お名前を頂戴出来ますか。 受注制作★お名前手刺繍お入れ出来ます★おしゃれな入園入学グッズ5点セット 魚柄 男の子 女の子

「お名前を頂戴できますでしょうか」は間違い!? 【ビジネス用語】

お名前を頂戴出来ますか

電話の取り次ぎや受付など、ビジネスでは相手の名前を聞き出さなければならないシーンが多々あります。 そんな時、「お名前を頂戴できますでしょうか」と言っていませんか? 実はこれ、正しい日本語ではありません。 そこで今回は、正しい名前の聞き方について解説したいと思います。 はじめに、「お名前を頂戴できますでしょうか」がなぜ間違いなのかについて解説しておきましょう。 この中で間違いとされているのは、 「お名前を頂戴する」という部分です。 「お名前」は、「名前」に丁寧語の「お」を付けたものですし、「頂戴する」という言葉は「もらう」の謙譲語ですから、それぞれ、お客さまや目上の人に使用する敬語としては正しいと言えます。 間違っているのは、その組み合わせです。 そもそも名前というものは、もらったりあげたりする物ではありません。 「お名前を頂戴する」と言うと 「あなたの名前をもらう」という意味になってしまうので、正しい日本語とは言えませんね。 ビジネスシーンで「頂戴する」という表現を用いるとすれば、「お茶を頂戴できますか」「お名刺を頂戴できますでしょうか」などと使用することが多いでしょう。 では、「名前」の場合には、どのような聞き方をすれば良いのでしょうか。 前項で述べたとおり、名前はもらったりあげたりする"物"ではありません。 相手の名前を知りたいのであれば、 「聞く」「教えてもらう」のが一般的ではないでしょうか。 ビジネスシーンでも同じです。 とりわけ、取引先やお客さまを相手とすることの多いビジネスシーンでは、謙譲語を用いるのが基本ですから、相手に名前を聞きたい場合には、「教えていただけますか」や、「聞く」の謙譲語である「伺う」や「お聞きする」といった表現を使うと良いでしょう。 ・お名前を伺ってもよろしいでしょうか。 ・お客様のお名前をお聞きしてもよろしいでしょうか。 ・お名前を教えていただけますか? ・お客様のお名前を教えていただけますでしょうか? また、「恐れ入りますが」「差支えなければ」といった表現をプラスすると、グッと印象が良くなります。 ・恐れ入りますが、お名前を伺ってもよろしいでしょうか? ・差支えなければ、お名前を教えていただきたいのですが。 ビジネスに限らず、初対面の相手に名前を尋ねる・名乗ることはコミュニケーションの基本です。 失礼のないよう、正しい言葉づかいを心がけましょう。

次の

頂戴するの敬語や使い方・言い換え・いただくとの違い|謙譲語

お名前を頂戴出来ますか

担当者の不在により、代わりに伝言を受けることも多いかと思います。 「お伝えする」は伝える相手(この場合は社内の人)を高める表現の敬語です。 クライアントとのやり取りのなかで、身内である社内の人を高めていることになるためNG。 もし、外出している職場の先輩から電話がかかってきて部長への伝言をお願いされた場合は、部長を高める表現がふさわしいため「かしこまりました。 部長にその旨お伝えします」という言葉が正解となります。 誰からの電話で、誰にメッセージを伝えるのか、自分の立ち位置によっても言葉が変わるので難しく感じますが、誰を立てるべきなのかをよく考えると理解しやすいですね。 (5)「お電話の声が遠いのですが」 このように言ってしまうと「あなたの声が小さくて聞こえない」というような言い回しに。 「申し訳ございません。 お電話が少々遠いようなのですが……」が正解。 失礼な印象を与えずに、やんわりと声が聞こえづらい状況を伝えましょう。 正しい言葉遣いは、「この方(会社)なら仕事を任せても大丈夫」という信頼感を与えます。 NGワードが口癖になっている方は、デスク周りに正しい言葉遣いを書いた紙を貼って口に出すように心掛けるといいかも。 何度も言葉に出すことで、自然と身についていきますよ。 文/西谷依里子 画像/PIXTA(ピクスタ)(xiangtao、shimi、polkadot、EKAKI)• 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。 アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。 Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。 iPhone は Apple Inc. の商標です。 iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 Copyright C 2017 Apple Inc. All rights reserved. Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。

次の

「頂戴する」って正しいの?正しい敬語の使い方

お名前を頂戴出来ますか

電話の取り次ぎや受付など、ビジネスでは相手の名前を聞き出さなければならないシーンが多々あります。 そんな時、「お名前を頂戴できますでしょうか」と言っていませんか? 実はこれ、正しい日本語ではありません。 そこで今回は、正しい名前の聞き方について解説したいと思います。 はじめに、「お名前を頂戴できますでしょうか」がなぜ間違いなのかについて解説しておきましょう。 この中で間違いとされているのは、 「お名前を頂戴する」という部分です。 「お名前」は、「名前」に丁寧語の「お」を付けたものですし、「頂戴する」という言葉は「もらう」の謙譲語ですから、それぞれ、お客さまや目上の人に使用する敬語としては正しいと言えます。 間違っているのは、その組み合わせです。 そもそも名前というものは、もらったりあげたりする物ではありません。 「お名前を頂戴する」と言うと 「あなたの名前をもらう」という意味になってしまうので、正しい日本語とは言えませんね。 ビジネスシーンで「頂戴する」という表現を用いるとすれば、「お茶を頂戴できますか」「お名刺を頂戴できますでしょうか」などと使用することが多いでしょう。 では、「名前」の場合には、どのような聞き方をすれば良いのでしょうか。 前項で述べたとおり、名前はもらったりあげたりする"物"ではありません。 相手の名前を知りたいのであれば、 「聞く」「教えてもらう」のが一般的ではないでしょうか。 ビジネスシーンでも同じです。 とりわけ、取引先やお客さまを相手とすることの多いビジネスシーンでは、謙譲語を用いるのが基本ですから、相手に名前を聞きたい場合には、「教えていただけますか」や、「聞く」の謙譲語である「伺う」や「お聞きする」といった表現を使うと良いでしょう。 ・お名前を伺ってもよろしいでしょうか。 ・お客様のお名前をお聞きしてもよろしいでしょうか。 ・お名前を教えていただけますか? ・お客様のお名前を教えていただけますでしょうか? また、「恐れ入りますが」「差支えなければ」といった表現をプラスすると、グッと印象が良くなります。 ・恐れ入りますが、お名前を伺ってもよろしいでしょうか? ・差支えなければ、お名前を教えていただきたいのですが。 ビジネスに限らず、初対面の相手に名前を尋ねる・名乗ることはコミュニケーションの基本です。 失礼のないよう、正しい言葉づかいを心がけましょう。

次の