ヤサイ ゾウムシ。 白菜を無農薬で育てたらよくつく白い虫の正体

野菜に発生する害虫の種類と駆除対策

ヤサイ ゾウムシ

に付く(英名Boll weevil) Anthonomus grandis ゾウムシ(象虫)は、のグループの一つ。 狭義のゾウムシはやなどに分類される甲虫の総称だが、広義のゾウムシは(鞘翅目)・ ゾウムシ上科(Curculionoidea)に分類される昆虫を指す。 口部が伸びた形をに見立てての名であるが、いわゆるゾウムシらしい体型をしていないやなども含まれる。 分類上はやといったに近縁で、食によく適応した群である。 名のあるものだけでで1,000種以上、全世界では約6万種ともいわれ、多種多様な甲虫類の中でも特に大きなグループである。 などのは名前に「ゾウムシ」とあり、かつては近いものとされていたが、現在ではハムシ上科に分類されておりゾウムシ上科からは外れている。 マメゾウムシ科は・マメゾウムシ亜科とされることもある。 概要 [ ] の体長は数mmから数cmくらいの小型の甲虫である。 丸みを帯びた体表は、硬くて頑丈なに覆われている。 頭部から(口先)が長く伸び、その先に口を持つ種類が多く、の「象虫」はこれを象の鼻に見立てたところに由来する。 この口吻は植物組織に穿孔してするのに適応したであるが、二次的にこうした産卵習性を失って口吻が短くしたものも存在する。 動きは遅いが頑丈な外骨格で身を守り、敵に出会うと(死んだふり)をすることが多い。 一部のゾウムシは、外骨格の形成に必要なを体内の共生細菌ナルドネラに生産させている。 ・成虫とも、すべての種類が植物食で、食物とする部位はや、、、、、など種類によって異なる。 成虫が植物組織に口吻で穿った孔に産みつけられたからした幼虫が、そのまま穿孔生活に移るものが多く、中にはを形成するものもある。 こうした丁寧な産卵習性のため、大型の卵を少数産卵するものが多いが、やといったゾウムシ科の短吻群と呼ばれるグループは二次的に口吻が退化して太く短くなり、小さな卵を多量に土壌中に産み落とし、幼虫は自由生活をする。 中には農作物に重大な被害をおよぼすとなるものもいる。 や草地に多くの種類が生息するため、木の枝の下に布を広げて枝を叩くと、多くのゾウムシが落ちてくる。 夜間に灯火へ飛来する種類も多い。 など、の貯蔵庫に生息する種類もいる。 おもな種類 [ ] ミツギリゾウムシ科 Brentidae [ ] Cylas formicarius Fabricius, 1798 以南に分布。 などを食害する害虫のため、分布域から日本本土への植物の持ち込みは禁止されている。 ヒゲナガゾウムシ科 Anthribidae [ ] Euparius oculatus oculatus Sharp, 1891 体長6-10mmほど。 和名のとおりを食べる。 からまで分布する。 ゾウムシ科 [ ] Roelofs, 1873 ほぼ日本全国に分布し、などが生えた草地に生息する。 成虫の地の体色は黒褐色だが、全身に褐色の粉を吹いている。 Mesalcidodes trifidus Pascoe, 1870 体長は6-10mmほど。 胸と腹部後半部が白く、他は緑黒色をしている。 目立つ体色に見えるが、これはのに似せたで、さらに敵に出会うと擬死も行う。 日本からまで分布し、を食草とする。 Chestnut weevil Heller, 1927 体長は6-10mmほど。 体色が褐色で、吻が非常に細長いのが特徴。 の実やに吻で穴を開けて産卵する。 「クリの中に虫が入っている」というのは、ほぼこのゾウムシによるものである。 ホウセキゾウムシ オサゾウムシ科 Rhynchophoridae [ ] Sitophilus zeamais Motschulsky, 1855 コクゾウともいう。 体長2mmほどの小型のゾウムシで、前翅に小さな4つの点がある。 世界中に分布し、貯蔵したを食い荒らす害虫である。 Sipalinus gigas Fabricius, 1775 体長12-25mmほどの大型のゾウムシ。 成虫の体色は褐色だが、羽化から日がたつと黒ずんでくる。 幼虫は木材を食べ、成虫は樹液に集まる。 東南アジアから日本まで広く分布し、日本在来のゾウムシでは最大の種類。 Rhynchophorus ferrugineus Olivier, 1790 成虫の体長は30-40mmほどに達し、橙色と黒の鮮やかな体色である。 幼虫は植物の成長点付近の組織を食べて成長し、多数の幼虫に組織を食い荒らされたヤシは枯れてしまう。 原産だが末頃から南日本に進出して分布を広げているである。 ヤシ科植物の伝染病を媒介する可能性も指摘されている。 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 脚注 [ ].

次の

【ゾウムシ類】症状・対策・予防(植物の害虫)

ヤサイ ゾウムシ

シギゾウムシの生態 シギゾウムシとは鞘翅目ゾウムシ科シギゾウムシ亜科に属する甲虫のことです。 日本では52種類おり、世界ではおよそ500種類が知られています。 大きさは5. 5~10mm程度の小さな虫です。 身体はひし形、半球型の頭部、くちばしのように長く伸びた口吻が特徴的な虫です。 その長い口先で穴を掘り、そこに産卵管を差し込んで卵を意味ます。 日本でよく見るシギソウムシは「クリシギゾウムシ」「コナラシギゾウムシ」「ツバキシギゾウムシ」「エゴシギゾウムシ」などです。 これらの多くが北海道から九州にかけて、本州でも当たり前に見られる種類です。 大きさは5. 5~10mm程度の小さな虫です。 名前を見てわかる通り、生息したり産卵する場所に草木にちなんだ名前になっていますね。 しかしどの種類もその草木にしかいないというわけでなく、どんぐりや栗などにはどの種類もいることがあります。 シギゾウムシは動きが遅いけれど、頑丈な外骨格で身体を守っています。 天敵に会うと死んだふりをすることもあります。 幼虫、成虫ともに植物食で葉や花、樹液、果実、種子、朽ち木などを食べますが、どの部位を好んで食べるかは種類によって異なります。 家庭菜園や農家で草木や野菜を育てている際に、シギゾウムシに大事な草木や野菜が食べられてしまうことがあり害虫として名高いです。 「栗やどんぐりから白い幼虫が出てきた! 」という方も多いのではないでしょうか? それはシギゾウムシの幼虫です。 せっかく育てた草木や野菜がシギゾウムシに食べられてしまうと悲しいですね。 栗やどんぐりに穴が開いているのはシギゾウムシなどが入ったときの穴ではなく、幼虫が出てきたときにできた穴だそうです。 産卵後孵化すると幼虫は実を食べてある程度大きくなります。 そして穴をあけて外に出ていくそうです。 栗やどんぐりに産卵すると同時に実が落下するので、落下しているものはシギゾウムシなどが産卵した後だとか…。 シギゾウムシの駆除方法 食品総合研究所では高圧二酸化炭素を使って栗の中の虫を完全に駆除する装置を開発したそうです。 しかし一般市民がそんな装置を使うのはなかなか困難ですね。 どうやったらシギゾウムシを効果的に駆除できるのでしょうか? シギゾウムシは高圧二酸化炭素や二硫化炭素によるガスで駆除する方法しかないようです。 シギゾウムシに効果的な農薬はあるそうですが、規制に引っかかってしまい使用すると販売はできなくなるそうです。 また、事前にシギゾウムシがこないように農薬で忌避したい場合も、シギゾウムシシギゾウムシの産卵のタイミングがわからないため難しいようです。 しかし効果的なシギゾウムシの防御策として、栗やどんぐりを収穫し終わった後に周囲に落ちた草木や実などをしっかり片付けることで、翌年はシギゾウムシが住み着きにくくなるそうです。 栗やどんぐりなどを食べたり、家のなかで鑑賞したりするときには卵や幼虫を駆除することは可能です。 塩水に一晩漬けて天日干ししてしっかり乾燥させます。 そうすると中に侵入している幼虫も出てきて卵も死滅します。 高温で茹でる方法も効果的です。 鑑賞目的の際は天日干しをして乾燥させますが、食べるときは高温で茹でたら浮いてきたものは捨てて、沈んでいるものはそのまま食べられます。 中心部までその温度が伝わらないと意味がないので10分以上は茹でた方がいいですね。 これと同じ理論でレンジで加熱してもシギゾウムシは駆除できますが、栗やどんぐりは殻が割れてしまう恐れがあるので茹でる方がいいかと思います。 また、冷凍庫で冷凍してしまうのも手です。 時間はかかりますが、冷凍庫に3~7日ほど入れておけば必ず虫が死滅します。 もちろん幼虫だけでなく卵にも効果的です。

次の

肥料・農薬・種 【通販モノタロウ】

ヤサイ ゾウムシ

昆虫綱甲虫目ゾウムシ上科に分類される昆虫の総称です。 さまざまな生物の分類があるなかでも最大級の数を誇っていて、わかっているだけでも約6万種、そのうちの1000種以上が日本にも生息しているだろうといわれています。 体長は20~40mmほどで、草食性です。 体はそれほど大きくないですが食欲旺盛で、農業や園芸などをしている人たちにとっては害虫として扱われることもあります。 また同じゾウムシでも、種によって食べものの好みに違いがあり、積極的に葉を食べるものもいれば、茎や果実の方を好むものもいるようです。 ただいずれにせよ、大量発生した場合は人間にとって厄介な存在になるでしょう。 「虫こぶ」という茎や葉自体に膨らみを作り、その中に卵を産み付ける種もいて、その丁寧な習性から幼虫の生存率が高いのも特徴です。 多くの種は森や林、草原地帯に暮らしていますが、穀物の貯蔵庫などに棲みついてしまう種もいます。 最大の特徴は、名前の由来ともなっている容姿でしょう。 幼虫の時は脚が無くウジ虫状で大きくなりますが、成虫になると頭の前部分が細長く突起して、象の鼻のような形をした口吻になるのです。 では多くの種類がいるなかから、代表的なものを紹介していきます。 オオゾウムシ 体長は12~24mmほど。 日本産のゾウムシ科のなかでもっとも大きな種類です。 体色は灰色をベースとした褐色で、小さな黒紋があります。 朝鮮半島や中国、東アジアの熱帯地域にまで広く分布しています。 チョッキリゾウムシ オトシブミ科に属していて、体長は2~10mmほどと小さく、金属光沢のある硬い体が特徴です。 葉を綺麗に折り曲げてゆりかごを作り、そこに卵を産む習性から「ぴったり」という意味の「チョッキリ」と名付けられました。 オリーブアナアキゾウムシ 香川県で栽培されていたオリーブの木を枯らしてしまったことでニュースにもなったゾウムシです。 オリーブの根元に卵を産み付け、孵化した幼虫が幹をぐるりと食べてしまいます。 ゾウムシの鼻が長い理由 ゾウムシの代名詞ともいえる長く伸びた口吻。 いったい何のためにこのような器官をもっているのでしょうか。 その理由は主に2つ挙げられます。 まずひとつは、彼らの食生活です。 とにかく食いしん坊なため、同じ植物食の昆虫が届かない場所にある餌も食べようとします。 花の奥にある実や種、枝の中にある組織も好んで食べるため、咀嚼ができるよう先端に顎の付いた細長い口吻をもっているのです。 もうひとつは、子孫繁栄のため安全に卵を産み育てるためです。 口吻を使って植物の茎などに穴を開け、そこに産卵をします。 さらに穴を塞ぐ成分を分泌することもできるのです。 植物の中に卵を産むことで、卵は環境の悪化や外敵から身を守ることができ、また孵化した幼虫もすぐそばに餌が豊富にある状態なので、栄養をたっぷりとって成長することができます。 象の鼻に似た細長い口吻は、生きるために役立っている器官ということです。 実は身近にいるゾウムシ。 駆除方法は? どうしてもゾウムシの駆除が必要になった場合の対処法をご紹介します。 植物に寄生するタイプの場合、もっとも害の少ない方法は捕獲でしょう。 ただゾウムシは体が小さいため、くまなく探す必要があります。 対象植物に食害された跡がないかを確認してみてください。 また彼らは「死んだふり」をする習性があります。 地面に落ちると見つけにくくなってしまうので、落ちたゾウムシが目立つような色の布などを敷き、受け皿を作っておくと効果的です。 さらに、彼らは繁殖能力が高いため、数があまりにも多い場合は薬剤を散布するほうが効率的だといえるでしょう。 次に食材に寄生するタイプです。 身近なものだとお米に棲みつくコクゾウムシという種類が挙げられます。 米びつの中に唐辛子を入れたり、蓋の裏側に防虫剤を付けたりしておくと侵入を効果的に防ぐことができるでしょう。 ただ、すでに米びつの中に卵を産み付けられていた場合は効果がありません。 その際は天日干しをすることがおすすめです。 コクゾウムシは日光を嫌うので、新聞紙などにお米を広げて干してみましょう。 しっかりと駆除できたお米は、きちんと洗えば問題なく食べることができます。 大ベストセラー『バカの壁』の著者としても有名な養老孟司が特集した、昆虫図鑑です。 彼の綴る文章が面白いのは、どこかひねくれた要素がありながらも理にかなっていて、目から鱗が落ちるところでしょう。 そのメカニズムを紐解くと、嫌いなことは一切せず、好きなことに没頭しているというスタイルに行き着きます。 そしてそんな養老孟司は、大の昆虫好きでもあります。 なかでも「ヒゲボソゾウムシ」の研究をしているのだとか。 本書は、彼が自らスキャナを使ってコレクションである標本を撮影して作った、手作りの昆虫図鑑です。 写真はもちろんオールカラー、合間にはエッセイも挿入されていて、見ても読んでも楽しめる一冊だといえるでしょう。

次の