虫明 麻衣。 野村克也(ノムさん)の息子や孫は何人?前妻との間にも子供がいる?孫(忠克)の進路や現在は?

新しいシューズ、ズームフライ3で走る 【ランニング日記 1/6(月)〜1/10(金)】|虫明 麻衣(Mai Mushiake)|note

虫明 麻衣

私は、私の大好きな人たちが、その人たちは私のことを一切知らないけれどもこちらが一方的に大好きに思う人たちが、「力を出せる精神状態じゃない」というその事実が、あまりに、あまりにつらいのだ。 好きな人の痛みが、そのまま、ただ痛いのだ。 がんばれと言われても情けなくなってしまうかもしれない。 前を向けと言われてもふがいなく感じてしまうかもしれない。 それは、プロだとか、お金をもらっているとか、そういう次元をこえた話だ。 勝負の世界で、勝つことを仕事にしている人たちが、そのためだけに、勝つためだけに、日々厳しいトレーニングを積んできた人たちが、全く勝てなくなってしまう。 その痛みはつまり、私たちが日々の生活で、仕事で、子育てで、うまくいかずつまづいて、前も見えなくなって、出口がわからなくなって、動けなくなった時の、あの痛みと同じだ。 それでも、明日は来てしまう。 明日が来ることは、希望だとずっと信じていたのに、絶望の中で来る明日は、ただ重たいだけのものになってしまう。 大切な人を失った時に一番つらい瞬間は、朝起きて、「ああ、あの人はもういないのだ」と、そう実感する瞬間だ。 あの人がいたのは夢の中だけだったのだ、と、現実を知るその瞬間だ。 明日はいつも、希望だけ持ってやってくるわけじゃない。 だけど。 それでもなお。 私たちは生きていかなきゃいけない。 その痛みを抱え、明日を迎えなきゃいけない。 ばかみたいに、明日起こる何かを信じて。 毎日毎日その希望に裏切られても、明日が今日のただの連続でも、朝小さな絶望とともに目覚めても、それでも、明日が来る限り。 朝目が覚め、身体を起こす力なんて、そんなのもう残っていないかもしれない。 球場へ足を向かわせる力なんて、どこにもないかもしれない。 でもそんなのもう、振り絞らなくたっていい。 試合が終わったら荷物を片付け、いつもと同じように家に帰り、いつもと同じようにご飯を食べ、いつもと同じようにお風呂に入り、いつもと同じようにお布団に入る。 その延長でただ、朝を迎える。 朝ごはんを食べ、靴を履き、球場に向かう。 いつもと、同じように。 上京したばかりの頃大失恋をした私に、京都にいる友人のゆきちゃんは言った。 「まいちゃん、ちゃんとごはん食べて、ちゃんと寝て、普通の生活をちゃんと送りや。 」ひとりぼっちの東京で、私は淡々と、食べたくないけどごはんを食べ、眠れなさそうだけどお布団に入った。 そうするうちにそれが、当たり前だと体が感じ、心が少しずつ、少しずつ、回復していった。 つらい時は、いつものことを、淡々と繰り返すしかない。 いつものルーティンを、いつもの素振りを、いつものアップを。 そして私たちはいつもと同じように、球場で、テレビの前で、スマホの速報で、いつもと同じようにそっと声援を送る。 希望とは、日々の繰り返しの中で生まれるのだ。 目の前にあるものがどれだけつらい現実だとしても。 風邪は、今が一番つらいのだ。 その人の限界は、変わらないから。

次の

疲れた時は、あったかいミネストローネを――板谷由夏さんの、家族とごはんの話

虫明 麻衣

村上春樹の「村上ライブラリー」 早稲田大学 設置はいつ?内容は? 作家:「役に立つなら」村上春樹さん自筆原稿、早大に寄贈 — 毎日新聞 mainichi 村上春樹さんの生原稿資料などが寄贈され設置予定の「村上ライブラリー」。 寄贈作業は2019年度から始まるということです。 寄贈作業という準備段階が2019年からなので、 ライブラリー設置まではあと数年かかりそうですね。 村上さん自身が仕事で必要になる資料もあるので、 急に全部持って行くのではなく少しずつ移していきたい、と語っていました。 また気になる村上ライブラリーの内容ですが、 村上春樹さんの 直筆原稿・著作、蔵書、レコードのコレクションなどの資料 を寄贈するということです。 その詳細の一部は、• 昭和62年刊行作品以前の 生原稿• 賞を取ったときの受賞コメントが掲載された文芸誌• 「ノルウェイの森」第一稿の大学ノート• 半世紀以上コレクションしている レコード などなど、豪華なものです。 レコードはすでに1万何千枚をコレクションしているとのことで、 村上ライブラリーでも音楽が聴けるようにする予定なんだそうです。 村上さんは資料寄贈の理由について 家と事務所に置ききれなくなったから、と語っていますが 置き先については外国の大学なども検討した結果、 母校の早稲田大学に決めたそうです。 まだ時間はかかりそうですが、 村上ライブラリーが完成しお披露目される日が楽しみですね。 村上春樹の「村上ライブラリー」 早稲田大学 設置にネットの反応は? 村上春樹さんの寄贈資料による「村上ライブラリー」の設置に、SNS上でも様々な意見があがっています。 早大に村上ライブラリーできるのか 見に行きたいな — kaoru kao99ru 村上ライブラリー 仮称 、誰でも入れるのだろうか。 37年ぶりに記者会見をしました。 村上さんの年齢を思ったこともありませんでしたが69歳でしたか。 世界のピーターパンのような村上さんも次の世代へバトンを渡すことを考え始めたようです。 感慨と一抹の寂しさを覚えました。 — 小川一 pinpinkiri どええええええ!!!!!ぜんぜん大学のこと好きじゃなさそうやったのに!!!!!笑。 しかしこれはぜったい行きたいな村上ライブラリー。 村上春樹さん、早大に資料寄贈 原稿や書簡、研究拠点に:朝日新聞デジタル — 虫明 麻衣 mai mushiake hannarry 大学内に村上ライブラリーできるの激アツ。 エンパクの図書館も春樹がよく使ってたと知って学部時代よく利用したな…。 — あなご anago5go スポンサーリンク まとめ 今回は、早稲田大学「村上ライブラリー」の設置はいつなのか?寄贈資料の内容について調査してきました。 早稲田大学内には「村上ライブラリー」と同時に 文学に関する国際的研究センターの設置も予定しているそうです。 どちらも一般の人が入れる施設だと嬉しいですね。 開設時期は未定ですが、 資料の寄贈作業は2019年度から始まるとのこと。 村上さんも少しずつ移していきたいと語っているので、 まだ数年かかるのではないかと思います。 資料の内容も、直筆原稿や蔵書、レコードのコレクションなどということで興味深いですね。 「村上ライブラリー」の開設時期や詳細など、今後の続報を楽しみに待ちましょう。 また「村上ライブラリー」は仮称なので、 資料館の名前についても今後発表はありそうですね。 今後の続報を楽しみに待ちましょう!.

次の

野村克也(ノムさん)の息子や孫は何人?前妻との間にも子供がいる?孫(忠克)の進路や現在は?

虫明 麻衣

日々の「暮らし」を楽しむみなさんに、おいしいごはんを食べながら、リラックスして食にまつわるお話をうかがう「EAT-TALK」。 記念すべき第一回目のゲストは、女優の板谷由夏さんです。 一番好きなごはんは、母の作った「がめ煮」です 目にも鮮やかなお料理を目の前にした瞬間、とびきりの笑顔を見せてくれた板谷さん。 まだ少し緊張感の残っていた現場が、一気にあたたかな空気に囲まれました。 素敵な笑顔の板谷さん…! おいしいごはんは、それだけでそれを囲む人をしあわせにします。 そしておいしいごはんみたいに、周りの人を笑顔にしてくれる板谷さんの魅力。 それは板谷さんご自身が、「食」を大切にされているからかもしれません。 明るい日差しの中、おいしいごはんを食べた板谷さんは話します。 おにぎりをほおばる板谷さん。 板谷さんが食べるとごはんがますますおいしそう… 「 一番好きな食べ物は、うちの母が作った筑前煮、かな。 福岡では、「がめ煮」と呼ぶんです。 特にそれが母の一番の得意料理だというわけではないとは思うんですけど、でも「おうちのお母さんのごはん」という感じで大好きです。 私も作りますが、レシピをちゃんと聞いたわけではなくて。 でもやっぱり、なんとなく味は似てくるのかな。 チビたちは、『ママとばあばの味、すごい一緒!』って言います(笑)」 ウーバーイーツ、ないんです(笑) 「これ菜の花?どうやって作るの?」と興味津々の板谷さん。 スタッフもつられてレシピをメモします(笑) 女優業という不規則になりがちなお仕事の中、板谷さんのインスタは、日々のおいしそうなごはんであふれています。 だけど、「作りたくない日」もあるのでは?と、聞くと、板谷さんは答えてくれました。 「サボるときもありますよ、もちろん!サボるときもあるけど、 でもなるべくおうちであったかいごはんを食べたいな、と思っています。 それに、うちは男の子が2人なので、ごはんを待ってくれないんです(笑)前もって今日は外食にしようとか、そういうふうにしないと、なかなか流動的にはいかない。 それだったら冷凍ごはんをあたためて、おうちで食べたほうが早いな、という感じで。 」 そう答えてくれる板谷さんは、それでも気負いはなくて、どこまでもナチュラル。 「無理をして作ろう」という感じは全くありません。 「 私も都会に住んでたら、ウーバーイーツとか頼むと思いますよ!でも、ウーバーイーツ、ないんです(笑)」 ひとつひとつの素材を確認しながら、ゆっくりと食べる板谷さん。 作った人や、食材を大切にされているのが伝わってきます。 ミネストローネは、翌日カレーにするとおいしいです お仕事も、家事も育児も。 忙しい日々の中、「今日は疲れたな」とか、「今日は元気を出したいな」という日は、誰しもあります。 そんな時に食べるごはんについても、聞いてみました。 「これはね、 ミネストローネ。 疲れている時にもいいし、子どもたちの野菜不足の解消にもなる。 気持ち的にもほっこりするので、一石三鳥、四鳥あると思っています。 おとといも作ったんですが、ナス、ピーマン、パプリカ、セロリ、玉ねぎ、あと分厚いハムをサイコロ状に切ったやつと、トマト缶。 もう冷蔵庫の掃除的に、何でも入れちゃいます。 何を入れてもおいしいもんね。 最後にチーズを削って、オリーブオイルをたらして、大人はカリカリ胡椒をひく。 家族みんな大好きです。 それで、 次の日はカレーを入れてカレーにします。 すっごくおいしいの。 子どもたちもそれに気付いてるから、 ミネストローネの次の日は、「ママ、明日はカレー?」と言われる(笑) 子どもたちが小さいときは、カレー分が残っていたのに、最近ル・クルーゼのお鍋にいっぱい作っても、ミネストローネのうちになくなっちゃう。 だから、もう1回、カレーのためにつくり直し(笑)」 お料理の話をする時の板谷さんは、本当に良い顔。 おいしそうなミネストローネのレシピを聞いていたら、みんなおなかがすいてきます。 板谷さんは、スタッフに、目の前のごはんを「ねえみんなこれ食べて!すっごいおいしいよ!」とすすめてくれます。 「みんな食べて!」という板谷さん。 待ってました!とばかりにみんなでいただきます(笑) おいしいものを、好きな人たちと食べている時間が一番しあわせ 「基本食いしん坊でのみすけなので、 好きな人たち、お友達や実家の家族とごはんを食べたり飲んだりするのは大好きです。 お酒も大好きだし。 おいしいものと好きな人たちとごはんを食べたりするのが一番楽しいし、一番しあわせ。 みんな東京に住んでるけど、こっちの景色や自然を見にきたいというのもあるから、電車に乗ってきてくれる。 お酒飲むから、電車なの(笑)それでみんなでワチャワチャ飲んだりするだけなんだけど。 そういうの、しあわせですよね。 」 大変だなと思っても、その中で楽しいことを探したい 「みんなでワイワイ楽しく」というのは、ご自身のブランド、「SINME」を立ち上げた原動力にもなっているのかもしれません。 板谷さんのブランド「SINME」の緑のワンピース。 自然を前にした時の板谷さんの笑顔も、とってもステキでした。 「とにかく私は楽しいことが好きなので、 大変だなと思っても、その中でも楽しいところを探したい。 やったことがないことをやりたい。 『楽しそう』と思ったら、すぐにいっちゃうタイプなんです。 性格なんでしょうね。 SINMEは、「新しい芽」なんです。 女優のお仕事とSINMEのお仕事では、お付き合いする方も全く違ってくる。 いつでもどこでも、場所によっては新人だなと思います。 知らない畑に飛び込んだので、もちろん大変だけど、知らなかったことをたくさん知ることができるのはやっぱり楽しいです。 だから、 迷うならやったほうがいい気がする。 やってみると楽しいってこともたくさんあるから。 」 日常はいつか、日常じゃなくなっちゃうから 最後に、ご家族で食卓を囲んでいるときに、幸せだなと思う瞬間は?聞くと、板谷さんは少し考えてから、答えてくれました。 「長男が塾に通いだしたので、夜ご飯をみんなでそろって食べるのが限られてきたんです。 だからこそみんなでごはんを食べられるときは、やっぱりうれしいです。 子どもたちが大きくなるにつれて、一緒に食べられる時間はきっと減っていく。 寂しいけど、みんなのリズムが変わってくるだろうし、 日常だったのがたぶん、日常じゃなくなっちゃう。 だからこそ、今のこのふつうに一緒にごはんを食べている時間が貴重なんですよね。 」 華やかな活躍の裏には、きっと大変なこともたくさんある。 だけどそんな中で、家族と食卓を囲む「今」の時間が大切だと話してくれた板谷さん。 ふつうの毎日の、ふつうのごはんの中に、家族のしあわせがある。 そんな当たり前のことに、改めて気づかされた気がします。 今回のごはんは・・・ 「季節の旬を生かしたお料理を」という板谷さんのリクエストにお応えして、「春のカルパッチョ」と「たけのこおこわと菜の花のごまあえ」を料理家の堀出美沙さんに作っていただきました。

次の