ジャニーズ 山田涼介。 山田涼介の歴代彼女を全網羅!合計10人出会いから破局までまとめ!

山田涼介、本田翼のプライベート暴露「男ですよ」

ジャニーズ 山田涼介

Hey!Say!JUMP山田涼介(27)が、今夏のTBS系連続ドラマ「キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木」(金曜午後10時)に刑事役で主演することが14日、分かった。 山田演じる人情派の生真面目キャリア刑事・神崎隆一が、田中圭(35)演じる型破りなキレ者刑事・黒木賢司とタッグを組み、東京・池袋の街で巻き起こる凶悪事件に挑む痛快な作品。 今作が同局系連ドラ初主演となることに、山田は「非常にうれしく思っております」と意気込んでいる。 バディを組み、池袋の街を守るために事件捜査に繰り出していく田中とは初共演となる。 今は互いの名字に「さん付け」で呼び合っているというが、山田は「そこを徐々に崩して、かわいがってもらえるように懐に入っていけたらいいなと思っています。 最終的には『圭ちゃん』と呼べるくらい、関係を深めていけたらいいですね」とちゃめっ気たっぷりにコメントした。 田中も「山田くんとの共演は初めてですが、以前からすごくステキなお芝居をする俳優さんだなという印象だったので、今回の撮影を通して、いい意味でお互いに刺激を与え合いながら、2人の関係値も上がっていけばうれしいです」。 同ドラマはいわゆる7月期枠だが、初回放送日は未定。 撮影は今後スタートする。 山田は「新型コロナウイルスの影響でこれまで通りの撮影は難しくなっていますが、逆にこの時期だからこその撮影方法ができるというポジティブな気持ちで、田中さんと一緒に現場を引っ張っていければいいなと思っています。 お楽しみに!」と力強く話している。 同作の中島啓介、塩村香里両プロデューサーは連名で、2人について「とにかく真面目で一生懸命な刑事であり、兄に振り回される弟でもある・神崎という主人公は、山田涼介さん以外に考えられなかったです。 ご本人のイメージと重なりました」。 続けて「そんな山田さんに対して、破天荒な刑事であり、弟を振り回すメチャクチャな兄である黒木役に、田中圭さんをイメージしたとき、なんだか型にはまらない爆発力のある兄弟バディが誕生するのではと感じました」とした。 また、原作者の横関大氏は「2人の刑事の絆を書きたい。 そういう思いで書き始めたのが原作である『K2池袋署刑事課 神崎・黒木』です」と明かし、「このたびの映像化に当たり、山田涼介さん、田中圭さんの両名がどんな絆を見せてくれるのか、非常に楽しみにしております」と期待した。 「また、現在の苛酷な状況下において、エンターテインメントを作ってくださる出演者、スタッフ皆様に感謝申し上げます」と感謝した。 正義感の強いキャリア刑事・神崎隆一(山田)と直観力と洞察力がピカイチで、検挙率No・1キレ者刑事・黒木賢司(田中)が、時に衝突しつつも、池袋周辺で巻き起こるさまざまな事件に挑む物語。

次の

NHK東京五輪キャスター・嵐の後任もジャニーズに決定? 山田涼介・中島健人・平野紫耀が候補に浮上か。

ジャニーズ 山田涼介

Sexy Zoneの中島は山田会いたさに入所。 共演もあるウェストの小瀧望。 ジュニアの山田涼介愛、選手権というのも雑誌の企画であった。 キンプリの永瀬廉は子どものころ、憧れの山田のアジアの夜のソロを自ら希望して踊ったが、なぜか生意気だとネットで叩かれた。 先輩では滝沢秀明。 無名ジュニアのころ、前座でソロパートを与えたひと。 ドラマで共演するV6三宅健も24時間テレビ以来、ラジオでも山田をほめている。 いちばんのファンは山田と踊りたくて地方住みやめて上京したメンバーの知念侑李だと思う。 留学中のメンバー岡本はHey! Say! セブンの成人祝いの食事会で泣きながら 僕は山ちゃんをずっと尊敬してるからー、 とカミングアウトして回りが引いた。

次の

山田涼介、本田翼のプライベート暴露「男ですよ」

ジャニーズ 山田涼介

新型コロナウイルス感染拡大によって、7月24日に開幕予定だった東京五輪が来年に延期することが決定し、これによってNHKの東京五輪スペシャルナビゲーターに就任していた嵐は、活動期間を延長するのではとの憶測も飛び交っていますが、後任候補としてHey! Say! 嵐は昨年1月27日に、2020年末をもってグループ活動を休止すると電撃発表し、加えてリーダーの大野智さんのみ2021年から芸能活動を休止することが明らかにされました。 それから半年後の昨年7月には、「NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」に就任したことが発表され、嵐のメンバーはNHKで放送の様々な東京五輪関連番組に出演し、NHKの東京五輪テーマ曲には嵐とシンガソングライター・米津玄師さんのコラボ曲『カイト』が起用されました。 こうした事態に発展したことで、嵐の活動期間延長説が様々なメディアによって報じられるようになり、来年から活動休止予定だった大野智さんの決断次第で、活動延長の可能性はあるという見方が強まっています。 そうした中で、もし嵐が予定通り年内をもってグループ活動を休止した場合、Hey! Say! Project』とNHKの連動企画で、若者たちに様々なメッセージを送る動画に出演しており、4月末放送のニュース・報道番組『クローズアップ現代+』でメッセージ映像が放送されたほか、5月1日からはNHKの各サイトや公式YouTubeチャンネル、ジャニーズ事務所の各SNSやYouTubeチャンネルで動画配信が行われています。 こうした密接な関係にあり、今回の新型コロナウイルス関連の企画でもタッグを組み、Hey! Say! そして、東京五輪のスペシャルナビゲーターについて日刊大衆の記事では芸能記者が、 「NHKとジャニーズサイドは嵐の年内での活動休止を想定して、嵐に代わるナビゲーターの検討、準備を当然始めているでしょう。 NHKとジャニーズが連動企画をスタートさせたのは、来年以降の五輪を見据えているとも考えられます。 山田、中島、平野は同じグループではないですが、今後のジャニーズを背負う大人気の3人。 嵐がNHKの東京五輪スペシャルナビゲーターに起用された際には、嵐ファンからは歓喜の声が上がった一方で、ファン以外からは否定的な声も多く上がるなど賛否両論となっていました。 また、ジャニーズ事務所とNHKの連動企画に対しても賛同の声がある一方で、 「特定芸能事務所とずぶずぶなのはいかがなものか」「ジャニーズ忖度」「ジャニーズは要らない」といった声もあり、もしも嵐の後任として東京五輪のスペシャルナビゲーターにこの3人が起用された場合には、色々と疑問の声や批判の声が上がるなど物議を醸しそうです。 東京五輪関連ではこのほかにも、TOKIOのメンバーが東京五輪フラッグツアーのスペシャルアンバサダーを務め、聖火ランナーにはTOKIOのほか、KAT-TUN・亀梨和也さん、Hey! Say!

次の