足 の 小指 ヒビ 放置。 足の小指をぶつけて

骨にひびが入った時の症状や完治期間を説明!治療方法は放置で良い!? | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

足 の 小指 ヒビ 放置

骨にひびが入った!? それでは、紹介していきます。 今回は、 骨にひびが入ったときの症状や治療方法・完治期間、そもそもの原因など、気になる情報について見ていきます。 骨折というとかなり危険な状態であることは想像できるかと思います。 ですが、骨にひびと聞いても、どれくらいの状態なのかいまいち把握できない方も多いのではないでしょうか。 私の周りの人からも 「ヒビは病院行っても治らない」 「骨のヒビは放置で良いんだって~」 と言う声を聴きます。 ですが、実際のところはどうなのでしょうか? まずは、 骨にひびが入る原因について詳しく見ていきたいと思います。 原因 大きな事故に合った場合、骨は骨折してしまいます。 逆に、ちょっと擦りむいた程度では、かすり傷はついたとしても骨に影響が出ることはありません。 では、 どういった時に骨にひびが入るのでしょうか。 主な4つの原因について見ていきたいと思います。 転倒 まずは、 転倒です。 転倒、つまり こけることによってひびが入ってしまうのはほとんどの場合高齢者の方です。 高齢者の方は骨粗しょう症、つまり骨がもろくなる病気のため、少しの衝撃で大きなダメージを受けてしまうのです。 ですので、 転倒しただけでもヒビや骨折と言う大けがにつながってしまうことになるのです。 ちなみに、 骨が成長しきっていない子供や、運動不足がたたっている中高年の方であっても転倒により骨にひびが入ることがあるので要注意です。 若い=大丈夫、と言うわけではない事をしっかり意識しておくことが重要です。 打撲 次に、 打撲です。 強く体を打ってしまった際に生じるのがこの打撲。 皮膚が青紫色になり、強烈な痛みが走ることも多い辛い症状です。 「たかが打撲じゃん・・・」 と侮ってはいけません。 打ち所や痛みによっては、レントゲン検査などを行う必要もあります。 また、• 転倒時床に勢いよく手をついた• 手を変な方向についてしまった• こけた後から強烈な痛みが襲ってくる このような症状がある場合には、骨にひびが入っている可能性がありますので、出来る限り早く病院へ向かいましょう。 特に注意したいのは、足の小指です。 タンスなどにぶつけた時の痛みは考えただけで背筋が凍るようです・・・ この足の小指、構造上骨にダメージが行きやすいため思いっきり打ってしまうとひびが入ったり最悪骨折の可能性だってあります。 ですが、 あまり動かさない場所のためその事実に本人が気づかないという事も多いんです。 しばらく日が経って、ある日目をやると 紫色になり腫れていた・・・こういったケースが案外多いんです。 小指を打ってしばらく違和感が続くようなら、一度病院に行ってみてもらうべきかもしれません。 突き指 バレーボールや柔道などをしている方にとって、 突き指は日常茶飯事に近いものかもしれません。 ですが、この突き指から骨にひびが入ることもあるんです。 固定や冷却、シップを貼ることで処置を終了することも多いこの突き指。 確かに普通の突き指なら、この処置だけで十分です。 数日もすれば痛みが取れ、元のように動かせるはずです。 ですが、 時折何日たっても痛みが引かず、むしろ熱を持ち腫れや痛みが増してきてしまうケースも・・・ この場合は、骨に何らかの異常が起きている可能性が高いです。 1度病院に受診し、詳しく検査してもらいましょう。 疲労骨折 スポーツ選手に多いのが、この 疲労骨折です。 同じ個所を毎日酷使していくことにより、骨に疲労がたまっていき、いつしか骨折にまで至ってしまうことを指します。 また、 骨折まで行かなくてもひびが入っているケースは少なくありません。 この疲労骨折、厄介なのは 運動しなければあまり傷みがないケースが多い事です。 そのため、運動して痛みが毎回発生し、いよいよ歩けなくなるほどまでのダメージになってようやく異常を感じて病院へ・・・ 発見が遅くなり重度化してしまうといったケースが後を絶ちません。 運動時のみ痛みが発生するのは、疲労骨折、もしくはそれに近しい症状が出ていると推測されます。 早期発見が、あなたの体の早期回復を促します。 「普段は何ともないんだし、きっと気のせいだ」 等と考えず、すぐに受診して専門家に診てもらいましょう。 症状 さて、どういった時に骨に異常が生じるかはわかっていただけたのではないでしょうか。 ここからは、 骨にひびが入った時、私たちをどのような症状が襲うのかについて説明していきたいと思います。 もしかして、あなたが今感じている症状も、骨からのSOSサインなのかもしれませんよ・・・ 激痛 最も多いのは、この 激痛です。 なんせ、骨にひびが入っているのです。 痛みは想像を絶するほどと言って過言ではありません。 「少しでも動かせば尋常じゃない痛みが襲ってくる」 「あまりの痛みに歩くことが怖くなる」 といった声もよく聞かれます。 私の働く施設でも、高齢者の方がひびが入った際には、 普段はおとなしい方であっても、寝返り一つで痛みのあまり絶叫してしまう程です。 激痛は、どんな病気であっても体の異常を表している大事なサインです。 我慢などせず、すぐに病院へ受診しましょう。 腫れあがる 骨折すると腫れあがるイメージは、あなたも持っているかと思います。 実は、ひびであっても同じように患部が大きく腫れあがることがあるんです。 「突き指かな? 」と思っていた指が日に日に腫れあがり、しかも一向に痛みが治まらない・・・ これは明らかに骨に異常が出ているケースと言えます。 中には、突き指だと信じて疑わず、冷やして治そうとする方もいますが、 そもそも骨に異常があるのですからいくら皮膚や筋肉を冷やしても腫れが収まることはありません。 数日、下手すればその日のうちに再び熱を持ち、腫れあがってきてしまいます。 腫れあがったらすぐ病院!! 徹底してくださいね。 腫れない時もある ここで困るのが、 骨にひびが入っているからと言って必ずしも患部が腫れないという事です。 激しい衝撃を受けた• 激痛が何日も引かない• 患部が腫れあがった 例えどれか一つでもあるようなら、すぐに病院へ向かいましょう。 内出血で色が変わる ひびを見つける上で役立つ体の変化の一つは内出血です。 真っ青になったり紫色に変化している時は要注意!! 打撲の場合もありますが、同時に骨折やひびが入っている可能性も高いです。 数日たっても内出血が引かない場合は、必ず専門の医師に診てもらってください。 ひびの治し方 上記4つが骨にひびが入っている時に生じる症状です。 それでは最後に、 ひびが入った際の治療方法について見ていきます。 一体そのような治療をしていけばいいのでしょうか。 また、完治までにはどれくらいかかるのか・・・ 詳しく見ていきたいと思います。 治療方法 骨にひびが入ってしまった時の治療は、以下の流れになります。 レントゲンを撮り、状態を確認• シーネ(添木)をして部位を固定• 場合によっては痛み止めも服用する• ある程度回復したところで再度レントゲン• リハビリを開始する 骨折とは違い、基本的に手術は行いません。 湿布で炎症を抑え、痛み止めなどで痛みを散らしつつ、じっと我慢する。 これこそ、何よりの治療法と言えるのです。 完治期間はどれくらい? さて、気になるのは 完治期間です。 複雑骨折などの場合、半年、あるいはそれ以上の期間を要することもあります。 では、ひびの方はと言いますと・・・ 大体1カ月が目安と言われています。 3週間ほどで、衝撃や負荷を与えなければ大丈夫な程度まで回復します。 勿論、安静に3週間を過ごしたらの話ですが。 そこから、安静にしていたため落ちてしまった筋力の回復、つまりリハビリを開始します。 勿論、高齢者の方や骨がもろい方、逆に回復が早い方もいるためあくまで基準ではありますが、これが平均値と思ってくれていいです。 ですが中には、 「少しでも早く回復させたい!!」 と言う方もいるでしょう。 学生の場合、部活の大会が近いなら少しでも早く回復させたいのが本音だと思います。 そんな方には、2つの効果が高いという治療法を紹介します。 酸素カプセル• イメージトレーニング です。 酸素カプセルは、活用することでけがや疲労の回復が早くなるとして、スポーツマン選手はもとより忙しい社会人の方にも愛されている1品です。 酸素に満たされた空間で過ごすことで、 通常よりも早く骨のヒビをふさいでくれる効果が期待できます。 この治療方法は費用も掛からないですし、場所も選びません。 ですので、お金がない学生でも簡単に行うことが可能です。 ある実験で、毎日、骨折した患部を動かしたり筋力トレーニングするイメージを持っていた人がいました。 その方は、 ギプスで固定し安静にしていたにもかかわらず、筋力の衰えがほとんどなかったという例が報告されています。 また、 脳は筋力トレーニングとイメージによる筋トレとの違いを見分けることができないと最近の研究で明らかになっています。 この性質を利用すれば、イメージ一つで簡単に筋力の維持が可能と言うわけです。 ですが、イメージ一つで筋力が維持できるなら、試してみる価値はありますね!! 早めの受診があなたと骨を守ります いかがだったでしょうか? 今回は 骨にひびが入ったら、という事で その症状や治療法・完治期間などについて説明していきました。 たかがひび、されどひびです。 放っておくとどんどん悪化し、回復までの時間が長くなってしまう事にもなりかねません。 上に書いたような症状がみられる場合は、まず一度お医者さんに行ってみてください。 しっかりと診察をしてもらい、レントゲンを撮って確認してください。 ひびどころか、骨折が見つかる場合だってあるのです!!

次の

足の小指の爪が割れる?崩れて汚い?厚い?原因と対策紹介。意外にも甘皮や角質が・・・

足 の 小指 ヒビ 放置

骨にひびが入った!!原因は?どんな症状があるの? 骨にひびが入っている状態を、不全骨折と言い、その中でも、ばらばらに亀裂が入っている状態を亀裂骨折と言います。 骨にひびが入る、というと大変な事故や怪我を想像してしまいますが、実は意外なものでも、骨にひびが入ってしまう事があります。 主な原因について説明して行きます。 打撲 一番、気付きやすい理由です。 患部が腫れてしまう事が多く、酷い場合はレントゲンで検査をすることで発見されることが多いです。 転んだ時、ついた腕に強い痛みを感じた場合や、変な方向で手をついてしまった時なども注意が必要です。 患部によって、痛みを感じにくく、足の小指をぶつけた時などは、その時はとても痛いですが、滅多に動かす事の無い部分の為、気付かないこともあります。 突き指 案外見逃してしまいやすいのがこの突き指です。 とりあえず簡単に処置をして、そのまま放っておく、という人も多いでしょう。 突き指だと、数日痛みが続くことも普通なので、何も気にしないまま痛みが治まるのを市販の湿布薬だけで待ってしまう人もいます。 しかし、中には、指の骨にひびが入っている場合がありますので、あまりに痛みがひかない場合は一度検査してもらうことをおすすめします。 youtube. トレーニングで同じ動きを繰り返す、スポーツ選手などに良く見られます。 好発部位は、長距離ランナーに良く見られる脛骨、バレーボール選手やバスケットボール選手によく見られる中足骨です。 疲労骨折の特徴は運動をはじめると痛みだす事です。 腫れも大きく、痛みも強いため、運動する事が不可能になる場合もあります。 しかし、運動をやめると痛みは和らぐので、骨折していると気付かずに、治療が遅くなってしまう人も珍しくありません。 治療法は?自然治癒で良いの? 治療法は、基本的に骨折と同様に、患部をギプスなどで固定し、完治するのを待ちます。 痛みが強い場合は、鎮痛剤など処方されることもあるでしょう。 軽い打撲の拍子に、という場合や突き指の場合は、気付かないうちに自然治癒で治ってしまう事もあるでしょう。 しかし、それで良いかと言われれば、良いとは言えません。 まず、治りが本来の治療を行った時よりも遅くなるケースがほとんどです。 逆に、治る事無く、悪化していくケースもあります。 疲労骨折などに多く、骨折していると気付かぬまま、少しよくなったからと言って運動してしまうからです。 また、ひび部分を動かすことにより、骨がずれて空洞が生じてしまうこともあります。 こうなると、また、症状は悪化したこととなり、完治までの道が遠くなります。 断続的に続く強い痛みがある場合は、その痛みが一次的だったとしても、病院へ行く事をおすすめします。 おかしいな、そう思ったら早めの受診を 大きな腫れや痛みがある場合、病院を受診する人が多いと思いますが、自分で突き指だ、打撲だ、筋肉痛だと勝手に解釈してしまうと、こんなことで病院へ行くなんて…という気持ちが先立ってしまい、なかなか病院へ行く事ができません。 しかし、病院へ行かないことは確実に完治への時間を延ばすことになります。 おかしいなと思ったら、念の為、病院へ行くように心がけましょう。

次の

足の指を骨折した場合(またはひび)の症状6つと対処法2選

足 の 小指 ヒビ 放置

足の指の打撲と骨折の違い見分け方!テーピングのやり方に放置はダメ! 足の指の打撲と骨折の違い、症状の見分け方 さて、一般的に 「打撲」とは 人や物にぶつかったりして転倒してしまったり 強打によって筋肉が 損傷してしまう状態を指します。 筋肉などの内部には血管が至る所に 張り巡らされているので 打撲が起こることで強打した部分の 血管が切れて 内出血。 そして青あざなどの症状が出てきます。 同じような言葉で 「打ち身」 というものもありますが 意味合いとしてはほぼ 同じ言葉と捉えていいみたいです。 通常、打撲や打ち身をしてしまった後は 翌日が痛みのピークであり だいたい1週間以内のうちに徐々に 痛みがひいていくのが普通のようですね。 しかし足の指をぶつけた後 3日以上経過してもジンジンと痛み なおかつ腫れ上がっている状態が続いている場合 もしくは骨の上だけ強い痛みを感じるようなら 骨折もしくがヒビが入っている可能性があります 正直いってぶつけた直後に 打撲と骨折どっちなのか そのあたり判断するのはなかなか難しいようで だいたいが痛みがいつまでたっても 引かないので病院に行ったら 足の指が骨折していたなんて事も あるくらいです。 まあ明らかに指の向きがおかしい方向に 曲がっていたりしている場合は 骨折の可能性大かと思いますが・・・ ひとまず症状別の簡単な見分け方を 書いておきましょう 「打撲の場合」 ・痛み (翌日がピークで 1週間以内に徐々に減っていく) ・腫れ ・内出血、皮膚の変色 「骨折」 ・激痛 (1週間以上痛みがひかず その後数週間経過しても痛む) ・腫れ ・内出血、皮膚の変色 「ひび」 ・痛み ・ある程度動かせる ・痛み、皮膚の変色 判断基準が日数経過による痛みの強さなので しっかり冷やしているのに 1週間経過しても痛みが引かない場合 もしくは激痛が走り 日常生活に支障をきたしている場合などは とりあえず早急に病院にいって 適切な治療を受けてください。 「Sponsored link」 足の指の応急処置やテーピングのやり方など 足の指の骨折のみならず 何かしら体の一部を強くぶつけて 骨折や打撲、ひび、脱臼の可能性がある場合 以下の応急処置をしておきましょう。 まずはとことん患部を冷やす ぶつけて患部を痛めてしまった場合 とにかく 「冷やす」という事が重要です。 この冷やすとは濡らしたタオルで ちょこちょこ冷やすのではなく 氷をどっっさり入れた袋とか アイスノンなどを患部に当てて しっかりと冷やしていく事がポイントです。 打撲の場合はある程度痛みが引いて 少しは楽になるはずですが 腫れがひどい場合は 骨折している可能性が高いので 早々に病院に行くことをおすすめします。 薬指を添え木代わりにしてテーピング 骨折しているかも・・と感じた場合は 副え木をつけて患部を固定する事も大事。 副え木として使うのは 100均などでも売っている フォームパッドとかスポンジなどを ちょうどいいサイズに切ったものでも いいでしょう。 ただ小指にそのまま巻きつけると 痛い場合も多いので こんな感じに薬指と小指の間に スポンジを入れて、薬指ごと包むように テーピングなどで巻いていくと 痛みもマシな状態で固定できます。 テーピングでなくても マスキングテープで仮止めして 包帯でぐるりと巻いて固定という方法も 悪くないでしょう。 まあ、あくまでも応急処置なので 病院に行く日程は早めに決めていきましょう。 あまりに痛い場合はロキソニンを使う手も・・ 手術後の痛み止めなどに使われる ロキソニン。 自分の場合は親知らず抜歯後に 処方されたんですけど、結構効果は抜群でした。 ロキソニンは鎮痛作用に 消炎と解熱の作用も含まれているので 病院に行くまで期間あまりに痛むようなら 薬局でロキソニンを購入して 一時的に痛みを和らげるのも 1つの応急処置かと思います。 まあ多用していると効果が麻痺して 効きにくくなっていくので あくまでも病院に行くまでの応急処置として 扱うようにしましょう。 ちなみに骨折を放置していたらどうなるの・・・? さて、程度の軽い打撲などの場合は 放置状態にしていても だいたいは自然治癒していく・・・ そういった経験誰にでもあるかと思いますが これが骨折の場合はどうなるでしょうか? 足の指の骨折から若干はずれますけど 骨折の程度が大きい場合 内部の組織、血管などが損傷してしまい 血管内に血栓ができて その血栓が他の場所に移動することで 脳梗塞や心筋梗塞といった 事態になる事もあるとか。 そして放置状態にしておくと 上手く固定されない状態でくっつくので 変な具合に痛みが残ったり 指の動きに違和感をや激痛を 感じるようになります。 足の指の骨折の場合 血栓が出来て心筋梗塞といった事態には なりづらいと思いますが 固定しておかないと やはり変な位置で骨がくっつき 骨を正常な位置に治す手術を 受けるといったケースもあるので やはり痛みが続いている場合は さっさと病院に行って適切な 治療を受けることが大切かと思います。 今回のまとめ というわけで、今回は 足の指の打撲と骨折のち外や見分け方 それとテーピングのやり方や 放置するとどうなるのか? そのあたり見ていきました。 足の指ぶつけて痛めると 結構かばいながら動かないといけないので 日常生活に支障が出るんですよね。。 痛みをかばいながら仕事続ける位なら 早めに病院に行って 骨折しているのか打撲なのか? そのあたりレントゲンで しっかりと診てもらうべきでしょう。 「Sponsored link」.

次の