上実施した場合は、 月1回に限り主たるもののみ算定する。 ただし、妊娠中の患者、1型糖尿病患者、経口血糖降下薬の投与を開始して6月以内の患者、インスリン治療を開始して6月以内の患者等については、いずれか 1項目を 月1回に限り別に算定できる。 (15)肝胆道疾患の診断の目的で尿中硫酸抱合型胆汁酸測定を酵素法により実施した場合は、「18」の コレステロール分画に準じて算定する。 ただし、「13」のを同時に測定した場合には、いずれか一方の所定点数のみを算定する。 (16)「23」の LDアイソザイム1型は酵素学的阻害法による。 (17) 総カルニチン及び 遊離カルニチン ア】「23」の総カルニチン及び遊離カルニチンは、関係学会の定める診療に関する指針を遵守し、酵素サイクリング法により測定した場合に算定する。 イ】本検査を先天性代謝異常症の診断補助又は経過観察のために実施する場合は、 月に1回を限度として算定する。 ウ】静脈栄養管理若しくは経腸栄養管理を長期に受けている筋ジストロフィー、筋萎縮性側索硬化症若しくは小児の患者、人工乳若しくは特殊治療用ミルクを使用している小児患者、バルプロ酸ナトリウム製剤投与中の患者、Fanconi症候群の患者又は慢性維持透析の患者におけるカルニチン欠乏症の診断補助若しくは経過観察のために、本検査を実施する場合は、 6月に1回を限度として算定する。 エ】同一検体について、本検査と区分番号「D010」特殊分析の「8」を併せて行った場合は、主たるもののみ算定する。 (18)「24」の ALPアイソザイム及び骨型アルカリホスファターゼ(BAP)は、アガロース電気泳動法によって、一連の検査によって同時に行った場合に算定する。 また、区分番号「D008」内分泌学的検査の「27」のと併せて実施した場合には、いずれか主たるもののみ算定する。 (19)「25」の リポ蛋白(a)は、 3月に1回を限度として算定できる。 (20)「26」の ヘパリンの血中濃度測定においては、同一の患者につき1月以内に当該検査を2回以上行った場合においては、算定は 1回とし、1回目の測定を行ったときに算定する。 (23) 25-ヒドロキシビタミンD ア】「30」の25-ヒドロキシビタミンDは、原発性骨粗鬆症の患者に対して、ECLIA法、CLIA法又はCLEIA法により測定した場合は、骨粗鬆症の薬剤治療方針の選択時に 1回に限り算定できる。 なお、本検査を実施する場合は関連学会が定める実施方針を遵守すること。 イ】「30」の25-ヒドロキシビタミンDは、ビタミンD欠乏性くる病若しくはビタミンD欠乏性骨軟化症の診断時又はそれらの疾患に対する治療中にECLIA法、CLIA法又はCLEIA法により測定した場合は、診断時においては 1回を限度とし、その後は 3月に1回を限度として算定できる。 (24)「31」の ペントシジンは、「1」の又は「1」のにより腎機能低下(糖尿病性腎症によるものを除く。 )が疑われた場合に、 3月に1回に限り算定できる。 ただし、「31」の シスタチンCを併せて実施した場合は、主たるもののみ算定する。 (25) シスタチンC ア】「31」のシスタチンCは、EIA法、ラテックス凝集比濁法、金コロイド凝集法又はネフェロメトリー法により実施した場合に限り算定できる。 イ】シスタチンCは、「1」の又は「1」のにより腎機能低下が疑われた場合に、 3月に1回に限り算定できる。 ただし、「31」のペントシジンを併せて実施した場合は、主たるもののみ算定する。 (26)「32」の イヌリンは、「1」の又は「1」のにより腎機能低下が疑われた場合に、 6月に1回に限り算定できる。 ただし、「1」の(腎クリアランス測定の目的で行い、血清及び尿を同時に測定する場合に限る。 )を併せて実施した場合は、主たるもののみ算定する。 (27)「36」の 血液ガス分析の所定点数には、ナトリウム、カリウム、クロール、pH、PO 2、PCO 2及びHCO 3 -の各測定を含むものであり、測定項目数にかかわらず、所定点数により算定する。 なお、同時に行ったヘモグロビンについては算定しない。 (28)「36」の 血液ガス分析は当該検査の対象患者の診療を行っている保険医療機関内で実施した場合にのみ算定できるものであり、委託契約等に基づき当該保険医療機関外で実施された検査の結果報告を受けるのみの場合は算定できない。 ただし、委託契約等に基づき当該保険医療機関内で実施された検査について、その結果が当該保険医療機関に速やかに報告されるような場合は、所定点数により算定する。 なお、在宅酸素療法を実施している入院施設を有しない診療所が、緊急時に必要、かつ、密接な連携を取り得る入院施設を有する他の保険医療機関において血液ガス分析を行う場合であって、採血後、速やかに検査を実施し、検査結果が速やかに当該診療所に報告された場合にあっては算定できるものとする。 (30)「36」の 心臓由来脂肪酸結合蛋白(H-FABP)定性及び定量は、ELISA法、免疫クロマト法、ラテックス免疫比濁法又はラテックス凝集法により、急性心筋梗塞の診断を目的に用いた場合に限り算定する。 ただし、心臓由来脂肪酸結合蛋白(H-FABP)定性又は定量と「36」のを併せて実施した場合は、主たるもののみ算定する。 (31)「36」の アルブミン非結合型ビリルビンは、診察及び他の検査の結果から、核黄疸に進展するおそれがある新生児である患者に対して、生後2週間以内に経過観察を行う場合に算定する。 (32)「38」の セレンは、長期静脈栄養管理若しくは長期成分栄養剤を用いた経腸栄養管理を受けている患者、人工乳若しくは特殊治療用ミルクを使用している小児患者又は重症心身障害児(者)に対して、診察及び他の検査の結果からセレン欠乏症が疑われる場合の診断及び診断後の経過観察を目的として実施した場合に限り算定する。 (33)「42」の ALPアイソザイム(PAG電気泳動法)、「24」の及び区分番号「D008」内分泌学的検査の「27」のを併せて実施した場合は、主たるもののみ算定する。 (34) 腟分泌液中インスリン様成長因子結合蛋白1型(IGFBP-1)定性 ア】「42」の腟分泌液中インスリン様成長因子結合蛋白1型(IGFBP-1)定性は、免疫クロマト法により、破水の診断のために妊娠満22週以上満37週未満の者を対象として測定した場合に限り算定する。 イ】「42」の腟分泌液中インスリン様成長因子結合蛋白1型(IGFBP-1)定性及び区分番号「D015」血漿蛋白免疫学的検査の「22」を併せて実施した場合は、主たるもののみ算定する。 (35)「43」の 心室筋ミオシン軽鎖Iは、同一の患者につき同一日に当該検査を2回以上行った場合は、 1回のみ算定する。 (36)「43」の ヒアルロン酸は、サンドイッチ バインディング プロテイン アッセイ法、 125Iによる競合法を用いたバインディング プロテイン アッセイ法、LA法(測定機器を用いるもの)又はLBA法による。 ただし、本検査は慢性肝炎の患者に対して、慢性肝炎の経過観察及び肝生検の適応の確認を行う場合に算定できる。 (37)「43」の レムナント様リポ蛋白コレステロール(RLP-C)は免疫吸着法-酵素法又は酵素法により実施し、 3月に1回を限度として算定できる。 (38)「44」の アセトアミノフェンは、同一の患者につき1月以内に2回以上行った場合は、第1回目の測定を行ったときに 1回に限り算定する。 (39)「46」の マロンジアルデヒド修飾LDL(MDA-LDL)は、冠動脈疾患既往歴のある糖尿病患者で、冠動脈疾患発症に関する予後予測の補助の目的で測定する場合に 3月に1回に限り算定できる。 ただし、糖尿病患者の経皮的冠動脈形成術治療時に、治療後の再狭窄に関する予後予測の目的で測定する場合、上記と別に 術前1回に限り算定できる。 (40) Mac-2結合蛋白糖鎖修飾異性体 ア】「46」のMac-2結合蛋白糖鎖修飾異性体は、2ステップサンドイッチ法を用いた化学発光酵素免疫測定法により、慢性肝炎又は肝硬変の患者(疑われる患者を含む。 )に対して、肝臓の線維化進展の診断補助を目的に実施した場合に算定する。 イ】本検査と「37」の、「36」の、「39」の又は「43」のを併せて実施した場合は、主たるもののみ算定する。 (41) オートタキシン ア】「46」のオートタキシンは、サンドイッチ法を用いた蛍光酵素免疫測定法により、慢性肝炎又は肝硬変の患者(疑われる患者を含む。 )に対して、肝臓の線維化進展の診断補助を目的に実施した場合に算定する。 イ】本検査と「37」の、「36」の、「39」の、「43」の又は「46」のを併せて実施した場合は、主たるもののみ算定する。 (42)「49」の リポ蛋白リパーゼ(LPL)は、高トリグリセライド血症及びLPL欠損症が疑われる場合の鑑別のために測定した場合に限り算定できる。 また、ヘパリン負荷が行われた場合、投与したへパリンは区分番号「D500」のとして算定できるが、注射料は算定できない。 (43)「50」の 肝細胞増殖因子(HGF)はELISA法により、肝炎にて劇症化が疑われる場合又は劇症肝炎の経過観察に用いた場合に限り算定する。 (45)「55」の プロカルシトニン(PCT)定量又は 同半定量は、敗血症(細菌性)を疑う患者を対象として測定した場合に算定できる。 ただし、区分番号「D012」感染症免疫学的検査の「44」のを併せて実施した場合は、主たるもののみ算定する。 (46) プレセプシン定量 ア】「56」のプレセプシン定量は、敗血症(細菌性)を疑う患者を対象として測定した場合に算定できる。 イ】「56」のプレセプシン定量と「55」の又は区分番号「D012」感染症免疫学的検査の「44」を併せて実施した場合は、主たるもののみ算定する。 (47)「57」の インフリキシマブ定性は、関節リウマチの患者に対して、インフリキシマブ投与量の増量等の判断のために、イムノクロマト法により測定した場合に、患者1人につき 3回を限度として算定できる。 ただし、活性型ビタミンD 3剤による治療開始後1月以内においては 2回を限度とし、その後は 3月に1回を限度として算定する。 (49) FGF23 「60」のFGF23は、CLEIA法により、FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症の診断時又は治療効果判定時に測定した場合に限り算定できる。 ただし、診断時においては 1回を限度とし、その後は腫瘍性骨軟化症の場合には 腫瘍摘出後に1回、薬剤性の場合には 被疑薬中止後に1回を限度として算定する。 (50)血液化学検査の「注」に掲げる検査と併せて、血液化学検査の「注」に掲げる検査を準用することが認められている検査を行った場合は、当該検査も「注」に掲げる項目数の算定に含める。 (問6)「平成26年度診療報酬改定関連通知の一部訂正及び官報掲載事項の一部訂正について」(平成26年6月30日付医療課事務連絡)において、同年3月5日付保医発0305第3号「診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について」及び同年3月26日付保医発0326第3号「「診療報酬請求書等の記載要領等について」の一部改正について」の一部訂正として、総鉄結合能(TIBC)(RIA法)、不飽和鉄結合能(UIBC)(RIA法)を実施した場合は、他の検査で代替できない理由を診療報酬明細書の摘要欄に記載することとされたが、平成26年4月診療分から遡及し記載することとなるのか。 (答)平成26年4月診療分から同年6月診療分までは記載がなくてもやむを得ない。 【心筋トロポニンI】.

次の

フェリチンと鉄不足について分かりやすく説明してみた

フェリチン 定量

医科レセプトについて詳しい方、教えてください。 あるクリニックにおいて、「最近ふらふらする。 めまいがすることもある。 」という主訴の 女性が来院されました。 問診中に月経量を尋ねたところ、子宮筋腫があるため月経量が多い けれど、婦人科では年に1度の検査でいいと言われていて閉経を待ちましょうと言われている とのことでした。 クリニックの迅速血球計算機で血算をとったところヘモグロビン7台の明らかな 小球性貧血を認めたため、血清鉄、フェリチンをオーダーしました(外注です) 同日より、フェロミア、ムコスタ、プリンペランを処方しました。 フェロミアによる胃炎で以前、断念せざるおえないことがあったとのことでしたので ムコスタを追加し、プリンペランは屯用としました。 1か月後、効果判定のために血算、血清鉄、フェリチンを再度オーダー。 もう少し加療継続と判断しました。 しかし、院長からレセプトの減点について言及されました。 フェリチンはいかなる時でも レセプトで切られる、甲状腺ホルモンについても同様、バセドウ病であっても切られる、 腫瘍マーカーもすべてカットされる。 覚えておいてくれ。 同じことを他の病院でも行っていましたので、医事課に尋ねたらそんなことでレセプトの 減点は見たことがないし、先生のレセプトは減点されたことありませんと言ってもらいました。 全うな医療をしているつもりなのにどうしてでしょう? クリニックは審査が厳しいとは聞きました。 しかし、これではどうやって貧血の 改善を判定すればいいのでしょうか?MCVで判断するにもHbで判断するにも 限度があるように思います。 院内処方のお薬の減点はありませんでした。 今もないようです。 何かこれが原因では?ということがありましたら教えてください。 尚、5年ほど前に前院長の際にあまりの検査のし過ぎ、お薬、点滴のし過ぎで指導を受けたことがあるらしいです。 関係ありますか? 漫然と検査を繰り返していると判断されるようであれば減額査定となりえます 今回の例では初回の検査で鉄欠乏性貧血として充分な結果があり、診断が確定しており、 1か月後の検査では院内で測定可能なHbやMCVが回復不十分であれば 外注で診察中に結果がわからない血清鉄、フェリチンの結果を待つことなく 投薬は継続必要と判断できます。 貧血が改善したばかりでは貯蔵鉄が不十分ですから3か月程度鉄補充を続けます。 この頃の投与中止の判断にはフェリチンが参考になります。 結局、初回を除けば血清鉄、フェリチンの同時測定を繰り返すのは不合理で、 再度フェリチンを測定するにしても1か月後では早すぎます。 甲状腺ホルモンも、初回や投薬調整の暫くの間は月1回TSH、FT3、FT4が有効ですが、 投与量が安定したら毎月3項目は過剰と判断されることがあります。 腫瘍マーカーは確定までに1回で、 これだけでは診断能力に乏しいので項目に見合った場所の画像診断があるのが普通です。 内視鏡やCTなどが無いままマーカーだけを測定すれば 過剰と判断されることになりえます。 >し過ぎで指導を受けたことがあるらしいです。 関係ありますか? ブラックリストに乗れば、さらに厳格に査定される可能性はあります。

次の