ラッセル グドール。 ラッセルグドールのwikiプロフィールと経歴!ネプリーグで大活躍

NEWS加藤シゲアキ、世界の強豪たちとのクイズ対決で弱気発言!?「ミスをうまくごまかしてきた」

ラッセル グドール

この記事の構成• ラッセルグドールの経歴や家族は? ラッセル・グドールさんは 1966年 2月、 ニュージーランド 生まれ。 両親は 宣教師 で、 生まれた年の6月には日本に来ていたと言いますから、 ほぼ日本で生まれ育ったのですね。 インターナショナルスクールには通わず、 北海道の普通の小・中・高校へ通います。 中学校は 室蘭市立北辰中学校 とのこと。 ちなみに8歳上のお兄さんはご両親と同じ道を歩み、 現在は牧師として日本で活動されているそうです。 ) 大学は「授業料が安い」という理由でニュージーランドの オークランド大学 へ。 ここで改めて英語の難しさを知り、 勉強しなおしたそうです。 大学卒業後、 日本へ戻り東京で テレビ制作のディレクター に。 80年代終わり頃から90年代初頭ごろまで深夜の情報番組などのディレクターとして活躍。 その後 日本人女性と結婚 し母国 ニュージーランド へ。 日本人とニュージーランド人の間に入り、 翻訳・通訳・ビデオ制作・日本語ナレーターなどに従事。 ニュージーランド首相 や 森喜朗元首相 の通訳などを務めたこともあったそうです。 2001年日本へ帰国し、 渋谷の街頭テレビ局 「シブヤテレビジョン」 の プロデューサー兼ナレーター として再び日本での活動を開始します。 2005年にシブヤテレビジョンを退社、 現在は フリー で 通訳・翻訳・ナレーター などの分野で活躍中です。 家族は 奥さんと男の子が二人。 現在は 横浜市 に住んでいるそうです。 スポンサードリンク ラッセルドグールのエピソード ニュージーランドで寅さん? さて、 そんなラッセルさん、 言葉だけではなく 文化 においても日本とニュージーランドの橋渡し役として活躍しています。 1999年にニュージーランドのオークランドで、 世界で初めて 「男はつらいよ」 の 英語劇 が上演されたのですが、 ラッセルさんはその 制作 を担当。 それだけでなく、 なんと主役の 寅さんを演じた そうです。 外国人が演じる寅さんというと「オランジーナ」のCMの リチャード・ギア さんを思い出しますが、、、 ラッセルさんの寅さんも見てみたいですね。 ラッセルグドール 今後の活躍に注目! 日本語能力検定1級 を持ち、 日本人の心を持つラッセル・グドールさん。 なかなかに面白そうな人物、 今後テレビにも頻繁に登場されるかもしれないですね。

次の

ラッセルグドールの漢字力がスゴい理由は?プロフィールと経歴と妻と子供をチェック

ラッセル グドール

この記事の構成• ラッセルグドールの経歴や家族は? ラッセル・グドールさんは 1966年 2月、 ニュージーランド 生まれ。 両親は 宣教師 で、 生まれた年の6月には日本に来ていたと言いますから、 ほぼ日本で生まれ育ったのですね。 インターナショナルスクールには通わず、 北海道の普通の小・中・高校へ通います。 中学校は 室蘭市立北辰中学校 とのこと。 ちなみに8歳上のお兄さんはご両親と同じ道を歩み、 現在は牧師として日本で活動されているそうです。 ) 大学は「授業料が安い」という理由でニュージーランドの オークランド大学 へ。 ここで改めて英語の難しさを知り、 勉強しなおしたそうです。 大学卒業後、 日本へ戻り東京で テレビ制作のディレクター に。 80年代終わり頃から90年代初頭ごろまで深夜の情報番組などのディレクターとして活躍。 その後 日本人女性と結婚 し母国 ニュージーランド へ。 日本人とニュージーランド人の間に入り、 翻訳・通訳・ビデオ制作・日本語ナレーターなどに従事。 ニュージーランド首相 や 森喜朗元首相 の通訳などを務めたこともあったそうです。 2001年日本へ帰国し、 渋谷の街頭テレビ局 「シブヤテレビジョン」 の プロデューサー兼ナレーター として再び日本での活動を開始します。 2005年にシブヤテレビジョンを退社、 現在は フリー で 通訳・翻訳・ナレーター などの分野で活躍中です。 家族は 奥さんと男の子が二人。 現在は 横浜市 に住んでいるそうです。 スポンサードリンク ラッセルドグールのエピソード ニュージーランドで寅さん? さて、 そんなラッセルさん、 言葉だけではなく 文化 においても日本とニュージーランドの橋渡し役として活躍しています。 1999年にニュージーランドのオークランドで、 世界で初めて 「男はつらいよ」 の 英語劇 が上演されたのですが、 ラッセルさんはその 制作 を担当。 それだけでなく、 なんと主役の 寅さんを演じた そうです。 外国人が演じる寅さんというと「オランジーナ」のCMの リチャード・ギア さんを思い出しますが、、、 ラッセルさんの寅さんも見てみたいですね。 ラッセルグドール 今後の活躍に注目! 日本語能力検定1級 を持ち、 日本人の心を持つラッセル・グドールさん。 なかなかに面白そうな人物、 今後テレビにも頻繁に登場されるかもしれないですね。

次の

ラッセル・グドール日本語能力検定1級とは?通訳した人は?【ネプリーグ】|気になっ探団!

ラッセル グドール

ラッセル・グドールのプロフィールと経歴は? まずは、ラッセル・グドールさんのプロフィールや 経歴などについて簡単にまとめてみました。 氏名:ラッセル・グドール 出身地:ニュージーランド 生年月日:1956年2月(62歳) 生後間もなく両親と一緒に来日し、 北海道で生まれ育ちます。 親とは英語、兄弟や学校などでは日本語という バイリンガルな生活で成長します。 ラッセル・グドールさんの 日本語はここから始まったのですね。 流暢な日本語でかつなまりもないので 東京等の首都圏の出身かと思っていましたが 北海道という地域が 影響しているのだと感じました。 大学で一旦ニュージーランドへ行き、 卒業後日本に戻ってきて翻訳や通訳などを行い、 街頭テレビ局「シブヤテレビジョン」のプロデューサーなどを つとめます。 シブヤテレビジョンは、 口コミが高い会社で有名ですね。 プロジェクトを成功させたときの達成感は大きいです。 その為、人気が高く入社するには かなり高い競争になるようです。 ラッセル・グドールさんは 語学だけでなく能力としても 高い才能を持っていたということですね。 現在はシブヤテレビジョンを退社し、 翻訳などの仕事をされているそうです。 ラッセル・グドールの来日した理由は?出身校はどこ? 日本人と変わらない日本語能力を持つラッセル・グドールさんですが 来日した理由はなぜなのでしょうか? 調べた所、日本に来たのは 両親が宣教師であったからだそうです! つまり日本にキリスト教を伝えたり広めたりするためにやってきたというわけですね。 北海道の宣教師として有名な方は フリードリッヒ・マンフレード神父(フランシスコ会) ですので、 ラッセル・グドールさんのご両親も フランシスコ会に所属していた可能性が高いですね。 しかし、「日本に溶け込むため」という両親の方針により インターナショナルスクールではなく北海道の普通の学校に 通っていたそうです。 ちなみにラッセル・グドールさんには 現在は 北海道で牧師をしているジェラルド・グドールさんという お兄さんがいます。 icfire. html サイトに、お兄さんのジェラルド・グドールのプロフィールが載っていました。 ・グドール・ジェラルド師 ・1958年ニュージーランド生まれ。 ・宣教師の両親と共に2才の時に来日。 ・4歳の時に北海道函館市へ。 ・その後両親の開拓伝道の働きに伴い、 北海道各地(札幌、旭川、帯広、室蘭)を点々と歩く。 室蘭聖書教会で数年間、父親と共に牧師の働きをする。 ・外国に時々行くが、日本に帰っておいしいそばを食べるとホッとする変な外人。 その方も一緒に来日して同じように日本語で学んでいたようです。 お兄さんは両親の仕事を継いだような形になるのですね。 また、 お兄さんも 通訳・翻訳の仕事もされているようですね。 小中高校生と公立の学校に通って日本文化に親しむ一方で 家庭では 両親のニュージーランド式の観点でのしつけを受けたとのこと。 大学は母国であるニュージーランドのオークランド大学に 行くことにしましたが その理由は「 授業料が安いから」。 勉強したいことがあった等ではないんですね。 ですが、オークランド大学は名門大学です。 世界大学ランキングでは、82位。 オークランド大学よりランキングが高い日本の大学は 5つしかありません。 東大が28位、京都大学が36位、 東京工業大学が56位、大阪大学63位、東北大学76位 となります。 大学卒業後は日本に戻り仕事をしますが、 結婚後は一旦ニュージーランドへ移住しています。 日本との間を取り持ち 翻訳や通訳はもちろん、 ニュージーランド首相と森喜朗元首相の 通訳をつとめることもあったそうですから その実力は本物ですよね! 政府間協議の通訳は最高レベルとされ 一般的には、経験10年以上で、 同時・逐次通訳いずれも安定しており、 かつどんなジャンルの通訳もこなすレベル だと言われています。 2001年からは再度日本に戻り、今は横浜市に住んでいるそうです。 ラッセル・グドールの漢字力は? 以上の経歴から、 ラッセル・グドールさんが日本語が得意な理由が 分かりましたね。 ネプリーグでの漢字問題もラクラク解いてしまうのは ほぼ日本人と同じ生活を送ってきたからでした。 しかし、それだけであんなに難しい漢字の問題を 解けるものなのか?と思い、調べてみると・・・ なんとラッセル・グドールさんは「 日本語能力検定1級」を 持っている事がわかりました! 日本語能力検定の1級は、 日本人なら「 高校卒業していて国語が得意ならそれほど苦労しない」 とも言われていますが、 漢字に関しては漢検準1級レベルの問題が出るなど 国語が得意でも難しいだろうと思われます。 海外の方には相当ハードルの高い試験ですが 小さい頃から日本で育ったラッセル・グドールさんなら しっかり対策すれば合格できる程度だったかもしれません。 何にせよ、漢字力の高さは日本語能力検定1級を取れるくらいの 高いレベルだということですね。 ラッセル・グドールの妻や子供は? 最後に、ラッセル・グドールさんの家族についてです。 ラッセル・グドールさんは 日本人の女性と結婚されているそうです! 芸能人ではない一般の方なので名前や顔などは分かりませんでしたが、 お二人の間には 2人の息子さんがいるそうです! こちらも名前は分かりませんでしたが、 日本とニュージーランドのハーフで、 ラッセル・グドールさんもイケメンですから 子供たちも整った顔立ちなのでしょう! 結婚後一旦ニュージーランドに戻っていた時期もありますし 子供たちも日本語と英語がある程度分かるのではないでしょうか。 とは言え、家族4人で横浜に住んでいるということは お子さんたちは日本の普通の学校に通っているのは 間違いないと思います。 ラッセル・グドールのまとめ ラッセル・グドールさんがレポーターをしているNHKの番組。 やっぱり英語も上手ですね。 これからもっとテレビ出演も増えそうな気がします。 もっと色々なところで見られたら良いですね! では、ここまでお読みいただき ありがとうございました。 スポンサーリンク.

次の