きっとしあわせ。 宇多丸 Negicco Kaede『それもきっとしあわせ』を語る

きっとしあわせ(1)消えたわが子

きっとしあわせ

今は、みなさんが自粛などで頑張られていますね。 動きたくても動けない、 不安やストレスを抱えている方が多いと思います。 私もその一人です。 先が見えないと、気持ちの持ち方も難しいと思います。 今は、これからどうなっていくのか、変化する毎日、 変化する環境、変化する自分を見つめながら、 進んでいきたいと思います。 【宣伝】 ライブはしばらくの間は延期になりましたが、 新型コロナウイルスのことが落ち着いたら、 また開催したいと思っています。 その時にはぜひ、ライブ会場に来ていただけたらうれしいです。 【 メッセージ】 今は、新型コロナウイルスのことで大変な状況になっています。 みなさんがいろいろな形で大変な思いをされていると思います。 みなさんで協力をし合って、 一日も早く平穏な日々が過ごせるように願っています。 1」に「Over you」で参加 吉祥寺「曼荼羅」を中心にユニット「Super sonic Waves」として活動開始 2009年「南青山マンダラ」でワンマンライブを行う 2011年 プラネット・ワイより「きっと願いは叶うから」リリース その後、都内でアコースティックライブを中心に活動 最近は、ギタリスト河村俊侍氏と「北参道ストロボカフェ」にてワンマンライブ活動中! 【みなさんに伝えたいこと】 毎日を生きていくのは、楽しいこと、うれしいこと、悲しいこと、辛いことなど様々なことがあると思います。 良いことばかりではなく、厳しいこともあります。 様々なことを経験して、強くなったりもすると思います。 それぞれの環境や状況が違ったとしても、どこか同じような思いを抱えていたりすることもあります。 見た目ではわからなくても、話をしたり聞いたりしてわかることもあります。 音楽や言葉を通して、いろいろなことを伝えていきたいと思います。 【番組に対する想い】 たくさんの夢追い人がいます。 たくさんの頑張っている人がいます。 一歩踏み出す勇気が持てないけど、前に進みたい人がいます。 そんな人たちを応援したいです。 【お問い合わせ】 石井智子フェイスブック迄お気軽にご意見ください。

次の

宇多丸 Negicco Kaede『それもきっとしあわせ』を語る

きっとしあわせ

概要 [編集 ] 作詞:しゅうさえこ、作曲:、編曲:。 子育てで忙しい時期の母親への応援歌として書かれた。 曲名の「きっとしあわせ」は、「自分でも確信できないけれど、きっとそうだと信じる気持ち」を示しているという。 の『』で、1993年12月 - 1月に放送された。 作詞と歌のしゅうさえこは、NHKの『』の14代目うたのおねえさんで、の番組卒業からおよそ11年を経て『みんなのうた』初登場。 歌詞のフレーズが主に女性からの共感を集め、当時NHKにはほぼ1日おきにCDや譜面の問い合わせ電話がかかってきたほどであった。 その後、でも歌われる愛唱歌となった。 シングル収録曲 [編集 ]• きっとしあわせ 作詞:しゅうさえこ、作曲:杉本眞人、編曲:赤坂東児• エアロビ・ママ 作詞:しゅうさえこ、作曲・編曲:赤坂東児• きっとしあわせ(オリジナル・カラオケ)• きっとしあわせ(NHK放送ヴァージョン) 「きっとしあわせ」「エアロビ・ママ」の2曲とも、1995年4月26日発売のしゅうさえこのアルバム『夢のはじまり〜きっとしあわせ』に収録された。 カバー [編集 ] きっとしあわせ• 福見安子(版カバー音源。 塩野雅子(版カバー音源。 1994年6月22日発売『NHKみんなのうたよりVOL. 31〜きっとしあわせ〜』) 脚注 [編集 ].

次の

「きっと しあわせ / しゅう さえこ」の楽譜一覧

きっとしあわせ

--- WeWishYouAHappyTimeアフターストーリー 「きっと、しあわせ」 KAIEI・SYJYO 「はぁ〜、今日もいい天気ね〜」 もうすぐ雪の降る季節にさしかかろうとしているある晴れた日 わたしは、洗濯物を干しながら背伸びをする。 旦那に出会ったのは高校二年の時、親友の従兄弟としてあたしの前に姿を現した。 不思議な人だった・・・名雪のおかげっていうのもあったのだろうけど 転校して次の日には、もうクラスになじんでいた。 高校卒業式の日に婚約指輪を祐一から贈られて、 嬉しかったけど恥ずかしかった、彼ったらみんなの前で言うんだから・・・ 大学2年に学生結婚、わたしは相沢香里になった。 名雪や、先輩の倉田佐祐理さん達に祝福され、 ものすごい量の花に囲まれた。 ほんと、足が中に浮き上がるくらいに思いっきり幸せを感じたわ・・・。 結婚式といえば一つ、祐一のお母さんの夏子さんだけでなく 春夏秋冬4姉妹を見れたのは一生の記念ね、みんな秋子さんと大差無いんだから・・・ 全員謎の食べ物を用意してきて・・・あ・・思い出したくないわ・・・ 「もう、あれから何年たったのかしら・・・」 「香里、元気?私は元気だお〜、でも祐一以上の人っていないからまだ独身だけどね(テヘッ)」 昨日届いた名雪からの手紙を見て、あの頃を思い出す。 今、あまり代わり映えのない日々を送るわたしだけど、 16歳目前に逝った妹の栞が味わいたくとも味わえなかった日々。 ・・・・・栞・・・・・・ 死を正面から立ち向かいいつも笑っていたわたしの妹、 悲しみのあまり、その存在さえ否定してしまったわたしにもいつも笑顔を向けてくれた、 壊れそうになっていた私の心を救ってくれたのは、夫、相沢祐一 親友水瀬名雪の従兄弟として現れた彼は、瞬く間にわたしの心に入り込み 愛するまでの時間はかからなかった。 彼のおかげでわたしも栞と向き合う事が出来、 ずっと、わたしを支えてくれた。 結婚後、栞に対する後ろめたさと、忙しさに紛れて 幸せを感じる時間無く日々が過ぎていった気がする でもそれは、去年に長女「詩織」誕生と共に、置いてきた幸せを実感したの・・・ しあわせ、3人でいれば信じて行ける しあわせ、2人がいれば追い続ける事が出来る しあわせ、そんな気がするから、一緒に見続けていきましょう・・・ね、祐一、詩織。 「えぅ〜〜〜〜」 「あら?起きちゃったのかしら・・・は〜い、今お母さんがご飯上げますからね〜」 あたしの大好きだった妹の栞、あたしは・・・・・きっと、しあわせよ! ちょっと今回は実験的に書いてみました [PR].

次の