排卵日とは。 夫婦で妊娠を望んでいます。正しいタイミングの取り方を教えてください。

最も妊娠しやすいのは「排卵日」の2~1日前。妊娠のしくみ「排卵」とは?| たまひよの妊活

排卵日とは

妊娠や出産について気になることがあると、病院を受診するよりも先に、スマホで検索してそれでわかった気になってしまうもの。 ところが、実際に調べてみると、きちんと専門家に取材したり、専門家が書いたりしている情報は、検索上位10サイトのうちわずかしかなかったと、出産ジャーナリストの河合蘭(かわい・らん)さんは警鐘を鳴らします。 「妊娠しやすい日」で検索すると… 私たちがいつも手のひらに持っているスマホは、ちょっと叩けば何でも教えてくれるとっても便利な道具。 でも、そこで得られた情報の「正しさ」を、あなたはどれくらい信じていますか? 先日、私が女性のためのニュースサイト「ウートピ」に2016年9月に寄稿して以来ロングで読んでいただいている記事「」の内容についてグーグルで検索する機会がありました。 すると、上位サイトに、排卵日とその前後1日しか妊娠できないように見えてしまうサイトが半分くらいありました。 「」を読まれた方はおわかりと思いますが、自然妊娠をしたカップルを調べた研究によると、妊娠しやすい日は、月に6日もあります。 そして、一番妊娠しやすい日は「排卵日当日」ではなく「排卵日の2日前」です。 また、排卵が終わると妊娠率は急降下します。 このデータは、私が30名を超える専門家に取材して『卵子老化の真実』(文春新書)という本を2013年に出した時、国立成育医療研究センター不妊診療科診療部長・齊藤英和先生からやっと入手できたものです。 当時、私が他の医師や文献検索を通して見つけ出せたデータは体外受精に関するものばかりで、自然妊娠のデータはどこにあるかわからなかったのです。 これは、米国の国立環境衛生科学研究所の研究者たちが782組の健康なカップルの排卵と妊娠を調べたとても貴重なデータでした。 その後、齊藤先生の妊活に関する活動が広がり、このデータも専門医の間で少しずつ知られていきました。 そもそも排卵日そのものが自分ではなかなか正確にとらえられませんし、基礎体温表をにらんで数日だけを妊娠可能日と考えるピンポイント妊活は、夫に「今月は今しかないんだ!」という多大なプレッシャーを与えてしまいます。 「検索はしないように」と言う医師も しかし、スマホで妊活していると、情報の鮮度や正確さはさまざまです。 それは妊娠可能日に限られたことではなく、医療者と話していると「有効な対処方法が出ているサイトはわずか」「患者さんにはできるだけ検索しないように言っている」といった声がしばしば聞かれます。 今や、医療や健康情報に関するウェブサイトは、その不正確さが社会問題になりつつあります。 問題が広く認識されるきっかけは、2016年に、大手の健康サイトが信憑性の低さを指摘されて休止となった事件です。 当時の報道によると、このサイトはとても安い原稿料で外部ライターを依頼し、他のサイトに書いてあることを少し変えるという方法を多用して記事を大量作成したようです。 一方、記事がうまく検索サイトの上位に上がる工夫「SEO対策」には力を注いたので検索の順位はどんどん上がり、たくさんの人が訪れるサイトになりました。 目に余る状態が明るみに出たこのサイトは、会社が第三者による委員会を立ち上げて改善に取り組みました。 しかし関係者の間では、この事件は氷山の一角であるというのが大方の見方です。 あれから、医療・健康情報がどれだけ改善されたかというと、少なくとも私がよく使う妊娠・出産の分野では、まだあまり変わっていないように見えます。 医師に取材している記事は10本中1本のみ 2017年12月、グーグルは日本語検索の方法をアップデートして「医療従事者や専門家、医療機関などから提供されるような、より信頼性が高く有益な情報」を上位に表示しやすくしました。 しかし問題は、そもそもグーグルの本拠地・アメリカと違い、日本語のサイトには、グーグルが「上位に表示する」と言っている「医療従事者や専門家、医療機関などから提供されるような、より信頼性が高く有益な情報」それ自体が、まだ少ないということです。 医師に取材した記事、医師が書いた記事は、あれば、信頼できる内容になっていることがほとんどですが、数が少ないし見つけにくいのです。 たとえば「妊娠しやすい日」という言葉で検索した結果、1ページ目に見える上位10位までのサイトの中に 2019年1月現在 、医師に取材している記事、医師が書いた記事はそれぞれひとつずつしかありませんでした。 グーグルがこうした措置を取った以上、今後、医療ものを扱う非医療者によるサイトは、次々に医師と連携していくでしょう。 そうしなければ検索の順位が落ちてしまいます。 ただ、そこにも大きな問題があるのです。 産婦人科医なら誰でも妊活に詳しいわけではない 医師が関与していれば、それでよいのでしょうか。 診療科の中でも、特に産婦人科は不妊治療、出産、がん、胎児診断、更年期、美容・アンチエイジングなどとてもたくさんの専門分野があります。 それなのに、ネットの中では、体外受精をしたこともない医師が体外受精の記事を監修していたりするのです。 また、トピックによっては医師同士の間で意見が対立していますし、独自な考え方をしている医師もいます。 本や新聞など旧来のメディアでは、記事作りは医師選びから始まります。 まず記者や編集者、ライター自身が勉強してそのテーマに詳しくなり、慎重に医師を選ぶことから取材が始まるのが普通なのです。 助産師さん、看護師さん、そして当事者自身にしかわからないことも多いので、必要に応じていろいろな人に会いに行きます。 ニュースサイトや新聞社の記事、書き手が実名を名乗って書いている記事なら、そのタイプの、書き手が「自分の名前を出しても恥ずかしくない」と思える中身を追求した記事を見つけることができるはずです。 ページの信頼性を考える時、書いている人が誰かわかることは、ひとつの大きなポイントではないでしょうか。 ブログ、口コミサイト、ツイッターも、匿名の投稿は、どんな背景を持った人が書いているのか、一般の人には調べようがありません。 知らない間に商品を買うボタンに導かれる記事もたくさんあります。 「検索上位のサイト」で満足しないで スマホの時代になって、女性が、情報に惑わされやすくなっていることは事実。 一番大事なのは、検索の上位に来るサイトだけで満足せず、いろいろなページを見ることだと思います。 語学力がある方は、日本語サイトにとらわれる必要もありません。 そして、頼れる記事が見つかったら、さらに、その中の気になる言葉で新たな検索をかけると、いい情報が手元にやって来ることもあります。 多くの場合、ネットはいい情報が「ない」のではなく「探し出すのが難しい」だけ。 誰が誰のために作っているサイトなのかを気をつけて見ていけば、きっと頼りになるサイトに出会えるはずです。 特につわりなどで体調の悪くなりやすい妊娠初期は、横になりながらいじりやすいスマホに情報収集を依存しがちです。 でも、いい情報の検索の仕方を自分なりに見つける工夫をしないと、悩みがますますこじれるリスクさえあります。 本当に気になる時には医療従事者に会いに行き、リアルに情報を提供してもらう努力も忘れないでください。 (出産ジャーナリスト・河合蘭).

次の

排卵日とは?基礎体温などを目安に一番妊娠しやすい日を知る方法 [女性の健康] All About

排卵日とは

排卵日の3日前ぐらいから性交渉を持つと、妊娠の可能性が高まります。 ただし、排卵日の予測はなかなか難しいので、普段の性交渉の回数自体を自然に増やせるといいですね。 タイミング法とは、最も妊娠の可能性が高いと思われる排卵日を予測し、その日に性交渉をもつ方法です。 妊娠するには、排卵が起こったときに、お腹の中のすぐそば(卵管内)に精子がいなければなりません。 卵子の寿命はおよそ1日、精子の寿命はおよそ3日程度と覚えておきましょう。 よって、排卵日の3日前ぐらいから性交渉を持つと、妊娠の可能性が高まります。 ただし、排卵日には個人差があり、予測は少し難しいと思ってください。 通常であれば、月経周期が28日周期の場合、生理が始まった日から約2週間後に排卵が起こると考えます。 月経の始まった日を1日目として数え、14日目が排卵日になりますが、そもそも月経周期が不規則な人は予測しにくいですね。 <基礎体温表で調べる排卵日> 基礎体温は、主に自分のおおまかな体温変化や体調を観察するもの。 最近は基礎体温を入力することによって排卵日を予測してくれるスマホアプリなども出てきています。 基礎体温やおりものの変化などをチェックしておくことで、だいたいの排卵日がわかるようになる人もいますが、「絶対ここ!」という正確な排卵日を特定するのはなかなか難しいものです。 基礎体温は、細かい数値をひとつひとつ気にしてもあまり意味がありません。 ひと月の大きな波のうねりを見ていくようにしましょう。 通常、高温期と低温期の二相に分かれ、排卵が終わると体温が上がります。 「予測した日と実際の排卵日」を、あとで確認する目的で使うのも一案です。

次の

排卵日付近以外にするのは意味がない?妊活のウソ・ホント

排卵日とは

もくじ• 排卵日付近は毎日?隔日? 排卵日がいつかを予想をして、 ベストなタイミングで性交することによって、 受精に至り、妊娠が成立しますが… 排卵日付近は毎日の方がいいという説や、 薄まってしまうから、 隔日の方がいいなんて説もあったり、 何が正しいのかなかなか難しいですよね。 私も以前、今とは別のクリニックを受診した時、 「毎日の方がいいですか?」と質問したところ、 それは夫婦によって違うし、一概に言えないなんて、 曖昧な答えが返ってきたことがあります。 しかし、今のクリニックのタイミング指導では、 卵胞の大きさや内膜の厚さを 毎回きちんと説明してくれると共に、 最も有効そうな3日間を予想して… 「この3日間出来れば 毎日、 最低2日間はタイミングを取ってください」と、 はっきりと言ってくださったので、 私たちはその3日間 毎日タイミングを取り、 妊娠することができました。 よくネット上では、 「隔日と毎日ではそこまで確率が変わらない」 というのを目にしますが… 実は私たちも、 クリニックに通うまでは、 「排卵日付近で連続3日間」 というタイミングの取り方は、 したことがありませんでした。 そもそも、自己タイミングで、 排卵検査薬と基礎体温しか情報がないので、 正確に予想できていなかった可能性もありますが… 排卵予定日をある程度特定できている場合は、 ピンポイントで3日間毎日タイミングを取った方が、 妊娠の確率は上がるのかもしれない…と、 個人的には思いました。 (男性側の精液に問題が無い場合は…) スポンサーリンク 正確に排卵予定日を特定することが大事 自己タイミングと違い、 クリニックだと医師がエコーで卵胞の大きさや 内膜の厚さを確認してくれるので、 より正確に排卵予定日を特定することが可能です。 私の場合、排卵までの日数が毎月異なり、 実際、妊娠する1か月前の周期は、 16日前後で排卵していたにも関わらず… 今回妊娠した時の周期は、 おそらく18日前後で排卵していました。 もし先生のタイミング指導が無ければ、 早めにタイミングを開始して、 1番大事な時期に隔日になったりして、 うまく妊娠出来ていなかったかもしれません。 そういった意味で、 やはり妊娠には排卵日を正確に特定して、 タイミングを取ることが必要なのだと思います。 もしも、まだ病院には通いたくない、 時間が取れずに自己タイミングを続けたいという方は… 排卵検査薬だけでも使って、 出来るだけ排卵日を意識して、 タイミングを取るというのがおすすめです。 先生がタイミング指定した 初日の夜にドンピシャで 陽性、 そこから40時間以内に排卵が起こると想定し… その日の夜と次の日の夜、 3日目は夜ではおそらく意味がないと考え、 昼前にタイミングを取りました。 また、3日間のタイミングを終えた後、 その次の日に基礎体温表で、 高温期に移行したことを確認。 (もしも上がらなければ、もう1回と考えていました) 病院でタイミング指導してもらうのは1番ですが、 排卵検査薬も使ってなるべく正確に 排卵日を特定することが妊娠への近道ではないかと、 私は思います。 スポンサーリンク 排卵日のタイミングを負担にしないために しかし、毎日がいいとはわかっても、 「なかなか思うようにタイミングが取れない…」 「なかなか旦那さんの協力を求めにくい…」 そんなご夫婦も多いかと思います。 妊娠の為だけになってしまうと、 夫婦関係がこじれてしまったり、 男性の方がナイーブな方が多いので、 「今日だ!」って思うと、 プレッシャーを感じてしまうなんて話もありますよね。 出来るだけ、 排卵日のタイミングを負担にしないために、 私がまず大事だと思うのは、 「夫婦の気持ちを揃えること」だと思います。 妊活への意識がズレてしまっていると、 お互いの熱量に違いが生じてしまい、 なかなかうまくいかなくなってしまうことも。 まずは、お互いの想いを話して、 夫婦で妊活への気持ちを揃えることで、 お互いの不安事項や負担に思っている気持ちを話したり、 それに対する解決策も模索していけるのではないでしょうか。 我が家は、排卵日付近で 連日タイミングを取ることに、 夫が不安だという話があったので… マカサプリを試してみたところ、 精神的な影響もあるかもしれませんが、 そのあたりの負担は全くなくなったようです。 また、お互いに向かう方向を明確にして、 妊活への温度差が無くなると、 排卵日が大体わかったところで… 「今回の決戦は〇日~〇日に決定いたしました!」なんて、 ふざけて伝えることであまりシリアスにならずに、 排卵日を伝えることが出来たような気がします。 妊娠は妻1人でするものではなく、 夫婦2人でするもの。 まずは、夫婦で子どもを持つことについて話し合って、 その上でどうしていくか、 負担なことがあればどう改善していったらいいか、 話し合うことが妊活やその後の夫婦関係にも とても大事なことだと思います。

次の