ポケモン ダイヤモンド。 効率の良いレベルの上げ方

効率の良いレベルの上げ方

ポケモン ダイヤモンド

「色のかけら」と交換で技を教えてもらえる。 「色のかけら」はノモセだいしつげんに入って右にいる男性から1日1個もらえる。 「色のかけら」はタタラ製鉄所の社長タタラさんに「ほしのかけら」1つと交換してくれる。 わざマニア• ノモセシティの中央の民家にいる「わざマニア」に過去に覚えていた技を思い出させてくれる。 1つの技を思い出させてもらうには「ハートのうろこ」が1個が必要。 進化前の技も思いだ出させてもらえる。 わすれジイさん• ミオシティのフレンドリィショップの上にある民家にいる「わすれジイさん」に技を忘れさせてもらえる。 秘伝技を忘れるには「わすれジイさん」に頼むしかない。 忘れさせるのにアイテムは必要ない。 212番どうろ中間付近にある民家 わざ 必要なかけら(赤) 必要なかけら(青) 必要なかけら(黄) 必要なかけら(緑) ほのおのパンチ 2 6 0 0 かみなりパンチ 2 6 0 0 れいとうパンチ 2 6 0 0 あやしいかぜ 0 6 0 2 しねんのずつき 0 4 4 0 エアカッター 2 4 0 2 しんくうは 2 4 0 2 こごえるかぜ 0 6 0 2 ダイビング 2 4 2 0 れんぞくぎり 0 8 0 0 はたきおとす 4 4 0 0 ふいうち 0 6 2 0 トリック 0 4 4 0 キッサキジムの右上の民家 わざ 必要なかけら(赤) 必要なかけら(青) 必要なかけら(黄) 必要なかけら(緑) スピードスター 0 2 2 4 さわぐ 0 0 6 2 てだすけ 2 0 4 2 とっておき 0 0 0 8 いびき 2 0 4 2 うらみ 0 0 8 0 こうごうせい 0 0 2 6 でんじふゆう 0 2 4 2 サバイバルエリアの横から上った高台 わざ 必要なかけら(赤) 必要なかけら(青) 必要なかけら(黄) 必要なかけら(緑) アイアンヘッド 6 0 2 0 アクアテール 6 0 0 2 いえき 4 0 2 2 がむしゃら 4 0 4 0 げきりん 6 0 2 0 げんしのちから 6 0 0 2 ころがる 4 2 0 2 シグナルビーム 2 2 2 2 だいちのちから 6 0 0 2 ダストシュート 4 2 0 2 たつまき 6 0 0 2 タネばくだん 4 0 0 4 てっぺき 4 2 2 0 とびはねる 4 0 2 2 どろかけ 4 4 0 0 ねっぷう 4 2 0 2 ばかぢから 8 0 0 0 タツばあさんのいえ• 210ばんどうろの中間辺りからロッククライムを使うとたどり着ける。 特定のポケモンを連れて行くとドラゴンタイプの技「りゅうせいぐん」を教えてもらえる。 教えてもらえるポケモンは以下のポケモン。 ミニリュウ• ハクリュウ• カイリュウ• タツベイ• コモルー• ボーマンダ• キングドラ• ビブラーバ• フライゴン• ラティアス• ラティオス• レックウザ• フカマル• ガバイト• ガブリアス• ディアルガ• パルキア• ギラティナ• アルセウス サイト内検索 シリーズ メールフォーム.

次の

【ポケモンDPt】攻略チャート2:ハクタイシティジムまで【ダイヤモンド・パール・プラチナ】

ポケモン ダイヤモンド

この記事にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2017年9月) ポケットモンスター ダイヤモンド・パール ジャンル 対応機種 開発元 発売元 販売元 、、のもと がくじ、鶴宏明 (エグゼクティブ)、(エグゼクティブ)、(エグゼクティブ) (リーダー) 西野弘二、松島賢二、太田哲司、、河内丸武史、下山田照幸、たかはし ただし、、中津井優、ヒロ中村 増田順一(プロット)、西野弘二(プロット)、大森滋(プロット)、松宮稔展(プロットとシナリオ) 佐藤仁美、とみさわ昭仁、中津井優 渡辺哲也(リーダー) 曽我部仙史(バトルシステム) 玉田荘介(フィールドシステム) 森昭人(通信システム) ほか、多数 音楽 (リーダー) 佐藤仁美、増田順一 美術 (アートディレクター) 海野隆雄(グラフィックリーダー) ほか、多数 シリーズ 人数 1人(ワイヤレス通信時:2~8人) メディア DSカード(512Mbit) 用搭載 発売日 2006年9月28日 2007年4月22日 2007年6月21日 2007年7月27日 2008年2月14日 対象年齢 : A 売上本数 約582万本(2バージョンの合計) ダイヤモンド:約318万本、パール:約262万本 1767万本(2バージョンの合計) その他 DSワイヤレスプレイ対応 ダブルスロット機能対応 対応(すでにサービス終了) 『 ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』は、2006年9月28日にから発売された用 『 ポケットモンスター ダイヤモンド』と『 ポケットモンスター パール』の総称である。 この項目では『ポケットモンスター ダイヤモンド』と『ポケットモンスター パール』および、2008年9月13日に発売されたこれらの新バージョン である『 ポケットモンスター プラチナ』を扱う。 概要 『ポケットモンスター ダイヤモンド』と『ポケットモンスター パール』は、完全新作の4作目。 「究極のポケットモンスター 」と銘打たれており、これまでのポケモンシリーズの集大成とでも言うべき内容だとされている。 タイトルのダイヤモンドは「究極の硬度」、パールは「究極の真円」を意味している。 今作からハードがニンテンドーDS(以下、DS)になり、ゲームの画面構成がDS独自のデュアルスクリーン(二画面)に適したものに再設計された。 パッケージのポケモンは、『ダイヤモンド』がを操る力を持つ、『パール』がをつかさどるとされる。 この作品で言う時間と空間とはのことであり、作中でそれに関した伝承が語られている。 『ダイヤモンド』と『パール』の主な違いは、特定のポケモンの出現率、出現するポケモンの種類、のテキストで、シナリオやキャラクターの台詞に違いはない。 本作で新たに登場したポケモンは107種類であり、前作までに登場している386種類と合わせた493種類が『ダイヤモンド・パール』『』と『』の5作品それぞれにすべて収録されている。 ゲームクリア(殿堂入り)までにこれらの新ポケモンの大半を含む150種類(配信キャンペーン限定の幻のポケモン、を除く)が登場する。 本作の舞台に生息するポケモンを収録する「シンオウずかん」に登録できる150種類すべてのポケモンは、ゲーム中のトレーナー 達が繰り出してくるポケモンと戦ったりNPCと会話したりすることで見つけられ、これらすべてを見つけるとゲームクリア後にDSのポケモンシリーズに登場する493種類すべてのポケモンを記録できる「ぜんこくずかん」にアップグレードしてもらうことができる。 493種類のうち、本作で手に入らないポケモンについては、『ポケットモンスター プラチナ』『』と通信交換するか、 GBA のポケモンシリーズ『』『』『』からDSのダブルスロット機能 を利用して連れてくる必要がある。 DS本体の無線通信機能を利用したにより、オンラインで交換と対戦が行えたが、2014年5月20日をもって同サービスは完全に終了しており、オンライン要素は一切プレイできなくなった。 ゲームシステム 基本的なゲームシステムについては「」を、本作で初めて登場したポケモンについては「」を参照 前作と共通しているシステムも多いため、『』も参照すること。 今作から操作は下画面のタッチパネルに対応しており、ボタン操作をタッチ操作で代替することもできる。 ただし、すべての状況で片方の操作方法で事足りるわけではなく、タッチが必須な場面とボタン操作が必須な場面が存在する。 ステータスや図鑑、バトルシーンのグラフィックは依然としてドットによる描写が中心だが、フィールドは3Dで描写されており、地形の高低差が立体的に見えるようになった。 ゲーム内の時間(日付や昼夜)がDS本体の時計とカレンダーにするようになり、時計やカレンダーを弄った場合にはロード後午前0時を過ぎるまで日替わりイベントなどは起こらない。 ただし、最後のレポートを書いた日に起こしていないイベントは除く。 前作のダブルバトルでは、ターン内にまだ行動していない他のポケモンが残っている状態でポケモンが倒れると、倒れたポケモンと替わって出てきた控えのポケモンに対して、行動チャンスが残っているポケモンの技がヒットしたが、今作から控えのポケモンが出てくる前に技が発動するようになり、対象がいない場合には技が失敗するようになった。 「わざ」の仕様変更 ポケモンが4つまで覚えることができる「わざ」は、前作までは、攻撃によってダメージを与えるものであれば攻撃系のわざ、それ以外は補助系というように大まかに括られており、攻撃系のわざが物理攻撃と特殊攻撃のどちらであるかは、わざのタイプごとに一律で設定されていたが、今作からわざ個別ごとに設定されるようになった。 わざの分類も整理され、すべてのわざは、「ぶつりわざ」「とくしゅわざ」「へんかわざ」の3つのいずれかであることが明示されるようになった。 「ぶつりわざ」は打撃や斬り付けによってダメージを与えるわざの分類で、「はたく」や「ひっかく」のような単純なものと、「じしん」や「きゅうけつ」といった単純に相手を殴打するわけではないものが存在する。 その性質ゆえに、直接攻撃に分類されるわざのほとんどが「ぶつりわざ」であることが多い。 「とくしゅわざ」は上記の「ぶつりわざ」以外に分類される攻撃系のわざの分類で、主に「ねんりき」や「あくのはどう」といった精神的な攻撃や、「ほうでん」や「ソーラービーム」といったエネルギーを浴びせて攻撃するものが存在する。 これらには当てはまらない、水を高圧で撃ち出し攻撃する「ハイドロポンプ」や、突風を起こして攻撃する「かぜおこし」といったものも存在するが、「とくしゅわざ」に分類されている。 そのイメージゆえに直接攻撃に分類されるものは非常に少ない。 「へんかわざ」は上記以外のわざで、HPを回復する、状態異常を引き起こす、能力を一時的に変化させるといった補助的なものが該当する。 今回の仕様変更により以下で例に挙げるような、一部のポケモンの「種類ごとの能力」が覚えられる技とミスマッチになっているという状態がある程度は改善され、ポケモンの育成とバトルに大きな変化がもたらされた。 例えば、「とくこう」(特殊攻撃力)よりも「こうげき」(物理攻撃力)のほうがはるかに高いがいるが、自身のタイプでもある「みず」タイプのわざは前作までは特殊攻撃に分類されていたために、自身のタイプとわざのタイプが一致している(使用者とわざが同じタイプの場合、威力が1. 5倍になる仕様)「みず」タイプの物理攻撃わざというものがギャラドスにとっては存在せず、高い「こうげき」を最大限に生かせない状態であった。 しかし今作からは、「みず」タイプの「ぶつりわざ」である「アクアテール」や「たきのぼり」を覚えさせることで「こうげき」の高さをいかんなく発揮させることができる。 ポケモンウォッチ(ポケッチ) アプリをインストールすることで、機能を拡張することができる腕時計型の装置。 入手後はフィールド画面表示中の下画面に常に表示される。 冒険の途中で手に入る「ポケッチアプリ」が追加されていくことで、さまざまな機能が使えるようになる。 プリインストールされているアプリは、DS本体の時間を表示するデジタル時計や電卓といったゲーム攻略には直接関係のないものだが、ゲームを進めることで、見えないアイテムのありかを表示する「ダウジングマシン」や、これまでに手に入れたポケモンの履歴を閲覧できる「ポケモンヒストリー」のような、サポートや便利ツールの要素を含んだアプリが追加されていく。 ちかつうろ 「ちかつうろ」とは、の地下に張り巡らされた網目状のトンネルで、その領域は地方とほぼ同じという広大なもの。 道具「たんけんセット」を手に入れると遊べるようになり、これを使って地下に潜ると、化石や進化の石といった道具や「タマ」と呼ばれる石や模様替えグッズ、「トラップ」との交換用アイテムを採掘する「カセキほり」をしたり、「ひみつきち」を作ったりすることができる。 秘密基地は、『ルビー・サファイア・エメラルド』の同名の要素と似た内容で、集めた模様替えグッズを配置できる。 各基地には「ハタ」が存在しており、ワイヤレス通信時には、同時に最大8人までが他のプレイヤーの基地からこの「ハタ」を奪い合う「ハタとり」をすることができる。 トラップはハタを持った他のプレイヤーを妨害するためのもので、トラップにかかると遠くへ飛ばされたり、一定時間の間ボタン操作が入れ替わってしまったりする。 かかった場合はハタを手放すことでもトラップを解除できる。 この地下通路で他のプレイヤーと遊ばないと手に入らないポケモン、が存在する。 グローバルトレードステーション GTS 『ダイヤモンド・パール』『プラチナ』『ハートゴールド・ソウルシルバー』専用のオンラインサーバーを利用した匿名のポケモン交換システム。 自分の希望するポケモンとレベルの範囲を指定した上で、交換に出してもよいポケモン1匹をGTSに預けておくと、相手の希望する条件とこちらの希望する条件があった場合に自動で交換される。 現在では、ニンテンドーWi-Fiコネクションのサービス終了に伴い、GTSも利用不可能になっているが、仕組みが改良されつつ同じ名称で後のポケモンシリーズにも受け継がれている。 ストーリー ある日、シンオウ地方のフタバタウンに住む主人公は、の「いかりのみずうみ」にいるという赤いを特集したテレビ番組に触発された幼馴染のライバルに誘われ、町の近くの「シンジこ(シンジ湖)」に赤いギャラドスを探しに出かける。 湖畔の草むらに置き忘れられたナナカマド博士の鞄に入っていたポケモンを偶然から手にした2人は、改めて正式にポケモンをもらい、頼まれたポケモン図鑑の完成のための旅に出る。 登場人物 詳細は「」を参照 音楽 発売日 タイトル 2006年12月22日 ポケットモンスター プラチナ ポケットモンスター プラチナ ジャンル 対応機種 開発元 発売元 (販売元) 増田順一、えがみ しゅうさく、山上仁志、鶴宏明 田尻智(エグゼクティブ)、岩田聡(エグゼクティブ)、石原恒和(エグゼクティブ) 河内丸武史 太田哲司(リーダー) 西野弘二、佐藤仁美、中津井優、ヒロ中村、松宮稔展、森本茂樹、松島賢二、下山田照幸、たかはし ただし、大森滋、とみさわ昭仁 河内丸武史(プロット)、増田順一(プロット)、西野弘二(プロット)、大森滋(プロット)、松宮稔展(プロットとシナリオ) 佐藤仁美、中津井優、とみさわ昭仁 まつだ よしのり(リーダー) ほか、多数 音楽 佐藤仁美、のはら さとし、増田順一、一之瀬剛 美術 杉森建(アートディレクター) 吉田宏信(グラフィックリーダー) ほか、多数 シリーズ 人数 1人(ワイヤレス通信時:2~8人) メディア DSカード(512Mbit) 用搭載 発売日 2008年9月13日 2009年3月22日 2009年5月14日 2009年5月22日 2009年7月2日 対象年齢 : A 売上本数 約260万本 約686万本 その他 DSワイヤレスプレイ対応 ダブルスロット機能対応 対応(すでにサービス終了) 『ポケットモンスター プラチナ』は、『ダイヤモンド・パール』の新バージョン。 パッケージのポケモンは、「はんこつポケモン」の。 このギラティナは新登場の姿で、「オリジンフォルム」と呼ばれる。 『ダイヤモンド』と『パール』との違いと同じように、『プラチナ』も特定のポケモンの出現率、出現するポケモンの種類、図鑑のテキストがそれらとは異なるが、さらに、一部シナリオやシステムの追加・変更、一部ポケモンのグラフィックの変更、主人公の服装の一新、オープニングムービーの変更などが行われている。 ポケモンだいすきクラブでは、『プラチナ』発売を記念して限定版の「ニンテンドーDS Lite ギラティナエディション」と本ソフトをセットにした抽選販売が行われた。 「シンオウずかん」の収録数が210種類に増え、『ダイヤモンド・パール』で新登場したものの、「シンオウずかん」には含まれていなかったポケモンがすべて収録されている。 シナリオ終盤でギラティナが登場する特殊なマップ「やぶれたせかい」が追加された。 『エメラルド』にもあったを内容を一新して収録。 これまでにはない「おしえわざ」の追加で、対戦環境が大きく変化した。 ポケモンセンターの地下に「Wi-Fiひろば」が追加された。 Wi-Fi通信を利用してミニゲームなどを楽しむことができる。 GTSが「グローバルターミナル」と名を改め、機能が強化された。 「壁の中から戻れなくなる」不具合 『ダイヤモンド・パール』の初期出荷分でのみ発生するこの現象は、特定の状況下で本来通り抜けられないはずの壁の中に入ってしまい、の類であるマップ「なぞのばしょ」に行けてしまう。 ここでレポート(セーブ)を行ってしまうと元の場所に戻れず続行不能となる可能性があるため、公式では注意喚起を行った。 壁の中でレポートを行ってしまった場合の救済措置として、や、『』にてDSダウンロードプレイを用いた修復プログラムが配信され、これを実行するか、任天堂サービスセンターにソフトを送付することで修復することができた。 この措置はいずれも2月に終了している。 売り上げ 日本国内において『ダイヤモンド・パール』は、発売初週(9月28日~10月1日)の4日間で販売本数が158万本と、ニンテンドーDSで発売されたソフトとしては最速でを達成し、シリーズ最高の出足となった。 また、12月27日には、発売元である株式会社ポケモンより、出荷本数が500万本を突破したと発表される。 DSタイトルとしては初の500万本突破作品となる。 2007年度ベストセールス賞受賞。 『ファミ通ゲーム白書2013 補完データ編(分冊版)』、2013年。 2016年3月14日閲覧。 2013年1月12日閲覧。 2013年1月12日閲覧。 任天堂. 2017年11月16日閲覧。 株式会社ポケモン. 2015年6月20日閲覧。 株式会社ポケモン. 2015年6月20日閲覧。 com• ダブルスロット機能はニンテンドーDSおよびニンテンドーDS Liteのみ対応。 2011年5月3日閲覧。 (ファイル)• 株式会社ポケモン. 2017年7月22日閲覧。 関連項目• - ダブルスロット機能を利用した連動要素のある作品• - ダブルスロット機能を利用した連動要素のある作品• - 交換・対戦が可能な同世代の作品• - 連動ソフト 外部リンク•

次の

ポケモンダイヤモンドパール通信交換・ユニオンルームのやり方

ポケモン ダイヤモンド

テレビゲーム ポケモン ダイヤモンド の 件 十字 ボタン うえ と セレクト ボタン と、ビー ボタン の 同時押しで、 セーブデーター 削除の 青い 画面に なります。 そこで、はい を 選択していくと 消えてしまいます。 かなり 押しにくい 配置ですのが、ディーエス を 床に おくなどして 両手を使って、押すと うまくいけます。 いままで、生け捕りにした ポケモンや、集めた 道具 や 技マシン など 全部 消えてしまいます。 ともだちの、カセットに、強い ポケモンなどは、あずけて もらって、から、消すことを おすすめします。 ・・・ その際に 道具 なども、なるべく 多く ポケモンに、もたせて 預けてもらい、あとから、かえしてもらう ように すると、少し お得かも です・・・ ・ まずタイトル画面で上ボタン・セレクトボタン・Bボタンを同時に押してください押してください。 そしたら、青い画面になって、全てのセーブエリアを消しますか?と、きかれるのではいを押してください。 説明書に書いてあることを書きます。 記録してあるレポートを完全に消すときは、タイトル画面で上ボタン・セレクトボタン・Bボタンを同時に押してください。 一度消したレポートは復元できませんので、消す時はご注意下さい。 (ポケモンや、道具なども消えてしまいます。 ) です。 消す時は十分ご注意してくださいね。 ちなみに友達にポケモンを預けるとかしたらいいですよ。 かなり押しにくいですよね。 ライトの場合。 最初からするんですね。 がんばってください!!!!.

次の