ひすったー。 Twitterブロック確認|ブロックされた数や人の確認アプリと方法

5Gの周波数帯は何Hz?4Gや3Gと合わせて紹介。

ひすったー

Twitterを効果的かつ安全性を保ちながら利用するためには、関連がありそうなツイートをしているユーザーをフォローする、フォローされたらフォローバックするといった細かい対応が必要です。 しかし、Twitterアカウントを運営されているSNSご担当者様には、SNS運用だけではなく他の業務と同時並行の方もいらっしゃると思います。 今回はTwitterのフォロワーを管理できる安全性の高いツールの使い方やこのツールをご紹介します。 ツールを活用してフォロワーを効率的に管理しましょう。 ここでは、 アトミ式フォロワー管理機について紹介していきたいと思います。 このツールはフォローやフォロワー、また自分が一方的にフォローしているアカウント(ユーザー)、自分はフォローしていないけど、フォローしてくれている人など、様々な条件に対してどのアカウント(ユーザー)が該当するかなど一覧で分かる、Twitterアカウント管理ツールです。 皆さんも一度は、Twitterでブロックされた相手が誰だか分かるアプリやサイトがあれば試したいと思ったことはないですか? フォロワーにブロック、リムーブされた場合はひすったーなどで確認できると思うのですが、全く繋がりのない相手にブロックされても確認できるのか知りたいと思ったことはないですか? 全く知らない人にブロックされていることも分かる機能もあるのか知りたいとは思いませんか?実際にひすったーでは、直接的に誰にブロックされているか分かることは出来ません。 この後の記事でも説明しますが、ブロックするということは「フォロー数・フォロワー数」の数も1減りますし、「ブロックされているのでこのユーザーをフォローすることができません」というような表示がプロフィールページ等で出るため遅かれ早かれバレる可能性がありバレることになるでしょう。 「フォロー・フォロワー・ブロックの変動履歴」とは、それぞれの事柄で増減が合ったかどうかを知る事が出来ます。 フォローの場合は、「フォローの解除や追加」の変動履歴だったり、ブロックの場合は、「ブロックの解除や追加」の変動履歴です。 ただし、どの項目に関しても、「"誰に"ブロック、ミュートなどされたか」は分からないようになっています。 したがって、誰かにブロックされたとしても、変動履歴で数の増減を知る事が出来るだけです。 *変動履歴は、「最後にデータ再取得を行った時から、最新のデータ取得を行った時」までの分が表示されています。 つまり、初めてひすったーにログインした際には、データ無しという事になりますので、変動履歴には0件となっていますのでご注意下さい。 ひすったーは、連携したアカウント(ユーザー)の情報を多く知る事が出来るので、安全性に疑問を持つ方も少なく無いと思います。 Twitterで連携している無料のウェブサービスと言うのは、危険なものが少なからずあります。 また、Twitterアカウントの乗っ取りには、主に2つの手口があると言われています。 ・TwitterのIDとパスワードを盗む ・Twitterに不正アプリを連携する このうち最も多いのは、不正アプリの連携を使ってTwitterアカウントを乗っ取る方法です。 もちろん、無料のウェブサービスも不正アプリと同じくらい危険性があるのが実態です。 その点ひすったーは、Twitterでの評判を見ている限りは、比較的安全性が高いのが分かりますので、Twitetrでの反応を見る限りは使っても問題はありません。 乗っ取りの危険性があるかないかを事前に判断するには アプリの機能と要求される権限に相違がないかチェックするのが鉄則です。 例えば、ひすったーのようにツイートやフォローの確認だけで十分なアプリが ツイート権限やフォロー権限を要求してきたら少し怪しいと疑ってください。 また、認証を求められた際(ひすったーでは求められる)には連携先のアプリの持つ機能を前もって良く確認した上で 要求される権限との照らし合わせが重要になってきます。 ひすったーのサイトではひすったーを装った 悪質なアプリに関する注意が促されています。 具体的には「 ブロックされてるか調べようったー」というアプリが、 リダイレクト先としてひすったーを指定した上で アカウントの乗っ取りを行う悪質なアプリとして取り上げられています。 皆さんもこういった悪質なアプリに騙されないようアプリとの連携を行う際には 必ず要求される権限を確認するようにしてください。 今回の記事ではひすったーの使い方やフォロー、リムーブ、ブロックされたときにメールやDMで通知を飛ばす方法があるのかなど、ひすったーを中心に記事を書いてきました。 フォロー、リムーブ、ブロックされたときにメールやDMで通知を飛ばす方法のところで少し出てきたひすったーに似ている人事ったーなどのサイトについての使い方などの紹介は書いていないのですが、それは、ひすったーの記事と言うこともあってこんがらがるといけないと思って書きませんでした。 しかし、ひすったーにDMで通知を飛ばす方法がなく人事ったーにはあると言うことでかなり興味深いサイトではあります。 この記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。 この記事をきっかけにひすったーを利用し始める方々が現れてくれることを願っています。

次の

ひすったーの履歴ページに「履歴登録時点」のフォロー・フォロワー・ブロック数を表示するように変更しました。

ひすったー

フォロー・フォロワー等の数値の変動から「ブロックされた可能性」のあるユーザーをピックアップしているため精度が高くない• 前回データ取得時と現在利用時のデータの差分をもとにしているため本格的に利用できるのは2回目以降から• 広告が多くて見にくいがエラーが少なく機能的 データの変動を利用しているため、初回からすぐに結果が表示されるわけではありません。 時間を置く必要がありますのでご留意ください! b)使用方法 前述したとおり、「ひすったー」は複数回データ取得を行う必要があります。 そして[連携アプリを認証]でマイページにログインすることができます。 この時点で初回のデータ取得が完了します。 おそらく、「ブロックされた可能性」は相互フォローが同時に外れた相手をピックアップしているのではないかと考えられます。 よって、フォロー外・フォロワー外のブロックは把握できませんし、アカウント削除の場合も含まれている可能性があります。 2)ぶろるっく 収集したブロック情報をもとにした「ぶろるっく」というツールを利用することで「ブロックされた件数」をピックアップすることができます。 「ぶろるっく」は自分のブロックリスト情報を提供する必要がある• 利用者のブロックリスト情報をもとにしているため相手も「ぶろるっく」を利用している必要がある• 1時間データの更新がされない• ツールがシンプルでわかりやすい 各利用者が「ぶろるっく」に提供したブロックリスト情報をもとにブロックされた件数を集計するため、正確ではありますが利用者外のブロック情報が考慮されていないため網羅性に欠ける点にご留意ください! なお、現在の利用者数とブロック情報件数は「ぶろるっく」トップぺージに表示されています。 そして[連携アプリを認証]にてマイページにログインすることでブロックされた件数を確認することができます。 更新データを確認するためには1時間経過後でなければできませんのでご注意ください。 関連 2. Twitterの公式機能でブロックされているか確認する方法 前述したとおり、Twitterでは公式的な機能でブロックされた件数を確認する方法はありませんが、1人ずつであれば次の方法でブロックされているかどうか正確に確認することができます。 1)プロフィール画面を見る 2)フォローする 3)DM(ダイレクトメッセージ)画面を見る 1)プロフィール画面を見る 簡単、かつ、十分に確認がとれるため最もおすすめの確認方法です。 相手のプロフィール画面にアクセスすると、「あなたをブロックしました」と表示されブロックされていることを確認できます。 また、相手のツイートやフォローリスト等が見れなくなっています。 2)フォローする 相手をフォローしようとすると、「このユーザーからブロックされています。 」と表示されブロックされていることを確認できます。 3)DM(ダイレクトメッセージ)画面を見る ブロックされると、以前DMのやりとりしていた場合、「今後、この方にダイレクトメッセージを送ることはできません。 」と表示されます。 この表示でブロックされていることを確認できます。 関連 3. まとめ 以上、Twitterブロック確認|ブロックされた数や人の確認アプリと方法についてでした。 ツールを利用したブロック確認は精度が低いため参考値としてしか利用できませんが特定の相手であれば、プロフィール画面にアクセスなどの方法により正確に確認することができます。 気になる相手に絞ってブロックされているか確認してみてはいかがでしょうか?.

次の

ひすったーの履歴ページに「履歴登録時点」のフォロー・フォロワー・ブロック数を表示するように変更しました。

ひすったー

フォローしてくれた人はもれなくフォローし返すのがマナーだと思っていました。 特にブログのTwitterをはじめた頃は。 世間的にも「フォロワーさんを増やすのは正義!! 増やしてなんぼ!!」の世界だったし、増やすことを考えればフォローしてくれた人にフォローを返すのは自然の流れでした。 でもふと気づくと、Twitterのフォローの数とフォロワーさんの数が違ってるんですよね……。 あれ、フォロバ(フォローしてくれた人にフォローを返す事)してるから数は同じはずだけど? フォローが外れたなら、その人によっては私もフォローを外したいんだけど……? と思っていろいろ調べてみても、誰にフォローを外されたのか分からない。 というわけで、そんな時に役立ったのが「ひすったー」っていうTwitterのアカウントの動向をチェックできるツールです。 ひすったーにアクセスして(グーグルとかで「ひすったー」って検索したら出てきます)、Twitterと連携させればOK。 1回目は分からないんですが、2回目からはどのアカウントが外れたのかとかフォローしてくれたのは誰とか、ブロックされた可能性? っていうのも表示されるようになります。 Twitterと連携させるんで「安全性は?」「乗っ取られない?」とか気になるところですけど、数週間使ってみての感想は、「そんな危険だって思う動きはしてないから大丈夫なんじゃないかな?(あくまでもブログ管理人の個人的意見です。 利用する時はご自身の判断でお願いします)」です。 なのでひとまず「ひすったー」を何回か繰り返して、フォローが外れた場合、外れた人を確認して「あ。 この人のツイートそんなに見てなかったな。 お別れするか」と決めてます。 こうするとフォローしてる人の欄を確認して、「あ。 この人フォローされてないや」としなくていいので便利です。 いや正確にいうとひすったー自体の問題ではなくて、使う側の精神的な問題なんです。 ひすったーそのものはものすごく正常にお仕事をしてくれています。 それは、ブロックされた可能性が分かる機能があるので、知らなくてはいいところまで見えてしまうことです。 最初この機能に慣れなくて、振り回されました。 だってブロックですよ? 「貴方の顔も見たくない」って言われているようなものですよ? え、私、貴方に酷いことしましたっけ?? と思わず聞きたくなってしまう機能ですよ?? 気になりません??(というか、私はめちゃくちゃ気になりました) 本当はブロックされていなくても「ブロックされた可能性」って出てくるので、「え? ブロックされてるの? マジで? ええ。 本当に?」となって見に行ってしまうこともあるので、精神的にはかなりよろしくないです。

次の