ドトール。 ドトール統合、星乃珈琲店立ち上げ、日レス大林会長が描くブランド革新

ドトールコーヒーショップ│ショップガイド│イオンレイクタウンmori

ドトール

Photo by Yoshihisa Wada 経営統合の後は引退するはずだった 日本レストランシステム(日レス)は、2005年度に売上高経常利益率21%を記録して外食業界トップとなった。 これで03年の上場時の「経常利益率20%」という公約を果たすことができた。 私は、「株主への公約を果たせたのだから、そろそろ経営の一線から引きたい」と思うようになった。 だが同時に、「なにかやり残したことがある」という違和感も抜けなかった。 しばらく考えていると違和感の正体らしきものが見えてきた。 「日レスは中途半端だ」。 確かに利益率では外食トップになったが、売上高は300億円弱で50位ぐらい、利益額は20位ぐらいだった。 小さいながらも業績も財務内容も良い会社はできたが、もう少し大きな規模の会社にできないか。 特にダイエーや西友などのスーパーマーケットの衰退を見ていると、生活に大きな変革をもたらした業界ほどいや応なしに時代の淘汰(とうた)の波にさらされる。 外食も、同じような道を歩むに違いない。 そこで生き残るには、もう少し規模が欲しい。 1000億円ぐらいが最低の単位ではないかと感じていた。 すぐに浮かんだのがドトールコーヒー(ドトール)の創業者である鳥羽博道さんの顔だった。 当時のドトールは売上高が686億円、利益率は7%で堅実な経営を続けていた。 ドトールと日レスが経営統合をすれば単純合計では売上高は964億円、経常利益は106億円、利益率11%となり、40業態、約1800店舗を抱える「飲と食の総合外食」になれる。 実は私と鳥羽さんは旧知の仲だった。 私が証券会社を辞めて外食業界に飛び込んだきっかけは、ピザで大当たりをした「ジローレストランシステム」の経営者である沖広治さんの勧めだったことは連載のに紹介した。 独立後、私は沖さんの事務所に机を置かせてもらい、外食のいろはを勉強させてもらっていたのだが、当時からジローにコーヒーを納入していたのが鳥羽さんだ。

次の

ドトール・日レス、飲食46ブランドを束ねる男の「外食人生」のルーツ

ドトール

コメダ珈琲店(「wikipedia」より 「 コメダ珈琲店」と「 ドトールコーヒーショップ」で、明暗が分かれている。 コメダを運営するコメダホールディングス(HD)の2019年2月期連結決算(国際会計基準)は、売上高が前期比16. 7%増の303億円、営業利益が5. 0%増の75億円だった。 増収増益を達成した。 特に売上高は大きく伸張している。 一方、ドトールを運営するドトール・日レスHDの19年2月期連結決算は、売上高が前期比1. 5%減の1292億円、営業利益は1. 9%減の101億円だった。 減収減益だ。 18年2月期まで8年連続で増収を達成していたが、ここにきて一転して減収となった。 コメダは店舗数が大きく増えている。 19年2月末時点の国内店舗数は1年前から43店増えて828店となった。 現在青森県以外の全ての都道府県に出店しており、6月に予定している青森県での出店で47都道府県すべてでの展開が完了する。 コメダは1968年に名古屋市内で1号店が誕生。 近年は知名度が大きく高まり、出店が加速している状況だ。 一方、ドトールの19年2月末時点の国内店舗数は1113店。 1年前からは13店減った。 長らく1100店台で概ね横ばいで推移しており、成長が見られない。 1号店が誕生したのは1980年。 コメダより後発だが、積極的な出店で店舗数は急速に増え、04年には国内1000店を達成した。 だが、それ以降は伸び悩んでいる。 00年代中頃から現在までは1100店台で横ばいが続いている状況だ。 コメダとドトールはフランチャイズチェーン(FC)加盟店の割合が高いことが特徴となっている。 そのことは店舗数の伸びに大きく関係している。 コメダ(国内)のFC比率は97%、ドトール(同)は83%と高い。 一般的に、直営よりもFCのほうが出店スピードを加速しやすい。 こうした原理が働き、ドトールは早くから店舗数を伸ばすことに成功し、コメダも近年、急速に伸ばしてきている。 コメダHDは出店の面で好調だが、既存店のFC向け卸売売上高も好調だ。 3月は前年同月比6. 2%増で、10カ月連続で前年を上回った。 通期ベースでは、19年2月期が前年比6. 4%増と大きく伸びている。 それ以前はマイナスが続いていたが、一転して大幅増に転じた。

次の

ドトール統合、星乃珈琲店立ち上げ、日レス大林会長が描くブランド革新

ドトール

コーヒーチェーンというと、ほとんどの人が「スターバックスコーヒー」を思い浮かべるに違いない。 たしかにスタバは美味しいコーヒーを提供するお店として、日本全国に出店している。 では、「ドトールコーヒー」はと言うと、どうしてもスタバに比べて格下感が否めない……が、実はそうではない! 2019年5月現在、 全国にわずか4店舗しかない「ドトール珈琲農園」をご存じだろうか? ここは、他のチェーン店とは一線を画す上級店であり、ドトールの本気がうかがえるお店だ。 なかでも スキレットで提供するパンケーキは激ウマである。 スタバに行ってる場合じゃねえッ!! ・関東に4店舗 珈琲農園は、2017年10月に世田谷区に多摩堤通り店(1号店)が誕生した後に、学芸大学店・江戸川店・大宮駅東口店の計4店舗がオープンしている。 今回訪問したのは、2号店の学芸大学店だ。 東急東横線の学芸大学駅西口を出ると、すぐのところにお店はある。 サッとコーヒーを飲んで、サッと店を出るようなファストコーヒーの印象はほとんどなく、むしろ「」や「」のように、椅子に深く腰掛けてコーヒーを嗜(たしな)む感じ。 高級イタリアンレストランといってもおかしくない雰囲気だ。 卓上のスタッフ呼び出しボタンもテーブルに埋め込まれており、邪魔にならない。 「会計時にレジにお出しください」と言われて、テーブルに置かれたのはチェスの駒らしきものだ。 おいおい、ここは本当にドトールか? いちいちオシャレじゃないか。 メニューブックだって小ジャレたカフェのようだ……、ドトールなのに。 ・メニューも充実 しつこいようだが、メニュー内容ももちろんオシャレ。 ブレンドコーヒーは、「ザ・ドトール」「ザ・モダン」「ザ・クラシック」(各税別500円)から選ぶことができる。 食べ物はスイーツ・軽食だけでなく、しっかりとしたパスタやプレートなどのメニューも充実。 そして、11時までのモーニングは4種類。 ドリンクメニューにプラス0~100円の名古屋式を採用している。 どうやら、スタバをライバル視しているというよりも、コメダを意識していると見た方がいいかもしれない。 ・20分かかる美しきパンケーキ さて、今回紹介したいのは、モーニング終了後、つまり11時からオーダーできるパンケーキである。 注文すると、 焼き上がるまで約20分かかるという代物。 10時半に入店して私(佐藤)は11時にオーダーして、実物を目にしたのは11時30分。 ムダに早く入店してしまったために、1時間も待つことになった。 しかし、パンケーキを目にした私は、1時間待った甲斐があったと感じている。 これは時間がかかるのも頷ける。 そして、待つだけの価値があることを、その見た目が証明している。 これに別添えのメイプルシロップをとろ~りとかける。 カットするのが惜しいほど、美しいドーム型をしているのだが、切らないことには食えない。 思い切ってナイフを入れると、サクッ! とした感触jがナイフを通して伝わってくるようだ。 食べてみると、食感はパンケーキというよりもカステラに近い印象を受ける。 表面はサクっと焼き上がっており、中の水分は控えめ。 ゆるふわのパンケーキではなく、どちらかといえば固めの仕上げとなっている。 半分くらい食べたところで気が付いた。 これは、 メイプルシロップでベチャベチャにした方がウマい。 豪快にシロップをかけて、その水分をパンケーキに吸わせることで、美味しさは2倍にも3倍にも膨れ上がるだろう。 たかがドトールと侮るなかれ! ここは本気のドトールだッ!!

次の