雇用 保険 受給 資格 者 証 と は。 高年齢求職者給付金とは?受給方法と支給額について【社労士監修】

雇用保険受給資格者証とは?もらい方や見方・紛失した時の再発行方法も

雇用 保険 受給 資格 者 証 と は

被扶養者に対する確認はいつ行う? (平成27年問5C) 健康保険法施行規則においては、保険者は3年ごとに一定の期日を定め、被扶養者に係る確認をすることができることを規定している。 解説 解答:誤 「3年ごとに」ではなく、保険者は、「 毎年」一定の期日を定めて、 被扶養者に係る確認をすることができます。 たとえば、協会けんぽでは、「 被扶養者資格の再確認」という形で行われています。 これを行うことで、ちゃんと要件を満たした人が保険証を使っているのかどうかチェックするわけですね。 下記にリンクを貼っておきますので、興味のある方はご覧ください。 参考記事: 次の問題も被保険者証についての確認の問題です。 もし、保険者による確認を得なかったらどうなるのでしょうか。 被保険者証の確認を受けなかったらどうなる? (令和元年問8C) 保険者は、毎年一定の期日を定め、被保険者証の検認又は更新をすることができるが、この検認又は更新を行った場合において、その検認又は更新を受けない被保険者証は無効である。 解説 解答:正 問題文のとおりです。 「検認」というのは確認する、という意味なのですが、 保険者が被保険者証の確認や更新を受けない場合は、その被保険者証は無効とする、という規定があります。 まあこれは、定期券を更新しなかったら無効になるのと同じで、ちゃんとルールに則って手続きしないとそうなっちゃうでしょうね。 苦笑 さて、会社に入ると健康保険の資格取得の手続きが行われることになりますが、被保険者証はすぐには交付されません。 手続きをしておよそ2週間くらいはかかるでしょうか。 その間に病院に行って診察などを受けたりすることもあるでしょう。 その時に使われるのが「被保険者資格証明書」になるのですが、その定義についての過去問を見ておきましょう。 被保険者資格証明書の定義とは (平成23年問5D) 厚生労働大臣は、全国健康保険協会が管掌する健康保険の被保険者に対し、健康保険法施行規則の規定による被保険者証の交付、返付又は再交付が行われるまでの間に当該被保険者を使用する事業主又は当該被保険者から求めがあった場合において、当該被保険者又はその被扶養者が療養を受ける必要があると認めたときに限り、被保険者資格証明書を有効期限を定めて交付するものとする。 解説 解答:正 問題文のとおりで、 被保険者資格証明書は、事業主や被保険者から求めがあった時に、被保険者証が交付されるまでの間などに、「療養を受ける必要があると認めたときに限り」発行されます。 被保険者資格証明書を病院などに提出することで、被保険者証と同じように 療養の給付を受けることができます。 で、待ちに待った被保険者証が届いたら、その資格証明書は、、、どうしましょう。。。 被保険者証が交付されたら資格証明書は、、、 (平成27年問8D) 資格を取得する際に厚生労働大臣から被保険者資格証明書の交付を受けた被保険者に対して被保険者証が交付されたときは、当該資格証明書はその被保険者に係る適用事業所の事業主が回収し、破棄しなければならない。 解説 解答:誤 被保険者証が交付されたら、被保険者資格証明書は、「事業主が回収し、破棄」ではなく、「 事業主を経由して厚生労働大臣に返納」しなければなりません。 被保険者証が手元に来た以上、資格証明書はもう使う必要がないわけですから、ちゃんと返してね、というわけです。 では最後に、「高齢受給者証」についての過去問をチェックします。 70歳になると、75歳までの間、「 健康保険高齢受給者証」が交付されるのですが、 病院窓口での自己負担割合を示すもので、所得の状況などによって、1負担~3割負担などのどれかが記載されています。 この高齢受給者証を被保険者証と合わせて病院などに提示するわけですが、この要件について出題されているので見てみましょう。 高齢受給者証の交付の要件とは? (平成26年問5オ) 保険者は、被保険者が70歳以上の被保険者に係る一部負担金の負担割合の規定の適用を受けるときは、原則として、当該被保険者に高齢受給者証を有効期限を定めて交付しなければならない。 解説 解答:正 問題文のとおりです。 70歳以上の被保険者やその被扶養者が、一部負担金の負担割合の規定の適用を受けるときは、保険者は、 高齢受給者証を有効期限を定めて交付しなければなりません。 被保険者が70歳以上で、標準報酬月額が28万円未満であれば負担割合は2割になり、28万円以上の場合は3割負担です。 ただし、誕生日が昭和19年4月1日生まれ以前の場合は、特例措置で1割負担になることがあります。 今回のポイント• 保険者は、「 毎年」一定の期日を定めて、 被扶養者に係る確認をすることができます。 保険者が被保険者証の確認や更新を受けない場合は、その被保険者証は無効となります。 被保険者資格証明書は、事業主や被保険者から求めがあった時に、被保険者証が交付されるまでの間などに、「療養を受ける必要があると認めたときに限り」発行されます。 被保険者証が交付されたら、被保険者資格証明書は、事業主を経由して厚生労働大臣に 返納しなければなりません。 70歳以上の被保険者やその被扶養者が、一部負担金の負担割合の規定の適用を受けるときは、保険者は、 高齢受給者証を有効期限を定めて交付しなければなりません。 各科目の勉強法の記事をまとめました 労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください.

次の

「雇用保険受給資格者証」のもらい方と見方!紛失時の再発行も解説

雇用 保険 受給 資格 者 証 と は

こんばんは。 「雇用保険被保険者証」は通常、就職されて雇用保険の被保険 者となられた際に、会社の管轄の公共職業安定所が発行し、会 社経由で被保険者の手に渡されます。 会社によっては、会社で保管している場合もあります。 「雇用保険受給資格者証」の方は、見当たらないのが普通です。 離職なさり、離職票をもらい、その後住所地のハローワークで 求職の申込みをした後、受給資格の決定がなされた人がもらえ るものです。 その後雇用保険の失業給付基本手当等を、受給す る手順となります。 hellowork. html, Q 雇用保険被保険者証を転職先に出してほしいと言われました。 源泉徴収票など、会社から戻ってきたものはすべて保管していたはずなのに何故か見当たりません・・・ 長い長方形のもので、見た覚えはあるのですが 心当たりがあるとすれば、10月11月に失業手当を頂いていたので もしかしたらハローワークで提出したのかなと思うのですが、 お恥ずかしながら、その際何を提出したのか覚えていません・・・ 雇用保険被保険者証は 失業手当を頂く手続きの際に提出するものですか? もしもその際に提出したのであれば、もう就職する旨を申告し手当終了手続きは行なったので、自動的にまた発行されるのでしょうか? もしそうでなければ紛失したのだと思うので再発行しに行くつもりなのですが・・・。 Q 20代OLです。 非常に基本的な質問で誠に恥ずかしいのですが・・・ 初めての転職で分からないことだらけのため、 どうかお教え下さい。 こちらは正社員です。 転職先の会社から、入社日に 「雇用保険被保険者証」を持参するよう言われました。 この「雇用保険被保険者証」は、 現在の派遣元の派遣会社に言えば貰えるのでしょうか? 今の会社と次の会社で、間が1日も空いていないのですが、 そんなにすぐに頂けるものでしょうか? あまりにも無知すぎるため、 変な質問でしたら申し訳ございません・・・・。 どのように入手すれば良いか、 手順をお教え下さい。 よろしくお願い申し上げます。 A ベストアンサー 市営住宅必要書類にかかれている雇用保険受給資格者証は、今現在退職されて無職である人のみが提出するものです。 ですから、この書類は必要ないと思います。 無職の人は所得を証明する書類がないので、失業保険の額などで調べるものと思います。 市営住宅に必要な書類は、所得を証明する必要があるもので、源泉徴収票や、給料明細になると思われます。 もしご質問の雇用保険関係の書類がいるとすれば、雇用保険被保険者証のことでしょう。 これは会社に保管されているか、ご自身の年金手帳に挟んであるか、採用時に渡されているかだと思います。 再発行はできますので、ご自身の住所の管轄の職安に、免許証と印鑑を持って手続きにいけばもらえます。 もしかしたら前の職場を辞めた時にもらった離職票かもしれません。 離職票をもらっていなければ、これも再発行できます。 これは前の会社に頼んでください。 もう一度、よく市営住宅の書類に目を通してみてくださいね。 Q 恐れ入ります。 まず自分は今年の1月末で会社を退職し 現在無職の一人暮らしとなっております。 保険証を退社時に返却していたので、 届出などが必要というのはしっていたのですが、 保険などについては、全くわからないということがあって、 退職してからなにもしておりませんでした。 しかし、最近になって急に昔から放置していた 虫歯が尋常じゃなく痛み出し、 保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、 国民健康保険に変更申請するのに 「健康保険資格喪失証明書」 が必要ということだけはわかりました。 しかし、退職時にはいただいておりません。 退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。 そこでお聞きしたいのですが、 1. 健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか? 2. 問い合わせは前の会社でよいのか? 3. 現状で最短で保険証を手に入れる手順は? 以上です。 大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。 早く歯医者行きたいです。 痛みでよるも眠れません;; 恐れ入ります。 まず自分は今年の1月末で会社を退職し 現在無職の一人暮らしとなっております。 保険証を退社時に返却していたので、 届出などが必要というのはしっていたのですが、 保険などについては、全くわからないということがあって、 退職してからなにもしておりませんでした。 しかし、最近になって急に昔から放置していた 虫歯が尋常じゃなく痛み出し、 保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、 国民健康保険に変更申請するのに 「健康保険資格喪失証明書」 が... A ベストアンサー 喪失証明書は送付義務はありません。 また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。 通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。 前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。 通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。 保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。 健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。 また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない 場合もあります。 このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。 誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。 分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。 A ベストアンサー こんばんは。 私の彼が社会保険労務士事務所に勤めているので、聞いてみました。 結論からいうと、rothaさんのとった行動で良いそうです。 会社側が被保険者証を提出させたのは資格取得届に番号の記載欄があって、原則的に同じ番号で取得しなければならないからです。 結婚等で名前が変わっていない限り、職安でそのまま受け取ってもらえます。 痛いかもしれない腹も探られません(笑) そうではなく、(結構良くあるケースだそうですが)カードを紛失してしまった場合は、職安で生年月日と名前から検索して一致する人をリストアップします。 (1人のときもあるし、2人くらい出ることもあるそうです) その際、職歴もでますので、実際その人がそこに勤めていたかを顧問先に問い合わせるか、前もって取得届の備考欄に履歴書の職歴を書いておきます。 そうすることによって職安では番号の重複を未然に防ぎます。 ですので、雇用保険被保険者証を出さないと以前の勤め先や勤続年数などはばっちりばれてしまうこととなります。 ただし、採用は人事の領分で雇用保険や社会保険の取得は総務の領分なので、よっぽど粉飾した履歴書でもない限り、大丈夫だと思います。 以上、受け売りですが専門家の意見なので自信アリです。 こんばんは。 私の彼が社会保険労務士事務所に勤めているので、聞いてみました。 結論からいうと、rothaさんのとった行動で良いそうです。 会社側が被保険者証を提出させたのは資格取得届に番号の記載欄があって、原則的に同じ番号で取得しなければならないからです。 結婚等で名前が変わっていない限り、職安でそのまま受け取ってもらえます。 痛いかもしれない腹も探られません(笑) そうではなく、(結構良くあるケースだそうですが)カードを紛失してしまった場合は、職安で生年月日と名前から検... Q この度正社員として初めて雇用されることになり、会社から雇用保険被保険者証の提示を求められています。 まず、この雇用保険被保険者証とは何なのか? その段階からよく分かりません。。 高校時代に居酒屋のアルバイトをやっていた事と、約1年6ヶ月ほどアルバイト派遣登録をしていた経験があります。 アルバイト派遣の仕事内容はすべて単発業務でPC教室のインストラクターや、各家庭を回りインターネット初期設定などをその都度依頼を受け業務を行っていました。 このようなアルバイトでも雇用保険に入らされている事があるのでしょうか? 私の記憶では今まで雇用保険云々という話は聞いたこともなく説明を受けた事もありません。 雇用保険に確実に入っているのか入っていないのかを調べるにはどこに問い合わせをすればいいのでしょうか?また雇用保険被保険者証とはどこで発行していただけるモノなのでしょうか? 宜しくお願いいたします。 A ベストアンサー 高校生の時、アルバイトをされていたとのことですが、 >居酒屋 というところからの類推ですが、定時制ではなく普通高校だったと思います。 従って、高校生の時は雇用保険に入っていた可能性はほとんどありません。 一方、派遣登録の時の雇用保険ですが、派遣元(登録していた会社)に問い合わせれば雇用保険に入っていたかどうかはある程度わかるとは思います。 しかし、わからない場合には自分の身分を証明できるもの(運転免許証)などをもって、最寄のハローワークに行けば、 以前雇用保険に入っていたかどうかがわかると思います。 (以前雇用保険に入っていた場合には「雇用保険被保険者番号」が出てくるはずです。 これがない場合には、雇用保険には入っていなかったとみなすのが通常だと思います。 ) 過去7年間の間に、雇用保険に入っていたことがある方が 別の会社で雇用保険に加入する場合には、 その時の「雇用保険被保険者番号」が必要になるため、 「雇用保険被保険者証」の提出が求められることになっています。 従って、雇用保険に入っていたことがない方の場合は 会社に「雇用保険被保険者証」を提出する必要はありません。 雇用保険に入っていたことがハローワークに問い合わせた結果 わかった場合には、その場で、「雇用保険被保険者証」の 「再交付申請書」というものがありますので、 それを提出すればその場で発行してもらえるのではないかと思います。 最後に簡単にまとめますと、 1.ハローワークで身分証明書を提示し、雇用保険に入っていたかを確かめる 2-1.入っていた場合、ハローワークで雇用保険被保険者証を再発行してもらい、その被保険者証を会社に提出 2-2.入っていなかった場合は、以前は雇用保険に入っていなかったことを会社に伝えればそれで終わり ということになると思います。 なお、詳しいことはハローワークにお問い合わせの上、お確かめください。 (ちなみに雇用保険に過去に入っていたとしても7年より前の場合には、以前の番号がなくなっているため、雇用保険に入っていなかった人と同じ取扱いになります) 高校生の時、アルバイトをされていたとのことですが、 >居酒屋 というところからの類推ですが、定時制ではなく普通高校だったと思います。 従って、高校生の時は雇用保険に入っていた可能性はほとんどありません。 一方、派遣登録の時の雇用保険ですが、派遣元(登録していた会社)に問い合わせれば雇用保険に入っていたかどうかはある程度わかるとは思います。 しかし、わからない場合には自分の身分を証明できるもの(運転免許証)などをもって、最寄のハローワークに行けば、 以前雇用保険に入って... Q 妻が先日会社を退職しました。 退職にあたり、年金および健康保険に関しては、私の扶養家族に入れたいと考えておりました。 その旨を会社の総務に相談したところ、失業保険の受給を受ける意思がある場合は、扶養には入れないとの説明を受けました。 確かにインターネットで調べてみたところ失業保険の受給と扶養家族の加入の同時進行はできないようなことが書かれておりました。 そこで質問なのですが、通常結婚されてる女性が会社を退職した後は、失業保険および扶養家族の手続きは、どのような順序でされているのでしょうか?失業保険をもらいおえてから、扶養家族に加入するのでしょうか。 参考までに妻の予測受給額は月15万円くらいかと思います。 ご意見等お聞かせ頂きたくよろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 長いですがよろしければご覧ください。 ) >失業保険の受給と扶養家族の加入の同時進行はできない… 「雇用保険」と「公的医療保険」は制度上のつながりはありませんので、「同時進行はできない」ということはありません。 あくまでも、「医療保険の保険者(保険の運営者)」が、「被扶養者の認定」を行なう際に、「今後の収入見込み」などを参考にして、「被扶養者と認定することに妥当性はあるか?」を審査するということです。 ですから、審査の結果、「被扶養者に認定される」ことも「されない」こともあるということになります。 k-solution. kenporen. shtml なお、「被扶養者の認定(審査)基準」は、「法令や通達など」を逸脱しない範囲で、【保険者が独自に定めている】ため、保険者によって微妙な違いがあります。 showa-shell-kenpo. haken-kenpo. recruit. 「各々のその時の事情、今後の予定」などによって「ケース・バイ・ケース」となります。 ちなみに、退職後の「公的医療保険」には「3つの選択肢」がありますが、これも「すべての人に共通するベストの選択」のようなものはありません。 kyoukaikenpo. yokogawakenpo. yokogawakenpo. html また、「市町村国保」は、「市町村ごとに」保険料が【大きく】違います。 livedoor. livedoor. なお、「協会けんぽ」の解説にもありますが、以下の制度の創設により、必ずしも「市町村国保の保険料負担が重い」とは言えなくなりました。 mhlw. html --- さらに、「雇用保険の給付金(失業給付)の受給」については、以下のような要件があるため、「本人の就労の意思・健康状態」などによっても大きく左右されることになります。 hellowork. nenkin. jsp? news-site. nenkin. nikkeibp. nenkin. jsp? nenkin. jsp? city. kawachinagano. k-solution. k-solution. city. kitami. shakaihokenroumushi. ) >失業保険の受給と扶養家族の加入の同時進行はできない… 「雇用保険」と「公的医療保険」は制度上のつながりはありませんので、「同時進行はできない」ということはありません。 あくまでも、「医療保険の保険者(保険の運営者)」が、「被扶養者の認定」を行なう際に、「今後の収入見込み」などを参考にして、「被扶養者と認定することに妥当性はあるか?」を審査するということです。 ですから、審査の結果、「被扶養者に認定され...

次の

雇用保険受給資格者証とは。失業保険給付の手続きの流れと必要書類

雇用 保険 受給 資格 者 証 と は

扶養の要件は年間130万円未満の収入であること 扶養に入るためには、年間の収入が130万円未満でなければいけません。 健康保険組合の収入要件が130万円未満だからです。 パート・アルバイトの収入要件ならわかりやすいのですが、失業保険の場合は 見込みでの計算になります。 失業保険の収入を算出する場合、将来の予定収入(見込額)を計算します。 失業保険の場合、手続きすると1日あたりに受け取れる額(基本手当日額)と受け取れる期間(90日、120日など)があります。 大事なのは 基本手当日額です。 1年間失業保険をもらい続けた場合に 130万円を超えるかどうかです。 ではどういった計算になるのでしょう。 失業保険の場合は1年を360日として計算します。 3,611円というのは前述した扶養に入れる1日の額。 基本手当日額がこの額を超えなければ扶養に入ることは可能です。 基本手当日額が3,611円ということは、実際の額面給与で13万5千円前後の収入がある場合です。 自己都合退職の場合は3ヶ月の給付制限がつきます。 3ヶ月の給付制限とは受け取るまで3ヶ月待たなければならないと言うものです。 基本手当日額が3,612円以上の場合は、失業保険受給中は扶養から抜ける手続きが必要です。 また再度扶養に入る際にも加入手続きが必要です。 手続きが煩雑なためかもしれません。 事前に保険組合に確認しておきましょう。 扶養に入る一番のメリットが保険料を払わなくても良いことです。 ・国人年金保険料は16,410円(2019年度) ・国民健康保険料は35歳年収300万円の場合で、東京都新宿区で約1万5千円、大阪市では約2万円です。 合計すれば1月で3万1千円~3万6千円程の負担。 仮に3ヶ月の給付制限がある場合、その3ヶ月でも扶養に入れれば10万円くらいは得することになります。 税金面で優遇される(配偶者控除・配偶者特別控除等) 扶養に入るということは収入を抑えることになります。 収入を抑えることで税金の支払いを減らしたり、控除を増やすことができます。 ・ 配偶者控除(配偶者特別控除) ・所得税 ・住民税 以前は103万円の壁というものがあり、年収を103万円までに収めることで所得税を払う必要がなく、さらに夫の配偶者控除(38万円)を受け取ることができました。 103万円を超えると所得税が発生し、さらに配偶者控除から配偶者特別控除となり38万円から減額されることになります。 ですが2018年1月の改正より年収150万円までは配偶者特別控除でも38万円満額控除対象となりました。 仮に130万円まで働いたとしても控除額38万円は変わらず、所得税は発生しますがその額はわずかです(年収130万円でも13500円程)。 収入が少なければ所得税、住民税の負担も減ります。 ただし130万円を超えてしまうと扶養に入れなくなります。 次にデメリットを見ていきます。 自身のキャリア形成が作れない 扶養範囲内での働き方になると、当然パートやアルバイト的な仕事になってしまいます。 しかしそれでは キャリア形成を作ることができません。 将来、正社員等のフルタイムで働こうとしても、パートやアルバイトのみの経験では就職が難しくなります。 将来受け取れる年金が少なくなる 年金の種類として「 国民年金」と「 厚生年金」があります。 サラリーマン等の社会保険料を支払っている方は厚生年金、それ以外の方(自営、扶養者など)は国民年金です。 厚生年金と国民年金では将来受け取る年金が大きく変わります。 国民年金の場合満額でも月に6万5千円程。 正社員等で働き続けた場合の厚生年金額は平均で月15万円。 将来の受取額でこれだけの差がでます。 厚生年金は国民年金よりも負担が大きいのですが、働いている本人と同額を会社側でも負担します。 そのため将来の受取額に大きな差がでるのです。 もちろん厚生年金、国民年金に両方入っている方の方が多いかもしれません。 問題はその加入期間の割合です。 年金等含め長い目で見た時に、一概に 扶養に入ることが得だとは言い切れません。 年金受給額は長生きすればするほど差がでてくるからです。 たとえば年金を将来20年受ける場合、月6万5千円の年金では合計1,560万円です。 厚生年金を長年払い続けていた場合、月15万円の年金では合計3,600万円です。 その差はおよそ2,000万円にもなります。 仮に扶養に40年入っていたとしても2千万円の節約にはなりません。 扶養になるための手続き 扶養に入るには、各健康保険組合の認定を受ける必要があります。 必要なものは各保険組合により異なります。 ・健康保険被扶養者移動届 ・被扶養者認定申請書 ・離職票(退職後に会社から受け取るもの) [扶養からはずす手続き、再加入手続き] ・雇用保険受給資格者証(ハローワークより手続後に受け取るもの) 上記のようなものが必要です。 まとめ 失業保険を受けている間も扶養に入ることは可能です。 たとえ130万を超えていたとしても、3ヶ月の給付制限中(自己都合等での退職)はその間だけでも扶養に入ることは可能です。 3ヶ月扶養に入るだけでもトータルで10万円くらいは得をします。 健康保険組合によっては条件が異なる場合もあるため、念のため事前に確認しておきましょう。 失業保険受給中に限らず、扶養にはいるメリットデメリットを考慮しつつ検討するのが良いでしょう。

次の