勝手に痩せる。 おいしくて勝手に痩せる!?書籍「筋肉食堂 3日で実感!おなかが凹む!最強の食べ方」

糖尿病で痩せる原因

勝手に痩せる

ダイエットとは何か 痩せたくてたまらない具体的な方法の前にダイエットとは何でしょうか? ダイエットは、「規定食」という意味であり、美容や健康保持のために、食事の量や種類を制限することである。 先進国の人々は統計的に見ると栄養過多の傾向があり、(たとえば腎臓病患者数などと比較して)肥満に陥ってしまっている人の数が非常に多く、結果として diet を行う人の比率を見ると痩せるために行っている人が多いので、「diet」が "痩せるための規定食"、という意味で使われている比率が多い。 だがダイエット(規定食)は、肥満対策以外に、健康のためにも行われることがあるので、それらについても併せて解説する。 痩せるための諸活動全般に関しては「痩身」の項に譲り、本項では、正しく、運動を除いて、規定食(食事)のみを扱う。 ダイエットには体重を目安するが、 健康体重、標準体重、理想体重、美容体重、モデル体重と、いろいろな指標がある。 wikipediaより つまり一般的に減量やシェイプアップと同じように運動を兼ねた意味合いで使われているダイエットですが、本来は健康のための規定食ということですね。 これはコーチングでいうところのゴールにあたります。 ゴールというのは 完全にオリジナルでなくてはいけません。 ここにトレーナーの希望や好みが入っていてはマズイのです。 それは 価値観の押し付けであり、定義上洗脳ということになります。 そうではなく、それぞれが自分の理想とする身体、健康状態を目指すから意味があります。 あなたのダイエットの目標は? なぜあなたはダイエットをしたいのでしょうか?• 今年は海に行きたいから• 来月の結婚式までにどうしても痩せたい• 単純に痩せてキレイになりたい、モテたい• ボディラインの出た服を着こなしたい 理由は様々にあると思います。 しかし残念ながら上記のような理由 だけでは難しいと言えます。 もっと掘り下げて考える、イメージする必要があります。 ここで魔法の質問をご紹介します。 それは 『で、どうしたいの?』と自分に問いかけてみてください。 例えば、海に行ってどうしたいのでしょうか? 海に行って引き締まった身体を見てほしい・・・ ・・・ ・・・ ここでイメージがどんどん膨らんで楽しくなってくるようであればダイエットは成功したようなものです。 逆に全く膨らまないようであれば別の理由を探したほうがいいかもしれません。 理由そのものに良い悪いはなく、その人にとってどのくらい重要なのかがポイントです。 なぜイメージを掘り下げて、膨らませる必要があるかというと臨場感高く痩せた自分を感じるためです。 臨場感を必要性と置き換えてえ考えてもいいでしょう。 ただ痩せて注目されたいという願望より、医者に『すぐに10kg落とさないと命の保証はできないよ!』と言われた方が臨場感は高いですよね? 命に関わることですから臨場感が高いのは当たり前です。 すなわち 本気になれるということです。 ではただキレイになりたいという理由は使えないのかと言えばそんなことはありません。 具体的な方法は後半で詳しく解説します。 あなたがリバウンドしてしまう理由 ダイエットに置いてもっとも怖いのがリバウンドです。 三日坊主で続かなかったことよりも大変です。 なぜならリバウンドはダイエット前の体重よりも増えてしまうことがよくあるからです。 その仕組みを科学的に解説します。 そして この記事でご紹介する方法はリバウンドの機能を逆向きに活用します。 ダイエットにおいてなぜリバウンドしてしまうのかというと、 マインド(脳と心)が変化していないのに無理やり身体を痩せさせたことが原因です。 マインドとは脳と心のことですが、無意識と捉えてもらって大丈夫です。 w なぜならマインド(無意識)は65キロのままで体重だけが55キロになっている非常事態だからです。 私たちは 無意識と身体が 乖離している状態ではたとえスマートで自分が望んだ体型になったとしても 非常事態なのです。 ですから元の無意識と身体が一致して安定した状態に戻そうと無意識がものすごいエネルギーで働きます。 これを ホメオスタシス(恒常性維持機能)といいます。 どこに対して働くかといえば、もちろん脳である無意識の65キロの自分に対してです。 ですから 『10キロ痩せて嬉しい!!』と思っていてはダイエットは成功しません。 嬉しいではなく『 やっと自分らしい体型になれてよかった。 これが自分らしい!!』でなければいけません。 ダイエット成功のポイントは理想の自分の臨場感 ではコーチング理論を使った科学的に正しいダイエットはどうすればいいのでしょうか? そのポイントはやはり臨場感です。 『自分はすでに理想的で健康的な身体を手に入れていることが当たり前で最高だ!』というイメージが出来上がっていることが重要です。 イメージと鏡に映った自分のギャップが気持ち悪い・・・• ソワソワして落ち着かない・・・• みっともない自分の身体が許せない! などです。 (感じ方はそれぞれですが・・・) ここで何が起こっているかというと、無意識は55キロでスマートな健康的な身体のはずなのに物理的には全然違う・・・という状態です。 先ほどと逆になっていることに気付かれたと思います。 重要なのは最高の自分の状態をイメージで先取りすることです。 ただの想像ではなく、無意識レベルで当たり前に思えるくらいにです。 スタイル抜群の自分が当たり前 無意識に落とし込む、先取りするというのはとても重要です。 そしてそれが 頑張らないダイエットの方法の本質です。 理想的な未来のスマートな自分が設計できてくると色々見えるものが変わっていることに気がつきます。 例えばですが、食べたいものを我慢するのではなく食べる必要がないということに気が付くというものです。 『あ、これって本当に食べたいと思っていたのではなくてただのストレス解消のためだったのか・・・』 そして『こんな食べ方をしているのは自分らしくないな。 』『ストレスなら他の方法で発散させればいいし、そもそも溜めるようなことは辞めてしまえばいいや!』という感じです。 理想的な未来の自分に相応しい考え方ができるようになります。 ですから無理もしないですし、負荷を掛けることもないのです。 今の当たり前、すなわち習慣が今の身体を作っているのですから痩せるのは(変化するのは)当たり前ですね。 この無意識にしている習慣を変えるのはなかなか難しいです。 なぜなら文字通り無意識なので意識しない限り気が付かないからです。 明らかなブラック企業はともかく、会社にいる間はその会社の変わった部分やおかしい部分、非常識さにはなかなか気付きません。 辞めてみて初めて『よく何年もあんなことやってたよなぁ・・・』と気が付いたりしませんか? 私は数回経験があります。 w でも、そんなものです。 そこを詳細に理想的なイメージで先取りすることで脳の機能を上手く使った変化を起こすことができます。 無意識に落とし込むと痩せたくてたまらなくなる では正しいダイエットの方法はどのようなものでしょうか? 繰り返しになりますがイメージで理想の自分を臨場感高く設計することでしたね。 ポイントは マインドから変えて行くということです。 もしダイエットをしているのに食べたいと思ってしまうようなら 理想的な未来の臨場感が足らないということです。 空腹感が心地よく本来のスタイルに戻って行く自分が認識できたら嬉しくてたまらなくなるものですからね。 科学的に痩せる具体的なダイエット実践法 では具体的にどのように未来の理想的な体型をイメージすればいいでしょうか? それには アファメーションが有効です。 アファメーションとはコーチングの元祖であるルー・タイス氏が発見した言葉を使って理想的な未来を記述する方法です。 ダイエットのための具体的なアファメーションの方法は をご覧ください。 理想の体型のモデルをいつも目にするところに置く これはダイエットに限ったことではありませんが、理想の自分になるためのビジュアライズ、すなわちイメージ画像は文字通り全て自分でイメージしなければいけないわけではありません。 あなたが本気で憧れているモデルや女優、アスリートの画像を活用してもいいわけです。 というより、憧れている人のポスターや雑誌のグラビアなどを部屋に貼ったりしている人も多いのではと思います。 これはすごく有効な方法です。 ですがいくつかコツがあり、それを知っているかどうかでかなり効果が違ってきます。 まず一つ目ですが、 視界に入っているだけでは効果が半減するということです。 では部屋にポスターを貼ったり、スマホのロック画面に画像を貼るのは何のためかというと 繰り返し意識したいのです。 繰り返し意識することで繰り返しゴール側の情報に触れているということです。 (これポイントです) 2つ目は異性の写真の方が有効ということです。 これは最近私と私のクライアントさん数名で検証したのですが自分の好きな同性のモデルの写真も有効ですが、異性の方が燃えるのです。 w どういうことかというと、この人(異性)と一緒にトレーニングする自分、もしくは対等に並んで写真を撮られている自分を意識した方がモチベーションが上がります。 シンプルにいえば 恋愛のチカラです。 イメージしてみてほしいのですが、あなたの憧れている人が偶然隣に来ただけで背筋が伸びませんか? たとえその時に疲れがピークだったとしても背筋が伸びて瞳が輝くのではないでしょうか。 それは 疲れている現状の臨場感より憧れの人と自分が隣り合っているという臨場感の方が強烈だからです。 これをポスターやスマホのロック画面で毎日繰り返し意識に上げたいですね。 そうすることで現状の自分より憧れの人との未来の方の臨場感の方が当たり前になっていきます。 まとめ 科学的に勝手に痩せるダイエットの目標設定の方法• 『 で、どうしたいの?』と自分に問いかけてゴールを掘り下げる• イメージで先取りし、 リバウンドの機能を逆向きに活用する• 『自分はすでに理想的な身体を手に入れていることが当たり前』のイメージが重要• 痩せて嬉しいのではなく、本来の当たり前の状態に戻っただけ• ゴール側に自分を先取りするにはアファメーションが有効• 異性の画像でそれにふさわしい自分に 恋愛のチカラでアップデートさせる 参考になれば幸いです。

次の

勝手に痩せる性格になるには

勝手に痩せる

「夏になったら毎年体重が2から3キロ減るのよね〜」と嬉しそうに?自慢げに?話している方を見かけまして。 「え、それって毎年秋〜春で2から3キロ以上増やしてるってことじゃなくて?」と見返してしまったHanaeです。 夏になったら勝手に痩せる?それはウソなのか?本当なのか?「夏」という季節を味方につけてダイエットをする方法とは?は説明していきます。 夏は痩せやすいは本当? 夏は痩せやすいのか…これは科学的な根拠はありません。 どちらかというと冬場の方が体のメカニズム的には痩せやすいと言われています。 でも夏だけ痩せられるっと言う方がいるのも事実です。 でも毎年繰り返している、戻ってしまうのであればリバウンドしているということです。 もしくは、夏痩せをしたのではなく、夏バテをして身体が弱っているサインかもしれません。 危険な夏痩せとは? 夏痩せに関わらず、何もしていないのに痩せるっというのは危ないのです。 「そんな簡単に痩せられるならいいじゃない!」と言いたくなるかと思いますが、年々代謝が落ちていくと言われているのに、運動習慣も食事も、何か手を加えたつもりもないのに減るのはおかしいと思いませんか? その原因に夏の暑さがあります。 あまりの暑さに食欲が無意識に減り、水分や栄養を摂らなくなってしまうのです。 栄養不足に陥り、熱中症や夏バテ、夏風邪をひきやすくなります。 他にも暑くて、体を動かさなくても汗が出ますよね。 それで運動した気になってしてしまう方がいます。 外気からの暑さから身を守るために汗をかくのと、体を動かして汗をかくのは、同じように「体温の上昇を抑えるため」なのですが、筋肉の活動量は大きく違います。 汗をかいたらいいのではなく、筋肉が動いてカロリーを消化することが痩せることへとつながります。 また運動をした時は意識的に水分や塩分、またはスポーツ飲料を飲むことで運動時に排出するアミノ酸を摂取することができます。 しかし日常生活の移動中にふっと汗をかくだけだと、水分や塩分の摂取を怠りやすく、体の機能が正常に動きにくくなったり、熱中症になる可能性を上げることになります。 熱中症対策もあって近年は水分を取りましょうというガイドも増えてきました。 たくさん水を飲んでほしいのです。 私たちの体中の60~70%は水でできているといわれるくらい、水分は大きな割合を占めています。 水分が足りないと血流が滞ったり、体の巡りが滞ったり、便秘しやすくなる、体を動かすためにも電気を通すために水分が必要なので体の働きを悪くすることもあります。 多すぎたら尿として排泄されるのでしっかり飲んで体の巡りを良くしていきましょう。 注意してほしいのは、少しづつをこまめに飲むということと、できるだけ常温のものを飲む、もしくはキンキンに冷えた物は控えましょう。 まず少しずつをこまめに飲むのは胃を守る為です。 私も胃腸がそんなに強いタイプではないので水分をがぶ飲みしすぎると胃液が薄まるのか消化不良を起こすことがあります。 また、いつも水分が足りている状態を保つことで体が安定した水分量を保つことができます。 そしてもう1つの常温のものを飲む、もしくはキンキンに冷えた物は控えるというのはあまりに熱くて冷たいものばかり飲んでしまうと体の温度を内臓から冷やすことになります。 体が冷えてしまうと代謝が下がるのでダイエットには協力してもらえなくなります。 動き始めてすぐから筋肉が素直に動き始めやすくなります。 動きやすいということは動かす範囲をダイナミックにしやすくなるということです。 大きく、ダイナミックに動いた方が代謝は上がりますし、関節が動いた血行やリンパの流れはよくなります。 ストレッチなどでも汗をかけるはずです。 無理のない範囲で大きく動いていきましょう。 また、胸の部分まで水中になれば心肺機能を鍛えることにも繋がります。 他にも花火大会がありますね。 場所とりをしたり、歩きながら見るのはいかかでしょうか。 何もないところをあるくのはしんどいですが、行事の時は楽しく歩けるはずです。 注意することは、お供になりそうな屋台のごはんやお酒たちです。 私も食べているので「辞めなさい」とは言いませんが、ほどほどにしましょう。 屋台のごはんは粉ものの炭水化物や、りんご飴やバナナチョコなど屋台ならではの甘いものがたくさん並びます。 その代わり、野菜が入っていることが少ないのです。 栄養のバランスがとりにくいのです。 お酒を飲むと食欲が増してくるのでついつい食べ過ぎてしまいがちです。 ダイエット中も楽しく過ごしつつ、それを忘れないようにしましょう。 まとめ ダイエットは、本来季節にかかわらず行うことができます。 ですから「思い立ったが吉日」でダイエットをスタートしていただけます。 しかし、夏の方がやる気が出る!ですとか、お子さんがいる方はレジャーの中で楽しみながら取り入れることができる季節です。 自分のライフスタイルに合わせてダイエットに取り組んでみてくださいね! 当スタジオではあなたらしい理想の体へのサポートをしています。 ご興味を持っていただけたらぜひお問合せ下さい。 レッスン中はここまで熱く語りませんのでご心配なさらずに。

次の

体が勝手にやせる食べ方 (第2の脳「腸」が肥満を止めるレシピ145)

勝手に痩せる

糖尿病で痩せるというのは、かなりの重症です。 糖尿病という名前から、糖が関係していることは確かです。 ということは、痩せるではなく太るのでは?と思う方も多いです。 たとかに、太った方に糖尿病の方は多いですが、これはどちらかと言うと、太ってしまったから糖尿病になってしまったという方が確かなことです。 糖尿病で一番ダメージを受けるのは、血液です。 血糖が上がると言えば、糖が関係するところも体ではなく、血液内のことということが理解していただけると思います。 そのほかインスリンの働きが極端に悪く、取り込んだ糖の分解ができずに、体は脂肪やたんばく質を分解します。 それども糖は摂り続け、血糖が上がった状態になります。 血液そのものも栄養を運ぶことができなくなり、タンパク質などの分解をすると、栄養が取れずに、痩せることになります。 この状態は、糖尿病もひどい部類です。 健康診断などで、血糖値が高いですね、という段階では、痩せるまでは行きませんが、危険ですと言われた時に予防や対策をしておかないと、血糖値は上がると思ってださい。 現在、糖尿病を治す薬はありませんから、地道な予防のみが大変重要な改善の策になっています。 糖尿病で痩せる、これはできれば避けたい状態です。 スポンサードリンク 糖尿病で痩せる原因記事一覧.

次の