2019 年 ヒット 商品 ベスト 30。 横浜流星&杉野遥亮、『L♡DK』コンビがイチャイチャ 森七菜&中条あやみも登場 日経BP記者発表会『2019年ヒット商品ベスト30発表会』

「2019年ヒット商品ベスト30」&「2020年ヒット予測ベスト40」発表

2019 年 ヒット 商品 ベスト 30

(左から)佐藤央明編集長、中条あやみ、横浜流星、森七菜、杉野遥亮(C)モデルプレス 「2019年ヒット商品ベスト30」&「2020年ヒット予測ベスト40」発表「2019年のヒット商品ベスト30」は、2018年10月から2019年9月の対象期間に発売された商品・サービスを対象にヒットの度合いを「売れ行き」「新規性」「影響力」の3項目に沿って総合判定。 1位に選ばれたのは「ワークマン」。 売上はワークマンプラスを本格的に立ち上げて以降、11ヶ月連続2桁増と文句なしで、店舗数はユニクロ超え。 激安&高機能のカジュアルウェアはこれまで成功例がなく、新たな市場を開拓した新規性を高く評価。 2位には長蛇の列で話題を呼んだ「タピオカ」、3位には100億円キャンペーンなどで認知度を高めスマホ決済を普及させた「PayPay」が選ばれた。 「来年の顔」に選出された森七菜、杉野遥亮(C)モデルプレスさらに、「来年の顔」には、俳優のと女優のを選出。 杉野は「来年の顔に選出していただき、誠にありがとうございます。 大変光栄でございます。 輝き続けられるように頑張りたいなと思っています」と来年に向けて意気込み。 森も「歴史のある賞をいただいて本当に嬉しく思います。 選んでいただきましたので、それに匹敵する頑張りや活躍を皆さんにお見せしないとなと思っています」と身を引き締め、コメントした。

次の

【日経トレンディ】2019年ヒット商品ベスト30を大発表!2位はタピオカ!1位は!?

2019 年 ヒット 商品 ベスト 30

こんにちは! カズ です。 2019年11月1日(金)、日経トレンディが毎年恒例 『ヒット商品ベスト30』を発表しました! 元号が変わり平成から令和になった2019年。 令和最初の年にヒットした商品ベスト30を、ランキング形式で一気にご紹介します。 具体的には下の3項目に沿って総合的に判定した。 期間前に発表・発売された商品でも、期間内に著しくヒットしたものは対象に加えた。 昨年既にヒットしていた商品は、原則として対象外とした。 評価項目 【売れ行き】:売り上げやシェアをどれだけ拡大したか。 どれだけ人を集めたか。 売れ行きはどれくらい継続する余地があるか 【新規性】:これまでに無い画期的な技術、着眼点、売り方の工夫があったか 【影響力】:他社の追随を呼んだか、あるいは従来に無い市場を形成したか。 生活スタイルや社会の常識を変えて、世の中に影響を与えたか 引用:日経クロストレンド あなたが気になったのはどの商品? それではどうぞ!.

次の

2019年ヒット商品ベスト30:1位は女性も着る作業着「ワークマン」 2位は「タピオカ」 3位は「PayPay」

2019 年 ヒット 商品 ベスト 30

2019年 令和元年 のヒットトレンド・ベスト30 | 消費者経済総研 |2019年12月26日発表 【2019年 ヒット・トレンド・ランキング<ベスト30>】 ヒット・トレンド(商品・サービス・現象・ブーム)に着目し、 2019年の日本の消費や経済の出来事・ニュースを 消費者経済総研が、ランキング形式で振り返ります。 その答えとは? 【2019年 ヒット・トレンド・ランキング<ベスト30>】 ヒット・トレンド(商品・サービス・現象・ブーム)に着目し、 2019年の日本の消費や経済の出来事・ニュースを、 消費者経済総研が、ランキング形式で振り返ります。 ------------------------------------------ 個別取材をご要望の場合は、個別に、取材対応いたします。 メディア関係者、企業・法人対象ですので、一般個人の方はご遠慮いただいております。 令和平成・消費者経済総研の「ヒット・トレンド」は 「販売好調の商品の羅列」や「人気イベントの羅列」ではありません。 「ジャンル・現象・背景」の「影響度」を加味して、ランキングしています。 「商品・サービスの分野」を通じて「現象・ブーム・トレンド」に着目しています。 こうすることで、 「世の中が、どう、変わったのか?」 「今後の世の中は、どうなるのか?」 「伸びる消費ジャンルは、どこか?」 「私たちの暮らしは、どうなるのか?」 これらのヒントにつなげます。 また、今後の商品開発等に、つなげたく思います。 さらに、経済指標のGDPの約6割を占めるのが「消費」です。 「消費は、どうなるのか?」との市場動向・経済面にも、つなげたいと考えています。 今年を振り返ることで、来年以降に、消費者の生活や、企業人のビジネスに、 「影響を与える」「注目に値する」という視点で、選択しています。 *ランキングの方法は? 消費者経済総研のヒット・トレンドのランキングは、100件程度のヒット・トレンドの 対象アイテムを抽出し、それぞれに対して、100点満点で、点数付けを行っています。 点数が上位の30位までを発表しています。 点数付けの基準は、上述の視点によります。 消費者経済総研のアナリスト達が、点数付けをしたものを集計しています。 平成時代のライフスタイルの遺物・因習を、令和元年でスルー(減少・終焉)し、脱平成。 虚礼や苦痛を、減らす意向も、高まった。 さらに「帰省 スルー」も。 「スルー」に加え「 レス」も進展した。 「ペーパ レス」は、以前から進展してきた。 「キャッシュ レス」は、2019年10月から、さらに、加速。 また「印鑑 レス」「鍵 レス」「移動 レス」「 出勤レス」も進展へ。 また、ファッションでも「世代 レス」「年齢 レス」「ジェンダー レス」が進んだ。 2019年には目にする機会もかなり増えた。 配送を活用し、消費者の移動レスで移動革命。 登録店舗は急増。 類似業態の「出前館」も、売り上げ急増。 「出前館」は、朝日新聞の新聞配達の「空き時間」を活用し配送。 「ウーバーイーツ」は、様々な人々の「空き時間」を活用し配送。 PayPayと楽天ペイは、使いやすく、満足度高い。 他のアプリは、利用店舗が少なかったり、パスワード入力や操作数が多いなど、課題あり。 IT技術のキャッシュレス決済で、データが集まるが、それをどう活用するかは、今後も注目。 2019年は、猫も杓子も、サブスクリプションで、拡大傾向。 しかし勘違いもあり。 2020年は、サブスクモデルがマッチするビジネスと、ミスマッチのビジネスが鮮明になるか。 ITの進化が生んだ新感覚の商品で、体験するまで、理解できないない。 ワイヤレスで独立型ゴーグルになり、利便性が向上し、普及が進んだ。 サイズが、サングラスレベルまで進めば、更なる普及が予測され、将来の期待も高まる商品。 内食、中食、外食の中でも、特に食物販の「中食」の伸びが目立つ。 時短ニーズ・簡便ニーズの増大に加え、軽減税率も追い風に。 生鮮三品などを、自宅で調理し食べる) 中食(ナカショク。 惣菜・弁当を、買って食べる) 外食(ガイショク。 「味が濃いし、高カロリーだし、健康に悪いかも。。 でもそれが、逆に、食べたくなっちゃう」 このような背徳感・罪悪感が、かえって、ドキドキしてしまう、という感覚で買ってしまう。 上記のようなイメージを、抱く人も多いが、それは実は、勘違い。 しかし、その間違いも、逆に追い風になった。 本来は「美味しすぎて、ついつい、食べ過ぎてしまう」から「悪魔」とネーミングされた。 カロリーは、下記のように、さほど高くない。 4倍もある「超 特盛り」の牛丼。 「罪悪感を感じるが、それがかえって、食べたくなる」という心理も後押しか。 しかし、お米(糖質)は、並の1. 4倍に抑えられ、配慮されている。 「お米は少な目で」という注文も、吉野家の店頭では、増えてきた。 「牛肉は健康に悪い」というのは、昔の話。 近年は、牛肉(たんぱく質)の摂取量と健康の相関性のデータが、様々、出ている。 「罪悪感の反動ニーズ」と、「おいしい肉で、たんぱく質UP」のニーズの 双方を捉えながら、たくさん食べられる満足感も、満たした。 さらに「ライザップ 牛サラダ」という低糖質のメニューも、話題になった。 「極端」とまでは言わないが、「強めの訴求」が、消費者に刺さった。 単身世帯の比率が高まる中、引け目を感じる「お一人さま」が、今後は、普通の状態になる。 ここで、重要なのは、「ナチュラル」であること。 フェイクな笑顔(無理した、つくり笑顔)は、笑顔であっても、かえって違和感・不信感がある。 「脱フェイク・非フェイクで、ナチュラル」は、今後のコミュニケーション領域でも、テーマに。 アトラクションは少ないが、湖畔の自然環境を活かしたのが、魅力になった。 ムーミンファン以外も、多世代も、楽しめる素敵な自然が、融合する空間。 バーチャル進展や在宅率が上がる中、実空間の魅力を向上すれば、リアル空間も勝負できる。 「便利屋」が原点のコンビニが、専門店並みに美味しいスイーツを、低価格で販売しヒット。 「家電を携帯する」という革命で、世界中が驚き、ブレークしたのは、ソニーのウォークマン 日本は、近年の酷暑が続く中、「携帯する扇風機」は、人々を涼しくした。 そして、2020年のランキング入りする「携帯するエアコン」に、つながっていく。 その輪に入ろうと、ルールを知らない人も「にわかファン」になり、さらなる盛り上がり。 パブリック・ビューイングで、みんなで盛り上がる、というスタイルが、注目された。 そのパブリック・ビューイングでの盛り上がりは、2020年の東京五輪では、一層拡大する。 こうして、2020年ランキング入りの「応援村」では、さらなる盛り上がりが起きる。 「服を買う」より「おいしい食事」へ。 両社とも雑貨を多く扱い、無印は服飾の物販も扱う。 その両社が「食」物販ジャンルで、銀座で勝負に出る。 その中でも、無印良品の「食」への注力は、本気で本物。 無印良品は、本格的な飲食店も、展開する。 また無印良品は、銀座店以外でも「食」を拡大する。 日本でも「 KuToo」(クーツー : 靴は苦痛)が、沸騰ワードになった。 職場でもスニーカー女性が増える中、ヒール靴に不満の女性の心をつかんだ。 低価格であることも、ヒットの要因。 100円なのに、高級感のある包装で「超コスパ」を実現。 20年前の「安かろう、悪かろう、買う物あまりなし」の100円ショップが。 新たなコーヒー体験ができる。 ここは、もはや飲食店というより「テーマパーク」化のレベル。 テーマパークと言っても、エンタメ型ではなく「デザイン力」をフルに発揮した空間。 バーチャル化、在宅化(非移動化)が進むのは、実店舗には、逆風。 しかし、実店舗に、わざわざ来る価値のある「スタイリッシュな商業空間」が、ここにはある。 「令和時代の商業空間のあり方」の一つのモデルが、ここにある。 笑える結果に、オトナも爆笑に。 アンケートに応えると、性格診断の結果が出る。 それが、性格免許証になる。 その結果を見せあって、お互い「キャラいじり」して、楽しいひと時を。 話は変わるが、2019年には、シニア・コミュニティ・カフェの講座の第1回が、開催された。 シニアを、ビジネス面でも、ヒューマン・コミュニティの面でも、支える活動が、注目を浴びる。 シニア革命の序章へ。 かつての人気の街ランキング入りの「鎌倉」も、都心から遠いことで、圏外へ。 会員数が、どんどん伸びるヒット商品。 「月額980円のサブスク」であることも、ヒットの要因。 受験生に加え、想定外に社会人も増えた。 残業規制は「社会人の学び直し」をも、後押し。 「もちもち感」が、若い女性に人気。 「インスタ映えニーズ」や「友達付き合いでのニーズ」は、減少するので 中年女性や、男性、また大都市以外へ、広がるかどうかが、課題。 しかし後者の方が、若干多かったので、将来性も加味する本ランキングでは、23位となった。 「入場料を払うのだから、しっかり満喫しよう」という動機も芽生え、客単価も驚きの高さ。 本との出会いの喜びがあり、ブックカフェにはない本に没入・集中できる魅力的な実店舗空間。 斜陽産業で、「あえて料金を取る」という逆張りが、一つのビジネスモデルのヒントに。 「リゾート・オフィス」や「キャンピング・オフィス」も増え「働く場所 改革」が進む。 また「グリーン・オフィス」や「ジャングル・オフィス」も増加し、生産性向上も証明された。 移動削減からの「サテライト・オフィス」も増えた。 「シェアオフィス」「コワーキング」でのツナガリ需要も増え、オフィス不動産が、大きく変貌。 高コスパなのも、人気の理由。 「おしり探偵」も「おなら」がテーマの下ネタ。 意外に「プチ上品さ」もあるので、親も安心。 問いかけ・謎かけの方式も、興味を喚起する。 アニメのレギュラーも、人気の後押しに。 2020年以降に、拡大するか、そうでないか、注目の新ビジネス。 【 トレンド サービス 】部門は、 1位「リニア中央新幹線」 2位「スポーツジム」 3位「AIに丸ごと依存サービス」です。 【 トレンド 現象 】部門は、 1位は「移動革命」で、2位が「AI革命」、3位が「シニア革命」となりました。 「移動革命」は、「 超 移動革命」+「 移動しなくなる革命」です。 オフィスへ行かなくなる? 現場業務へ行かなくなる? 試合会場・コンサート会場へ行かなくなる? この「移動しなくなる革命」が、令和時代に大きく進んでいきます。 「ジャンルや現象」にも、注目しています。 「 商品・サービスのジャンル 」 を通じて 「 現象・ブーム・トレンド」 に着目しています。 こうすることで、 「世の中が、どう、変わったのか?」 「今後の世の中は、どうなるのか?」 「伸びる消費ジャンルは、どこか?」 「私たちの暮らしは、どうなるのか?」 これらのヒントに、つなげていきます。 また、今後の商品開発等につながりたく思います。 また、経済指標のGDPの約6割を占めるのが「消費」です。 「消費が、どうなるのか?」という経済面にも、つなげていきたい、と考えています。 今後 2019年第4四半期に予定 は「 令和2年 2020年 の1年間が、どうなるか?」を 予測し発表します。 歌手活動も) 右:ハードキャッスル エリザベス さん (経歴:ミス成城2011、山梨放送(YBS)でアナウンサー、 今夜くらべてみました・ 踊る! さんま御殿!! ・ ZIP! 等出演) 生出演後、 TOKYO FMの 「 」 のパーソナリティのお二人と、撮影 中:松田優幸 左:鈴村健一 さん (経歴:声優アワード各賞受賞、声優では機動戦士ガンダム・ キャプテン翼・おそ松さん他多数出演。 歌手活動も) 右:ハードキャッスル エリザベス さん (経歴:ミス成城2011、山梨放送(YBS)でアナウンサー、 今夜くらべてみました・ 踊る! さんま御殿!! ・ ZIP! 令和元年 5月1日 生放送の番組「キーナンバー」に 松田優幸が 生出演 (令和の数字) テーマ:令和時代の数字(超高層ビルの誕生) その他、令和元年5月には、新聞記事、書籍(寄稿等)など様々な依頼を既に受けています。 取材を頂けますよう、ご案内申し上げます。 【 詳 細 】 4月30日は、平成の最後の日・令和開始の前日。 翌日から始まる令和時代を大胆予測します 今回のコンテンツは、トレンド予測の 「 ベスト・ランキング編 」です。 「令和で、流行るもの」そして「令和で、減るもの」に分けて、上位1から、 ランキング形式で発表します。 令和平成・消費者 経済 総研は「令和の消費を予測」+「平成の消費を振り返る」に関し、 調査研究をしてきました。 令和時代が、どのような時代になるかを、「ヒットする」や「トレンドになる」、 逆に「無くなる」「減る」も含めて、令和時代の 流行・現象・商品・消費・行動 は、何か? という切り口で、両面から予測しました。 なお、お問合せ等に関しては、2019年のGWは10連休ですが 令和平成・消費者経済総研は、全て営業中です。 連絡対応時間は9~20時となります。 撮影可 また、あわせて、その選定した理由・背景を、説明します。 そのため会場の住所・地図は、メディア関係者の方々へ、個別でお知らせします。 【記者発表会へ参加のお申込】 ・メールにて「貴社名、媒体名、人数、ムービー・スチールの有無」をお書き添えの上、願います。 ・当日、直接の来場も可ですが、会場キャパシティの関係上、出発前に、事前にお問い合わせ下さい。 *2005年 東急不動産株式会社から、消費・商業・経済のコンサルティングをおこなう 株式会社 リテール エステートへ移籍し14年間、 全国の消費の現場を視察・調査。 その数は多岐にわたる。 *現 在 消費者経済総研 チーフ・コンサルタント 兼 リテール エステート リテール事業部長 52歳 *資 格 ・ファイナンシャル・プランナー ・宅地建物取引士資格者 ・不動産コンサルティング技能登録者(新制度更新前まで) ・簿記3級 【記者発表会の会場】東京都渋谷区の会場 *会場名 : この記者発表会は、メディア関係者向けで、一般の方はご入場できません。 そのため会場の住所・地図は、メディア関係者の方々へ、個別でお知らせします。 【記者発表会へ参加のお申込】 ・メールにて「貴社名、媒体名、人数、ムービー・スチールの有無」 をお書き添えの上、願います。 ・当日、直接の来場も可ですが、会場キャパシティの関係上、 出発前に、事前にお問い合わせ下さい。 従来の「株式会社 リテール エステート リテール事業部 消費者経済研究室」を分離・改称し、設立しました。 一般の方はご遠慮ください。 *連絡対応可能時間 2019年のGWは10連休ですが、令和平成・消費者経済総研は、全て営業中です。 連絡対応時間は9~20時となります。 ご案内・ご注意事項 *消費者経済総研のサイト内の情報の無断転載は禁止です。 *テレビ局等のメディアの方がたは、取材対応での情報提供となりますので、ご連絡下さい。 *本サイト内の情報は、正確性、完全性、有効性等は、保証されません。 本サイトの情報に基づき損害が生じても、当方は一切の責任を負いませんので、あらかじめご承知おきください。

次の