ヘルペス 薬 ジェネリック。 口唇ヘルペスはどんな薬が処方される?

口唇ヘルペスは市販薬で治せる?再発させたくないあなたに

ヘルペス 薬 ジェネリック

アラセナA軟膏、アラセナAクリーム(持田製薬) ヘルペスウイルスの増殖を抑制し、皮膚症状を改善する効果を持ちます。 主成分はビダラビンです。 軟膏タイプの「アラセナA軟膏」は、油分が多く、ベタつき・テカりが生じやすい一方、肌への刺激が弱く、肌には優しいという特徴があります。 クリームタイプの「アラセナAクリーム」は軟膏タイプに比べて油分が少なく、ベタつきやテカりが生じにくい一方、肌への刺激がやや強いという特徴があります。 患部がテカテカすることに支障がある場合は、お医者さんに、アラセナAクリームの処方を希望する旨を伝えても良いでしょう。 ただし、水ぶくれがひどい場合は、肌に刺激が弱いアラセナA軟膏が処方されることが多いことを留意ください。 mochida. mochida. 60円(1gあたり) ゾビラックス軟膏、ゾビラックスクリーム(グラクソ・スミスクライン) ヘルペスウイルスの増殖を抑制し、皮膚症状を改善する効果を持ちます。 healthgsk. healthgsk. 70円(1gあたり) ビダラビン軟膏 ビダラビン軟膏は、「アラセナA軟膏」の後発薬(ジェネリック)で、小林化工、武田テバファーマ、日本ジェネリック、富士製薬工業、沢井製薬、東和薬品、岩城製薬といった製薬メーカーから発売されています。 60円(1gあたり) カサールクリーム(マルホ) カサールクリームは、「アラセナAクリーム」の後発薬(ジェネリック)です。 maruho. 60円(1gあたり) アシクロビル軟膏 アシクロビル軟膏は、「ゾビラックス軟膏」の後発薬(ジェネリック)です。 20円(1gあたり) エアーナース軟膏、エアーナースクリーム(ラクール薬品販売) エアーナース軟膏&クリームは、「ゾビラックス軟膏&クリーム」の後発薬(ジェネリック)です。 20円(1gあたり).

次の

口唇ヘルペスに効く一番良い飲み薬は?

ヘルペス 薬 ジェネリック

作用メカニズム バラシクロビルは構造が工夫されており、 アミノ酸のバリンをくっつけることで、腸から吸収されやすい構造になっています。 バラシクロビルは体内に入ると、代謝されてアシクロビルという成分になります。 アシクロビルはヘルペスウイルスに感染している細胞の中でウイルス由来のチミジンキナーゼによってリン酸化されて効果を発揮します。 ヘルペスウイルスのDNAポリメラーゼを阻害することでヘルペスウイルスの増殖を抑制します。 代謝されてから効果を発揮するお薬はプロドラッグと呼ばれています。 そのため、 他の細胞に及ぼす影響が少ないと考えられています。 バラシクロビルのメリット 単純疱疹(口唇ヘルペスなど)と帯状疱疹の両方に適応も持っています。 バラシクロビルはお薬が効率よく体内に吸収されるため、 効果が長持ちします。 そのため、帯状疱疹に対して1日3回の服用で効果を発揮します。 バルトレックスの飲み方 バルトレックスは、単純疱疹と帯状疱疹で飲む量が変わります。 用法容量 症状や年齢、腎機能などによって服用する量は変わる場合があります。 必ず医師や薬剤師の指示に従って服用してください。 飲み忘れたときは 万が一、飲み忘れに気がついた場合は気がついたときに1回分を服用します。 次の服用時間まで短い時は服用せずに1回分をスキップします。 飲むタイミングに迷ったときは、かかりつけの医師・薬剤師に相談してください。 普段より多めの水で飲む バルトレックスは 普段より多めの水で飲むことをお勧めします。 バルトレックスは腎臓から排泄されるお薬です。 水分をしっかりと取ることで、腎機能低下のリスクを下げることが理想的であるためです。 飲み合わせ バルトレックスには飲み合わせに注意する必要があるお薬があります。 服用する前に医師または薬剤師にお薬手帳で飲み合わせの確認をしてもらいましょう。 併用注意(一緒に飲む際には特に注意が必要)• プロベネシド• シメチジン• ミコフェノール酸モフェチル• テオフィリン バラシクロビルや併用したお薬の濃度が上がって効きすぎたり、 副作用が起こりやすくなるリスクがあるため。 飲み合わせを確認してもらうことができます。 お薬手帳のお得な活用法やメリットについて解説しています。 合わせてご覧ください。 バルトレックスの注意点 腎機能に注意が必要 バラシクロビルは主に腎臓から排泄されるため、 腎機能が低下している場合や年齢によって飲む量を調整する必要があります。 腎機能が低下していたり、その可能性が考えられる場合は医師または薬剤師に必ず相談するようにしてください。 バルトレックスの副作用 バルトレックスの副作用は多くはありませんが、腎機能や肝機能、また、精神に影響を与える可能性があります。 バルトレックスを服用して以下のような症状が見られた際は医師または薬剤師に相談してください。 バルトレックスは単純疱疹・帯状疱疹のどちらにも使用できます (用法用量が異なります)• 単純疱疹(口唇ヘルペスなど)の場合は成人には1回500mgを1日2回服用します• 帯状疱疹の場合は成人には1回1000mg(500mgを2錠)を1日3回服用します• 用法用量は年齢や腎機能によって調整されます、必ず医師の指示通りに服用してください• 帯状疱疹をわかったらできるだけ早く服用すると効果的です• 帯状疱疹では皮疹が出て5日以内が望ましいとされています• そのため、 帯状疱疹が疑われる場合はすぐに受診することが重要です 帯状疱疹には 新薬のが発売されました。 1日1回1週間の服用で帯状疱疹を治療するお薬です。 アメナリーフの効果や飲み方についてはこちらの記事でまとめています。 合わせてご覧ください。 (新しいタブで開きます).

次の

バルトレックスの市販薬はある?口唇ヘルペスに使える市販薬を紹介!

ヘルペス 薬 ジェネリック

口唇ヘルペスとはどんな症状?薬は市販されている? 1-1 口唇ヘルペスとは 口唇ヘルペスとは、単純ヘルペスウイルスの感染症で唇やその周辺に水ぶくれができるという症状です。 このウイルスに感染している日本人は20~30代で約半数、60代以上ではほとんどの人が感染しているというデータもあります。 水ぶくれは痛みを伴い、1~2週間程度でかさぶたになり、治ります。 また、ヘルペスウイルスは、一度感染すると症状が治った後も人の細胞の中にじっと隠れていて、普段は症状が出てきませんが、発熱やストレス、疲労、月経など体の抵抗力が落ちることで再発してしまうので、再発をなるべく防げるよう薬でのケアが重要になっています。 口唇ヘルペスの発病には、初めて発病する場合と再発の場合の2通りがあります。 初めて口の周りに水ぶくれやかゆみが生じたときには、自己判断せずに病院を受診することをおすすめします。 過去にも口唇ヘルペスになったことのある方で、症状がそれほど重くない場合には、市販の薬も使用できます。 ドラッグストアで手に入るため、活用してみましょう。 口唇ヘルペスの塗り薬には、ビダラビンやアシクロビルと呼ばれる成分が有効成分として作用します。 パッケージに記載の成分を見てみると、それらが含まれていることが確認できます。 市販薬を買う際の注意点 2-1 過去に診断された人のみ使用可能 口唇ヘルペスの市販薬は、過去に医師から診断された人のみ使うことができます。 口唇ヘルペスは、不適切な薬を用いることで症状が悪化してしまうため、医師の診断があることが前提として必要となります。 再発の場合は、初めての発症と比べて症状が軽くなりやすいため、市販薬で改善させることが可能です。 2-2 薬剤師のいる薬局で購入できる 口唇ヘルペスの薬は第1類医薬品となっているため、薬剤師のいる薬局にて購入することができます。 しっかりと薬剤師の説明を聞いて、使用上の注意点などを把握した上で購入することが必要です。 2-3 市販薬を使用する際の注意点 市販の塗り薬の場合、1日に数回塗布、10日間ほどが使用の目安になります。 塗り薬を使用していく中で、乾燥してかさぶたになってきたら、薬の使用を中止しても問題ありません。 ・使用前後で手を清潔にしましょう。 ・食後に薬を塗るときは、口の周りを洗い清潔にしましょう。 薬を塗る際にも上記のように注意が必要となりますが、普段の生活においても患部を手で触らないようにする、タオルなどを家族と共有しない、食事のときに食べ物や食器を通して家族へ感染させないようにするなどの配慮を心がけましょう。 また、実際に使用する際は各市販薬にある説明書や薬剤師の指示に従い使用してください。 口唇ヘルペスになってしまう原因や治療をするために 3-1 口唇ヘルペスになる原因 口唇ヘルペスは、乳幼児期に初感染することが多くありますが、ヘルペスウイルスは神経節に潜んでいるのでたいていの場合は症状が出にくくなっています。 症状が出ている間はヘルペスウイルスを大量に排出しているため、ヘルペスウイルスの抗体がない方や抵抗力が落ちている方が感染しやすくなります。 3-2 口唇ヘルペスになってしまったら ・口唇ヘルペスにかかるのが初めての場合 口唇ヘルペスになるのが初めての場合、出てきた症状が口唇ヘルペスによるものなのか確信が持てないことも多いでしょう。 初めての発症では、大きな水泡が多数できる特徴があるなど、症状が強くなる傾向にあります。 唇のまわりに類似した症状を引き起こす疾患も複数あるため、初めて「口唇ヘルペスかも?」と感じたときは病院を受診することをおすすめします。 ・症状が重い場合 症状が重いときには、内服薬を利用したり、入院して点滴を受けることもあります。 これらは病院でしか処方、処置がされないため、医師の診察を受ける必要があります。 塗り薬は皮膚症状へ直接作用しますが、症状が重い場合には飲み薬でウイルスの増殖をおさえることができます。 再発の場合、ピリピリ、チクチク、ムズムズといった前兆を感じたら、早めに受診して治療を受けることが、早く治すための近道です。 また、過去に口唇ヘルペスになったことがあり、市販の塗り薬を使っている人でも、症状が5〜7日で改善されなければ、他の病気の可能性もゼロではありません。 一度口唇ヘルペスの診断を受けている人でも油断せず医療機関へ相談しましょう。 また、症状がなかなか治らなかったり、再発を繰り返したりする場合は体の抵抗力が落ちていると考えられますので、十分な休養と睡眠が必要です。 3-3 歯科系医院にかかるときは歯科口腔外科へ 口唇ヘルペスは、口のまわりに出る症状であるため、歯科系の医院でも治療が可能です。 ただし、一般的な歯科には口唇ヘルペスの薬を常備していない可能性が高いため、歯科口腔外科を受診するようにしましょう。 かかりつけの歯科・歯科口腔外科がある場合には、電話をして口唇ヘルペスの症状に対応してくれるか確認してみることをおすすめします。 口唇ヘルペスの知識のない診療科にかかると、口内炎などと間違われてしまい、誤ってステロイドが処方されてしまう恐れがあります。 誤った処方でステロイドを使うと、口唇ヘルペスのウイルスを活性化させるために逆効果となります。 病院に行くときは歯科口腔外科または内科、皮膚科などを受診し、薬を処方してもらうことをおすすめします。 症状によって鎮痛や治療の促進のためにレーザーを使うこともあります。 まとめ 今回は、口唇ヘルペスについてご紹介しました。 ドラッグストアなどで購入することができ口唇ヘルペスに対応した市販薬もいくつかあります。 しかし、口唇ヘルペスの市販薬は主に再発を防ぐという目的で販売されているため、初めて口唇ヘルペスになったという方は薬を使用することで逆に悪化してしまうといった事態を防ぐためにも医療機関に相談してみることをおすすめします。 そもそもヘルペスはウイルス感染のため、医師から症状に合った強さの抗ウイルス薬の処方を受けることが望ましいです。 アトピー性皮膚炎が出ている場合、医療機関では症状によってヘルペスの治療について判断をし、抗ウイルス薬を処方しないこともあります。 アトピーの薬との塗り分けなど注意点を医師によく確認しましょう。

次の