レター パック コンビニ。 レターパックを買えるコンビニと発送できるコンビニはどこ?注意点もあります

レターパックプラス/ライトはコンビニで受取/発送できる?発送できる場所一覧

レター パック コンビニ

好きなものを気軽に郵送できる。 これ、郵便局でしか購入することが出来ない…と思っている方は多いのですが、実は切手やハガキを取り扱っている大手コンビニエンスストアでも購入可能だということはご存知でしたでしょうか? そこで今回は、身近にあるコンビニでのレターパック購入方法についての情報を簡単にまとめてみたいと思います。 ヤフーオークションやメルカリなどで商品を発送する場合に是非、活用してみてくださいね。 レターパック取扱のあるコンビニ: 大手コンビニならローソンがお薦め: まず、レターパックの取り扱いのあるコンビニをまとめておきます。 大手コンビニエンスストアではがその代表格。 反面、大手コンビニでも残念ながらセブンイレブンやファミリーマートには切手やハガキのみの取り扱いなので、レターパックがすぐに欲しいならお近くのローソンを探すのが一番です。 ローソン:レターパック取り扱い有り• セブンイレブン:切手やハガキ等のみ• ファミリーマート:切手やハガキ等のみ レターパック販売中のコンビニ一覧: ローソン以外でレターパックの取り扱いがあるコンビニエンスストアは、下記の通り。 ミニストップ• デイリーヤマザキ• セイコーマート ローソンだけでなく、ミニストップやサークルKサンクスでも取り扱いがあるのは嬉しい限りですよね。 これで都市部に住んでいる方であれば大抵、近くにあるコンビニでレターパック入手が出来ると思います。 また、北海道にお住まいの方に馴染みの深いセイコーマートでもレターパックの購入が可能。 まぁ札幌市などにはローソンの店舗も多いので、北海道民の方もレターパックの購入場所で困ることは少なそうです。 例外はもちろんある: 但し、言うまでもありませんがコンビニによって在庫切れになってしまっているケースや、ビルの中の極小店舗などではレターパックの取り扱いがないケースもあり。 残念ながら全てのローソンやミニストップの店舗に在庫が備えられているわけではないのでその点はご了承ください。 詳しくは店員さんに『レターパックの取り扱いはありますか?』と聞いてもらえればと思います。 セブンイレブンやファミマにも切手やハガキはある: セブンイレブンやファミマにはレターパックライトやレターパックプラスの販売はありませんが、切手やハガキ、収入印紙や年賀状等の販売がある場合が多くなっています。 切手やハガキ:取扱あり• レターパック:取扱なし そのため、ちょっと近くで切手を購入したい…という場合には、わざわざローソンやサークルKサンクスに行かなくても大丈夫。 今、必要なものに応じて臨機応変に、コンビニを使いこなして貰えればと思います。 販売価格は郵便局とまったく同じ: コンビニにおけるレターパックの販売金額は、郵便局における販売金額と全く同じです。 そのため、高いレターパックは購入したくない…という方でも気にせずコンビニで購入が出来るのは大きなメリットです。 郵便局の販売価格とコンビニの販売価格は全く同一。 また、郵便局のように営業時間に縛られることのないコンビニでレターパックを販売してくれるのは、急いでいる時に嬉しいサービス。 すぐにレターパックが必要な方は是非、コンビニ購入を検討してみてください。 使い方次第では夜中や早朝にレターパックを入手して、仕事前に郵便ポストに投函してから出かける…なんてことも出来ますよ。 そのまま郵便ポストに投函できるローソン: 加えて ローソン内には郵便ポストがレジのところに設置されているため、レターパック購入後に郵送物を詰め込んで、そのまま投函してもOK。 郵便局:営業時間が限られている&購入には時間もかかる• コンビニ:24時間営業&会計はスムーズ もうここまでくると郵便局よりもコンビニでレターパックを購入したほうが便利ということも出来そう。 そしてそのままコンビニ内で投函しちゃおうと思っている方は、宛名を書くためのボールペンをローソンまで持って行き、その場でレターパック発送の準備を整えてもらえればな…と思います。 レターパック購入はクレジットカード払い不可: 尚、原則としてコンビニ販売分であっても、レターパックのクレジットカード払いは出来ません。 VISA、MasterCard、JCBのどのクレジットカードでも不可なので、現金を握りしめて買いに行きましょう。 但し、セブンイレブンでの切手やハガキ販売についてはnanaco払いが使えるので、間接的にクレジットカード払いを使うことは可能(セブンカード・プラスでnanacoチャージをした上で購入)。 そのため、どうしてもレターパックやレターパックライトの購入でカードポイントを獲得したい…という方は、それらの支払い方法を活用ください。 以上、レターパックの取り扱いがあるコンビニはここ!すぐにレターパックが欲しいなら、ローソンやミニストップ等のコンビニで買おう…という話題でした。 参考リンク: 日々、コンビニで買い物をしている…という方は、ポイントが貯まりやすいクレジットカードを使うだけでかなりの節約に繋げられることも。 1万円、2万円単位ではそれほど差はありませんが、10万、20万といった金額をカード払いする方は大きな差になりますよ。

次の

超便利!レターパックライト・プラスをコンビニから発送する方法!

レター パック コンビニ

セブンイレブン まずはコンビニ業界最大手のセブンイレブンですが、こちらは一部の店舗のみレターパックを販売しています。 店舗に問い合わせたところ、コンビニが提携する運送事業社は主に日本郵政とヤマト運輸の2社であり、セブンイレブンはヤマト運輸とのサービス提携を重視しているため、一部取り扱いを行う店舗があるとは言え、 レターパックの販売に対応していない店舗の方が多いとのことでした。 同じく、店舗に郵便ポストを設置するかどうかも店舗ごとに対応が分かれるらしいのですが、その店舗にポストがあればレターパックを投函して発送することは可能です。 以上から、購入できるケースがゼロではないものの、基本的にはセブンイレブンでのレターパックの入手は難しいと考えた方がよいでしょう。 ローソン 一部の店舗のみ対応しているセブンイレブンに対し、ローソンでは原則として全ての店舗でレターパックを販売しています。 ローソン本部に問い合わせたところ、特別の理由が存在しない限り 基本的には全店舗でレターパックを取り扱っているとのこと。 また、郵便ポストが全店舗に設置されているので、レターパックを発送することもできます。 送りたい荷物を持って店舗へ行き、レターパックを購入すると同時に荷物を入れてそのままポストに投函して発送することも可能なわけですから、レターパックの購入と発送にコンビニを利用したい方にとってローソンは最も便利な存在と言ってよいでしょう。 ちなみに、ローソンはレターパックの他にゆうパックの発送にも対応しています。 ファミリーマート 続いてはファミリーマートですが、セブンイレブンと同様に、レターパックを販売しているのは一部の店舗のみ。 運送会社との関係も例によってヤマト運輸との提携を重視していますので、実際にはレターパックの販売を行わない店舗の方が多いと考えてよいでしょう。 しかし、最近では取り扱い店舗を拡大しつつあり、後述するサークルKサンクスとの合併問題もありますので、今後レターパックを販売する店舗が増える可能性はあると思います。 かつてサークルKやサンクスとして営業していた店舗も現在ではファミリーマートとして営業していますが、レターパックを販売していた店舗が店舗の名称が変更された後にもその取り扱いを継続している可能性は十分にあると考えられます。 ミニストップ ミニストップもローソンと同じく、 基本的に全ての店舗でレターパックを販売しています。 郵便ポストも原則として全店舗に設けられています(近くに郵便ポストがある店舗は例外)ので、レターパックの購入や発送にコンビニを利用する方にとっては、ローソン同様に最高に便利な存在と言えるでしょう。 また、現金の他に電子マネーのWAON(ワオン)での支払いも可能です。 デイリーヤマザキ デイリーヤマザキは、セブンイレブンやファミリーマートと同様に一部店舗でレターパックを販売しています。 同じく郵便ポストも一部の店舗にのみ設置されていますので、レターパックの購入と発送のいずれについても利便性は大きくないかもしれません。 クレジットカードでの購入 コンビニでのレターパック購入にクレジットカードを使いたい方も多いと思いますが、現時点では唯一ファミリーマートが対応しています。 ただし、決済可能なのはクレジット機能が付いているファミマTカードのみで、その他のクレジットカードを使用することはできません。 レターパック購入時の支払い方法 セブンイレブン 現金、nanaco ローソン 現金 ファミリーマート 現金、ファミマTカード(クレジット機能付き)、ユニー商品券 ミニストップ 現金、WAON、イオン商品券 デイリーヤマザキ 現金 ポスト投函時の注意点 レターパックをコンビニで発送する場合は、その厚みに注意してください。 と言うのも、郵便ポストの投函口の縦の大きさは3. その時は店員に渡せば対応してもらえる様にも思えますが、コンビニでのレターパックの発送はあくまでもポスト投函が原則のため、いくら頼み込んでも相手にしてもらえません…。 まとめ コンビニ各社のレターパックの取り扱い状況をもとに話をまとめると、レターパックの購入と発送に最も便利なコンビニは、全店舗が販売に対応し、郵便ポストも設置してあるローソンとミニストップの2社と言うことができます。 レターパックを購入したい、発送したい時には、近所にローソンもしくはミニストップの店舗があれば、郵便局を利用するよりも便利かもしれません。 一方で、一部の店舗でしかレターパックを販売しておらず、郵便ポストの設置の有無も店舗ごとに異なるセブンイレブン、ファミリーマート、デイリーヤマザキの3社は、誠に残念ながら利用しやすいコンビニとは言い難いように思えます。

次の

レターパックライトはどのコンビニで買える?購入方法や値段をチェック!(2ページ目)

レター パック コンビニ

ローソン・セブンイレブン・ファミリーマート・デイリーヤマザキ・ミニストップといった全国にあるコンビニからレターパックライトとレターパックプラスを送る方法についてです。 ヤフオク・Amazon・メルカリといったネットオークションやフリマアプリで落札された商品の発送方法としてレターパックを利用する人が多いのには理由があります。 それは郵便局の窓口だけでなく、ローソン・セブンイレブン・ファミリfーマート・デイリーヤマザキ・ミニストップといったコンビニでも専用封筒を購入することが出来て簡単に送ることが出来る点にあります。 コンビニに置いてあるレターパックの種類 名称 料金 サイズ 重量 厚さ 配達方法 レターパックプラス 一律520円 A4 4kg以内 無制限 対面手渡し レターパックライト 一律370円 A4 4kg以内 3cm以内 ポスト投函 レターパックライトは370円、レターパックプラスは520円と、レターパックは全国一律料金で専用封筒に入れてポストに投函するだけで発送を行うことが出来る非常に便利な発送方法のひとつです。 専用封筒に入れて送るため、ダンボールや茶封筒といった梱包材を購入する必要はなく、切手の購入も不要です。 レターパックライトとレターパックプラスの違いは、料金・厚さ・配達方法に差があり、料金が安いレターパックライトの方が人気です。 レターパックライトとレターパックプラスの専用封筒を販売しているコンビニには、ローソン・ミニストップ・セイコーマート・デイリーヤマザキがあります。 セブンイレブンとファミリーマートは店舗によってはレターパックがある場合がありますが、確実にコンビニでレターパックを買いたいのであれば、ローソン・ミニストップ・セイコーマート・デイリーヤマザキのいずれかを利用するようにしましょう。 これらのコンビニの中で一番店舗数が多いのはローソンで、さらにローソンであれば店内に郵便ポストが設置してあるため、そこからレターパックを送ることも出来ます。 コンビニでの購入方法については、レターパックの専用封筒はレジの裏に置かれているため、レジにいる店員さんに「青色のレターパックライトの封筒をください」「赤色のレターパックプラスの封筒をください」と伝えましょう。 注意点として、ローソン・ミニストップ・セイコーマート・デイリーヤマザキであっても、レターパックの専用封筒の在庫が切れていたり、利用する人が少ない地域だという理由で取り扱っていない店舗もごく一部ですがありますのでご注意ください。 コンビニでのレターパックの支払い方法 レターパックを購入出来るコンビニ レターパックの支払い方法 ローソン 現金のみ ミニストップ 現金・WAON セイコーマート 現金のみ デイリーヤマザキ 現金のみ レターパックの支払い方法は各コンビニで利用出来るすべての支払い方法を利用出来ないのでご注意ください。 たとえばローソンの場合、商品の支払い方法として、クレジットカード・SuicaやPASMOなどの電子マネー・Apple Payでの支払いが出来るのですが、レターパックの支払い方法は現金のみとなっています。 コンビニ店舗内ポストの集荷時間と集荷回数 参考までにコンビニの店内に設置してあるポストの集荷時間と集荷回数は以下の通りです。 店内にポストが設置してあるローソンとミニストップであれば、レジでレターパックの専用封筒を購入し、この店舗内ポストに投函して発送することが出来ます。 しかし集荷のタイミング次第ではコンビニから発送されるのが遅くなる可能性がありますので、店舗内ポストに記載されている集荷時間と集荷回数はしっかりとチェックしておきましょう。 【東京都】ローソン新御徒町店の店内ポスト 平日 土曜 休日 11:10 11:10 11:10 15:40 15:15 15:40 東京都台東区のローソン新御徒町店にあるポストの集配回数は、平日・土曜日・日曜祝日いずれも1日2回となっており、平日の15時40分以降にレターパックを投函すると翌日の11時10分の集荷となります。 【東京都】ローソンストア100元麻布店の店内ポスト 平日 土曜 休日 10:10 10:10 10:10 17:05 17:05 17:05 東京都港区のローソンストア100元麻布店にあるポストの集配回数は、平日・土曜日・日曜祝日いずれも1日2回となっており、17時5分以降にレターパックを投函すると翌日の10時10分の集荷となります。 【大阪府】ミニストップ大阪ビジネスパーク店の店内ポスト 平日 土曜 休日 10:00 10:00 10:00 16:00 16:00 16:00 大阪府大阪市のミニストップ大阪ビジネスパーク店にあるポストの集配回数は、平日・土曜日・日曜祝日いずれも1日2回となっており、16時以降にレターパックを投函すると翌日の10時の集荷となります。 販売しているレターパックの種類には、1枚・2枚組・10枚組・20枚組・40枚組・100枚組などがあり、非常に日本郵便自体がAmazonでの販売に力を入れていることが分かります。 Amazonであればコンビニでの支払い方法として使えないクレジットカードでの支払いを利用することが出来ます。 土曜日と日曜日の営業や24時間営業の郵便窓口も一部ありますが、多くの郵便窓口の営業時間は平日の10:00~17:00までとなっています。 平日の昼間は仕事があり、その時間帯だと行けないという会社員の方であれば、土曜日・日曜日・24時間営業している郵便局が一部ありますのでこちらをご利用ください。 落札した商品の支払い方法として、クレジットカードや銀行振込だけでなく、Tポイントでの落札代金の全額支払いまたは一部支払いをすることも出来ます。 ただしヤフオクの場合は一般の方が出品するオークションなので時期によって出品数に違いがあり、郵便局やコンビニとは違い1枚単位での出品は基本的にされておらず10枚セットや20枚セットといった感じでセットで出品されている傾向があります。 ただし、こちらもヤフオクと同様に10枚セットなどの販売が多く、1枚ごとで販売しているところはほぼありません。 レターパックライトの場合330円、レターパックプラスの場合480円、と通常よりも安く購入することが出来るので、大量に扱う業者さんにはおすすめです。 また、こちらではいらなくなったレターパックを売ることが出来ます。 レターパックライトの場合290円、レターパックプラスの場合425円が買取価格の相場となっています。 利用できるクレジットカードはMERICANEXPRESS、DINERS、JCBカード、VISAカード、MASTERカードなど基本的なクレジットカードはすべて利用することが出来ますが、支払い回数は一括払いのみで分割払いをすることは出来ません。 ゆうちょ銀行の送金サービスとは、注文後に払込先口座番号がメールで通知されるため、そのゆうちょ銀行の口座に郵便局などから振込みをすることで料金を支払う方法で、ゆうちょダイレクトも利用することが出来ます。 注意点として注文後の返品は出来ないため購入枚数にはご注意ください。 切手販売では20枚以上購入で送料無料となるのですが、日本郵便が運営する切手SHOPと同じように切手販売のレターパックライトとレターパックプラスの最低購入枚数は20枚となっているため送料無料で購入することが出来ます。 支払い方法はジャパネット銀行・ゆうちょ銀行での先払い、そしてレターパックを購入し自宅に配達された際に配送業者のドライバーさんに現金で料金を支払う代金引換があります。 コンビニでの購入が一番オススメ レターパックの専用封筒を販売しているところは沢山ありますが、結局のところ大量に購入しない個人の方の場合はローソンやミニストップといったコンビニでの購入が一番オススメです。 1枚単位で購入することが出来る、すぐに手に入る、送料が掛からない、銀行の振込み手数料が掛からない、24時間営業している、何よりもコンビニであればどこにでもあります。 コンビニの次だと支払い方法にコンビニでの支払いに使うことが出来ないクレジットカードを使うことが出来るAmazonという順番になります。 関連: 最後によくある質問とその回答 (質問)一年以上前に買ったレターパックの封筒はまだ使えますか? (回答)使えます。 有効期間はありません。 (質問)レターパックは切手で購入できますか? (回答)切手一枚ごとに手数料が5円掛かりますが、郵便局の窓口で交換という形で購入出来ます。 差額は現金で支払うことになります。 (質問)一度送ったレターパックは再利用出来ますか? (回答)消印が押されるため再利用は出来ません。 (質問)日曜日に営業しているゆうゆう窓口でもレターパックは買えますか? (回答)買えます。 関連: 当サイトで人気の送り方ランキング 順位 送り方 料金 会社名 370円 日本郵便 810円〜 日本郵便 930円〜 ヤマト運輸 180円〜 日本郵便 198円 日本郵便 送料が安い送り方ランキング 順位 送り方 料金 会社名 63円 日本郵便 84円〜 日本郵便 120円〜 日本郵便 180円 日本郵便 198円 日本郵便 用途別の一番安い送り方 【小型】 【大型】 【追跡】 【着払】 【速達】 【補償】 【複数】 【日時】 近くのコンビニから送る 送り方を探す コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。 宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。 本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。 宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。 着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。 本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。 大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。

次の