ごちそうさま で した 韓国 語。 「ごちそうさま」英語バージョンは?ネイティブ表現やトリビアを紹介!

「ごちそうさま」の意味と返事の仕方、ビジネスでの使い方、英語・中国語・韓国語では?

ごちそうさま で した 韓国 語

韓国語で「いただきます」は? 韓国語で「いただきます」は、 잘 먹겠습니다 チャル モクケッスムニダ と言います。 잘 チャル は「よく」、먹겠습니다 モクケッスムニダ の原型は먹다 モクッタ で食べるという意味です。 겠 ケ は、意志を表し、습니다 スムニダ は丁寧な言い方をする時に使う表現です。 ですから、잘 먹겠습니다 チャル モクケッスムニダ は、 直訳したら「よく食べます」という意味になります。 ちなみに、よりカジュアルな表現は、잘 먹겠어요 チャル モクケッソヨ だという人がいますが、この表現は韓国では使いません。 カジュアルに表現したい時は、잘 먹을게요 チャル モグルケヨ という表現を使い、目下の人やより親しい人に対しては、잘 먹을게 チャル モグルケ と言ったりします。 韓国語で「ごちそうま」は? 韓国語で「ごちそうさま」は、 잘 먹었습니다 チャル モゴッスムニダ と言います。 먹었습니다 モゴッスムニダ は、먹다 モクッタ の過去形を丁寧に言う時の表現です。 ですから、잘 먹었습니다 チャル モゴッスムニダ は、 直訳したら、「よく食べました」という意味になります。 また、「ごちそうさま」のカジュアルな表現は、잘 먹었어요. チャル モゴッソヨ で大丈夫です。 そして、目下の人に対しては、잘 먹었어 チャル モゴッソ と言います。 韓国では使い方が違う ただ、実際に韓国で生活をしていると、 韓国では「いただきます」や「ごちそうさま」という表現をあまり使いません。 日本では、子供たちが、「いたーだきます!」とか「ごちそうさまでした!」と元気よく挨拶をしますよね。 そういった光景は本当に微笑ましいなあと思うのでが、 韓国の子供たちはそんなことしません。 我が家の子供たちも、「給食の時、『いただきます』とか『ごちそうさま』って言う?」と聞いたら、「言わない、言わない」って強く否定をしていました。 でも、それは、韓国の子供達のしつけがなっていない訳ではなく、 「いただきます」と「ごちそうさま」の使い方が日本とは本質的に違うからです。 具体的には、• 日本では、食べられることに感謝して言う• 韓国では、食事を作ってくれた人や奢ってくれた人に対して言う という違いがあると言えます。 もちろん、韓国でも宗教をやっている人は感覚が少し違うようですが。 ですから、韓国では、一人で食べる時、或いは、飲食店へ友達と言った時も、割り勘であれば、「いただきます」や「ごちそうさま」とは言いません。 誰かが特別に作ってくれたり、奢ってくれたりしたら、 その人に対して、「いただきます」や「ごちそうさま」を使うことが多いです。 あと、韓国では「いただきます」や「ごちそうさま」と言う時、 手を合わせる習慣がありません。 日本人が、手を合わせるのは、天に対する感謝の気持ちが込められているからなのかなって思います。

次の

スペイン語で「美味しいです」の言い方とrico|スペイン語なら!0から始める初心者のスペイン語

ごちそうさま で した 韓国 語

日本人なら、おいしいごはんを食べ終わったとき 「ごちそうさま~!」 と言うのはごく当たり前の習慣ですね。 では、外国人はどのような英語表現を使って食事を終えるのでしょう? 英語を学習している人であれば、海外のレストランで食事をする、外国人の友達にランチやディナーを招待されるというシーンもあり得ます。 今はなくても、将来そのような場面にでくわす可能性も高いですね。 そこで今回は、 「ごちそうさま」を取り上げます。 「ごちそうさま」に代わる英語表現に加え、 ・「ごちそうさま」トリビア ・外国人に日本の 「ごちそうさま」を紹介したいときに使えるフレーズ など、様々な角度から 「ごちそうさま」を紹介しましょう。 食べることは生きるために欠かせないもの、外国人との英会話にお役立ていただければ嬉しいです!• 英語で「ごちそうさま」に代わる感謝を表わす表現は? 「ごちそうさま」は、日本語ならではの特有の表現です。 食後に言う 「ごちそうさま」は、感謝の気持ちを表わす意味を持っています。 韓国や中国などアジアの国々でもそれぞれの言い方があり、食後に感謝の気持ちを表わす習慣が根付いています。 では、英語圏ではどうでしょう? これが、と~っても簡単な皆さんが良く使う言葉で表現されているのです。 ズバリ! 「Thank you」 こそ、ごちそうさまに代わる表現になります。 ごちそうさまは食後以外では使うことのない特別な表現ですが、英語のシーンでは感謝を表わす意味を持つ Thank youを食後に言えばOKなのです。 あらためて、 Thank youはコミュニケーションを取るために便利なフレーズと感じます。 これなら、外国人との食事をする機会も気楽になりませんか?! 自然と習慣になっていることでも、すべてに由来があります。 ここで、日本ではなぜ 食前に「いただきます」 食後に「ごちそうさま」 という挨拶をするようになったのか改めて考えてみましょう。 トリビア!御馳走様の由来は、走り回った人への感謝の言葉 「ごちそうさま」を漢字で書くと、 「御馳走様」です。 これは、交通の便が不便だった昔、馬や徒歩などで食材を調達していたこと、加えて便利な家電製品もなく、現代のようなショッピングとは程遠い労力を費やしていたためです。 「ごちそうさま」が今のように定着したのは、 昭和時代だそうです。 昭和と言っても、食事ひとつ用意するのに、デリバリーで食材を注文したり、少し歩けばコンビニがある現代とはまるで違う事情がありましたね。 「ごちそうさま」はこのように労力に対しての表現ですので、従って、 「いただきます」も同様、感謝を表わす意味になります。 感謝を表わす対象は、料理を作ってくれた人だけでなく、食卓を整えてくれた人、魚を獲り、野菜を作った人なども含まれます。 それぞれの人と食材に感謝をして料理をいただく一連の作業は、日本人らしい文化であり、心遣いが込められていたのです。 これらを考えると、 Thank youの一言だけで感謝の気持ちを表現するのは少し物足りなく感じませんか? 英語で「ごちそうさま」の感謝をもっと表現しよう! ごちそうさまに代わる表現は Thank youで間違いありません。 しかし、おいしい食事と楽しい時間を提供してくれたホストには感謝の気持ちをもう少し伝えたいですね。 以下、例文を紹介しましょう。 英語圏ではおもてなしへの感謝や、お料理がいかに美味しかったかを表現します。 Thank you for the delicious dinner. I totally enjoyed it. 美味しいディナーありがとうございました。 すごく堪能しました。 Thank you, I am completely full. ありがとうございます。 もうお腹がいっぱいです。 Thank you, I loved your roast beef! ありがとうございました。 ローストビーフが最高でした! Your steak was just perfect. ステーキ(の焼き具合が)が完璧でしたね。 Thank you, I appreciate your hospitality. ありがとうございます。 おもてなしに感謝します。 Thank you. とっても素晴らしかったです。 ありがとう。 Thank you. とっても美味しかったです。 ありがとう。 ここで、 「いただきます」に代わる英会話フレーズもご紹介しましょう。 日本なら 「いただきます!」と始めるところですが、外国人のおもてなしではどんな英会話フレーズになるのかみてみましょう。 Host: Thank you for coming today. 今日は来てくださってありがとう。 Guest: Thank you for having me. お呼びいただきありがとうございます。 Host: I cooked a very British meal today. I hope you will enjoy it. 今日はイギリス伝統料理を作ったの。 お口に合うといいけれど。 Guest: Looks amazing! Please help yourself. 始めましょう!気兼ねなく、好きに食べてちょうだいね。 Guest: Thank you. ありがとうございます。 「ごちそうさま」は美しい日本の食文化のひとつと言えます。 英語を学習している皆さんであれば、日本の文化に興味を持つ外国人に 「ごちそうさま」を紹介できると素晴らしいですね。 日本ファンの外国人の多くは、日本の食文化が大好きという人が少なくありません。 食後に私たちが 「ごちそうさま~!」 と言っているのを聞いて不思議がっている外国人の皆さんに、日本文化を紹介するチャンスです。 特別な食事に限らず、普段の食事、朝食・昼食・夕食の後、日本人は「ごちそうさま」(丁寧語で「ごちそうさまでした」)と言います。 これは、食べ物を用意してくれた人、また私たちが食べるすべての食材に対しての感謝です。 小さな子ども達でさえ、家庭や幼稚園で毎食後 「ごちそうさまでした」と言う言葉を教わります。 だからこそ、日本人が食後に 「ごちそうさま」と言うことはとても自然になったのです。 日本で食後に、 「ごちそうさまでした」と言ってみてください。 日本人ホストはとても喜びますよ! ちなみに、食べ始めるときは 「いただきます」ですよ。 日本独自の文化「節分」。 日本に興味を持って下さっている外国人の方に、どんどん英語で伝えていきましょう!! 「ごちそうさま」で感謝を表わすのは万国共通! 英語で 「ごちそうさま」は Thank youに加え、おもてなしや食事の美味しさについてホストへの感謝を表わすということが分かりました。 国は違っても、美味しいものを楽しい時間を共有できたことに感謝するのは同じということですね。 日本の食事作法・マナーには他の国にはないほど、さまざまなものがあります。 箸の上げ下げ、お米の一粒さえ残してはいけないなど。 箸使いのタブーに限っては 刺し箸・迷い箸・寄せ箸 など、それは多くの作法があります。 そんななかでも 「いただきます」と「ごちそうさま」 は今でもしっかりと根付いている作法です。 井之頭五郎さんは食前に 「いただきます」、そして食後にとっても満足した表情で必ず 「ごちそうさま」と手を合わせて言います。 こういうのを見ると、日本の作法は美しいなぁ~と感じずにいられません。 そんな異文化に魅力を感じ、日本文化について知りたいと思う外国人はたくさんいます。 そういった人たちに、ぜひ日本食文化のひとつとして、 「ごちそうさま」を紹介してください!.

次の

フランス語でごちそうさまを言おう!そのまま使える10フレーズ!

ごちそうさま で した 韓国 語

1韓国の「いただきます」「ごちそうさま」は何というの? 韓国語で 「いただきます」は 「잘 먹겠습니다」(チャル モッケッスムニダ)といいます。 1つ1つ見ていくと、잘 が よく、먹が食べるという意味。 겠습니다 で~(これから)します。 という意味で、「よく食べます」=「いただきます」になりますね。 잘 먹겠습니다 いただきます (チャル モッケッスムニダ) そして 「ごちそうさま」は 「잘 먹었습니다」(チャル モゴッスムニダ)です。 먹 で、食べるという意味を表し、었습니다で~ましたで合わせると、「よく 食べました」=「ごちそうさま」です。 잘 먹었습니다 ごちそうさま (チャル モゴッスムニダ) そして日本語と韓国語の「いただきます」「ごちそうさま」で違う点は、誰に対する感謝なのか?という点です。 日本語で 「いただきます」「ごちそうさま」という場合、その料理を与えられたことに対する感謝と作ってくれた人に対する感謝という2つの意味があります。 反対に韓国語では、 作ってくれた人や、ご馳走してくれた人に対する感謝という意味しかありません。 日本人は一人で食べる時にでも、「いただきます」「ごちそうさま」と独り言のようにいいますが、韓国人はそこに作った人などがいなければ言わないのです。 というか、あまり挨拶して食べる習慣がないように感じますね。 これは文化の差として覚えておいたらいいでしょう。 なので食べる前に、軽く感謝を人に伝えるという意味で 「 잘 먹을게요」( チャル モグルケヨ) 「 よく食べます」と言います。 これは主に人から奢ってもらうとき、相手にいいますね、食べたら 「 맛있게 먹었어요」( マシッケ モゴッソヨ) 「 美味しく食べました」とご馳走してくれた相手に言います。 実際この2つのフレーズのほうが韓国に住んでいてよくつかうなぁと思いますね。 」「잘 먹었습니다」を使うほうがいいでしょう。 3 韓国の食事のマナー 「いただきます」「ごちそうさま」でも文化の差が見られましたが、マナーの面ではどうでしょうか?韓国の食事のマナーをチェックしてみましょう。 韓国でご飯を食べるの時につかうのは、鉄製の箸とスプーンです。 日本人からしたらスプーンなんて必要ないと思いますが、 韓国では器を持って食べるのは行儀が悪いことだと言われています。 なので、箸でご飯を食べる時や、汁物を飲むときにスプーンがないと難しいわけです。 実際、ご飯や汁物が入っている器も、鉄製や重い陶器でできたもので出てくる場合が多く、スプーンの必要性を感じると思いますよ。 そして 基本的に箸でおかずを食べ、スプーンで汁物、ご飯をたべますよ。 日本で「猫まんま」といわれ行儀が悪いといわれる、 しる汁かけご飯は、韓国では一般的な食べ方になります。 料理の締めで入れて食べる人が多いです。 また 箸の置き方も日本と違います。 日本は横に置きますが、韓国は縦に置くんですね。 あと、日本でいう取り箸というものもありません 日本でいう鍋料理は韓国ではチゲといいますが、 チゲを複数人でつつく場合も、自分が食べていた箸でとりましょう。 日本人が取り箸がない場合、自分の箸をひっくり返してつかったりする場合があると思いますが、それもNGです。 「なにやってんだ?」って顔で見られちゃいますので、やめましょうね(笑) また 目上の人と一緒に食事をする場合に気を付けてほしいのが、その方が食べ始めてから食べ始めるということです。 韓国語だけを見てもわかるように. 韓国では上下関係を大切にしますので、食事の始めも年上の方にあわせます。 器を持ってたべない• 基本的に箸でおかずを、スプーンでご飯汁物を食べるようにする。 取り箸はないので、自分の箸でおかずなどをとる• 汁かけご飯はしてもいい• 目上の人と一緒に食事をする場合、その方が食べ始めてから食べるようにする。

次の