スマブラ マリオ コンボ。 【スマブラSP】即死コンボ持ちキャラ一覧【スマブラスイッチ】

【スマブラSP】マリオの性能・立ち回り【スマブラスペシャル】

スマブラ マリオ コンボ

全ての技にクセがなく、極めればどんなキャラにも対等に立ち会えます。 技のリーチはやや短いのが気になりますが、技が入った時のコンボを覚えて、一度に稼げるダメージを増やしましょう。 掴んだら下投げをして、このコンボに繋げましょう。 一度に52パーセントのダメージを稼ぐことが出来ます。 マリオの技考察 弱攻撃 1vs1ダメ 発生F 弱1 A 2. 弱2 1. 7 2 弱3 4. 0 3. 着地隙をねらって来る相手に対して、非常に有効な暴れ技なので使いましょう。 1vs1ダメ 発生F ダッシュ 通常 (ダッシュ+A) 9. 6 6. 0 ダッシュ 持続 7. 4 5. 6 5. 4 5. 技の持続が長いので、相手の着地隙で真下に潜り込めれば、一方的に攻撃を当てることが出来ます。 一旦近距離での戦いを拒否したい時に、この技を使って相手を飛ばすといいです。 上強で相手を真上に飛ばして、コンボを決めましょう。 8 9. 0 下スマ2 14. 先端部分の方がダメージとふっ飛ばし力が高いので、横スマッシュを使う時は先端を意識しましょう。 相手が上から攻めてくる場合は、上スマッシュで待機すると良いでしょう。 後から出る蹴りのほうがダメージとふっ飛ばし力が高いため、撃墜技として使用する時は、相手を背後にしてから技を出しましょう。 マリオの空中攻撃 1vs1ダメ 発生F 空N (空中でA) 9. 6 3. 0 空N(持続) 5. 1 6. 4 16 空前 メテオ 16. 6 6. 0 空後(持続) 8. 4 8. 4 4. 68 ? 空下〆 6. 6 23 空下着地 2. 4 1. 超近距離に持ち込まれた時や、崖の起き上がり時に使うと強さを実感できます。 ステージ端で積極的に振っていきましょう。 相手が高パーセントのときに、積極的に振り撃墜技として使いましょう。 相手が空中にいる時は、基本的にこの技を振って、コンボ始動として使いましょう。 相手が高パーセントのときに、撃墜技として使いましょう。 また、着地のタイミングをズラスことも出来るため、着地狩りを狙ってくる相手にも有効な技です。 マリオの必殺技 1vs1ダメ 発生F 通常必殺技 B 6. 0 17 通常必殺技持続1 B 6. 0 21 通常必殺技持続2 B 4. 0 3. 0 上必殺技Hit2-6 0. 72 7. 0 上必殺技Hit7 3. ファイヤーボールを追いかけるように動けば、攻めの起点として使えます。 他にも、スーパーマントには、空中で使うと落下速度が一瞬遅くなる効果を持ち、相手の追撃を回避するのにも使用できます。 アイク、ネスなどの復帰が弱いキャラに対して、非常に有効な技なので、しっかり水を溜めておきましょう。 マリオの投げ技 1vs1ダメ 発生F 掴み攻撃 1. 56 1. 0 掴み(その場) - 6. 0 掴み(ダッシュ) - 9. 0 掴み(振り向き) - 10 前投げ 投げ 9. 2 44 上投げ 投げ 8. 前投げで相手をステージの外に出せるのであれば、使用しましょう。 また、投げている相手以外も巻き込んで攻撃できるので、乱闘でも有効な技です。 空上や上Bで追撃を狙いに行きましょう。 マリオの調整点 Ver. 0の調整点 調整点 基本挙動 ねむりから覚めたときのスキを他のファイターに合わせました。 Ver3. 0の調整点 調整点 通常必殺ワザ シールドに対する攻撃力を下げました。 最後の切りふだ チャージ切りふだ 開始時に周囲の相手をスローにする時間を長くしました。 開始時のスロー中、相手の動きがより遅くなるようにしました。 Ver2. 0の調整点 調整点 ダッシュ攻撃 ふっとばす角度を変更しました。 チャージ切りふだ ふっとぶ距離を伸ばしました。 フィニッシュとして使いにくくなったため下方修正。 コンボが決めづらくなったので 下方修正。 , LTD. , INC. , LTD. 当サイトのコンテンツ内で使用しているゲーム画像の著作権その他の知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属しています。 当サイトはGame8編集部が独自に作成したコンテンツを提供しております。 当サイトが掲載しているデータ、画像等の無断使用・無断転載は固くお断りしております。

次の

【スマブラSP】ドクターマリオの性能・立ち回り【スマブラスペシャル】

スマブラ マリオ コンボ

コンテンツ• スマブラSPのマリオの評価は? スマブラと言えば、やはり「マリオ」だとイメージを抱かれる方も多いのではないでしょうか。 とてもスタンダードなキャラクターなのが特徴で、立ち回りの癖も少なくスマブラの基礎基本を学ぶのに最も相応しい性能をしています。 コンボルートも他のファイターと比べても多く、 上投げ、下投げ、上強攻撃などから一気にダメージを稼ぎ出す火力の持ち主。 撃墜択も横スマッシュや上スマッシュなど比較的分かりやすいものなので、初心者の方でも遊んでいて手に馴染みやすいキャラであると言えるでしょう。 ゴリゴリと火力を稼ぎ、相手にダメージ差を詰められないようにしながら横、上スマッシュ攻撃で撃墜をして行きましょう。 ただし、マリオは全体的に 撃墜出来る技が限られており、各種スマッシュ攻撃を警戒されてしまうとなかなか撃墜出来ずに相手に長生きさせてしまう事も多々あります。 いかに動きで相手を釣りながら、回避やジャンプを誘ってスマッシュ攻撃を打ちこんでいけるかがマリオで勝つためのカギとなってくるでしょう。 高火力コンボでダメージを稼げる、動かしやすいスタンダードなファイターをお探しであればマリオがおすすめです。 このページはマリオの全技の解説となっています。 より具体的なコンボや立ち回りを知りたい方は以下のページもご覧ください。 Aボタン押しっぱで素早くパンチが繰り出せます。 主に 相手と密着している状態で、暴れたりごまかしたりする使い方がおすすめです。 降りながら通常空中攻撃を相手にシールドされてしまったようであれば、素早く暴れて相手の反撃を貰わないようにしましょう。 最初の弱1で相手にヒットしていれば出し切ってしまって良いですが、ガードされている場合は蹴り上げまで出し切らずに途中で入力をキャンセルし回避を織り交ぜるなどの択も覚えましょう。 横強攻撃(ミドルキック) 横に素早く蹴り抜く横強は、弱の蹴り上げよりも威力&リーチ&ふっとばしが強いのが特徴。 相手のダメージがある程度溜まってきたら、密着時に横強を選択して有利な状況を作って行きましょう。 低%帯で後ろ空中攻撃を降りながら当てた後は、 ミドルキックがコンボとして繋がるためここでしっかりとダメージを稼いでいく事。 スティックを斜めに倒す事で、斜め上と斜め下にも蹴る事が可能です。 上強攻撃(アッパーカット) 下から上に向けてアッパーカットを繰り出す。 発生も早くコンボにも繋げやすい非常に優秀な技で、マリオの地上での立ち回りの要となります。 低%時であれば連打するだけでダメージを稼げる上、中%でも浮いた後に空中上攻撃や上必殺技などで追撃が可能。 密着時に隙があればこの上強攻撃を当てに行ってみましょう。 上手く繋ぐ事が出来れば、 この技からの始動で30%~一気に稼げますので、試合展開が相当有利になるはずです。 下強攻撃(スピニングローキック) しゃがみの体勢から相手の足元をすくうように攻撃をする技。 ヒットした相手は上に飛んでいくため、そこから 空中上攻撃などのコンボに持っていきやすいです。 ただ、 低%ではコンボが繋がりにくいので、ある程度%が溜まって相手が浮くような状態になってから狙いに行きたい所。 上強攻撃よりも前方に範囲が広いため、 「上強攻撃では届かないが下強攻撃なら届く」場面で使うのがおすすめです。 ダッシュ攻撃~各種スマッシュ攻撃 ダッシュ攻撃(スライディング) 技名通り、前方へとスライディング攻撃を繰り出す。 一見すると地味な技ですが、足を出している間は常に攻撃判定が残っているため、攻撃を外したように見えても当たっている場合が多いです。 主な使い方としては浮かした相手が着地する瞬間や、復帰をして崖に掴まろうとしている相手に狙って行くのがおすすめのスライディングの使い方です。 着地をする相手に狙う場合、相手はダッシュ攻撃を貰うのを嫌い、 着地後にガードを貼る事もあるのでそこを掴みに行くのも戦術の1つ。 横スマッシュ攻撃(ファイア掌底) 炎をまとった掌底を繰り出し、相手を強く吹っ飛ばす事が出来る技。 炎に当たった場合と根元の手の部分に当たった場合の2種類の技の判定があり、この2つの内 先端の炎に当てた方が威力&ふっとばし共に強くなるため、出来る限り先端を狙って行きたい所となります。 打つ際にスティックを入力する事で、上方向&下方向にシフト出来ます。 小ジャンプが多い相手には上シフトを、復帰して崖に掴まりそうな相手には下シフトの入力がおすすめ。 一歩引いてから横スマッシュ攻撃を打つと言う特徴のため、 相手の攻撃を交わし一撃をお見舞いする魅せプレイも可能です。 上スマッシュ(スマッシュヘッドバット) 身体をのけ反らせた後、強烈な頭突きをお見舞いする技。 こちらも横スマッシュ同様、マリオの中でも主力な撃墜手段となる技になります。 実は前側よりも後側の方がリーチが長いため、当てる際は 相手に対して後ろを向いている状態で狙うと当たりやすいです。 当てる場面は、相手を浮かせた後の着地際、ラインを詰めて相手のジャンプ読みでぶっ放すなど様々。 空中ジャンプ&回避を消費した相手はまさに狙い目です。 相手の%が溜まっていたら積極的に上スマッシュを狙って行きましょう。 下スマッシュ攻撃(ブレイクスピン) ブレイクダンスを踊るかのように、前後に素早くキックを繰り出す。 ヒットした相手は真横へと吹っ飛んでいくため、%が溜まっていたら復帰阻止を狙いに行くのがおすすめ。 普通に当てに行くのはなかなか難しい技ですが、回り込み回避が多い相手には当たる可能性が高くなるので、 相手の癖を読んで技を置いていくイメージで使うと効果的です。 ちなみに、前側よりも後側で当てた方がダメージとふっとばしが高いです。 スマブラやスマホの見過ぎで目に疲れを感じていませんか? 強くなるためには毎日の練習と同時に、 疲れ切った目をケアして上げる事も大切! テレビCMでもお馴染み、ファンケルからの【えんきん】で頑張った目にご褒美を! 各種空中攻撃 通常空中攻撃(マリオキック) 空中でカンフーキックのようにキックを繰り出す。 リーチこそ短いものの、技の発生速度は非常に優秀ですので、 相手とガードで張り合っている状態での暴れとして使うとかなり強いです。 足を出している間は判定があるため、マリオキックを出しながら相手に近づいていくのも効果的。 技を出してる最中の着地隙が全然無いため、相手はガードから反撃を取るのもかなり難しいです。 そのため、 この技を出しながら着地をし、着地隙を弱攻撃などでごまかしていくのも有効。 前空中攻撃(メテオナックル) 拳を勢いよく叩きつけるメテオナックルは、空中にいる相手にタイミング良く当てる事で 相手を下へと吹っ飛ばす事が出来ます。 復帰が弱いキャラは低%であっても復帰が出来ずにそのまま落ちて行く事もあるため、場外に出したらこの技を当てるタイミングを伺っていきましょう。 地上にいる相手にヒットした場合は硬直したまま上に飛んでいくので、 上空中攻撃や上必殺技などで追撃に行く準備をしておくのも大切です。 後ろ空中攻撃(ドロップキック) 後方に向けてドロップキックを繰り出す。 マリオの技の中でも非常に押しつけが強い技で、大ジャンプからや小ジャンプからなど、様々な角度から打つ事で相手は対応がし辛い状況になります。 おもむろにダッシュから打っても良いし、空中に浮かした相手にさらにダメージを稼ぐ目的で振っても良し。 早期決着を狙うのであれば前空中攻撃でメテオを、安定択を取るのであればこの後ろ空中攻撃を立ち回りとして取り入れて行きましょう。 上空中攻撃(エアスラッシュ) 空中でサマーソルト攻撃を繰り出す。 連続で攻撃が出せるため、上に浮かした相手に追撃したい時に振って行くのが強い。 上強や上投げからどんどんコンボを稼いでいきましょう。 空中技であるため、どうしても空中で当てるイメージが強いですが、地上にいる相手に当ててそこから空中攻撃へと繋げる事も出来る。 空中下攻撃(マリオトルネード) 腕をぐるぐる回して相手を巻き込んだ後、上空へと吹っ飛ばす。 低%時に上投げからのコンボとして狙って行ける技。 おすすめな使い方としては、最速小ジャンプから相手に突っ込んでいき、 ヒットをすればそのまま空中上攻撃などで追撃、シールドをされたら2段ジャンプを使って逃げる方法。 シールドされても割とリスクが少ない行動の1つなので、シールドを多用する相手にはこの空中下攻撃の立ち回りを取り入れてみましょう。 各種投げ攻撃 前投げ(ふり抜き投げ) 掴んだ相手を1回転して前方へと投げる技。 後述する後投げ(ジャイアントスイング)よりもダメージと吹っ飛ばしが弱いので、相手を崖に出したい時以外は極力封印する。 投げ終えた後のマリオ自身の硬直が少ないので、低%で崖外に追い出した相手に対して空中前攻撃でメテオを狙う事も出来る。 相手が油断していると喰らってくれるので、ここぞという場面で使ってみよう。 後ろ投げ(ジャイアントスイング) 技名の通り、相手をぐるぐる回してぶん投げる技。 ダメージだけでなくふっとばしも強いため、 ダメージが溜まった相手への撃墜手段としても使えます。 崖を背負っている際、相手がスマッシュ攻撃などの大技をスカした時などに狙いに行けるようになると、かなり勝ちに近づく事でしょう。 上投げ(スルーアップ) 相手を上空へと投げ飛ばすため、空中上攻撃などでさらにダメージ稼ぎに狙いに行けます。 序盤、中盤は掴んだらまず、上投げをしてダメージを稼ぐ事を頭に入れておくと良いですね。 コンボによっては一度に30~40%近く稼ぐ事が出来るので、マリオの起点の軸であるともいえる技。 下投げ(スルーダウン) 下に叩きつけた後、斜め上のベクトルで吹っ飛んでいく。 その場掴みから下投げをしてもコンボは繋がりにくいですが、ダッシュ掴みから最速で出すと若干滑りながら出す事が出来ます。 これによってマリオに慣性が付くため、空中上攻撃などの技が当たりやすくなる。 主に中%あたりで下投げを狙ってみよう。 相手の行動次第ではあるが、崖際であれば投げた後に空中前攻撃のメテオが刺さる事もあります。 ある程度ダメージが溜まってきたら狙いに行くのもアリ。 各種必殺技 通常必殺技(ファイアボール) 手から火の球を出せ、放たれた球は斜め下へと飛んでいき、地上で出せばそのままバウンドしていきます。 マリオの牽制技の中でもなかなか強く、 相手の立ち回りを制限したい時などに効果的です。 ファイアボールで直接ダメージを稼ぎに行くのも良いですが、おすすめなのはファイアボールを使って 相手のガードや回避を誘い、見てから掴みに行って火力を取ると言うもの。 ファイアボールを撒いた後、相手がどんな行動をしてきやすいかを考えながら立ち回ってみましょう。 横必殺技(スーパーマント) マントを翻す事で、相手の向きを変えられるだけでなく、飛び道具まで反射して相手に返す事が出来ます。 のように飛び道具が中心のキャラクター相手には、牽制の意味も込めて立ち回りの中でガンガン振ってプレッシャーを与えて行きましょう。 また、 空中で出すと若干着地のタイミングをずらせるため、相手が地上で待ち構えている場合は連打してみるのも拒否の択の1つになります。 上必殺技(ス-パージャンプパンチ) 上に拳を突き上げてコインを奪い取りながら連続してダメージを与える技。 復帰技として使える以外にも、空中でのコンボの締めとして使われる事も多いです。 それなりに吹っ飛ばしも強いため、 空中に打ち上げられた油断している相手に不意を突く択として使ってみると撃墜出来る可能性も出てきます。 下必殺技(ポンプ) 下必殺技にはポンプに水を溜める段階と、溜め切った水を発射する2種類の段階があり、溜めている状態では、ガードや回避を押せば溜めを一旦中断する事が出来ます。 水は横に押し出す勢いが強いため、 相手のラインを下げたり、復帰してくる相手を押し出すのが主な使い方。 相手キャラによっては非常に強力な技ですので、立ち回りの中で暇があればちょくちょく溜めておくのがおすすめです。

次の

【スマブラSP】マリオの確定コンボ・立ち回り攻略【コンボ動画】

スマブラ マリオ コンボ

最初の上空中攻撃は前方向に慣性を付けると繋がりやすくなります。 試合序盤の火力としては上投げのコンボよりも劣るものの、Aボタンを連打しているだけでもダメージは稼げるので、慣れないうちはこちらから試してみましょう。 マリオの立ち回り講座 ここからは実際のマリオの対戦の中で、どのような立ち回りをして行けば良いのかについて解説をして行きます。 ファイアボールを撒いて相手の立ち回りを封じる マリオは通常必殺技(B)で手のひらから飛び道具としてファイアボールを発射します。 まずはこのファイアボールを上手に撒いて相手のやりたい立ち回りを封じて行きましょう。 地上から連打しているだけだと相手に上から攻め込まれてしまいますので、 小ジャンプや大ジャンプを絡めながら打っていくと効果的です。 ファイアボールを連発していると相手はダッシュシールドや回避を織り交ぜた立ち回りをしてくるため、相手の甘えた動きを狩っていければ理想的なファイアボールの撒き方が出来ていると言えるでしょう。 ジャンプファイアボールと一緒に相手に突っ込みながら 地上でシールドを貼っている相手を掴みで崩したり、ファイアボールを嫌って回り込み回避をしてきた先に掴みや下強攻撃などを置いてリターンを稼いでいきます。 試合序盤は投げを通す事を意識 先ほどのコンボのところでも紹介しましたが、マリオの上投げからのコンボは一度に30%近く稼げるので決まればかなり美味しいです。 試合序盤はこの上投げをいかに通していくかを考えて立ち回りましょう。 当然分かっている相手はマリオの投げは強力だと警戒をするため、 おもむろに掴みを狙いに行っても通る事は無いでしょう。 そこで機能するのがファイアボール。 相手の意識をファイアボールに向かせる事で甘い動きを誘発出来るようになります。 地上戦よりも空中戦がメイン マリオは空中での横移動の性能が良いので、基本的には地上で読み合うよりも 空中からガンガン攻め込んでいく立ち回りが強いです。 主に使う技は 通常空中攻撃のマリオキックと後ろ空中攻撃のドロップキックの2つを軸に技を置いていきましょう。 マリオキックは上から被せるように打ちます。 ヒットしていれば弱攻撃や掴みなどのコンボに繋げていきますし、 着地隙が全くないので仮にシールドを貼られてしまったとしても上強攻撃や弱攻撃などで暴れて行けば相手からの反撃を貰う事も少ないです。 時折透かし掴みも狙って行きましょう。 ドロップキックは主に差し込みや差し返しとして重要な働きをしてくれる技。 小ジャンプから最速で出せれば着地するまでにもう一度出せるので、強引な暴れが通ったりもします。 小ジャンプや大ジャンプから、或いは攻めながらや引きながらのドロップキックを打って試行回数を稼ぎながら相手に癖を読まれないようにして行きましょう。 空中からこの2つの技を見せて行けば、相手は技を喰らわないようにシールドを固めたり回避をしてくるので、そこを掴みで崩していければgood。 スマブラやスマホの見過ぎで目に疲れを感じていませんか? 強くなるためには毎日の練習と同時に、 疲れ切った目をケアして上げる事も大切! テレビCMでもお馴染み、ファンケルからの【えんきん】で頑張った目にご褒美を! 浮かされたら横必殺技で着地のタイミングをずらす マリオの横必殺技のスーパーマントは、空中で出すと一瞬だけふわっと空中に留まる特徴があります。 これを利用して相手に 浮かされてしまったら横必殺技を使って着地のタイミングをずらしていきましょう。 特に相手が地上で上スマッシュ攻撃などを構えている時は必須。 上手くタイミングをずらした後は、通常空中攻撃の マリオキックを急降下を入れながら出してコンボに繋げて火力を稼いでいきましょう。 ただし、 毎回マントを使っていると読まれて上空中攻撃などで追撃されてしまう可能性もあるため、時には急降下回避で着地をするなどの対策も大切になってきます。 撃墜手段の横スマッシュ攻撃は引きステップから マリオの早期撃墜技となるのが横スマッシュ攻撃のファイア掌底で、先端の炎を当てれば驚異的な吹っ飛びが期待出来ます。 この技の特徴としましては、技を出す瞬間に後ろに一歩引くような動作を見せるため、相手の攻撃をかわしながら横スマッシュ攻撃を叩き込む事が可能です。 地上でステップを踏んだり、小ジャンプから後ろ空中攻撃を打つと見せかけて透かし着地をし、相手の回避や飛び込みを誘って上手く当てられれば理想です。 シールドキャンセルから上スマッシュ攻撃を狙う マリオの撃墜技の1つに上スマッシュ攻撃のスマッシュヘッドバットがあります。 相手の攻撃をシールドで防ぎ、シールドを貼った状態から上スマッシュ攻撃の入力をすれば素早く反撃する事が出来ます。 狙える場面としましては、ダッシュ攻撃を打ってきてマリオと相手が重なった時や、相手とシールドを貼って見合った時などに、相手が我慢出来ずに回避をしたり小ジャンプの空中技を打ってきた時などがあります。 相手が120%近くであれば確実に1ストック奪えるため、相手の動きをしっかりと観察して叩き込んで行きましょう。 マリオの前側よりも後ろ側の方が先に攻撃判定が出るのとリーチが長いため、 相手に対して背中を向けてシールドを貼るのをお忘れなく。 VIPに行くためのマリオの参考動画 以上を踏まえた上でのVIPマッチでのマリオの対戦動画となります。 マリオの立ち回りに悩んでいる方に何かヒントになる部分があれば幸いです。

次の