バスケ エアロビ。 【うちで踊ろう】 #エアロビチャレンジ SNSで世界的流行

「#エアロビチャレンジ」がブーム!外出自粛中に自宅でできる運動不足解消 ダイエットや美肌効果も

バスケ エアロビ

再生回数は公開から2週間で100万回に迫るなど、大きな話題となっている。 話題のチャレンジで注目を集めているのは、Bリーグ・横浜に所属する田渡凌だ。 きっかけは4月2日にツイッターに投稿した動画だった。 自宅リビングに軽快なリズムとともに手拍子しながら現れたのは、白のピチピチのタンクトップに短パン姿の田渡。 頭には白のヘアバンドを巻き、真剣な表情とともにフレームインした。 そこから手を上げたり、足を上げたり、リズムに合わせながら、エアロビを披露。 時折、コミカルな動きを織り交ぜながらも、常に表情は真剣そのもの。 途中からは後ろのソファーに置いていたバスケボールを拾い、股下を通したり、体の周りを回したりしながら、最後はカメラを指差し、決めポーズでフィニッシュした。 コミカルな衣装で、あまりに真剣に演じる「エアロビチャレンジ」はシュールさが溢れている。 これにはNBAのウィザーズ・八村塁も「これはやばい」と泣き笑いの絵文字3つを添えて返信。 同じ音楽でバスケ選手、一般のファンも挑戦するなど、一気にバズ状態に。 投稿は2週間で97万回を突破し、100万回に迫る勢いだ。 コメント欄には「白ブリーフに漢気を見た!」「衣装もカメラ目線も最高!」「娘が魅入ってます」「真面目な顔が最高です(笑)」「好きになりました」「すごい中毒性ある」「面白すぎて仕事できません!」「今までの stayhome動画の中で一番元気と笑顔をもらえました」などとコメントが殺到。 絶賛が相次いでいる。 今季はチームのキャプテンに就任し、若者に人気のテレビ番組「テラスハウス」にも出演した26歳。 コート内外に渡る活躍でバスケ界の盛り上げに貢献してきたが、新型コロナウイルスが感染拡大する中、持ち前の明るいキャラクターでネット上で話題をさらうことになった。 THE ANSWER編集部.

次の

八村塁も「これはやばい」と爆笑 バスケ選手の“エアロビチャレンジ”が再生100万目前(THE ANSWER)

バスケ エアロビ

再生回数は公開から2週間で100万回に迫るなど、大きな話題となっている。 話題のチャレンジで注目を集めているのは、Bリーグ・横浜に所属する田渡凌だ。 きっかけは4月2日にツイッターに投稿した動画だった。 自宅リビングに軽快なリズムとともに手拍子しながら現れたのは、白のピチピチのタンクトップに短パン姿の田渡。 頭には白のヘアバンドを巻き、真剣な表情とともにフレームインした。 そこから手を上げたり、足を上げたり、リズムに合わせながら、エアロビを披露。 時折、コミカルな動きを織り交ぜながらも、常に表情は真剣そのもの。 途中からは後ろのソファーに置いていたバスケボールを拾い、股下を通したり、体の周りを回したりしながら、最後はカメラを指差し、決めポーズでフィニッシュした。 コミカルな衣装で、あまりに真剣に演じる「エアロビチャレンジ」はシュールさが溢れている。 これにはNBAのウィザーズ・八村塁も「これはやばい」と泣き笑いの絵文字3つを添えて返信。 同じ音楽でバスケ選手、一般のファンも挑戦するなど、一気にバズ状態に。 投稿は2週間で97万回を突破し、100万回に迫る勢いだ。 コメント欄には「白ブリーフに漢気を見た!」「衣装もカメラ目線も最高!」「娘が魅入ってます」「真面目な顔が最高です(笑)」「好きになりました」「すごい中毒性ある」「面白すぎて仕事できません!」「今までの stayhome動画の中で一番元気と笑顔をもらえました」などとコメントが殺到。 絶賛が相次いでいる。 今季はチームのキャプテンに就任し、若者に人気のテレビ番組「テラスハウス」にも出演した26歳。 コート内外に渡る活躍でバスケ界の盛り上げに貢献してきたが、新型コロナウイルスが感染拡大する中、持ち前の明るいキャラクターでネット上で話題をさらうことになった。

次の

八村塁も「これはやばい」と爆笑

バスケ エアロビ

バスケットボールB1に昇格した広島ドラゴンフライズに田渡凌(26)=前B1横浜=が加入した。 入団会見では「チャレンジや試練がないと成長できないと思っている。 新しい挑戦をしたいと思って移籍を決めた」と語った。 横浜では3季プレーし、昨季は主将も務めた。 ポジションは司令塔のポイントガード。 広島の浦伸嘉社長は「彼の経験値は我々のチームの大きな力になってくれる」と期待を寄せる。 コート外でもバスケットボール選手の枠を越えて精力的な活動を続けている。 「人生のモットーは一日一日、どれだけいい選手、いい男になれるか。 このことを大事にして生きている」。 昨年7月には「TAWATARI PROJECT」を立ち上げ、老人ホームの慰問など社会貢献活動に取り組んできた。 「アスリートはいろんな人から応援してもらっている以上、社会還元していかなければいけない」と話す。 昨年10月から今年2月まではフジテレビの人気番組「テラスハウス」に出演した。 「選手として成長するために常に刺激のある人たちに囲まれていたい」というのが理由だった。 番組出演により、新たなファンを取り込んだとしてBリーグからは表彰を受けた。 また、コロナ自粛期間中は、エアロビに挑戦している動画を自身のツイッターに投稿。 再生回数は100万回を超えた。 「いろんなアスリートが動画をアップしているのを見たけど面白いものがなかった。 暗いニュースが多い中で少しでも面白いものを皆さんに届けられたらと思って挑戦した。 家の中でできるトレーニングと人を笑わせることの両方を意識した」と説明した。 広島でも型にはまらない生き方は変わらないが、選手である以上、チームを勝利に導くことが一番の目標でもある。 自身のアピールポイントには「リーダーシップ」を挙げる。 小学、中学、高校、大学と主将を経験しており、広島でも先頭に立ってチームを引っ張っていくつもりでいる。 広島には「一番の仲良し」という岡本飛竜(27)が在籍していることも移籍を決めた理由の一つ。 「僕が知る限り、彼は日本で一番練習する男。 彼と一緒に練習することが自分もうまくなる一番の近道」と、同じポジションで切磋琢磨していく。 「目標は優勝」。 B1舞台に挑む広島の頼もしい戦力となる。 東京都出身。 ポジションはポイントガード。 180センチ、82キロ。 3歳からバスケを始め、京北高(現東洋大京北高)卒業後に渡米。 ドミニカン大カリフォルニア校を経て17年にB1横浜に入団。 3季在籍し、通算159試合に出場。 外部サイト.

次の